「ほっ」と。キャンペーン

タグ:アサヒナキマダラセセリ ( 2 ) タグの人気記事


2016年 05月 29日

石垣島撮影記-2(2016/5/21.22)

石垣の撮影では、20日の撮影で、目的とする3種が撮影できたので、翌日の21日は今発生している種類をのんびりと撮影したいと熊谷さんにリクエストした。

こんなリクエストはかえって的が絞りにくく、案内する方としてはやりにくかったかもしれない。
申し訳ありませんでした。


最初に行ったのはヤエヤマウラナミジャノメのいる林道。

発生から1か月近くたっているのでもういないかなと思ったら、傷んではいるけどまだいるというので、場所の確認の意味もあって出かけてみた。

薄暗い林道をちらちらと数頭のヤエヤマウラナミジャノメが飛んでいる。

f0031682_22205148.jpg

なかなか止まらないけど、ようやく止まったところも撮影できた。

f0031682_22205052.jpg

昨秋はこれを目的で来て、やっと1頭を撮影できたわけだけど、次には新鮮な個体をじっくり撮影しよう。

次に移動したのはアゲハ類が多い林道。

そういえばこのところシロオビアゲハとかベニモンアゲハをあまり撮影した記憶がないので、ゆとりのある今回にきちんと撮影しておこうと思った。

自分の写真を見ると、シロオビアゲハも、ベニモンアゲハもは2011年に撮影したきりだった。
決していなかったわけではないけど、他の種に気をとられてカメラを向けなかったようだ。

ところが、今回は新鮮な個体がいなくて、あまり良い写真が撮れなかった。

シロオビアゲハのベニモン型を見つけたので喜んだけど、傷んでいたのが残念。

f0031682_22205013.jpg

ベニモンアゲハは食草を探しているような感じだった。

f0031682_22204593.jpg

写真のストックもそれほど多くないので、次に来た時にはこれらの種もきちんと撮影しておこうと思う。

代わりに多かったのがヤエヤマカラスアゲハ。

f0031682_22205167.jpg

今年は自宅の方でも黒系アゲハをたくさん撮影できたので、そんな年回りなのかもしれない。

f0031682_22205152.jpg

オスでも後翅に青色がきれいに出るので、それがうまく写るようにやたらシャッターを押した。

f0031682_22205112.jpg

メスも撮れたけど、傷んだ個体が多く、翌日きれいなメスが撮れたので今回はカット。

最後にアサヒナ狙いで向かった林道では、ヤエヤマムラサキのメスがきれいな翅を開いてくれた。

f0031682_22204648.jpg

アサヒナキマダラセセリはオスが出てきてくれた。

f0031682_22204556.jpg

前日はメスを撮影したので、雌雄が撮れてよかった。


最終日の22日は15時に石垣空港を発つので、今まで石垣では見たことがなかったイワカワシジミを探してみることにした。

その場所に行く途中、オオゴマダラを上から見下ろせるポイントがあった。

f0031682_22204501.jpg

下をオオゴマが飛んでいるので、望遠での飛翔に挑戦する。

先日モンシロチョウで試したことの応用で、最初にフォーカスポイントに蝶を入れることが出来れば、後は多少外れてもD500はピントを合わせ続けてくれるかもしれない。

f0031682_22203781.jpg

飛び回る蝶をフォーカスポイントに入れるというのが難しかったけど、一応期待通りの写真が撮れた。

f0031682_22203759.jpg

カメラに慣れれば、もっとダイナミックな写真が撮れるかもしれない。

イワカワシジミは、成虫はいなかったけど、幼虫のいるクチナシの実を見つけることが出来た。

f0031682_22203792.jpg

熊谷さんが、いくつかの実をとってくれた。

標本にする気はなかったけど、せっかく親切でとってくれた実をお断りするのも失礼なような気がしたので、ありがたく持って帰った。
この実からは、先日雌雄の個体が羽化して撮影することが出来た。
それについては、オフシーズンの時にでも紹介しようかと思う。

後はサンダンカの花に来る蝶を撮影して楽しんだ。

後翅の赤紋の豪華なクロアゲハが飛んでいた。

f0031682_22203764.jpg

今までで撮影した中では一番豪華だった。
f0031682_22203778.jpg
f0031682_22203647.jpg

それにベニモンアゲハも吸蜜に来た。

f0031682_22201867.jpg
家内撮影

ただベニモンアゲハはサンダンカではなくセンダングサに吸蜜に来た。

f0031682_22201891.jpg

ヤエヤマカラスアゲハも吸蜜にきていた。

f0031682_22201879.jpg


ここではメスのあまり傷んでいない個体を撮影することが出来た。

f0031682_22201831.jpg

雌雄とも後翅のブルーがきれいだ。
f0031682_22201881.jpg

そろそろ撮影を切り上げようかと思っていた時に、家内がコウトウシロシタセセリを見つけてくれた。

見ていると、産卵しそうな気配で、食草のヤマイモ(細かな種名はよくわかりません)のつるのまわりを飛び回っている。

f0031682_22201006.jpg

そのうち止まって産卵を始めた。

f0031682_22200932.jpg

最後の最後になって素敵なプレゼントをもらって気分良く帰宅の途に就くことが出来た。

3日間お世話になった熊谷さん、本当にありがとうございました。



by dandara2 | 2016-05-29 22:40 | 吸蜜 | Comments(10)
2016年 05月 25日

石垣島撮影記-1(2016/5/19.20)

5月19日から22日までは石垣島に行ってきた。

目的は未撮影のアサヒナキマダラセセリ、オオシロモンセセリ、ヒメイチモンジセセリ、バナナセセリ、メスアカムラサキの撮影。

このうち、バナナセセリとメスアカムラサキは難易度が高い(メスアカムラサキは最近は迷蝶だけで、発生していないらしい)ので、それ以外の3種を撮影できれば万歳だ。

今回は、いつもとは違い"yaeyamaてふてふ"の熊谷さんに案内をお願いした。
大変親切に案内してくれて、気持ちの良い撮影ができた。
ありがとうございました。

19日は孫を学校に送り出してからの出発になるので、石垣島に着いたのが14時20分過ぎ。

そのまま宿に入る予定だったけど、石垣島は梅雨入りで、滞在中の天気がわからない。
少しでもリスクを避けるために、タクシーでバンナ公園に行き、30分だけ撮影することにした。

車で走っていると、あちこちにゲットウの花が咲いている。
今回の目的の一つ、オオシロモンセセリの食草だ。
見ているだけでうれしくなる。

公園について歩き始めるとすぐにツマベニチョウがゲットウの花に吸蜜に来た。

f0031682_16503824.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_16503880.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ほんの数秒のことだったけど、カメラを構えてすぐに撮影できたので、チャンスを逃さずに撮影できた。

ミカドアゲハも吸蜜している。

f0031682_16503965.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


今年はミカドアゲハが多いと聞いていたけど、早速撮影できて大喜び。
f0031682_16503967.jpg

家内撮影 ニコン1V2 1ニッコール70-300

家内はウスキシロチョウの産卵も撮影していた。

f0031682_16503853.jpg
家内撮影 ニコン1V2 1ニッコール70-300

たった30分ではあったけど、少しは撮影できて気分よくホテルに入ることができた。

20日は朝起きてみたら素晴らしい晴天。
朝9時に熊谷さんにホテルまで迎えに来てもらい、アサヒナキマダラセセリのポイントに行く。
今年は、昨年よりは発生数が多いのではないかということで期待が膨らむ。

ポイントについて、最初にミカドアゲハが吸水にきているかもしれないと川原を覗いてみる。

そしたら20頭くらいの吸水集団があった。

f0031682_16503498.jpg
家内撮影 ニコン1V2 1ニッコール70-300

とりあえず望遠で撮影後、どこまで近づけるかそっと近づいてみることにする。

慎重に近づいて、十分近づいたら軽く手を振って飛び立つところを撮影した。

f0031682_16503462.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

時間を置けばまた集まってくるということなので、その間にアサヒナキマダラセセリを見に行く。

開けた草地では、1頭のメスが吸蜜していた。

やったーこれで目的の蝶の一つが撮影できると、慎重に近づいて撮影する。

おなかが大きいのでメスのようだ。

f0031682_16503423.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_16503437.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


翅を少し開いたので、翅表もちらっと見える。

f0031682_16503466.jpg
家内撮影 ニコン1V2 1ニッコール70-300


家内は飛び立つところを偶然撮影していた。

f0031682_16502882.jpg
家内撮影 ニコン1V2 1ニッコール70-300

ミカドアゲハのところに戻ると、今度は30頭くらいが吸水していた。

f0031682_16502860.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


望遠で集団を切り取る。

f0031682_16502877.jpg
家内撮影 ニコン1V2 1ニッコール70-300

思いっきり近づいて広角でも撮影。

f0031682_16502890.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


迫力ある写真が撮れた。


その後ヒメイチモンジセセリのポイントへ移動。

最近数が減っているらしいので、今回の旅行で会えるかどうか心配だったけど、車を降りたらすぐに吸蜜にきている個体を発見。

f0031682_16502874.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

イチモンジセセリに比べれは少し小さい。

f0031682_16502352.jpg
家内撮影 ニコン1V2 1ニッコール70-300


その後虫屋さんがよく来るという食堂へ。
気さくな奥さんがいろいろと話をしてくれた。

そのお店のお庭で、赤紋のきれいなクロアゲハが産卵していた。

f0031682_16502330.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


そのあと、オオシロモンセセリのポイントへ。

昨年の秋には何か所か探したけど見つからなかった。

どうかなと思いながら案内された場所では、車を降りて歩き始めるとすぐに見つかって、無事撮影することができた。

f0031682_16501710.jpg
家内撮影 ニコン1V2 1ニッコール70-300


地面の鳥の糞か何かで吸汁している個体もした。

f0031682_16502342.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

メスを探しているのか、ゲットウの周辺を飛び回る個体もいた。

f0031682_16502331.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_16502369.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


そのうちゲットウで吸蜜する個体を見つけ大喜びで撮影。

f0031682_16501776.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


最後にもう一度アサヒナキマダラセセリを撮影したいということで、別のポイントに案内してもらう。

林道を歩いていると、ミカドアゲハが吸蜜にきていた。

f0031682_16501770.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


吸蜜後飛び立った個体。

f0031682_16501723.jpg
家内撮影 ニコン1V2 1ニッコール70-300


林道の終点近くで吸蜜するアサヒナキマダラセセリを見つけ撮影。

f0031682_16501799.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この日見つけた個体は雌ばかりだった。

目標としていた3種を一日で撮影できて大満足で宿に帰ることが出来た。




by dandara2 | 2016-05-25 17:22 | 吸水 | Comments(22)