タグ:アオタテハモドキ ( 3 ) タグの人気記事


2015年 09月 24日

石垣旅行1(2015/9/20)

9月19日から22日まで石垣島に行ってきた。
シルバーウィークで混んでいて、航空機の時間や宿がなかなか確定せずやきもきしたけど、何とか行くことができた。
初日は乗り継ぎが悪く、那覇で2時間待たされた関係で、宿についたら17時。

息子の家族はさっそくホテル前のプールやビーチに行っていたようだが、こちらはぐったり。
f0031682_17223143.jpg


翌20日は、息子家族とは別行動で今回の目的であるヤエヤマウラナミジャノメとオオシロモンセセリ、カワカミシロチョウなどを探しに出かける。
ただ、8月の台風15号の影響で、迷蝶はおろか、島で生活していた蝶までがごっそり吹き飛ばされたとかで、蝶の数はほんとに少なかった。

最初についたポイントではスジグロカバマダラが出迎えてくれた。
f0031682_1723355.jpg

こちらでは普通種だけど、この明るい色を見るとうれしくなる。
f0031682_17232611.jpg


交尾個体も見つけることができた。
f0031682_17234691.jpg


少し歩いた暗い道路の横をジャノメがちらちら飛んでいる。
もしかしてと思って撮影するけど、うっかりシャッター優先の1/1250で撮影したので、モニターでは真っ暗にしか見えず、果たして写っているのかいないのかわからなかった。

結果的には目的のヤエヤマウラナミジャノメだったけど、この旅行ではこれが唯一の個体だった。
f0031682_17284283.jpg


ちょっと時期が早かったのかもしれない。

その後はジャノメを見るたびにシャッターを押すけど、ヤエヤマウラナミジャノメと言う感触が持てない。
家内の撮影したものは明らかにマサキウラナミジャノメ。
f0031682_17292065.jpg


自分が撮影したこの個体もマサキだけど、ヤエヤマであってほしいという欲目から、撮影しているときにはもしかしたらと思ってしまう。
f0031682_17294451.jpg


フィールドガイドの記述では後翅外縁まで白くなると書いてあるが、なにしろまだヤエヤマウラナミジャノメを見たことがないから、上の様な個体でも外縁まで白くなっているかなと思ってしまう。

結局帰ってから学研の日本産蝶類標準図鑑の、後翅の縁毛がマサキウラナミジャノメでは灰色で、ヤエヤマウラナミジャノメでは黒いという記述を見てようやく得心が行った。

ヤエヤマウラナミジャノメが見つからず(この時点では撮れたと思っていなかった)、がっくりして車に戻ると、アマミウラナミシジミが産卵していた。
f0031682_19363945.jpg


これでちょっと気が晴れる。

オオシロモンセセリを探して3か所ほどを歩くが結局見つからなかった。
どうもオオシロモンセセリとは相性が悪い。

最後の場所ではウラナミシロチョウが吸蜜していた。
f0031682_17311284.jpg


大きさがモンシロチョウ位で、最初は何かわからなかった。(南の蝶はみんなわからないけど)

イワサキタテハモドキは台風でもそれほど飛ばされなかったのかそこそこの数を見ることができた。
この個体は、枯葉の裏に静止していて、何か他の個体と雰囲気が違うなと思いながら撮影したけど、後で写真を見ると手前の翅が短いようだ。
f0031682_17314747.jpg


翅が破れた個体かと思ったけど、開翅したところを見ると切れてはいないようなので、何らかの原因で翅が矮小化した個体だろう。
f0031682_1732441.jpg


アオタテハモドキは以前来た時にはここでは見なかったけど、今年は数が多かった。
新鮮な個体が多かったから、台風の影響は受けなかったのかもしれない。

後翅のブルーがきれいな個体がいて喜んで撮影。
f0031682_17323092.jpg


こちらの個体は前翅の後角まで青がのっていてとてもきれいだった。
f0031682_17324557.jpg


雌もいた。
f0031682_1733548.jpg
家内撮影

青いタイプの雌には気が付かなかったけど、自宅で写真を確認していて気が付いた。
f0031682_17433067.jpg


この個体、産卵しているようだ。
かなりうれしい

撮影中、家内がなかなか追いついてこない時があって、どこに行ったんだと思っていたら、オオコウモリを撮影していたとか。
f0031682_17495157.jpg
家内撮影

来た日にも、ホテルに来る時に車の前のほうを飛んでオオーと喜んだのだけど、運転中だから撮影できなかった。
家内が撮影してくれたのはうれしい。

ホテルに帰ると、息子たちは十分楽しんだようだった。
孫はシーサーの絵付けをして、自分のカメラで撮影していた。
f0031682_17335335.jpg
孫撮影

海にも出たようで、シュノーケルの練習をしたとか。
f0031682_17341281.jpg


マンタも撮影できたと喜んでいた。
f0031682_17342995.jpg
孫撮影

25日から27日までまた出かけてきますが、今度はちょっと難しそうです。

by dandara2 | 2015-09-24 17:54 | 産卵 | Comments(8)
2011年 07月 24日

沖縄遠征:2(フタオチョウ:2011/7/17)

17日、起きてみると風は少しあるものの、青空が見えて心配した台風の影響は少ないようだ。
今日はフタオに絞って撮影の予定。
朝miyagiさんがホテルまで迎えに来てくれる。
フタオのポイントつく前にナガサキアゲハのポイントがあるので見てみると、♀が吸蜜に来ている。
早速車を降りて撮影、きれいな♀だ。
f0031682_8431679.jpg
(家内撮影)

♂も吸蜜に来ていたけど、ハイビスカスの花粉だろうか後翅についている。
ハイビスカスの雄しべや雌しべの長さから、丁度このあたりに花粉がつくことが多いようだ。
f0031682_8434174.jpg

また、昨日シロオビアゲハが群れていたヒギリの花には今日もシロオビアゲハが来ていた。
この花はどこでもアゲハが多い。
撮影していたら、突然ナガサキアゲハが割り込んできてすごい豪華な感じの写真が撮れた。(少しくどいかな)
f0031682_844480.jpg

フタオのポイントにトラップを仕掛けていくが、アオタテハモドキの多い場所がある。
トラップにくるのを待つ間にそのアオタテハモドキを撮影する。
f0031682_8445058.jpg
(miyagiさん撮影)

雄の後翅のブルーは、普段生活している場所では見られないのでとても魅力的だ。
f0031682_8453251.jpg

♀もたくさんいて開翅してくれるので、こちらも喜んで撮影。
f0031682_8455332.jpg

撮影しながら、メスの腹部が何となく下がっているのに気がついた。
注意してみていると、確かに上下しているようだ。
f0031682_8461587.jpg

これは産卵しているのかと思って横から覗こうとするとツッと飛び立ってしまう。

家内にどうもメスが産卵しているようだと話すが、トラップの様子も気になって産卵の撮影はそのままになってしまった。
その後家内は熱心に♀を追いかけていたようだ。
f0031682_8464181.jpg
(miyagiさん撮影)

後で写真を確認したら見事に尾端を曲げた様子が写っていた。
f0031682_8465794.jpg
(家内撮影)

フタオのポイントに戻ってしばらく様子を見るがフタオは現れない。
台風の影響で雲の流れが速いが、ここは木に囲まれた空間なので風はあまりない。
miyagiさんは別の場所にトラップの様子を見に行き、こちらはその場所で様子を見ているが、シロオビアゲハのⅡ型のメスが吸蜜に来ている。
このタイプも随分増えて、♂の求愛の様子を見ていてもこちらの♀にアタックする回数が多いような気がする。
f0031682_8474320.jpg

その時、白っぽい大型の蝶がトラップの所に降りてきた。
フタオの♀だ。
f0031682_8484074.jpg

大急ぎで撮影して、miyagiさんにフタオが来たと電話をする。
かなり新鮮な個体だけど、右後翅の尾錠突起の一本が欠けてしまっているのが残念だ。
f0031682_849613.jpg
(家内撮影)

反対側から撮影すると、ほぼ完全な個体だ。
この♀はその後しばらく吸汁してくれたので、かなりの量の写真を撮影することが出来た。
f0031682_8493772.jpg

広角でも撮影することが出来た。
f0031682_850333.jpg

ふと思いついて、魚露目でも撮影してみることにする。
f0031682_850358.jpg

写した結果は、背景が雑木林の関係か広角とあまり変わりがなかった。
別の背景の写真もあるのだけど、それは差し障りがありそうなのでここでは没。
f0031682_8511361.jpg

アオタテハモドキを撮影した場所では♂がテリ張りをしているという。
大急ぎで駆けつけると3m位の高さに止まっていた。
f0031682_851341.jpg

風が吹いて枝がしなると翅表が見えることがあるというので、そのチャンスを待って撮影。
うまく撮影することが出来た。
f0031682_8515627.jpg

目的のシーンをほぼ撮影できたので、早めに切り上げることにして宿に戻った。

miyagiさん、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

by dandara2 | 2011-07-24 08:55 | 吸汁 | Comments(18)
2010年 12月 02日

沖縄遠征(3/4 沖縄 ヤンバル:2010/11/23)

3回で終わらせるつもりだったけど、撮影枚数が多くもう一回追加することにしました。

コノハチョウを撮影した後は、リュウキュウムラサキなどを求めて移動するが、これは撮影できなかった。
代わりに、アオタテハモドキが現れてくれた。
昨年久しぶりにちょっとだけ撮影できたのでこれも十分うれしい。
f0031682_9591735.jpg

ここにはイシガケチョウがたくさん飛んでいた。ただ、ついでの感じになってしまったのであまり良い写真が少ない。
f0031682_9595422.jpg

クロマダラソテツシジミもみかける。
f0031682_1002331.jpg

ルリウラナミシジミはここでも見かけた。
昨年は八重山で多いと言うことが話題になっていたような気がしたけど、今年の沖縄でも普通種という感じだった。
f0031682_22334062.jpg

シロオビアゲハのⅡ型が産卵をしていた。新芽に産卵していた時には、葉被りでうまく撮影できず、これは別の葉で腹端を曲げた時だけど、産卵したかどうかはちょっと微妙だ。
シロオビアゲハのⅡ型は30数年前に八重山を訪れた時にはほとんど目にしなかったけど、今回は♀の多くはこのタイプだった。
ベニモンアゲハの進出につれてⅡ型が増えたとのことだけど、きれいなタイプなので撮影できるとうれしい。
f0031682_1011816.jpg

帰宅して写真を眺めながら、そういえば、南大東島でチャバネセセリを撮影したことを思い出し、類似種の分布を調べてみると、沖縄ではユウレイセセリが1973年以来定着しているようだ。
後翅の斑紋の並び方で区別できるらしい。
自分の撮影した写真を調べてみるが、チャバネセセリなどにはほとんどカメラを向けていない。
がっくりしながら家内の写真を見てみると、・・・やったーいるじゃん!! 
f0031682_1015781.jpg

ということでユウレイセセリがアオタテハモドキの草地で撮影できていました。家内に感謝、感謝。
なんでも馬鹿にしないでカメラを向けておくべきだということを痛烈に反省しました。
ここではウスキシロチョウの無紋型も撮影することが出来た。
f0031682_1022830.jpg

こちらはナミエシロチョウ。
f0031682_1024986.jpg

また場所を移動して、山茶花にたくさんの蝶が吸蜜に来ているという場所を目指す。
途中、トックリキワタという、幹の下部が徳利型に膨らんだ木が花を咲かせているので見ると、ツマベニ蝶やナガサキアゲハが吸蜜に来ていた。
ただ木が大きいので、証拠写真程度にしかならなかったが、花はなかなかきれいで、条件がよければ絵になる組み合わせだと思った。
f0031682_18581294.jpg

この木の下にはハイビスカスも咲いていて、その花にもツマベニチョウが来ていた。
f0031682_1033862.jpg

メスアカムラサキが居たというヒルトップで昼食をとるが、メスアカムラサキは現れず代わりにスミナガシが慰めてくれた。
f0031682_1091831.jpg
ここで、イワカワシジミやリュウキュウウラナミジャノメを探すが見つからない。
両種とも撮影できたらいいなと思っていたのだけど残念。
ま、生き物を相手にする以上仕方がない。
お目当ての山茶花の場所につくと、なるほど、各種のマダラチョウがたくさん来ている。
一番多いのはツマムラサキマダラ
f0031682_104828.jpg

♂♀とも多くて、♂が青い翅端をきらめかせながら飛んでいる。
f0031682_1061628.jpg

こちらは♀が偶然同じ空間に飛び込んできた。
f0031682_1063632.jpg

次に多いのがアサギマダラ。マーキングされている個体がいないかなと思って注意してみるが、それは見つからなかった。
もう少しすると薄暗い場所で集団で冬を越しているとのことだった。
f0031682_107155.jpg

時々はオオゴマダラも吸蜜に来ていた。
今回の沖縄旅行では、オオゴマダラの写真もたくさん撮りたいと思っていたのだけど、意外に数は少なくてあまり良い写真は撮影できなかった。
f0031682_1072663.jpg

そうそう、あまり多くはなかったけど、リュウキュウアサギマダラもいました。
f0031682_22391514.jpg

ここにはアマミウラナミシジミもいたが、ルリウラナミシジミに比べると個体数は少なく、見かけたのはこのときだけだった。
f0031682_1081818.jpg

十分撮影して車に戻る頃には、雲も多くなりなんとなく薄暗くなってきたけど、ツマベニチョウの♀がハイビスカスに吸蜜にきた。
ツマベニの♀の吸蜜は意外とチャンスが少ないので、やや色あせた個体だったけどありがたく撮影した。
f0031682_1085471.jpg

これで楽しかったやんばるでの撮影も終わり。
一日案内していただいたmhidehideさん、ありがとうございました。

by dandara2 | 2010-12-02 10:10 | 飛翔 | Comments(18)