タグ:アオスジアゲハ ( 11 ) タグの人気記事


2015年 09月 06日

小畔川便り(アゲハの吸水:2015/9/4)

9月4日は久しぶりに天気が良くなった。
金曜日は講師の仕事も休みなので、自宅前の川原を歩く。

河川敷の草がだいぶ伸びていて、もうじき草刈りが入るだろう。
f0031682_915926.jpg


その前の様子を確認しておこうと思う。

センダングサにはアゲハが来ていた。
1V3に70-300のズームを付けて、シャープに撮るにはどうすればよいか試しながら撮影する。
動きが早いので、シャッタースピード優先で撮影。
f0031682_925693.jpg
1/4000 f5.6 ISO1000

f0031682_932541.jpg
1/4000 f5.6 ISO560

f0031682_94257.jpg

1/4000 f5 ISO640

シャッタースピードが速いのは、BMCに切り替えた時に失敗しないようにだけど、普通に撮るにはもう少し遅くしてもいいとは思う。
でも遅くしておくと、たいてい切り替えた時に確認ミスで失敗してしまう。

こちらは1J5によるBMC
アゲハのような活発な蝶は撮影距離の15㎝以内に近づくのが難しい。
f0031682_10171352.jpg
 1/4000 F3.5 ISO280

この後、吸水に来ている蝶がいないかと川原を覗くと、予想通りアオスジアゲハが吸水に来ていた。
こちらは動かないので、絞り優先で撮影。
f0031682_985520.jpg
1/1000 F6.3 ISO400


後ろの石が濡れているのは、アオスジアゲハが吸水した水を排出したからのようだ。

そのうちにはアゲハも来てなかよく吸水を始めた。
f0031682_991380.jpg


ここは近くの雨水池からの水が流れてくる場所で、その雨水池にはサギやウがコロニーを作っているせいか、有機物が多くぷんと匂う。
それが蝶には魅力的なのかもしれない。

もう一頭アゲハが来た。
f0031682_994660.jpg


吸水している個体がいると、なぜかそこに集まってくる。
f0031682_9101519.jpg

f0031682_21263538.jpg


条件が良い場所なのか、動いているものに引き付けられるのか。
カラスアゲハなどは、仲間の姿に引き付けられるようだけど、この場合は違う種類なのでどうなんだろう。
f0031682_9104674.jpg
1/500 F6.3 ISO200
f0031682_911641.jpg
1/1000 F6.3 ISO400

絞り優先なので、飛んでいるアオスジアゲハがぶれてしまっている。
突然飛び立ったり、他の個体が来た時にぶれてしまうのが絞り優先の欠点だ。

そのうち3頭並んで吸水するシーンもあった。
f0031682_9114861.jpg

f0031682_912224.jpg


アオスジアゲハがポンピングする写真が撮りたいと思って、広角でそっと近づけくど、近づく途中で逃げられたり、せっかく近づけても、前かがみでカメラを片手で突き出している姿勢に辛抱しきれず、少し動いたら足元で砂利が動いて逃げられたりとか、結局撮影できなかった。

悔しいので、家で撮影した写真を確認したら、望遠で撮影した中にポンピングが写っている写真があった。
f0031682_9122692.jpg
ニコン1V3 70-300 1/800 F6.3 ISO400

偶然に近いけど、それでも狙った写真が撮れてよかった。

by dandara2 | 2015-09-06 09:17 | 吸水 | Comments(8)
2015年 04月 29日

小畔川便り(アオスジアゲハの排水飛翔:2015/4/24)

4月24日は前日に良い写真の撮れなかった菜の花の場所を家内にも見せようと一緒に出かける。

ところが、川原を歩き始めて間もなく、対岸に黒系アゲハが吸水しているのが見えた。

大急ぎで対岸に渡り吸水場所に行ってみると、クロアゲハが吸水していた。

f0031682_21575646.jpg
自宅付近ではクロアゲハは決して多い方ではないので、大喜びで撮影。
f0031682_21575681.jpg
f0031682_21575601.jpg

何とか押さえられたので、もう少し近づこうと下の川原に降りたら、クロアゲハは飛びあがって逃げてしまった。

がっかりして何気なく周囲を見たら、アオスジアゲハも吸水していた。

f0031682_21580051.jpg

クロアゲハと違い、吸水に夢中で近づいても逃げようとはしない。

f0031682_21575615.jpg

ここは、隣の雨水池の排水溝があって、その雨水池には、カワウやサギなどがいるし、ハスもかなり繁茂している。

そんな関係で有機物に飛んだ水が流れてきているのだろう、多少どぶ臭いにおいがしている。
それがアゲハ類には魅力なのかもしれない。

アオスジアゲハの吸水は久しぶりに撮影するので、逃げないのをいいことにいろいろ撮影した。

f0031682_21580071.jpg
f0031682_21580065.jpg
f0031682_21580022.jpg


十分撮影した後は、前日に購入した1J5を使って、吸水中のアオスジアゲハを手を振って驚かし、飛びあがったところを撮影した。

f0031682_21580485.jpg

なかなかいい感じの写真が撮れた。

自宅に帰って、昼食後、撮影した写真を確認していたら、飛び上がったアオスジアゲハの周りに水滴のようなものが見える。

f0031682_21575662.jpg

これってもしかしたら、飛び上がったアオスジアゲハが排水しているのではないだろうか…

もう少しはっきりした写真が欲しいと、再度同じ場所に行ってみた。

そしたらまたアオスジアゲハが吸水に来ていたので、今度は慎重にピントを合わせて、左手を軽く振って飛ばしてみる。

撮影した写真を確認したら、見事に尾端から排水している様子が写っていた。

f0031682_21580509.jpg

拡大してみると、その様子が良くわかる。

f0031682_21580431.jpg

吸水しながら排水する、ポンピングと言うのはよく知られているけど、飛びあがった時にこうして排水しているとは知らなかった。

無理やり飛ばしたから排水したのか、普段から飛翔するときには身軽になるために排水しているのかはわからないけど、1J5を購入していなかったら、こうした写真を撮る気にはならなかったかもしれない。

購入早々貴重な写真が撮れてよかった。




by dandara2 | 2015-04-29 22:09 | 吸水 | Comments(18)
2014年 09月 28日

アオスジアゲハの産卵(2014/9/22)

22日は、ツマグロヒョウモンの産卵を探しているときに、アオスジアゲハの産卵行動も撮影できた。

ぶらぶら歩いていると、ヤブニッケイのヒコバエにアオスジアゲハが絡んでいる。
f0031682_11335574.jpg
様子を見ていると、新芽の先端に止まって産卵場所を探しているようだ。
f0031682_11335595.jpg
そのうち尾端を曲げる仕草をするので、産卵するかと思っているけど、産卵しなかった。
f0031682_11340371.jpg
拡大してみると、複眼の左側の葉に、はっきりとはしないけど卵が見える。
f0031682_11335570.jpg

新芽が展開している葉の先端部分にも興味を示して飛び回る。
f0031682_11335543.jpg

やがて止まるけど、この時も産卵はしなかった。
f0031682_11335550.jpg

後で見ると、いずれの場合も近くには産卵されたばかりの卵があった。
私がここに来た時には、アオスジアゲハはすでに産卵行動中だったので、それ以前に産卵していたのかもしれない。
f0031682_11340217.jpg

産卵された葉かどうかは、卵から出る何らかの化学物質で判断しているのか、先ほどのように視覚で確認しているのか。
どこかに報告があるのだろうか。

枝の間から伸びた新芽にも興味を示していたけど、産卵は確認できなかった。

f0031682_11340219.jpg

根元近くから出た新芽にも興味を示していた。

f0031682_11340245.jpg
f0031682_11375816.jpg
尾端を曲げていたので、産卵したかと思って後で確認するけど卵は見つからなかった。
f0031682_11340337.jpg
この芽生えにはどこにも卵が見つからなかったので、何かの理由で母蝶のお気に召さなかったのだろう。


手元のストックを確認すると、一番ポピュラーなはずのクスノキへの産卵が、デジタルになってからは撮影していなかった。
自宅の窓から見えるクスノキには、よくアオスジアゲハが絡んでいるのだけど、下から見ると適当な位置に産卵に適した葉がない。
クスノキへの産卵も今後注意していかなくては。



by dandara2 | 2014-09-28 11:48 | 産卵 | Comments(9)
2014年 05月 06日

アゲハの撮影2(2014/5/3)

5月3日の連休初日、朝5時半ころ窓から関越を見ると、もう車がびっしりで大渋滞。
この日は遠出をする気はなかったけど、見るだけでうんざりする。

前日にウスバシロチョウの良い写真が撮れなかったので、どこに撮影に行こうか考えたけど、連休で駐車場が混んでるのも嫌だし、少しは副産物も撮りたいしなどと考えて、結局埼玉北部の公園へ。
我ながら芸がないなーと言う感じ。

ポイントに着くと何人もの人がカメラを構えている。
中にはまあささんもお友達といらしていた。

見るとウツギにウスバシロチョウが何頭も吸蜜に来ている。

f0031682_18410083.jpg
f0031682_18405686.jpg
家内撮影

家内はダイミョウセセリとのコラボを撮影していた。
f0031682_18405829.jpg
家内撮影

人が多かったけど、ちょっとだけ失礼して飛翔も撮ってみる。
f0031682_18410398.jpg

そのうち2頭が絡んで花に止まる。

f0031682_18411165.jpg
飛んでいるときに交尾嚢が見えたので、雌に絡む雄が撮れるかなと思って様子を見ているけど、雄は必死になって交尾しようとしている。
f0031682_18410530.jpg
もちろん交尾嚢があるから交尾はできないけど。

そのうちもう一頭の雄が絡んできた。

f0031682_18410960.jpg
ほんとはウスバシロチョウのきれいな写真を目的に来たのだけれど、これはこれでうれしいシーンに巡り合えた。

このウツギにはアオスジアゲハの雌も吸蜜に来た。

f0031682_18412203.jpg
かなり新鮮な雌でずいぶん長い間吸蜜してくれた。

アオスジアゲハは珍しい蝶ではないけど、自宅周辺ではよいポイントがなく、その吸蜜シーンを集中して撮れる機会はそんなに多くない。

f0031682_18412490.jpg
f0031682_18412753.jpg


家内がウスバシロチョウを撮ってくれている間に、アオスジアゲハを重点的に撮ることにした。

f0031682_18413323.jpg

f0031682_18412490.jpg
f0031682_18412910.jpg

ウスバシロチョウと違って、花から花へめまぐるしく移動するアオスジアゲハを撮るのは気持ちがいい。

f0031682_18413775.jpg
f0031682_18413565.jpg

撮影が一段落するころ、小さくて素早い蝶が飛んできた。
f0031682_18411344.jpg
トラフシジミだ。

喜んで撮影するけど、後で家内が、縁毛がいろいろな色に輝いて綺麗だったという。
f0031682_18412074.jpg

家内は意識していろいろな角度で撮っていたらしい。

f0031682_18411574.jpg
家内撮影

f0031682_18411791.jpg
家内撮影

自分が撮影した写真にもそれが写っていたけど、撮影中は全く気が付かなかった。
もっとゆとりを持たないといけないのかなと思った。




by dandara2 | 2014-05-06 18:58 | 配偶行動 | Comments(22)
2011年 08月 13日

小畦川便り(2011/8/12)

今日からお盆休暇で各道路はすごい渋滞。
例年通り家でおとなしくしているが、8月7.8日に出掛けた時の写真の整理も暑さのせいかなかなか進まず、部屋にいるのも飽きてきたので外に出掛けてみることにした。
でも外はすごい暑さなので、暑さも峠を越した15時過ぎに自宅前の川原に出かけた。
この時期普通種しかいないのは判りきっているので、久しぶりに魚露目とパスト連写を使ってみる。
魚露目をつけた18-55は、使わなくなってしまってあったD70につけ、カシオのEZ-FH100とマクロ105をつけたD300Sをぶら下げて川原に出てみる。
最初に目についたのはヒメアカタテハ。今年始めての撮影になる。
f0031682_0115816.jpg

魚露目の写真では青空がきれいに写った。
f0031682_0121883.jpg

川原にはイチモンジセセリが多いけど、少しくたびれた個体が多くカメラを向ける気になれない。
ただ、♀にしきりと言い寄る♂がいたので、時間的に交尾に至るかなと思ってみていたけどふられてしまった。
f0031682_0123849.jpg

ツマグロヒョウモンを何頭かみかけるが、ほとんどが♂だった。
f0031682_0125567.jpg

熱心に吸蜜しているので、バスト連写を試してみる。
このレンズがもう少し立体感のある絵を叩き出してくれたらもっと使う気になるのに、どうしてこんな平板な絵になってしまうのだろう。
f0031682_0131980.jpg

飛翔する個体を眼で追いかけていたら、♀に絡み始めた。
急いで近づいてシャッターを押す。
f0031682_0134232.jpg

16時近くなると吸蜜する個体が増えて、アオスジアゲハも吸蜜に来た。
f0031682_0141237.jpg

近寄れそうだったので、パスト連写も試してみるが、近くをツマグロヒョウモンが飛んだのが刺激になったのか飛びあがったのでシャッターを押した。
f0031682_0143067.jpg

ほんの1時間少々だったけれど、少しはカメラをかまえることが出来てすっきりした。

by dandara2 | 2011-08-13 00:15 | 配偶行動 | Comments(8)
2011年 07月 11日

山梨で五目撮り(2011/7/8)

7月8日の金曜日は定期試験の後で勤め先は休み。
家内の実家に義父の墓参りに出かけるが、ついでに近くの山に撮影しに出かけた。
以前アサマシジミが多かったのだけどここ数年姿を見ない。
ここにはアイノミドリのテリ張り場所もあるので、早朝に出かけてその撮影をするつもりだった。
ところが朝起きてみると小雨が降っている。
仕方ないので雨が止むまで採点処理などをして(基本的にこの仕事をするための休み)様子を見る。
仕事が完了したらちょうど雨が止みそうになったので、墓参りをしてから出かける。
昼には一緒に食事をしたり買い物につきあわないといけないので午前中のみの撮影だ。
ポイントに行く途中にいつもゼフがいないかと気になる場所があったので今日は車を止めて様子を見る。
期待に反して何もいなかったけど、近くではミヤマカラスが吸水をしていた。
f0031682_8434889.jpg

ちょこちょこと落ち着かず、止まったと思うとすぐに飛び立つ。
f0031682_8441291.jpg

それでも何枚か撮影できたので気分良く目的の場所に移動。

ポイントについて、アイノのテリ張りポイントに目をやるとちょうど何頭かがスクランブルをしている。
止まっても、木が生長して下から見上げるしか方法がない。一脚+コンデジにして背伸びしてももわずかに届かない。
オーソドックスに望遠ズーで撮影。
f0031682_844557.jpg

それでもシャッターを押していたら、偶然飛び立つところが撮影できて翅表も写っていた。
色合いはずいぶん青いが今回は修整するほどの写真ではないのでそのまま掲載した。
f0031682_8451934.jpg

アサギマダラがウツギに吸蜜に来ている、今年は数が多いような感じだ。
よく見ると、あちこちにイケマがある。何年か前にはこんなにあるとは感じなかった。
f0031682_192317.jpg

アサマシジミがいないかとずいぶん探してみたが、一頭も見かけることができなかった。
最初に来たときに、食草がないのにどうしてこんなにいるのかなと思った記憶があるのだけど、そのときは草に隠れて見えないだけだと思っていた。
今回も気をつけて歩いてみたけど、食草は見かけなかった。そのあたりに減少の原因があるのだろうか。
ここに多いはずのヒョウモンチョウもほとんど見かけない。
わずかに一頭を見かけただけだ。
f0031682_846281.jpg

その代わりにギンボシヒョウモンがいた。ギンボシヒョウモンの発生には少し標高が低いような気もするけど・・・
f0031682_8465218.jpg

ウラギンヒョウモンは何頭もいたが、すでに痛んだ個体が多かった。
f0031682_8471051.jpg

家内はツマグロヒョウモンの産卵を撮影していた。
確かにどこでも増えているけど、ギンボシヒョウモンと同じ場所で見かけるとやはり違和感を感じる。
f0031682_8473615.jpg

そろそろ戻らないといけない時間なので、車のところに行くとアイノが翅をきらめかせて降りてきた。
そっと近づくと吸水をしていた。活動終了の時にはよく吸水に降りてくる個体がいるけど、ワンチャンスの時に出会えてラッキーだ。
f0031682_848928.jpg

帰りがけに、来るときに覗いた気になる場所を見てみたけれどやはり何もいなかった。
そしたらやけに大きめのゼフが青い羽根をきらめかせて飛んでくる。
よく見たらアオスジアゲハだった。
ゼフのことしか頭になかったので、遠目に見たときには青い輝きに見えてしまった。先入観は怖い。
こちらに飛んできて、目の前の木(タブかな)に産卵体制をとっている。
f0031682_8491032.jpg

クスノキ以外への産卵なんて初めて見たので、最初は「エ、何してんの」とびっくりしてしまった。
念のために葉をめくってみたら確かに卵が着いていた。
f0031682_8492947.jpg

帰りがけに買い物を済ませ、義母と一緒に昼食を食べて、一休みをしてから帰ることにするが、考えてみると今がオオムラサキの旬の時期。
せっかくここまで来たのだからと、オオムラサキのポイントにも寄ってみることにする。
ポイントに着くと、オオムラサキが樹上を滑空しているが適当な樹液ポイントが見つからずなかなか写真が撮れない。
一頭が低い位置を飛び回っていたかと思うと地面に着地した。どうも樹液に来たのではなさそうだ。
よく見てみたら、わんちゃんの落とし物のようだ。
f0031682_850577.jpg

さらに歩くと何頭かがエノキの葉の茂みに飛び込んだり、飛び出したりしているのが見える。
茂みをのぞき込むと数頭のオオムラサキが吸汁していた。木の間なので翅を開いてもきれいな色が出ない。
時々枝などで吸汁しているのを撮影しながら歩いてみるが、これといった樹液ポイントはなかった。
f0031682_8503449.jpg

高所でテリ張りをすることが多いけど、たまには低い場所でテリ張りをする個体もある。
それでも目線よりは高いのでこれが精一杯。
ゼフと違うので油断して一脚を持ってこなかったのが悔やまれる。ゼフと同じように、目の前に一脚を出されてもテリ張りを継続して撮影させてくれるのだろうか。
試してみれば良かった。
f0031682_851257.jpg

周囲に咲くヒメジョオンではヘリグロチャパネセセリが何頭も飛んでいた。
f0031682_19234532.jpg

何年かぶりでたくさんのオオムラサキに出会え、平日なので渋滞も全くなく気分良く帰宅することができた。
ただ、すごく疲れた。一日休んで日曜日だけど、どこに出かけようか。
家でゆっくりしたい気もする。
数年後にはサンデー毎日の生活になるけど、やはり週に2度くらいの撮影行が適当なのかなと考えたりもした。

by dandara2 | 2011-07-11 08:54 | 産卵 | Comments(20)
2011年 05月 27日

近郊の山で(2011/5/20)

今から1週間前の5/20は定期試験の初日で、翌土曜が勤務が16時過ぎまであるのでこの日は昼過ぎに退勤可。
大急ぎで帰ってアオバセセリの様子を見にいつものポイントに出かける。ポイントに着いたのは15時頃。
ここはこの時期16時頃まで日が当たるけど、着いてすぐ目についたのはアオスジアゲハ。
何頭もの個体が吸蜜をしている。
f0031682_965769.jpg

最近あまりアオスジアゲハを撮影した記憶がないので、タイミングを計って動きのあるシーンを撮影する。
f0031682_971666.jpg

こちらはかなりダイナミックな感じが出たと思う。
f0031682_973184.jpg

アオスジアゲハに次いで多いのはオナガアゲハ。
アオスジアゲハが日の当たる間は多かったのに、日がかげり始めると姿を消してしまったのに対し、オナガアゲハは日が陰ってきても数にあまり変化はなかった。
f0031682_98447.jpg

ウツギではよく吸蜜しているけど、体が花や葉に隠れてしまうので、全体をきちんと写すのが意外に難しい。
f0031682_99930.jpg

吸蜜している個体のところに♂が飛んできた。
f0031682_992954.jpg

相手を無視して吸蜜に専念しているように見えるけど、前翅があがって警戒はしているようだ。
f0031682_99437.jpg

こちらも吸蜜している個体のところに♂が飛んできたところだけど、ストローをのばしているのは吸蜜しようとしているのか、あるいは相手(♀なのかな)に興奮してストローをのばしているのかよくわからない。
f0031682_9101399.jpg

家内は♂の特徴である後翅の白いラインが両方きちんと写るように頑張ったらしい。
何枚かそれらしい写真があった。
f0031682_9103419.jpg
(家内撮影)

私はといえば、そんなことは考えもしなかった。(^^ゞ
アオバセセリは日がかげり始める16時過ぎに数頭を見かけるが、かなり痛んでいてたいした写真は撮れなかった。
f0031682_21233534.jpg


これだけでは何となく消化不良で、もう少しアゲハを撮影しようと場所を移動。
昨年も16時30分を過ぎてもカラスアゲハがミカンで吸蜜するのが撮影できたので何とかなるかもしれない。
着いてみると、まだミカンの花が咲いていない。
ちょっと早かったかなと思いながら歩くと、足下から一頭のカラスアゲハが飛び出した。
吸水していたらしい。
f0031682_19302916.jpg

まだ近くを飛び回って吸水したい様子なので、驚かさないように様子を見ることにした。
待つことしばし、ようやく落ち着いて吸水を始めてくれた。
f0031682_19305283.jpg

尾端から排水する水滴が写るようにタイミングを計ってシャッターを押したら何とか写っていた。
f0031682_19325768.jpg

これで午前中の勤務をこなした後にしてはまあまあかなと、気分的に満足できたので家に帰ることにする。

by dandara2 | 2011-05-27 22:12 | Comments(15)
2009年 09月 23日

新システムに変更

ここに来て、家内やお袋がこつこつ30年位かけて貯めていた積み立て年金とかのいくつかが満期になりました。
貯めていた物は貯金の方にまわしたけど、昔の物なので今と違って利息が結構良い。
せめて利息位は自由に使おうと言うことでそれぞれに分配しました。
私はこの時とばかり家内と私のメインカメラを全面的に変更することにしました。
家内からは"エーもう使っちゃったの"とひんしゅくを買いましたが、ま、男なんてこんなもんですね。
これが変更前の古いカメラ
左から、ニコンD50(レンズ:ニコン28-105)、カシオ EX-FC100、ニコンD200(シグマ18-250)
D50とカシオが家内用です。
f0031682_7294268.jpg

D50はちょうど4年使っていることになります。
家内は使いやすいと何の不満も持っていないのですが、花を写しているうちは良かったのですが、チョウを写すにはかなり接近しなければならず、そのためチャンスを逃すことも多くて、見ていて気の毒になってきました。
そんなわけで、最初に家内用にシグマの18-250のレンズを買ってみました。
ところがこのレンズ、一般的な広角-望遠に使うなら良いのですが、最短の45cmまで近づくとはっきり言って写りが悪く使い物になりません。
家内も前のレンズの方が良いと言うので、せっかく買ったのに宙に浮いてしまいました。
カシオのコンデジは、いわゆるハイスピードの新型ですが、これは家内が以前使っていたLumixが調子が悪くなったというので、勝手に選んで買ってきた物です。
家内はLumixの新しいタイプにしたかったというのを買ってから聞きました。 (^^ゞ
私はメインにD200を使っていますが、これもちょうど3年になります。
素晴らしいカメラで満足して使っていましたが、ここに来てこちらの要求水準が急に高くなり不満が出るようになりました。
例えば、常用のISOをノイズの関係もあって250としているのですが、これだと吸蜜していたチョウが飛びあがった時にぶれてしまうとか(動きがあって最高のチャンスなのにです)、バリアングルファインダーがないので、目線より高い時には勘で撮影したりコンデジに切り替えたりするけど、どちらもフォーカスを外すことが多くチャンスを生かせないなどです。
それくらい仕方ないじゃないかと思っていましたが、やはり残念です。
それで、スイスに行く前にD5000を買って持っていきました。
いざ使ってみると、バリアングルファインダーは反応も遅く、目線が違うので対象を捉えるのに時間がかかり、チャンスを逃すことが多く、結局試しては見た物の1枚もシャッターは押しませんでした(押せませんでした)。
写真の出来は素晴らしいのですが、シャッターのレリーズの感覚とかも今一で、帰国後はD200に戻してしまいました。
D90にはバリアングルファインダーはないけど、LV(ライブビュー)機能もあってこれが結構使えるというのがこの前試しに使ってみてわかりました。D300も同じ形式です。
D5000に家内が今まで使っていた28-105を付ければいいかとも思いましたが、このレンズは形式が古くなってしまい、D5000ではオートフォースかが効かず、結局D5000とシグマ18-250が宙に浮いてしまいました。
そんなわけで、このところは買い物に失敗続きです。

新しいシステムは
D5000(タムロン 90マクロ)、Lumix DMC-FX60、D300s(ニコン マイクロ105)
f0031682_7305198.jpg


結局、D5000にはタムロンの90mmマクロを買いました。
ところが、私のD5000には電源関係に初期不良があって、タムロンの90ではライブビューが使えません。
家内はライブビューなんて使わないと言ってますが、近いうちにニコンに送るつもりです。
やっと連休になった21、22日は天気はあまり良くなかったけど、これらのカメラの設定のためにいくつか試し撮りをしてきました。
いずれもサイズ以外は何も手を入れていないjpeg画像です。
まずは巾着田で彼岸花の撮影。時期的には丁度良かったけどすごい人出。
ピクチャーコントロールは海野さんが常用しているというビビットという設定にしてみました。
f0031682_7315231.jpg

この日は曇天なので彼岸花の色はくすんでいてあまり良くなかったけど、出来た写真はすごく派手。
ちょっと派手すぎてこれは却下。今後はスタンダードで行くことにしました。
もっともjpeg用の設定だからどうでも良いんだけど。
f0031682_7321397.jpg


アオスジアゲハが吸蜜に来ている時に、もう一頭がからんできた写真は、今までだとぶれてしまうことが多かったけど、今回はISOを800に設定してあったので、ぶれずにきれいに止まりました。
f0031682_7324422.jpg

一瞬のチャンスなのでこれが失敗するか、きちんと撮れているかは結構大きいです。
f0031682_7331449.jpg

アオスジアゲハも彼岸花もD300sのjpegのままで、ブログ用のサイズ変更以外は何もいじっていないけどすごく良い画質です。今までだと、ついレタッチしたくなったけどこれは使えそう。カメラの進歩は凄いです。
f0031682_7334221.jpg


それに、D300sは単体でも秒7コマ撮れるのも素晴らしい。
面白いことに、静止画を撮ってみると、D300+バッテリパックの秒8駒はかなり注意しないと、一度に2コマ撮影してしまいますが、D300sの秒7コマでは、ちゃんと1枚ずつシャッターが押せます。
耳で聞くとどちらも同じような早さに聞こえますが、指先の感覚は随分違います。
カシオのコンデジはお蔵入りにはもったいないので、私が使ってみることにしました。小さいのでとても便利です。

by dandara2 | 2009-09-23 07:42 | 配偶行動 | Comments(4)
2009年 05月 25日

番外編(アオスジアゲハ)

このところブログでアオスジアゲハのエサキ型で盛り上がっているので、手元の写真を見直してみた。
残念ながらエサキ型もハンキュウ型もなかったけど、過剰紋のある写真がいくつか見つかった。
アオスジアゲハには色々なタイプの異常型があるようだけど、これもその一つなのだろうか。
採集はしないのでこういった形態的なことに関してはほとんど何も分からない。
複数例あったので、それほど珍しいものではないのかも知れないけど、なにかご存じなら教えていただきたいです。
日曜日の撮影日記を載せないといけないのだけど、それは明日と言うことで・・・

f0031682_19301292.jpg

f0031682_19284671.jpg
2002/7/21 埼玉県滑川町

f0031682_19311981.jpg

f0031682_1932734.jpg

2005/7/7  埼玉県飯能市

by dandara2 | 2009-05-25 19:34 | 異常型 | Comments(8)
2008年 10月 03日

小畦川日記(2008/09/23)

日記が前後するけど、秋分の日の9/23は大阪から帰った翌日でもあり、家でのんびりした(孫が水疱瘡で泊まりに来ているのでせわしないけど)。
午後から家の前の川原を散歩する。コスモスがきれいに咲いていて、そこにツマグロヒョウモンやヒメアカタテハ、アオスジアゲハが来ていた。
アオスジアゲハは自宅周辺には何本もクスノキが植えられていて、家内によるとかなりの数が飛んでいるらしいけど、私自身はあまり見たことがない。
f0031682_2024278.jpg

コスモスに来るアオスジアゲハは珍しいので喜んで撮影する。パスト連射にもチャレンジしようとするがエラー表示が出てしまう。
何かと思ってみるとメモリーカードを入れ忘れていた。あわてて家に帰ってカードを入れて戻ってみるが、当然ながらアオスジアゲハはどこかに行ってしまっていた。自宅ということで事前のチェックが甘かった、反省。
f0031682_203620.jpg
パスト連射の設定のチェックをしたかったので、仕方なくコスモスに来ていたヒメアカタテハを狙うことにする。
飛び立つときにどうしても位置がずれてしまうのか、ちょっとピントが甘かったけど、シャープネスをかけたらあまり気にならない程度にはなった。
f0031682_2033074.jpg
シジミでは秒40駒で5、6枚飛翔シーンが撮れるけど、ヒメアカタテハの場合は体が大きい分動きが多少ゆっくりなので13枚ほど写っていた。
飛んでいく方向にもよると思うけど、かなり使える感じだ。
f0031682_2034799.jpg
その後近くの公園の樹液の出ているところに様子を見に行く、狙いはコムラサキ。
chochoensisさんが数年前にここでコムラサキを撮影したとの情報をいただいていたのだが、私自身は見たことがなかった。
樹液ポイントにつくと、何頭かの蝶が止まっているのが見える。
遠めに確認すると、ルリタテハ、ナミヒカゲ、それにコムラサキだ。
ルリタテハは撮影距離に入る前に飛ばれてしまったが、コムラサキはそのまま残っていた。
樹液に来ているスズメバチが怖いのか、少し離れたところにいて、時々意を決したように樹液のところに突っ込んで行っては、ほんのちょっと樹液を吸ってスズメバチに追い戻されていた。
f0031682_2041295.jpg

帰りがけにカラタチの芽が伸びていて、そこにまとわりつくアゲハが見えたので、産卵を狙ってみるが逆光でかなり厳しい条件。
f0031682_2043046.jpg
ストロボを使うことをすっかり失念していて後で見るとシルエットになってしまっていたが、レタッチで何とか確認できる写真にはする事ができた。
f0031682_2044257.jpg


by dandara2 | 2008-10-03 20:05 | 産卵 | Comments(12)