2017年 08月 20日

オオミスジの産卵とムモンアカ(2017/8/6)

ゴマシジミを撮影した後は、"Butterfly & Dragonfly"の悠凜さんと待ち合わせをした場所に移動する。

以前から一度一緒に撮影したいというお話をいただいていたけど、お忙しいようでうまく予定が合わなかった。


今回は、青ゴマのポイントは友人のマル秘ポイントなのでご一緒はできないけど、その後のゴマ、アカセセリ、ムモンアカなどの撮影ならご一緒できるということで了解していただいてお会いすることができた。

勝手なお願いで申し訳なかったけど、気持ちよく了解していただいて有り難かった。

11時にお会いして、ゴマの撮影についてお聞きすると、少し早めにつかれてゴマは撮影済みということだったので、近くのアカセセリの場所に行く。

車を降りてすぐにアカセセリがいたけど、今年は個体数が少ない。

f0031682_12333748.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


広角で周辺の風景も入れようと思ったけど、なかなか良い向きに止まってくれずこれが精いっぱい。

f0031682_12333750.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ムモンアカの場所に移動しようとしたらスモモにオオミスジが来ていて木の周りを飛び回っている。

f0031682_12331829.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


オオミスジの産卵は以前に一度撮影しただけだったので、急遽撮影することにした。

f0031682_12333783.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ところが、産卵時間は1,2秒と短いし、産卵しても葉の陰になってしまってうまく撮影できない。

f0031682_12333600.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


産卵したかどうかは不明
f0031682_12332801.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


これも産卵しているようだけど完全に葉被り。

f0031682_12332932.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


飛び上がったところだけが撮れていた。
f0031682_12332942.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_12332813.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ようやく全体が撮れたけど、やはり尾端は葉被り。

f0031682_12333754.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


でもまあ、これ以上は無理な状況だったので満足。

そのうち、産卵した卵を見つけてくれたので喜んで撮影。
それ用のカメラは今回は持ってきていないので、1J5につけている10-30の最短撮影距離の10㎝まで近づいてなんとか撮影。

f0031682_12332941.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


葉のほぼ中央に孵化間近の卵が黒くなっている。
その右側の白っぽいかけらは孵化した卵のかけらのようだ。
さらには先の方には産卵されて間もない(今日のものかはわからない)卵も見える。

そのうち幼虫も見つけてくれたのでこれも撮影。

f0031682_12331847.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


風が結構あって、少し動体ブレがあるようだけど、手持ちの機材ではこれが精いっぱいの結果だ。


次にムモンアカのポイントに移動。

ここは、2006年に関東、関西の蝶仲間での信州オフ会で来た場所で、その時にはムモンアカではなくてキマダラモドキが撮影できた。

その頃に比べると大分きれいに整備されてしまっていて、キマダラモドキは見られなくなってしまったようで残念だ。

最初は姿が見えなかったけど、13時近くの活動時間になると木の上から卍飛翔をしながら2頭が降りてきて止まった。

大喜びでみんなで撮影する。

f0031682_12331805.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


木陰であったり、葉被りだったりして難しかったけどなんとか撮影。

f0031682_12325778.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_12325621.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300



1V3につけた70-300はテレ端だと35㎜換算810mmだから、離れた場所ではいいけど、かなり画質が甘くなってしまう。


そのうちノリウツギに吸蜜に来た。

f0031682_12325698.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


近くにはヒメジョオンもあったけど、この花には初めて。
f0031682_12325636.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


日陰からは出てこなかった。
気温が高すぎたのかな。

1頭が葉の上に止まっているところにもう一頭が求愛に来た。

f0031682_12331749.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


交尾には至らなかったけど、こういった姿勢をとることがムモンアカの交尾拒否なのか興味深かった。

暑くてばて気味なので、17日の記事の冒頭にも書いたように、帰りの運転が心配だったので14時過ぎには帰ることにした。
車のところに戻ると、霧島緑さんがお見えになった。
少し情報交換をしてお別れする。

甲府で家内を乗せて帰るけど、中央道はかなりの渋滞で帰宅したのは20時過ぎだった。

虫林さん、悠凜さん、いろいろありがとうございました。



# by dandara2 | 2017-08-20 13:02 | 産卵 | Comments(10)
2017年 08月 17日

ゴマシジミ(2017/8/6)

8月6日は"NATURE DIARY"の虫林さんとゴマシジミの撮影に行った。

前日の5日は、ヒメヒカゲの撮影で4時起き、この日は虫林さんと甲府で5時待ち合わせなので、2時ちょっとに起きて、3時ちょっと過ぎに出かける。

5日は撮影が終わったら早い時間に失礼して、渋滞にも合わずに帰れて体を休められたから良かったけど、それでも最近は年のせいか、連日の早起きは帰りの運転がちょっと心配になる。

もっとも甲府からは虫林さんの車だから気分的に楽だったし、撮影中に家内から電話があって、急な用事で電車で甲府の実家に来たと言うので帰りは一緒。(家内は運転はできないけど、隣にいるだけで安心できる)
かなりの渋滞だったけど無事帰ることができた。

最近よく思うけど、一人であちこち出掛けられている方はすごいなと思う。
自分には出来そうもないけど、事故には気を付けてもらいたい。

ゴマシジミのポイントに着いて、歩き始めるとすぐにちらちらとゴマシジミが飛んでいる。

ハギの花に止まってくれたので、まずは無事写真が撮れた。

f0031682_06251708.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ゴマシジミを探していると、羽化直後なのか少し飛んではすぐ止まる個体が目に付いた。

裏面も明るい色だし、飛んだ時にも翅表のブルーが目に付く。

f0031682_06251840.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この日は思ったより天気が良く気温も高いので、開翅は期待できないかもしれないので、虫林さんと手分けして飛び立つところを撮影することにした。


虫林さんはそのための機材をお持ちではないので、メディアを交換しながら私の1V3で撮影した。

一人がゴマを少し驚かせてとびだたせ、もう一人が撮影する。

f0031682_06251854.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_06251872.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_06251736.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_06250787.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_06250706.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


少し飛んではすぐに止まってくれるので、何回もチャレンジすることができた。

f0031682_06250760.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


この時は、たまたま飛び上がった時に翅が全開になってくれた。
f0031682_06250733.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


ゴマが静止した時には、影を作ってみたり色々試してみたけど、気温が高いのか全く開翅の気配はなかった。

ただ一度だけ、細い草の先に止まった時には、穂先が風に揺れて不安定なのか、翅を閉じたり開いたりしていたので、開翅した時も撮影することができた。

f0031682_06244375.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_06244433.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


メスがいたので見ていたら、そこにオスが絡んできた。

f0031682_06244435.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


あわててカメラを向けるけど、メスにはその気がないようで、オスがじれたように翅を開いた。

f0031682_06250639.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


全開の時も写ったけど、上の写真の方が良い感じがする。
f0031682_06244330.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


腹部が変に曲がって写っているせいかな、贅沢なものだ。

とりあえず開翅や求愛シーンが撮れたので、あとは産卵シーンを狙うことにした。

f0031682_06242700.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ワレモコウの花穂はあまり大きくなっていなくて、産卵には早いかなと思ったけど、何回か産卵態勢をとっているのを撮影することができた。
f0031682_06242739.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200



メスだから当然翅表は黒い。
f0031682_06242796.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


これはこの後移動した場所で撮影したものだけど、前の場所は青い個体の多い場所で、ここは普通の個体が多い場所。
メスの裏面も少し黒く見える。
f0031682_06242616.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ここでキバネセセリを撮影した。
f0031682_06242629.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ちょっとだけ吸蜜して、あっという間にいなくなってしまった。
最近キバネセセリの多い林道に行かなくなったので、久しぶりに撮影できてちょっとうれしかった。





# by dandara2 | 2017-08-17 06:43 | 飛翔 | Comments(18)
2017年 08月 14日

中信の高原で-3(ウラギンスジヒョウモン:2017/8/5)

8月5日は再び中信の高原に行く。

現地で新潟のtomatsuさんと落ち合う約束だが、少し早めについたので撮影を始める。


アザミの花にアカセセリが止まっていた。

f0031682_11593964.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


今度は性標の中の銀色の線もちゃんと写すことができた。

ヒメヒカゲも止まって翅を少し開いていた。
f0031682_11593986.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200



tomatsuさんがそろそろお見えになるかなと思って戻り始めると、シダの上でジャノメチョウが交尾していた。

f0031682_11593869.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


撮影して横を見るとヒメヒカゲが止まっている。

f0031682_11593015.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


撮影していたら、tomatsuさんの車が着いたのが見えた。

合流して、今見つけたジャノメチョウとヒメヒカゲを撮影してもらう。

アカセセリは飛んで行ってしまっていたけど、そのうち見つかるだろうと花の多い場所に行く。

そこではヒョウモン類が多く、目につくのはウラギンヒョウモン

f0031682_11593867.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_11593904.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ヒョウモンチョウは2日に比べるとたった3日の間に鮮度が落ちている。
吸蜜していたので飛び立つところを狙っていたら、ウラギンヒョウモンが飛んできて、驚いて飛び立った。
f0031682_12085755.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


この日は先日はあまり見なかったウラギンスジヒョウモンが多かった。
f0031682_11593165.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ウラギンスジヒョウモンは最近数が減ってきているので、この機会に集中して撮影しておくことにする。

2頭が仲良くアザミで吸蜜していた。

f0031682_12085753.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


うーん、ぜいたくな瞬間だなと思いながら連射。
f0031682_12085733.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_11580212.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


そのうち1頭が飛び立った。

f0031682_12085806.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_12085834.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


せっかくなので、ウラギンスジヒョウモンの飛び立ちも撮影する。

f0031682_12175610.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_11593118.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_11593039.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


別のところではヒョウモンチョウと一緒に吸蜜していたので、どちらかが飛び立つだろうと狙ってみる。
f0031682_11580399.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


そのうちウラギンスジヒョウモンが飛び立った。

f0031682_11580222.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


なかなかお目当てのスジボソヤマキチョウが現れないので、移動しようと車のところに行ったらエルタテハがタイヤで吸汁していた。

f0031682_11580241.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


撮影しながらふと見ると、黄色い蝶がひらひらと飛んでいる。

もしかしてと思って駆け寄ると、やっぱりスジボソヤマキチョウだった。

f0031682_11580303.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


時間はまだ11時ちょっとすぎだけど、とりあえず目的としていた蝶は全て撮れたので、渋滞が始まらないうちに失礼することにした。

tomatsuさんはもう少し残られて、ヒヨドリバナに来ていたスジボソヤマキチョウをじっくり撮影されたようだ。




# by dandara2 | 2017-08-14 12:34 | 飛翔 | Comments(8)
2017年 08月 11日

中信の高原で-2(ホシチャバネセセリ:2017/8/2)

中信の山でヒメヒカゲを撮影した後は富士山麓に移動した。

距離は120kmほどあるので、普段はそんな無駄な移動は絶対しないけど、今回はMorrieさんの撮影のお手伝いで、今回を逃すと来年までは案内できないので少し頑張ってみた。

着いてみるとあまり天気は良くない。

それでも歩き始めると足元にホソバセセリがいるのをMorrieさんが見つけてくれた。

f0031682_19311989.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ホソバセセリは久しぶりに撮影する感じだ。
f0031682_19311898.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ミヤマカラスシジミも姿を見せてくれた。

f0031682_19311867.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


チダケサシでは2頭が仲良く吸蜜している。

f0031682_19311782.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


サンショウの花でも吸蜜している個体がいた。

f0031682_19311855.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200



この個体は前後翅とも白線が消失しているようだ。

f0031682_19304811.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ここに来た目的は、ヤマキチョウとホシチャバネセセリの撮影。

でも天気が悪いので、今日は難しいかなと思いながら歩いていると、目の隅で何かが動いたような気がした。

もしかしてと思いながら、注意深く探すと目指すホシチャバネセセリが葉の上にちょこんと止まっている。

f0031682_19304724.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30



ヤッター、この天気の中で何とか見つかったと、Morrieさんを呼んで一緒に撮影する。
f0031682_19303731.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

天気が悪いので、動く気配がなく色々なアングルから撮影した。

f0031682_19304821.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200



とは言っても同じ葉に止まっているだけだから、変化には欠けてしまうけど、この蝶の場合はシャッターを押せるだけでもラッキーという感じ。

反対側にも回って撮影。

f0031682_19304732.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


少し向きを変えて翅を開く気配が見えたので、シャッターを押して様子を見るけど、これ以上は開かなかった。

f0031682_19304894.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ミヤマカラスシジミはチダケサシにたくさん止まっていたので、飛び立つところも撮影するけど、あまりうまくはいかなかった。

f0031682_19303749.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


f0031682_19303673.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


翅も傷んでいたし、来年にでも再チャレンジしよう。

f0031682_19303754.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30



# by dandara2 | 2017-08-11 19:47 | 飛翔 | Comments(8)
2017年 08月 09日

中信の高原で-1(2017/8/2)

8月2日は中信の山に"森林里山巡り"のMorrieさんとヒメヒカゲを撮影に行く。

出かけた時には天気が怪しくて、ポイントに着く寸前には前もよく見えないくらいの霧になったけど、ポイントに着くと霧が薄くなってきてくれた。

着くとすぐにアカセセリやヒメヒカゲがいて、草の上に止まっている。


近くではスジボソヤマキチョウが葉の陰でひっそりと休んでいた。
今回は、ここにスジボソヤマキチョウがいることを確認するのも目的の一つなので、着いて早々に確認できてよかった。

f0031682_16114046.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


その近くでは、シダの葉の上にはヒョウモンチョウも止まっている。

f0031682_16114095.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


最近、自分の行く場所では数が減ってきているので、これもうれしい。

ヒメヒカゲのきれいな個体がいないので、少し移動すると露に濡れた葉の上に止まっていた。

f0031682_16113343.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ツツジの葉の上に止まっていた個体は、薄日が射すと翅を開いた。

f0031682_16113492.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_16113487.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200



薄日が射して気温が上がると色々な蝶が活発に活動を始めた。

アカセセリはハクサンフウロで吸蜜していた。

f0031682_16114166.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


近づいて撮影すると、すぐに飛び立ったけど、飛び立ったところが写っていた。

f0031682_16114168.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


アザミでも吸蜜している。
f0031682_16113341.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この写真では、オスの性標とその上の銀線が少しだけ見えている。
アカセセリのオスは、性標の上のこの銀の鱗粉が特徴だけど、なかなかはっきりと写すことができない。
この写真でも今一つの感じ。

f0031682_16112439.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ハクサンフウロでメスも吸蜜していた。

f0031682_16113370.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ヒメヒカゲもハクサンフウロで吸蜜していた。

f0031682_16111669.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ヒメヒカゲの吸蜜はあまり撮影していないのでうれしい。

最初の場所ではたくさんのヒョウモン類がアザミで吸蜜していた。

これはヒョウモンチョウ

f0031682_16112418.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この日は翅を閉じないので、裏面を撮影しそこなった。

ウラギンヒョウモンもいた。

f0031682_16111560.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


標高が高いから、ヤマウラギンヒョウモンかな。
f0031682_16112511.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


少し大きくて黒っぽいヒョウモンがいるなと思ったらミドリヒョウモンのメスだった。

f0031682_16112466.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ウラギンヒョウモンと仲良く吸蜜している。

f0031682_16112419.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ヒョウモンを撮影していたら、スジボソヤマキチョウもアザミに来ていた。

f0031682_16111636.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


スジボソヤマキチョウは、昔は高原に来るとどこにでもいたけど、最近は数が減ってきたように思う。

f0031682_16111568.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


吸蜜しているところにウラギンヒョウモンが飛んできた。

f0031682_16111642.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


少し傷んでいるのが残念。


ある程度撮影できて、時間を見るとまだ11時半。
天気も持ちそうなので移動することにする。



# by dandara2 | 2017-08-09 16:29 | 吸蜜 | Comments(4)