2006年 01月 15日

ルーミス、リベンジに成功

今日は今年になって初めての晴天で気温の高い休日。
先日のルーミスのリベンジに朝6時に家を出て房総に行ってきた。
朝から雲一つない晴天で、途中のSAで朝食を食べても気持ちが良い位のさわやかな天気で気温も高い、期待に胸が膨らむ。
10時少し前にポイントにつき見上げると、日当たりの良い木の3m位の高さの枝先をチラチラと白い蝶が舞い始めた。ルーミスだ。
10分もするとだんだんと下に降りて、目の前の木にとまった。
f0031682_21373591.jpg
ニコンD100,マクロ105,1/500,f14(拡大

そっと近づいて写真を撮る。後翅にまで鱗粉が散ったきれいな個体だ。
ひとしきり撮影して落ち着いた所で、コンデジでも撮影するが、太陽の位置が低いのでどうしてもカメラの影が入ってしまう。
f0031682_2138772.jpg
リコー Caplio R1(拡大

それでも何とか影が小さくなるように工夫しながら、レンズ前面3,4cmくらいまで近づいて撮影する。
気温もだんだん上がってジャンパーを着ていては汗をかくようになってきたので、トレーナー姿になって撮影するが、ルーミスも地面に降りて開翅するものが出るようになってきた。
f0031682_2142626.jpg
リコー Caplio R1(拡大

吸水シーンが撮影できないかと随分注意してみたが、吸水までには行かなかったようだ。
11時を過ぎるようになると、今度はだんだん木の高所に上がり始め、高い場所でチラチラ飛ぶようになって手の届く場所には数が少なくなってしまった。
そろそろ終わりかなと思って、それでも眺めていると、日当たりの悪い木から飛び出したルーミスがいたが、まだからだが十分暖まっていないのかよろよろ飛んで下に降りてきた。
急いで近づくと、木漏れ日の当たる場所で気温がやや低いのか動きも鈍くなかなか翅を開かない。
それではと、表と裏が同時に見える写真にチャレンジするが、なかなか翅を開かないので、膝をついた姿勢のままだと脚がしびれてくるし、冬眠中とはいえ、ヒルが登ってこないかと気になる。
それでもようやく少し翅を開いた所を撮影する事が出来、家で見てみたらまあまあの出来だった。
f0031682_21441611.jpg
ニコンD100,マクロ105,1/500,f11(拡大

写真もこの時期に撮影すべき写真はある程度撮れたような気がしたので、首都高の渋滞に巻き込まれないように12時には現地を離れたが、帰りの道は全く混まずに快調に帰ってくる事が出来た。

# by dandara2 | 2006-01-15 21:47 | 越冬 | Comments(30)
2006年 01月 11日

100種類目の蝶、クロツバメシジミ

 本体サイト100種類目の蝶はクロツバメシジミです。
 昨年暮れの99種類目のムモンアカにつづいて、年明け早々にUPする予定が、延び延びになってしまいようやく載せることができました。
 クロツバメシジミは何年か前から、ぽつぽつと撮影していましたが、この蝶のために集中して撮影するということがなくて、写真のストックがなかなか増えませんでしたけど、今年山梨と埼玉の良いフィールドを知ることができて、一気に写真のストックが増え、ようやく公開しても良いかなと思えるようになりました。
 その過程で、裏面の斑紋の変異、海クロツ、山クロツと言うものに興味をそそられました。
山口県の日本海側と九州に分布する海クロツの方は簡単には写真を取りに行けませんが、それ以外にも地域によって随分変異があるんですね。
 関東と近畿以西の山クロツは亜種に分かれているそうですけど、「Ryochanの撮影日記」で見せていただいた個体と、関東・中部の個体はかなり違っています。
 関東・中部の個体は外縁の黒斑列の発達が悪く平たい感じの物が多いです。
f0031682_15531926.jpg
埼玉県秩父市

近畿の物は(この写真だけなので全てがそうなのかはわかりませんが)この部分の黒斑列の発達が良く、橙色斑の発達も良いようです。
対馬の個体についてはyohboさんの素晴らしいサイトがありますが、裏面に関しては近畿の物にかなり似ているような印象を受けました。
ただ、外縁の黒斑列の山が近畿の物は外側に膨らんでいるのに、対馬の物は内側に膨らんでいるのが面白いです。
それにしても表面の青色斑の発達は素晴らしいです。
 関東・中部の物で面白いなと思ったのは、本体サイトにも書きましたけど、前翅亜外縁の黒斑列のうち、上から2番目の物が地域によって顕著な特徴があることです。
山梨と秩父の物は同じ遺伝集団になるんでしょうか、この部分が滑らかにつながります。
f0031682_15555944.jpg
山梨県笛吹市

長野県の松本近郊の物はここが食い違って明らかに別の集団のようです。
f0031682_15585449.jpg
長野県松本市

数枚の写真を見ただけの勝手な判断で、この指摘が正しいのかどうかわかりませんが、この辺のことを丁寧に書いた論文もあるんでしょうね。

# by dandara2 | 2006-01-11 16:01 | Comments(28)
2006年 01月 06日

寒中のルーミスは微笑まず

 このところ1月は水仙を見に伊豆や房総に行っているので、今年も房総に行ってきた。
 今年は欲をかいて、あわよくばルーミスシジミも撮影しよう、ついでにちょっと早いけど結婚記念日もしてしまおうという事で5日から宿に一泊して少し贅沢をする事にした。
 ところが天気予報は、5日は曇天、6日は日が射すようなので、5日に水仙見学、6日にルーミスを見て帰ろうと計画した。
 5日は渋滞を避けるために6時に家を出ると、まだ仕事が本格的に始まっていないのか快調に千葉に着く。そこで、ムラサキツバメの越冬なら天気に関係なく見られると言う事で、暮れにに集団越冬を見た場所に行ってみる。
 霧島緑さんと行った時に2頭いた場所に行くと、気温が低いので4頭が横になった状態で越冬している。
f0031682_19461880.jpg

すぐ近くを見るとウラギンシジミもいたし、葉の巻き方も同じなので、「あやはべる」のfuruさんが暮れに観察したのはこの集団だろう。
f0031682_2072476.jpg

 その時には息を吹きかけて飛ばしたという事なので、その後集まって4頭になったのか、もっと集まってその後減ったのかわからないが、とりあえず撮影。
 霧島緑さんともう少し大きい集団を撮影した場所に行くと、何か様子が違う。よく見ると、越冬していたマテバシイが切り倒されていた。
f0031682_1947250.jpg

 ガーン、どうしてだろう。変なおじさん達がうろうろと木に取り付いていたので、近所の人が気味悪がって切ってしまったのだろうか。ヒコバエが出るのでムラサキツバメの発生には良いかも知れないが、越冬写真が撮りにくくなるのでちょっとショック。
 そうこうするうちに小雪もちらついてきたので、水仙を見に移動する事にする。
 水仙の咲く鋸南町に着くが、今年の寒さで水仙はほとんど咲いていない。事前に調べた時には3分咲きという事だったので、何とかなるかと思ったがほとんど咲いていない。
 往復5kmほどの道を歩いて、ようやく1ヶ所少しまとまって咲いている場所を見つけ撮影する。
f0031682_19482149.jpg

 この場所は海に近いので、見上げるとトビがたくさん飛んでいるが、近くの電柱から1頭ふわっと飛び立ったやつは、鳥には超初心者の私でも明らかに違うタカにみえた。大急ぎで写真を撮ったが、これは何というタカだろうか(背面は薄い茶色があったのでノスリかな)。
f0031682_19504671.jpg

 その後海産物などを買って宿へ入る。今日の夕食はふぐづくし。夫婦でふぐ料理を食べるなんて、結婚前のデートの時以来だから○○年ぶりだ。写真のふぐ刺しを始め色々な料理を楽しむ事が出来満足。
f0031682_19512657.jpg

 7種の地酒の試飲コースとか言うのも注文してすっかり酔っぱらってその日は熟睡した。
 翌6日、少し寝過ごして7時過ぎに起きると曇天、昨日の天気予報では午前中は晴れるような事を行っていたので、とにかくルーミスのポイントに行ってみる。
 空を見上げると薄い雲がかかって、太陽の姿がぼんやり見えるだけ。これではルーミスは出てこない。その辺の低木にでも越冬場所に行き損ねた間抜けなルーミスがつかまっていないかと一通り見てみるが全く姿はない。
 もともと、寒の入りしたこんな寒い日に蝶を探すなんて正気の沙汰とも思えないし、天気は午後から崩れる予報なので、早々に退散し、ガイドブックで調べておいたお店に伊勢エビのカレーを食べに行く。
 ところが、12月からの低温で伊勢エビが不漁で大幅値上げ(1600->2200円)、泣く泣くもう一つは若干安いアワビのカレーにし、半分ずつ味わうことする。
f0031682_1952446.jpg

 味は圧倒的に伊勢エビがおいしかった。蝶の写真はほとんど撮れなかったけど、旅行としては満足のいくものだった。

# by dandara2 | 2006-01-06 20:00 | Comments(22)
2006年 01月 03日

今年の初蝶

 今日は今年初めての晴天
 今年の初蝶を撮りに千葉に行く。といってもルーミス狙いではなく、おとなしくムラサキツバメのその後の様子を見に電車でのんびり出かける。朝の車内はがらがらで、のんびり読書をしながら目的地へ。
 駅の階段を下りながら、「後30分で今日の成果がわかるな、今日はどちらに転ぶかな」などと考えながら改札へ。
狙いをつけた場所に行ってみると、枯れ葉の中にムラサキツバメの茶色の翅が見える。
f0031682_180162.jpg
ムラサキツバメ(CaplioR1)

 周囲には枯れ葉も混じって、道路脇の、目の高さのところだけど、それと意識しなければまず見つからないだろう。
 12月に来た時には10頭以上の集団だったが、今はたったの2頭。冬の寒さで脱落したか、暖かい日に離散したかわからないけど、小さな葉なのでそれ程大きな集団は維持できないだろう。
とりあえず撮影するが、光線もこれから当たるようだし、そうすれば開翅するかも知れない。
それを待つ間に他に越冬している個体がないかどうか見て回るが、越冬集団はこれだけだった。
 木漏れ日の間をチラチラとムラサキシジミが飛び立つようになった。わが家周辺では1頭見つけるのも大変だが、ここでは何頭もチラチラと飛んでいる。
 日当たりの良い葉で日光浴を始めた所を撮影する。
f0031682_181103.jpg
ムラサキシジミ♀(D100,105mm,1/400,f14:拡大

 ムラサキシジミを撮影しながら時々ムラサキツバメの様子を見に行くが、こちらはじっと動く気配がない。
 そのうち、チラチラ飛んでいたムラサキシジミの姿が見えなくなった。探すとまだ12時少し過ぎだというのに、触角をピント前に伸ばして休息態勢に入っている。
f0031682_1823996.jpg
ムラサキシジミ(1/400,f5.6:拡大

 日も当たっているのにどうした事かと思うが、それから20分もしないうちに空に雲が出始め、肌寒くなってきた。
 ムラサキツバメの様子を見ると、こちらも触角を揃えて伸ばし気味なので、これでは開翅は無理そう。
 それまで無理をしないでそっとしていたが、これなら多少の振動では飛ばないだろうと、右手にカメラを持ち、左手で枝をたぐり寄せて良いアングルまで移動して写真を撮る。
f0031682_185398.jpg
ムラサキツバメ(1/400,f5.0:拡大

 雲はどんどん厚くなり、ふるえるくらい寒くなってきたので、開翅は撮れなかったけど、シャッターを押せた事に満足して引き上げた。

# by dandara2 | 2006-01-03 18:08 | Comments(18)
2006年 01月 01日

今年の目標

ブログを引っ越しました。昨年までのものは、本体サイトの「過去の撮影日記」の中の2005年からご覧下さい。

昨年撮ったものの中で、お気に入りの写真はと探してみるとこの写真になるかな。
サイトに載せたのと、少し違う角度の写真ですけど。
f0031682_12172493.jpg
ヒメギフチョウ産卵(群馬県赤城山:2005/05/08)

今年は、この写真以上のレベルを目指して頑張りたいと思います。

夕方ふと気がつくと、カーテンが真っ赤。厚い雲と暗い地上の間のほんの少しの切れ間から、今年初めての太陽が顔を覗かせてくれた。
f0031682_16552695.jpg
今年はどんな一年になるのだろう。

# by dandara2 | 2006-01-01 12:18 | Comments(37)