2006年 05月 03日

信州撮影行(1/3)

5月の連休に信州に行って来た。今回の目的はイエローバンド。
しかし事前に調べてみると、まだ雪があったりして発生には早そうだが、とにかく現地の様子だけでも見ようと言う事で出かけた。
そうは言っても空振りに終わるとダメージも大きいので、先日北信濃で大成果を上げた「My Favorite Butterflies of Japan」のkenkenさんにヒメギフのポイントをご教示いただき、そちらも見て回る事にする。
渋滞を避けるために2時に起き、3時前に家を出て最初の目的地北信濃に8時過ぎに着く。
ポイントに着くとカタクリはまだ開いていないがつぼみの状態は良さそうだ。
この場所はやや窪地になっているので、1~2m小高い場所ではカタクリはもう終わりだが、低い場所では冷気が溜まるのかひんやりしていてカタクリも蕾の状態のものが沢山ある。
最初のヒメギフが飛び出したのは10時を過ぎてからだった。
11時を過ぎると♀も出てきて、カタクリで吸蜜を始める。今回の狙いの一つであった満開のカタクリの中での吸蜜シーンに近いものが撮れた。
f0031682_8285167.jpg


撮影も一段落して少し広い範囲を探してみると、目の前から飛び出した♀が後翅に赤斑がきれいに出ているので撮影する。
f0031682_8293685.jpg
やけにきれいな個体だなと思っていたが、宿に帰って写真を良く見ると後翅外縁の斑紋がオレンジ色・・???
ヒメギフってこの部分は下の写真のように黄色じゃなかったっけ。ということはこれは種間雑種の個体!!!
f0031682_8332443.jpg


その後、産卵しそうな雌をそっと追いかけて産卵シーンを撮影する。マクロ、広角接写、コンデジといろいろ撮影するが、最終的にはコンデジのものが一番良かった。
f0031682_8301872.jpg
ボディーが小さいので、下から仰ぎ見る事が出来て、卵までばっちり入った。一眼だと地面に置いて撮影しても卵がほとんど入らなかった。
なかなか迫力のある写真を撮る事が出来た。
kenkenさんありがとうございました。

# by dandara2 | 2006-05-03 08:26 | 種間雑種 | Comments(20)
2006年 04月 30日

ようやくツマキチョウ

今日はからだと財布の休養のために自宅前の川にギンイチモンジセセリとツマキチョウの様子を見に行くことにする。
ギンイチモンジセセリは今年も無事発生していて4♂確認出来た。まったく止まらず写真が撮れない。ツマキチョウも同様写真が撮れない。
午後からはウスバシロチョウの様子を見に出かける。
小さな駐車場しかないので少し離れたJAの直売所に車をおき、歩いてポイントに行く。
フデリンドウの写真を撮ったりしながらポイントにつくと、いつも吸蜜に訪れている場所は日が陰って、ウスバシロチョウは木の高所に上がってしまって写真が撮れない。
f0031682_22574690.jpg

これはやばいかも知れないと思いながら遅い昼食を取り、14時過ぎに再度戻ってみるが、ウスバシロチョウはたまに木の上の方を舞うだけ。
そんな状態を哀れんだのか、ツマキチョウの雄がムラサキケマンに吸蜜に来てくれて、何とか格好をつける事が出来た。
f0031682_2258282.jpg
さらに♀が産卵のために食草の周囲を飛び回っていたので、すかさず撮影。
f0031682_2259746.jpg

さらには別の個体が産卵をしていたのでようやく納得のいく写真が撮れた。
f0031682_22592362.jpg


# by dandara2 | 2006-04-30 23:00 | 産卵 | Comments(14)
2006年 04月 29日

新潟はまだ雪の中

 GWの初日は、新しい場所の開拓に当てる事にして、新潟に行って来る。
 帰りの渋滞が心配なので、自宅から180Km、約2時間半の比較的近場の六日町に行く事にするが、結構な豪雪地帯なので、もしかするとフライングかも知れないと思いながらこの時期でもカタクリの咲いていそうな山に見当をつけて出かけた。
 着いてみると六日町はまだ雪の中、これでギフチョウを撮ろうというのは少し無謀かな。
f0031682_236623.jpg

 それでも見当をつけた山のカタクリはそれなりに咲いていて楽しませてくれた。普通だとこれくらいカタクリが咲いているとギフも現れてくれるはずだけど姿はなかった。
ピンポイントに雪が溶けただけでは発生しないのだろうか。
f0031682_2364288.jpg
 そもそもこの山にいるのかもわからないから、何とも言えないけど、コシノカンアオイを見かけなかったので、もしかしたらいないのかも知れない。
 うれしかったのはイワウチワに会えた事。今年はこの花がどうしても撮りたくて、カタクリが終わった頃に蝶とは別に来るつもりだっのだけれど、登った山の斜面にたくさん咲いていた。
f0031682_2372073.jpg
 これに会えただけでも来た甲斐があったというものだ。それに、今年もコシノコバイモを撮影出来た、これも好きな花だ。
f0031682_2375053.jpg

 山の上でしばらく待ってみたけれどギフチョウが飛ぶ気配はないので、既知の産地を回ってみるが、今年は昨年以上の豪雪という事で比較的発生の早いはずの場所もまだ雪の下のようだ。
 念のために昨年の今頃に撮影した場所にも行ってみるが、こちらもようやく雪解けしてカタクリが芽生え始めた感じ。少し標高を上げると登山道の一部には雪が残っている。
 蝶はヒオドシチョウだけが元気に飛んでいた。背景はエゾヒガン桜、ピンクが濃くて好きな花だ。
f0031682_2383925.jpg

 ギフにはお目にかかれなかったが、未知の場所を歩いて雪景色とカタクリ、それにイワウチワを撮影出来てご機嫌な一日だった。

# by dandara2 | 2006-04-29 23:09 | Comments(24)
2006年 04月 23日

新潟のギフチョウ(吸蜜・産卵)

 天気予報を見ると関東は曇り、唯一新潟のみ天気が良いようだ、朝5時に家を出て関越を日本海へ。
 長岡付近で薄日になるがまだかなり雲が多い。目的地に着くと雲が切れて日が射してきたが、カタクリは大半が終わっている。
 ギフチョウはかなりの数が飛んでいたが、すれた個体が多い。
 今日の状況を象徴するような写真がこれ。
f0031682_1974052.jpg
ニコンD100、マクロ105、1/500、f10、ISO500、シャッタースピード優先

 何とかカタクリでの吸蜜をそれなりに撮ろうと頑張るが素材の悪さはどうしようもない。
 その中で、この写真などはやや煩雑だがギフチョウのたくましさが出たかなと自分を慰める。
f0031682_198372.jpg
ニコンD100、マクロ105、1/500、f10、ISO500、シャッタースピード優先

 こうなると産卵シーンを狙うしかないと、その気になった♀を探すが、見つかってもカンアオイの状況が芳しくない。 まだ新芽が出ていないのだ。
f0031682_1992411.jpg
ニコンD100、マクロ105、1/500、f13、ISO500、シャッタースピード優先

 諦めて移動するとカンアオイが少し出ている場所に出る。注意してみているとようやく産卵衝動に駆られた♀がいたのでひたすら追跡し無事撮影した。
この葉には先客が既に産み付けた卵も見えた。
f0031682_19101195.jpg
ニコンD100、マクロ105、1/500、f10、ISO500、シャッタースピード優先

課題の満開のカタクリでの吸蜜はゴールデンウィークまでおあづけかな。

# by dandara2 | 2006-04-23 19:13 | 産卵 | Comments(36)
2006年 04月 20日

アゲハの吸水

 今年は木曜日が研修日という名の早く帰れる日。
 可能な限り蝶の生態の研修をしよう。生物の教員だから文句はないだろう。
 今日はかなり強い雨が降ったり風が強かったりと、安定しない天気だったが15時頃から自宅前の河原を歩く。
 ツマキチョウが撮影出来ないかと思ったのだが、ツマキチョウは天気に敏感なのか1頭しか見かけなかった。
 代わりにアゲハが吸水していたので近づいて撮影。ちょっとピンが甘いけど結構迫力のある写真になった。
f0031682_1912169.jpg
 ニコンD70、シグマ17-70(24)、1/320、f13、ISO500、絞り優先

ヒメウラナミジャノメがよたよたと飛んでいた、羽化直後のようだ、今年の初見。

# by dandara2 | 2006-04-20 19:15 | 吸水 | Comments(14)