2017年 03月 10日

小畔川便り(モンシロ、ホソオ初見:2017/3/1.3.5)

3月1日は曇りで北東の風が寒い。
11時過ぎから時々日が射すようになる。

こんな日は蝶も期待できないので、家内用に買って、結局使わずにお蔵入りになりかけているシグマの18-250をD500につけて試し撮りをしてみることにする。

望遠側の250mmにしてみても、蝶の撮影距離だと実質120mm程度にしかならず、今まで使っていた55-200の方が大きく写るので、広角をほとんど使わない家内のカメラでは1回しか使わなかった。

ただそれでは無駄な買い物の典型になってしまうので、実際の使い勝手を自分のカメラで試してみることにした。

120mmといっても、APS-CのD500に着ければ、実質180mm。
昔、フィルムカメラを使っていたころには夢のような望遠マクロだ。

川原を歩いていたら、モンキチョウが飛び出した。

f0031682_09494623.jpg
ニコンD500 シグマ18-250マクロ


動きが多少鈍いから、近づくのも問題ない。

シャープさも問題ないレベル。
f0031682_09494705.jpg
ニコンD500 シグマ18-250マクロ


そのまま広角の風景も撮れるのもいいかな。

f0031682_09494640.jpg
ニコンD500 シグマ18-250マクロ


本格的な蝶のシーズンになったら、同じ距離なら少しでも大きく写った方が撮影は楽だから、今まで通り70-200の方がいいけど、散歩しながら、風景を撮ったり、蝶を撮ったりするにはありかなと、わかりきったことかもしれないけど実感できた。

となると、D500でなくて、D5600あたりの軽いカメラがいいかなと思ったりするけど、また物欲が出そうなので、とりあえずは机の上に転がして、思いついたときに使ってみる程度にすることにした。

3月2日は雨、3日は晴れたけど北風が強い。
撮影日和というわけにもいかないので、近くの市役所の出張所が今日まで税金関係の相談サービスをしているというので、そこに行ってみることにする。

結果的には、税金を新たに収める必要も、戻って来ることもないようだけど、いろいろ分かっただけでも良かった。

晴れているので、13時過ぎからD500に70-200をつけて、いつもの川原を少しだけ歩く。

土手の向こうから白い蝶が飛んできた。
一目でモンシロチョウとわかった。

f0031682_09494720.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


今年の初見だ。
f0031682_09493752.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


風があるので落ち着かないけど、とりあえず証拠写真を撮る。

f0031682_09494635.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ほかにはモンキチョウを1頭見ただけ。

f0031682_09493734.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


3月5日は晴れて、風もなく暖かい。
所用があって川原には出られなかった4日も暖かかったので、何かが期待できそう。

歩いていたら家内があわてて呼んでいる。
行ってみたらホソオチョウがいた。

f0031682_09493814.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


昨年、モンキチョウのTSさんがホソオチョウのペアを見つけたという話は聞いていた。

3年位前には、200mくらい離れた住宅街の中を飛んでいるのを車の中から目撃したこともあるので、そろそろここでも発生するのかなとは思っていたけど、やはりびっくり。

しかもホソオチョウを撮影するのは例年だと4月中旬なので、こんな早い時期にいるというので、さらにびっくり。

f0031682_09493746.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


きっちり証拠写真を残しておこうと広角でも撮影。

f0031682_09493822.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


正面の木にはジャコウアゲハの蛹が10個ほどついていて、土手にはウマノスズクサが生えているので、そこで発生したんだろう。

TSさんは、ジャコウアゲハの発生に影響が出ないようにメスは採集したといっていたけど、その前に産卵されたものもあったようだ。
念のためにウマノスズクサの生えていたあたりを見てみたけど、まだ芽吹きはしていなかった。

ウマノスズクサの数は少ないので、それほど発生はしないかと思うけど、今後どうなるのか継続観察しなくては。

f0031682_09493331.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


私かホソオチョウを撮っている間に家内はベニシジミも撮影。

f0031682_09493282.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


一段落してカントウタンポポのところに行くと、2つの花が咲いていてモンキチョウが来ていた。

f0031682_09493297.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


思っていたより良いシーンに巡り合えてうれしかった。





# by dandara2 | 2017-03-10 10:09 | 初見日 | Comments(16)
2017年 03月 07日

小畔川便り(カントウタンポポと蝶たち:2017/2/28)

2月28日は風もなく穏やかな日だった。
朝のうちは気温が低かったけど、昼ころには暖かくなった。

川原を歩くと、ベニシジミが顔を出した。

f0031682_19205098.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


土手には新しいカントウタンポポが咲いている。
花茎も長く伸びているので、これは期待できそうだと思っているとモンキチョウが吸蜜に来た。

f0031682_19205095.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


カントウタンポポとセイヨウタンポポとの区別点である総苞の様子がわかる写真が撮れてうれしい。

しばらくすると別の個体も吸蜜に来た。

f0031682_19205083.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


あまり飛び回らない個体がいたので、羽化間もないのかなと思って、例によってカメラを構えて他の個体が絡むのを待っていたら、期待通り来てくれた。

ファインダーに蝶の姿が入った瞬間にシャッターを押すけど、なんか一瞬にぎやかになったような気がしたので、あとで確認すると計3頭が写っていた。

f0031682_19205168.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


1頭はすぐに飛び去って、1頭がちょっとの間絡んでいた。

f0031682_19205186.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


絡まれたのは黄色のメスだろうか。
おなかがちょっと大きいような気がするけどよくわからない。

撮影していたら、モンキの白いタイプのメスが飛んできて、オオイヌノフグリで吸蜜を始めた。

f0031682_19203679.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


今度は求愛か、運が良ければ交尾が見られるかなと思ってみていると、オスが来て絡んだけど交尾はしなかった。

f0031682_19203549.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


カントウタンポポにヒメアカタテハが来て吸蜜を始めた。

f0031682_19204432.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


これもカントウタンポポの特徴がよく出ている写真が撮れた。

f0031682_19204446.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


このヒメアカタテハはその後オオイヌノフグリでも吸蜜を始めた。

f0031682_19204320.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


おなかがすいていたのか、ずいぶんゆっくりと吸蜜してくれたのでじっくり撮影できた。

f0031682_19204339.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


オオイヌノフグリの群落での吸蜜は、絵になってうれしい。
f0031682_19204396.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ある程度撮れたので、広角でも撮影する。

f0031682_19203600.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

幸い散歩の人影も途絶えたので、広々とした感じを出すことができた。

f0031682_19202826.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


裏面もなかなか素敵だ。

f0031682_19202777.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30





# by dandara2 | 2017-03-07 19:34 | 吸蜜 | Comments(10)
2017年 03月 04日

小畔川便り(モンキチョウの変異:2017/2/25.26)

2月25日は晴れて風がない。
気温は平年並みとのことだけど、日差しは強く、南向きの土手の斜面は暖かい。

川原では、2月17日に1頭出てきただけでその後姿が見えなかったベニシジミの姿があった。

f0031682_21411607.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


カントウタンポポで吸蜜してくれた。

f0031682_21411783.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


撮影していると霧島緑さんがお見えになった。

オオイヌノフグリでも吸蜜してくれたので二人で仲良く撮影。

f0031682_21441869.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

モンキチョウもオオイヌノフグリで吸蜜。

f0031682_21411724.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_21411002.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


カントウタンポポにも吸蜜に来た。
f0031682_21411628.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


撮影していると、昨年話をしたモンキチョウを採集しているTSさんがいらした。

最近はTSさんとは親しく話をしていろいろ教えてもらったりしている。

今日はネットに入れたモンキチョウを見せてくれて、前翅の亜外縁の黒点がほとんどないという。


その場で放してくれた個体を撮影した。
残念ながら前翅の上のほうに少し傷があり、足もネットの中で痛めてしまったのか止まり方が不自然だ。

f0031682_21411725.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


図鑑のコピーをいただいたけど、それによれば、こういった特徴を持つものにヒアレモンキチョウ(Colias hyale)という種類がいて、モンゴルなどに分布しているようだ。

モンキチョウ(Colias erate)でも同様な特徴を持つものが、ここでは500頭に1頭くらいの割合でみられるとのこと。

クツカケモンキチョウ同様、そう言った変異の割合を調べるために、ネットに入れた個体は、重複のカウントを防ぐためにはさみで翅を切って逃がしていたという。
一昨年はマジックでマークして放していたそうだ。

昨年の春に我々と会って、採集したのはどうするんですかと聞かれて、カメラで撮影している我々には、そうした処置をしているとは答えにくく言葉をにごしたようだ。

それで我々も誤解をしてしまったわけだけど、その後は撮影している人がいるということが分かったので、採集しても、記録をつけて何もしないで放しているということだった。

まあ我々も、他のスプリングエフェメラルが出るようになると、モンキチョウを追いかけることはほとんどしなくなるので、ほんの一時、お互いが楽しめるように気を使ってもらえばいいわけで、その後はいろいろと教えてもらっている。


注意してみていたらもう一頭同様な特徴を持つ個体がいた。

f0031682_21411020.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


どうもここはこう言ったタイプが見られる確率が高いような気がする。

その後は公園に行って、ムラサキシジミやウラギンシジミの越冬状況を確認していたら、アカタテハがサザンカに吸蜜に来ているのを霧島緑さんが見つけてくれた。

f0031682_21410900.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


この個体も後翅にビークマークがある。

f0031682_21411024.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200



26日も前日同様穏やかな晴天だった。

今日はカントウタンポポとわかる吸蜜写真を撮りたいと思って見に行ったら・・・ない!!??
いくら探しても2株とも姿が見えない。

ここに遊びに来る保育園の子たちが摘んでしまったのかもしれない。

毎日先生に連れられて公園に来たり、この川原を歩いたりしているので、タンポポの花が咲き始めたのでうれしくて摘んでしまったのかなと想像。

散歩のおばさんが摘んだとしたら、いろいろな人が春を楽しんでいるのに自分勝手な人だなと腹立たしいけど、小さな子供なら腹も立たないので、きっとそうに違いないと思うことにした。

残念ながら吸蜜は撮れなくなってしまったけど、ベニシジミはこの日も姿を見せてくれた。

f0031682_21405431.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


f0031682_21405388.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


モンキチョウはホトケノザで吸蜜していたけど、花が小さく草の中なので、なんとなくバランスが悪いように思えるのは、カントウタンポポがなくなってしまったショックからだろうか。

f0031682_21405981.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


2頭が絡んでいるところを撮影するけど、この時期は長くは絡まないので結構難しかった。
f0031682_21405873.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

f0031682_21405409.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

f0031682_21405487.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


オオイヌノフグリでヒメアカタテハが吸蜜してくれた。

f0031682_21405982.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この日は結構たくさんの蝶を見たけど、そんなわけでタンポポに来る写真が撮れなかったので、ヒメアカタテハの吸蜜は結構うれしかった。

f0031682_21405961.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200




# by dandara2 | 2017-03-04 22:11 | 異常型 | Comments(10)
2017年 03月 01日

小畔川便り(2月末での越冬蝶の様子など:2017/2/22.23)

2月22日は気圧配置は冬型で、気温も10度前後だけど風はない。

土手でようやくカントウタンポポが咲き始めて、それにモンキチョウが吸蜜に来た。

f0031682_16303625.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この土手にはセイヨウタンポポがほとんどなくて、見られるのはカントウタンポポのみ。

数の減っているカントウタンポポとわかる写真を撮りたかったけど、まだ花茎が短くてそれらしい写真は撮れなかった。


少し翅の壊れた個体がホトケノザで吸蜜している。

f0031682_16303567.jpg
ニコンD5500 ニッコール55-200


この日見かけたモンキチョウはこの2頭。
きれいな方の個体が飛び立つところを撮影する。

f0031682_16303907.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_16303560.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


23日は都心では春三番が吹いたとかニュースで言っていた。

こちらでは風はそれほど強くないけど曇り、気温は高い。

雲が多いので撮影はあきらめて近くのスーパーに買い物に出かる。
お店を出たら雲が切れて日が射し始めた。

孫が学校から帰ってくるまでの1時間ほど、散歩を兼ねて川原に出てみる。

カントウタンポポがもう一株花をつけている。
その株を注意してみていたら、狙い通りモンキが吸蜜に来た。

f0031682_16302906.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


家内が羽化直とみられる個体を見つけてくれるが、なんとなく変な感じ。

f0031682_16303519.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


動かないので、先ほどの雄が絡んでくるのを待っていたら、しばらくして飛んできた。

f0031682_16303087.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


交尾拒否姿勢をしたからメスだろうか。
ということは羽化直ではなかったようだ。

f0031682_16302909.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この場所では普通の白いタイプのメスはまだ見ていない。


2月も終わったので、この時点での越冬蝶の様子を記録に残しておきます。

17日に姿が見えなくなったムラサキシジミは、22日に確認すると一頭が戻ってきていた。

f0031682_16304054.jpg
2月22日撮影


25日は数が増えて2頭になっていた。

f0031682_16303066.jpg
2月25日撮影


風で葉が触れて飛び出していった8頭集団のうちの個体かもしれない。

ウラギンシジミは

A個体は健在。

f0031682_16302534.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


B個体も無事。

f0031682_16302561.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


C個体も無事。

f0031682_16302572.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


D個体は17日に見た時には、強い風で隣の枯れ葉にこすられたのか翅がだいぶ痛んでいた。

f0031682_16303975.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


大丈夫かなと思っていたけど、22日には姿が見えなくなっていた。

f0031682_16304044.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


暖かい日があったから、この場所に見切りをつけて飛び出したのだろうか。

I個体は無事。

f0031682_16302530.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


これで越冬中のウラギンシジミは4頭になった。

3月に入ったので、このまま越冬が完了してくれると嬉しい。







# by dandara2 | 2017-03-01 16:52 | 越冬 | Comments(10)
2017年 02月 26日

小畔川便り(モンキチョウの絡み:2017/2/19.20)

2月19日は午前中は北風が吹いたけど、午後は風が穏やかになった。
午後から用事があったので、少しだけ川原を歩く。

モンキチョウがオオイヌノフグリで吸蜜している。
f0031682_10392401.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


少し歩いたらメスが飛び出して止まった。

f0031682_10392554.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


今年初めてのメスだ。
いつもだとメスのほうが先に出てきたりするんだけど、今年はオスばかり。

オスが絡まないか、うまくしたら交尾が撮れないかと思ってその場でじっと待つけど、オスも1頭しかいなくて、じっと止まっているメスには気が付かない。

時間もないので、飛び出させて写真を撮ってみたら何とか写っていた。

f0031682_10392559.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


歩き始めたらカワセミがいて、カメラを向けていたらもう一羽が飛んできて2羽が止まったと思ったらすぐに飛んだ。
シャッターは何も押せなかったけど、ペアなんだろうな。


20日は晴れで気温も16℃くらいとかなり暖かい。
banyanさんもお見えになった。

羽化直後と思われるモンキチョウが草に止まっていると教えてくれた。

これは他の個体が絡む写真を撮るチャンスと思うけど、絡む相手は飛び回っているオスが一頭だけ。

でも、飛び回っているからやがてはここにも来るだろうと、その場でカメラを構えて待つことにする。

やがて狙い通りにオスが絡んできた。

f0031682_10392526.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_10461069.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


絡んだと思ったらすぐに離れたので、羽化直後の個体もオスなんだろう。
飛んできた個体は、しっかり首をかしげて相手のことを見ている。
f0031682_10391881.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


しばらくすると、巡回していたオスがまた近づいてきた。

f0031682_10391859.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


絡むけどすぐに離れる。

f0031682_10391893.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


確認したら何とか使えそうな写真が写っていた。

banyanさんは用事が出来てお帰りになった。

自分もそこを離れて、ベニシジミやタテハ類がいないかと探してみるけど、何もいない。
穏やかな日なのにこの前とはずいぶん違う。


もう一度モンキチョウのところに戻ると、飛び出したのか下草に止まっている。

そこにまたオスが絡んできた。

f0031682_10391825.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


今度は少し長く絡んでくれたので何枚か写真が撮れた。

f0031682_10391777.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_10391158.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200



f0031682_10391115.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_10391141.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


本格シーズンの前に、カメラの設定の確認も兼ねて少しずついじったりしているのだけど、この撮影でまあこれでいいかなという感じになってきた。

飛翔も少し撮影してみるけど、なかなか間合いに近づけず苦労する。

f0031682_10391212.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

f0031682_10391032.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5



キタテハもモデルになってくれた。

f0031682_11071782.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


この日は結局このモンキチョウ2頭とキタテハしか見かけなかった。



# by dandara2 | 2017-02-26 11:09 | 配偶行動 | Comments(10)