<   2016年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2016年 08月 29日

クジャクチョウは絶滅危惧種?(2016/8/25)

8月25日はタテハ狙いで東信の山に出かけた。
今年はキベリタテハが非常に少ないという話があるけど、自分の目で見てみないとわからないし、クジャクチョウのきれいな写真も撮りたい。

タテハ類が多い場所に行くと、アサギマダラが多いけどタテハ類は何もいない。

アサギマダラは崖から染み出るミネラルを吸いに崖に何頭も止まっている。

f0031682_06340784.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


他の個体が近づくと、翅をパッと開くので、その瞬間を狙ってみる。

f0031682_06340788.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_06335185.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


また、定番のヨツバヒヨドリに吸蜜にきている以外にもいろいろな花で吸蜜していた。

f0031682_06335137.jpg
家内撮影 ニコンD500 ニッコール55-200

f0031682_06340790.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_06340745.jpg
家内撮影 ニコン1V2 1ニッコール70-300


f0031682_06340756.jpg
家内撮影 ニコン1V2 1ニッコール70-300

f0031682_06340714.jpg
家内撮影 ニコン1V2 1ニッコール70-300

f0031682_06335136.jpg
家内撮影 ニコン1V2 1ニッコール70-300

f0031682_06335204.jpg
家内撮影 ニコン1V2 1ニッコール70-300

f0031682_06333685.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


家内はエルタテハが吸汁に来たところを撮影していた。
f0031682_06335158.jpg
家内撮影 ニコン1V2 1ニッコール70-300


この日唯一のエルタテハだったけど、ちょっと離れたところを見に行っていたので残念。

ここにはゴイシシジミもたくさんいた。

f0031682_06334347.jpg
ニコンD5500 ニッコール55-200


後で聞いたところでは、今年はゴイシシジミが異常発生と言っていいくらいたくさん発生しているという。

半開翅している個体もいた。

f0031682_06334303.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この個体はその後ササの裏に回って産卵もしていた。

f0031682_06334346.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


鳥か何かの排せつ物でも吸汁していたけど、ゴイシシジミがアブラムシの分泌物以外のものを吸っているのは初めて撮影した。

f0031682_06333644.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


キベリタテハは全く来ない。
現地でお会いした同好の方と一緒に近くにクジャクチョウを探しに行っている間に、家内が飛んでいるところを1頭目撃したそうだが。

車のところに戻るとシータテハがいた。

f0031682_06334328.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


雲が多く、日が射さない影響もあるのかもしれないけど、こんなにタテハ類が少ない年は初めてだ。

それでもヒョウモン類は多少は見ることが出来た。

少し場所を移動するが、ここでもキベリもクジャクチョウも全くいない。

ようやくアカタテハがマツムシソウに吸蜜にきているのを撮影する。

f0031682_06333638.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


写真ではうまく撮影できなかったけど、びっくりするくらい赤の鮮やかな個体だった。

マツムシソウでのベニヒカゲとのツーショットは、季節感と高原であることがわっていい。

f0031682_06333650.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


これでアカタテハがもう少し翅を開いてくれたら最高なんだけど・・・

シータテハが吸汁しているところを撮影していたら、近くの湿原で植物の保護の仕事をしているという方が来て色々と話を聞くことが出来た。

f0031682_06333641.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


その方によると、毎週蝶の観察にきているけど、まだキベリタテハもクジャクチョウも見ていないという。

エルタテハは最初数が多かったけど、ここにきてぱったりと姿が消えてしまったそうだ。


まさに今日観察してきた通りだ。

また、コヒョウモンモドキも今年はほとんどいないとのこと。

考えられる原因として、今年は幼虫の時期に気温が高かったので、幼虫の生育に支障があったのかもしれないという。
また、マイマイガやアメリカシロヒトリが昨年あたりからウィルスにやられてまったく姿が見られないという。

マイマイガのウィルスというのに興味を持ったので調べてみると、このウィルスはバキュロウイルスと言うらしい。

宿主はマイマイガに限定されるらしいけど、この科のウィルスはチョウ目に寄生するものが多いらしい。

マイマイガの幼虫の写真などを見ていてふと気が付いた。
今年の6月、フジミドリの撮影に行ったときに、ミスジチョウの成虫が吸汁していた死んだ毛虫
あれがマイマイガの幼虫だったように思う。

考えてみると、クジャクチョウやキベリタテハ、エルタテハ、コヒョウモンモドキも卵塊をつくり、幼虫も集団で生活する。

もしかしたらやはりウィルスにやられたのではないだろうか。

エルタテハは、キベリタテハに比べると卵塊の数は少なく、幼虫も早く集団がばらけるようだ。

シータテハやヒョウモン類の幼虫は単独で生活をするから、ウィルスの被害が少なかったのではないだろうか。

まあ、聞いた話から勝手に推測しただけだけど、案外当たっていそうな気がする。




by dandara2 | 2016-08-29 06:50 | 環境 | Comments(14)
2016年 08月 26日

小畔川便り(キアゲハ・ツマグロヒョウモン配偶行動:2016/8/21)

8月21日は午前中にキアゲハの配偶行動を撮影したけど、ギンイチがうまく撮影できなかった。

自宅に帰って、昼食をとってしばらく休んでいたけど、やっぱりそのことが気になったので、もう一度出かけることにする。

一番暑い盛りに出かけることに躊躇してぐずぐずしていたら15時近くなってしまった。

川原にはキアゲハ以外にも数が増えてきた蝶がいた。

ツマグロヒョウモン

f0031682_07543269.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


マメコガネとのツーショットはかわいらしい。

f0031682_07543276.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この2枚は午前中の撮影


ヒメアカタテハも数が増えてきた。

f0031682_07542068.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


時間が遅く、雲が増えてきたのでギンイチモンジセセリは見つからなかった。
モンキチョウも草むらで休んでいる個体が結構見られた。

キアゲハは数が減ったけど、それでもまだ吸蜜する個体が見られた。

f0031682_07542572.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


キアゲハに関してはめったにない撮影チャンスなので、普通種と馬鹿にしないで、できるだけの撮影をしておくことにする。

f0031682_07541680.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


背景に川面の水の反射が入った写真では、反射が流れで動き回るのでいつもとは違った感じの写真になった。

f0031682_07542678.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_08420937.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この時間になっても配偶行動が見られたので、なるべく背景が広く入るようにして撮影。

f0031682_07542602.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


ペアが少し隅に寄ってしまった。
ノーファインダーで、ひざより下にカメラを構えているので、撮影中は気が付かなかった。
f0031682_07542661.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

f0031682_07542523.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

f0031682_07542050.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


ツマグロヒョウモンの配偶行動も見られた。

午前中には全く見られなかったので、午後が配偶行動の時間帯なのだろうか。

f0031682_07543281.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_07543256.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_07543216.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

オスにしつこく迫られたメスは小飛して花の下に隠れてしまった。

f0031682_07541682.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_07542034.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

一生懸命尾端を曲げていたけど、結局交尾は不成立だった。
f0031682_08535387.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30





by dandara2 | 2016-08-26 08:49 | 配偶行動 | Comments(10)
2016年 08月 23日

小畔川便り(キアゲハ:2016/8/21)

20日の土曜日は母の三回忌、無事に終わってほっとする。

夜、天気予報を見ると、3つの台風が日本周辺にあって、伊豆諸島にある台風9号が22日は関東を直撃しそうだという。

21日は天気が持ちそうだけど、遠出をする気力がわかない。

自宅前でもそろそろギンイチが発生しているのではないかと思い、そちらを見に行くことにする。

川原に降りようとしたら、目の前をギンイチが飛んでいく。

f0031682_09233942.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


思った通りもう発生しているなと思う、数日早いかもしれない。


川原ではキバナコスモスが咲き始めて、そこにキアゲハが吸蜜にきていた。
4,5頭はいるだろうか。

f0031682_09232099.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


まだコスモスが少ないので、華やかさには少し欠けるけど、キアゲハは新鮮な個体が多いので、すっかりうれしくなってギンイチよりもそちらにカメラを向けてしまった。

f0031682_09232561.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_09232115.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_09232535.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_09232060.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


f0031682_09232187.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ふと見ると、キアゲハのペアがモンキチョウのようにホバリングをしながら配偶行動をしている。

脅かさないように、でも大急ぎで近づいて撮影する。

f0031682_09233590.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

f0031682_09233589.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


そんなシーンが何回か見られた。

f0031682_09233484.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

f0031682_09232531.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


このオスはメスの背中を押しているようだ。

f0031682_09233962.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

f0031682_09234080.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

f0031682_09233989.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

f0031682_09233545.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

ニコン1V3 ニッコール10.5
f0031682_09233543.jpg


着地させて交尾しようとしているのだろうか。

ギンイチは何頭かがいたけど、オスばかりで全く止まらないので、メスが出る頃に再度来てみることにする。



by dandara2 | 2016-08-23 09:41 | 配偶行動 | Comments(10)
2016年 08月 19日

お盆休みは近くのホソオチョウ撮影(2016/8/13.15)

8月10日、自宅の窓から見える関越道は朝から渋滞で昼過ぎまでほとんど動かなかった。
11日の海の日、翌12日も同じような混雑が続いていた。
天気もすっきりしないので自宅で過ごす。

13日は自宅から30分ほどの場所にホソオチョウの様子を見に行く。
発生場所は草刈りがされているけど、下草の中には足の踏み場もないほどウマノスズクサが茂っている。

f0031682_13570481.jpg

ホソオチョウの数は少なくて、最初はなにも見つけられなかった。

時期を外したかなと思いながら、歩き回ると、ようやく飛んでいるオスを見つける。

f0031682_13570415.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


オスを追いかけていたらキツネノマゴで吸蜜するメスが見つかった。

f0031682_13571506.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_13571510.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


オスもメスも傷んだ個体だった。

個体数も少ないし、飛び古した個体しかいないようなので、少し撮影したら、近くのJAで野菜を買って(ここのは安い)、いつもの燻製屋に寄って帰ろうかなと思いながら歩き回ると、新鮮なメスが見つかった。

f0031682_13571556.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


もうメスの時期なのかな、それなら産卵位は撮れるかなと少し元気が出る。

家内が新鮮なメスがいると読んでいる。

足元からふらふらと飛び出してきたという。

f0031682_13571589.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


とりあえず撮影して様子を見ていたら、オスが飛んできて絡んだ。

f0031682_13571591.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


とっさにシャッターを押したけど、少しタイミングが遅れて、メスは下草の中に落ちてしまって写っていない。

オスを見ていると、下草に潜り込んでメスに絡んでいる。

f0031682_13571072.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ただ草の中なので写真にはならない。

動きが止まったので、そっと覗いてみると交尾が成立しているようだ。

これなら大丈夫かなと思って邪魔な草をどけようと思ったら、意外に敏感で小飛して近くの草にとまった。

f0031682_17354013.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


これでうまいこと交尾の全体写真が撮れた。
新鮮なオスとメスのペアなのもうれしい。

広角でも近づいてみる。

f0031682_13571069.jpg
ニコン1j5 1ニッコール10-30


撮影していたら、すぐ近くでメスが産卵しそうにお腹を曲げているという。

f0031682_13571060.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


そのうち産卵を始めた。

f0031682_13571041.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


少し撮影しにくい位置だけど喜んで撮影。

f0031682_13570444.jpg
ニコン1j5 1ニッコール10-30


撮影を始めてから7分後、38卵が産み付けられている。

f0031682_13570479.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


交尾も産卵も撮れたので、別の草地でも発生していることを確認にいく。

f0031682_13570404.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


ここでは2オス、1メスを確認できた。

その後寄ったJAでは、12時半を過ぎていたので、野菜は7割がた売れていた。
燻製屋さんも、孫の好きな燻製が仕込み中で、今日はないという。

仕方ないので、15日に再度出向くことにした。

15日は燻製屋だけでもよかったのだけど、せっかく出てきたし、少し撮り残しがあるような気がしたので、再度ホソオチョウの場所に行ってみた。

この日は新鮮なオスがいた。

f0031682_16040332.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


それにオス同士の絡みも撮影できた。

f0031682_13565701.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

f0031682_13565834.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


メスの飛翔も撮れた。

f0031682_13565824.jpg
ニコン1j5 1ニッコール10-30

f0031682_13565829.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


1時間くらいで帰ろうとしていたら蝶散歩さんがお見えになった。
ご挨拶してから、JAの野菜と、お目当ての燻製を買って帰宅することが出来た。




by dandara2 | 2016-08-19 14:26 | 産卵 | Comments(14)
2016年 08月 16日

家族旅行のついで?の撮影(2016/8/8.9)

8月8日.9日は息子家族と一緒に軽井沢に旅行してきた。

8日の朝6時半に家を出るが、車にあまり強くない孫のために、途中いくつかのSAによりながらののんびり旅行。

上信越道の佐久平のSAでは、併設されている施設のカブトムシ館によってカブトムシ見学。(採集はできない)

この旅行では小四の孫にも久しぶりにカメラを持たせていたので、早速カブトムシを撮影していた。

f0031682_16223589.jpg

結構上手だ。

f0031682_16223525.jpg
孫撮影 オリンパスstylus 1s


車に戻る時には花壇の花にジャノメチョウが来ていた。
撮影していたら孫も一緒に撮影。

f0031682_16223566.jpg
孫撮影 オリンパスstylus 1s


直射日光の当たる場所で、jpegでの撮影だから色飛びは仕方ないけど、なかなか良い出来だと思う。

次にムモンアカのポイントを覗きに行く

個体数は多くはないけど、何とか撮影できた。

f0031682_16223623.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


カエデの花がアクセントで良い感じ。
f0031682_16222945.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


もう少し何とかしたかったけど、手前に障害物があって体が動かせず、これがぎりぎりのアングルだった。

ちょうど孫の目線より少し高いところにムモンアカが止まってくれたので、孫も無事撮影。

f0031682_16223531.jpg
孫撮影 オリンパスstylus 1s


写したいものにぐっと近づくのは基本だよね、なかなか結構。(爺バカ)

その後家内が食べさせたいと言っていたお気に入りのチーズ屋さんによって昼食。
食事が終わった後は、ベニヒカゲを求めて移動。

歩き始めたらアサギマダラがぽつぽつ現れた。

f0031682_16222968.jpg
孫撮影 オリンパスstylus 1s


そのうち、孫がカメラをちょっと違う方に向けているので聞くと、アサギマダラが飛んでいるのを撮りたいのだという。

f0031682_16223001.jpg
孫撮影 オリンパスstylus 1s


結果はこんなものだけど、そういえばこの春ギフ撮影に連れて行ったときにも、動画でチャレンジしていたっけ。
まだよくわかっていないから、難しいとか何とかより、とにかく撮ってみたいという方が先のようだ。

期待していたベニヒカゲは全く見かけなかった。
それなりにいると思っていたのにどうしたんだろう。

9日は息子たちとは別行動で、前日撮影できなかったベニヒカゲを撮影しに前日とは別の場所に行く。

台風5号が太平洋側を通り過ぎた後で、風が強い。

ベニヒカゲが出てきてくれるか心配したけど、風が弱まり、日が射すとちらちらと飛び出してくれた。

ただ、風が吹いて曇ると姿が見えなくなってしまうので、この日は吸蜜を中心に狙うことにした。

ハクサンフウロ

f0031682_16223012.jpg


マルバダケブキ

f0031682_16222910.jpg


アキノキリンソウ

f0031682_16221660.jpg

この3種での吸蜜が多かったけど、アザミにも数回吸蜜に来た。

f0031682_16221606.jpg

後は一回ずつしか見かけなかった。

ヤマハハコ。

f0031682_16222347.jpg

ヤナギラン。

f0031682_16222284.jpg

マツムシソウにも

f0031682_16221601.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


背景がいいので、飛び立つところも狙ってみた。
f0031682_16221674.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


家内の撮影した個体は翅が緑色に輝いていた。

f0031682_16221693.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

私自身も撮影したが、私の写真ではこの部分の色が薄くなったような感じにしか写っていなかった。

カメラのレンズに吸汁に来た個体もいて、なかなか逃げなかったけど、カメラをしっかり持つと逃げそうなので、カメラの端を左手で持ち、右手にカメラをもって撮影。

f0031682_16222293.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


結構力がいって大変だった。

風が強いので、落ち着いては飛んでくれず、飛翔はチャンスがなかった。

f0031682_16222280.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


この後14時半には息子たちを迎えに行き、早めに撤収したけど、途中で関越が事故のため通行止めの情報が。
14Kmの渋滞と出ていたけど、幸い手前の上信越道にいたので渋滞にはかかっていなかった。

一般道で行くかとも考えたけど、以前同じように事故で通行止めの時に、一般道も混んでひどい目にあったことがあった。
その時は大人二人だったけど、今回は子供もいるので、関越へのJC近くのSAで、通行止めが解除になるまで時間をつぶすことにした。
その間、孫はこのSAにある噴水で水着になって遊んだり(子供たちがいっぱい遊んでいた)、ゆっくり夕食などをとったりした。
3時間ほどして通行止めが解除になったので19時半に出発。
途中渋滞もあったけど、徐々に良くなって、21時半ころにようやく帰宅できた。



by dandara2 | 2016-08-16 16:47 | 吸蜜 | Comments(12)
2016年 08月 13日

ゴマシジミとムモンアカシジミ(ムモンアカシジミ:2016/8/6)

ゴマシジミを撮影した後はムモンアカシジミのポイントに移動する。

その前にオナガシジミのポイントへ。

ポイントに入って最初に出迎えてくれたのはウラゴマダラシジミ。

f0031682_07330451.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


我が家近くのポイントで撮影してから2か月半以上経っている、ちょっとびっくり。

オナガシジミは数頭見つかった。

f0031682_07330449.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


あまり近くには降りてくれなかったけど、一年ぶりの撮影なのでうれしい。

f0031682_07330586.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_07330593.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


その後ムモンアカのポイントに移動。

木陰にちょこんと止まっていた。

f0031682_07330108.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


家内の撮影した写真には、小さな木だけどアリが来ている。

f0031682_07330100.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


偶然かな。

個体数は今年は多かった。

普段あまり撮影できない吸蜜シーンを見ることが出来たので、かなりの枚数を撮影した。

f0031682_07330198.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


同じ花でも光線の当たり方が違うとずいぶん印象が違う。
f0031682_07330133.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_07330037.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_07325147.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_07325227.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


昨夜咲いてしおれかけたオオマツヨイグサでもストローを伸ばしていた。

f0031682_07325123.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この個体は偶然飛び立つところが撮れていた。

f0031682_07325286.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_07325261.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


少しぶれてしまったけど、翅表が撮れてラッキーだ。

家内は萩で吸蜜するゴマシジミを撮影していた。

f0031682_07330412.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


まだ12時少し過ぎだけど、一通りの撮影ができたような気がしたので、疲れが出ないうちに帰ることにした。
(この後も皆さんは良いシーンを撮影されていたので、もう少しいればよかったかなと後で反省)

声をかけていただいたnaoggioさん、Sさん、それに久しぶりにお会いできた虫林さん、当日ご一緒した皆さん 充実した時間をありがとうございました。



by dandara2 | 2016-08-13 07:41 | 吸蜜 | Comments(20)
2016年 08月 11日

ゴマシジミとムモンアカ(ゴマシジミ:2016/8/6)

8月6日はnaoggioさん、町田のSさん、虫林さんとともにゴマシジミの撮影に行ってきた。

草木も眠る丑三つ時の午前2時半に家を出る。
最近はこの時間に車を運転することはほとんどないので、一日活動した後の帰りが少々心配だ。
撮影がうまくいけばその時点で帰ることにする。
やっぱり年ですね。

ゴマのポイントでは、我々以外にも、ka-koさんご夫妻、ヒサマツの時にもお会いしたSAさんなどがお見えになっていた。

見ると朝露に濡れたゴマシジミがちょこんと止まっていた。

f0031682_09271093.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

開翅までにはまだ早そうなので、一通り周囲を見て回るとセセリが止まっている。
前翅の第4室が黒く汚れているように見えたので、やったースジグロチャバネセセリだーと喜んで撮影。

f0031682_09271020.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


後でみなさんに判定してもらうと、ヘリグロチャバネセセリではないかという意見。
その場ではそうかと納得したんだけど、自宅で写真を見ると、やっぱりスジグロかなという気がしてきた。

f0031682_09271081.jpg
上の拡大

この両種のメスの判定は難しいですね・・・どっちだろう。

家内の姿が見えないので、一人で探しに出かけて、来るときに見かけたクマに遭遇したのかと心配になって電話をすると、青いかもしれないゴマを見張っているという。

なんでもSさんがこの個体は青いですよと言うお話だったので、開翅に備えて見張っているのだという。
確かに裏面は白っぽくいかにも青そう。

f0031682_09271003.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


日差しが強く開翅しそうもないので、最初はnaoggioさんが帽子で日陰を作ったら翅を開き始めた。

おおーということでみんなで取り囲んで一斉に撮影。

f0031682_09270697.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


SAさんが、乳白色のビニール傘を持参されていて、その後はこれで影を作って撮影する。

f0031682_09270989.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


昨年もこれと同じくらいの青ゴマを撮影したけど、その時は飛び立つときに翅表が撮れただけ。
今回はじっくりと撮影することが出来た。

広角でも撮影したけど、背景が抜けていないので大した写真にはならなかった。

f0031682_09270643.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


かなりの枚数を撮影したので、飛翔にもチャレンジすることにした。

先ほどの個体ほどには青くはないけど、他所で見れば青ゴマだと喜びそうな個体が飛んでいる。

草の間を低く飛ぶので難しかったけど、何枚か撮影することが出来た。

f0031682_09270650.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

f0031682_09270694.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


周囲の様子を見るとアカセセリがちょこんと止まっていた。

f0031682_09270276.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


新鮮な個体だった。
f0031682_09270642.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200



そのうちゴマの活動が活発になり、メスの姿も見られるようになってきた。

この個体は翅表が青っぽく輝いてきれいだった。

f0031682_09270298.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ワレモコウに絡むメスもいたので産卵かなと期待する。

f0031682_09265943.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_09265977.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


そのうち腹端を曲げて産卵をした。
f0031682_19062253.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


その後少し移動して、オナガシジミやムモンアカを狙うけど、そこにもゴマシジミがいた。

Sさんが、だっと駆け出したので何かと見ると、ワレモコウでゴマが吸蜜している。
背景には、乗鞍や槍・穂高が見える。

広角で撮っては見たけど、レンズの選択を間違えて、乗鞍はよくわからなくなってしまった。

f0031682_09265814.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


皆さんはここでだいぶ粘って、良い写真を撮られていたようだ。

チャンスがあれば再挑戦しよう。

この後はムモンアカシジミを狙う。



by dandara2 | 2016-08-11 09:48 | 静止 | Comments(18)
2016年 08月 07日

小畔川便り(草刈り後のジャコウアゲハ:2016/8/5)

8月5日はまた自宅前に草刈り後の様子を見に行く。

わずか一週間だけど、二度も草刈りされたダメージをそれほど感じさせないようにはなっていた。

f0031682_22063420.jpg


歩いていたら、ジャコウアゲハのメスが飛んでいた。

f0031682_22063409.jpg

明らかにウマノスズクサを探している様子。

そして土手の上部に小さなウマノスズクサを見つけて、そこに絡んだと思ったら産卵を始めた。

f0031682_22063550.jpg

小さな株が2本だけあったけど、ここにウマノスズクサがあるとは知らなかった。

この前卵を見つけた場所では、20㎝位に伸びていたけど、卵は見つからなかった。

f0031682_22063557.jpg


後ろにある木は、この冬いくつも蛹を見つけた木。

この木の向こう側にもウマノスズクサの群落がある。

f0031682_22063413.jpg

まだメスが飛んでいるなら、ここでの発生に支障はないだろう。

モンシロチョウもクレオメのまわりを飛んでいたけど、この日は産卵行動は見れなかった。

f0031682_22063052.jpg


先日草刈りを免れたのではないかと思われる場所に確認に行く。

予想通りその後の草刈りはされていなかった。

f0031682_22063080.jpg

何頭かの幼虫を見つけることが出来た。
これは脱皮直前のようだ。

f0031682_22063076.jpg

不自然に倒れたウマノスズクサがあるので注意してみたら、幼虫が2頭見つかった。

f0031682_22063041.jpg

一頭は食草から離れて移動中のように見えた。

f0031682_22063071.jpg

草刈りのダメージが思ったほどにはないので一安心。

ジャコウアゲハのその後の様子をもう少し追いかけてみようかと思う。

ところで,この幼虫の体色がかなり赤っぽい。

少し前に、幼虫の体色(黒か赤褐色)は輻射熱の影響によるのではないかという研究がされていたようだけど、確かにこの土手は草刈りで日がよく当たり、かなり暑くなるからそのせいなのかなと思った。




by dandara2 | 2016-08-07 22:16 | 産卵 | Comments(4)
2016年 08月 04日

富士の山麓で(2016/7/30)

7月30日は富士山麓に出かける。
昨年はホシチャバネセセリを撮影できなかったけど、今年はどうだろう。

最初はクロシジミのポイントへ行く。
ここも最近は人が入らなくなって、ススキなどが大きくなってきたので、後何年もつかなという感じになってきた。

一通り探してみるけど見つからない。
心配が現実のものになってきたかと思うけど、家内の "いた!" という声に一安心して駆けつける。

お腹の大きなメスだった。

f0031682_14531145.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

さらに探すと、今度はオスを見つける。

f0031682_14503900.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


今年はいつもとは少し違う場所で発生しているようだ。
やはりアリの巣が草が茂って場所が動いてきているのかもしれない。

別のメスが飛び出して枝にとまった。

f0031682_14503947.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


やや逆光で、翅が良い加減に透けている。

小飛して別の枝にとまった。

f0031682_14503905.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


このメスは、見つけた時はやけに黒っぽいなと思ったけど、撮影した後写真を見るとそうでもない感じ。
f0031682_14503583.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


クロシジミのメスだから、産卵を期待するけど、この日はそのそぶりがなかった。
周囲を見てもアリの姿がなかったから、仕方ないのだろうけど今後が心配だ。

ここでは初めてのコキマダラセセリもいた。

f0031682_14503822.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


いつもだと8月に入ってから撮影に来るので、気が付かなかったのだろうか。

この日はホシチャバネの確認も気になっていたので、ある程度の目途がついた時点で切り上げて移動した。

ホシチャバネのポイントで最初に出迎えてくれたのがサカハチチョウ。

f0031682_14503526.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


その後が続かない。

すぐに撮影できるだろうと思っていたミヤマカラスシジミさえ見つからない。

そのうち家内が、大きな黄色い蝶がいた! というので探すと、カセンソウでヤマキチョウが吸蜜していた。

やれやれ良かったと思って、草被りだけどとにかく撮影。

f0031682_14503549.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

少し飛んで葉の裏に止まると、周囲に紛れてどこにとまったのかわからなくなる。

f0031682_14503521.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ようやく少しまともな写真が撮れて安心する。
f0031682_14503518.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この後すぐに飛んでしまった。

近くのカラスザンショウの花を見ると、ミヤマカラスシジミも吸蜜していた。

f0031682_14503036.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


止まっている位置が頭より少し高いので、体の一部が隠れてしまうことが多く、ニコン1J5を持ち上げてようやく全体の雰囲気のわかる写真も撮れた。
f0031682_14503156.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


いつもホシチャバネがいるあたりのカセンソウを見ると、やったー今年も吸蜜している。

f0031682_14503047.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


家内が撮影した写真は、背景がうまく処理されていて、良い感じの写真になっていた。

f0031682_14502664.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


これで目的としていた種類がすべて撮影できたので一安心。

ミヤマカラスシジミがチダケサシの花で熱心に吸蜜していて、驚いて飛んでもまた同じ花に戻ってくる。

f0031682_14502667.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


余裕ができて、ゆっくり撮影することが出来た。
f0031682_14502643.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


高速が混まないうちに帰ることにする。

車に戻る途中の道でホシチャバネが吸水していたけど、飛んで葉の上に止まる。

f0031682_14502602.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


コントラストがきつくて写真にならなかったけど、一応オスのようなので、吸蜜していたメスとで雌雄が撮れてよかった。




by dandara2 | 2016-08-04 15:12 | 吸蜜 | Comments(22)
2016年 08月 01日

小畔川便り(夏場のモンシロチョウの産卵植物:2016/7/28.29)

7月28日は自宅前の川原に草刈り後の様子を見に行く。

この日は70-200にケンコーの1.4倍のテレコンをつけてみた。
何か試してみないと、暑くて、成虫はモンキチョウくらいしか期待できない川原に出かける気分になれない。

草刈りされてから20日になるので、草も少し伸びてきていた。

f0031682_09445595.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

川原に降りようとしたら見慣れない幟がたっている。

f0031682_09445557.jpg
この川にアユがいるのかな!?

少し上流で、投網を持った人たちがいたので聞いてみると、もう遡上しているはずだけどさっぱりだ、と首をかしげていた。

f0031682_09442503.jpg
この川は釣りでは結構有名らしくて、コイなどはよく見かけるし、ルアーを持った人たちもいるので、アユは外来魚に食べられちゃうのかもしれない。

川原を歩いていたら、つんと伸びたセセリ特有の巣が目についた。

f0031682_09445567.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200 ケンコーテレコン(×1.4)

何かなと思って巣を開くと、オオチャバネセセリかな?
f0031682_09445570.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ここではオオチャバネセセリは見たことがない。

まあ、そのころは大したものはいないと思ってここには来ないから、気が付かないだけだったのかもしれない。
今度は注意してみよう。

ウマノスズクサもだいぶ伸びていた。

f0031682_09444909.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


葉の裏には卵もついていた。

f0031682_09445482.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

さほど離れていないところに、計6卵があったので、同一母蝶による産卵かも知れない。

土手を歩きながら、何気なく家庭菜園の方を見ると、クレオメにモンシロチョウが絡んでいる。
カメラを向けるけど、フォーカスの速度が気持ち遅く、この時点でテレコンは外した。

f0031682_09445092.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200 

飛び回っている蝶にピントを合わせるには、0.1秒でもフォーカスが遅れると我慢できない。

吸蜜かなと思ってカメラを向けると、花よりも周りの葉に興味を持っているようだ。

f0031682_09445089.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200 


あれ!? クレオメってアブラナ科だったっけ? と思ってとにかく産卵の様子を撮影することにする。

葉につかまって腹部を曲げているので産卵に間違いないようだ。

f0031682_09444928.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200 


ただこれでは証拠写真にならないので、何とか卵も一緒に撮りたいと思うけど、金網の向こうの家庭菜園なので思い通りにはいかない。

何回かは葉の表にも止まって産卵したので、ようやく産卵の証拠を押さえることが出来た。

f0031682_09444960.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200 

f0031682_09444964.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200 


ただ、近づけないので、これが精いっぱい。

自宅に帰って調べると、クレオメはフウチョウソウ科で、アブラナ科と同じカラシ油成分が入っているので、モンシロチョウの食草になるらしい。

昔出た保育社の生態図鑑にも出ているから、前から知られていることらしいけど、この時期のモンシロチョウに注目したことはなかったので知らなかった。

この前から、この時期のモンシロチョウが何を食草にしているのか、ちょっと興味があったから気が付いたんだろう。


少し離れた土手でもウマノスズクサはかなり伸びてきていた。

f0031682_09442548.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


昼には帰宅して、やれやれと思ってお茶を飲んでいると、ガーという大きな音。
エッと思って窓の外を見ると、なんとまた草刈が入っている。

f0031682_09442597.jpg

前回の草刈りからまだ1か月もたっていないのに何でーと思う。
これでは、今日確認してきたオオチャバネセセリの幼虫も、ジャコウアゲハの卵もすべて刈られてしまう。


翌29日にも様子見のために川原に出る。

この日は55-300のレンズを試してみることにする、卵の撮影にはTG-4を持って出た。

最初に昨日最後に確認したウマノスズクサの場所へ行く。
近づくとジャコウアゲハのメスが産卵場所を探しているのが目に入った。

f0031682_09442523.jpg
ニコンD500 ニッコール55-300

様子を見るけど、食草には気が付かずに飛んで行ってしまった。

土手のウマノスズクサは大丈夫だった。

f0031682_09442406.jpg
オリンパスTG-4


10mくらい離れた場所まで草刈りがされていたけど、この場所はもう来ないかもしれない。

昨日オオチャバネセセリの幼虫がいた川原はこの日に草刈りが入っていた。

f0031682_09441919.jpg
オリンパスTG-4


機械のある場所がこの日に刈られた場所。
左側の土手はこれからの場所。
この土手にウマノスズクサが生えている。

たったこれだけしか伸びていないのに、なんでまた草刈りをするのか意味不明。
予算の無駄遣いとしか思えない。

前の日の、モンシロチョウのクレオメへの産卵が納得いく写真が撮れなかったので再挑戦。

f0031682_09441963.jpg
ニコンD500 ニッコール55-300


この日は2頭のモンシロチョウがクレオメにきているところも撮影できた。

f0031682_09441938.jpg
ニコンD500 ニッコール55-300


葉の周囲を飛び回るモンシロチョウ。

f0031682_09441917.jpg
ニコンD500 ニッコール55-300


葉の表に止まって産卵態勢をとる。

f0031682_09441933.jpg
ニコンD500 ニッコール55-300


近くの葉にも産んでくれたので、金網の隙間からTG-4を差し込んで撮影。

f0031682_09441921.jpg
オリンパスTG-4


顔に金網の跡が付くくらい思いっきり近づいて撮影。
これで一応証拠写真が撮れたかなと安心した。

レンズの使い勝手については、やっぱりテレコンも55-300も却下ということになった。
もともとモチベーションを維持するためだったし、カメラを向けてシャッター半押しした瞬間にピントが合う70-200の快適さは、一度経験するとやめられない。
単焦点の300も同様だと思うけど、予算もないし、1V3の70-300の出番がなくなりそうなのでもう少し我慢かな。
こっちはこっちで、D500では撮れない写真が撮れる。




by dandara2 | 2016-08-01 10:25 | 産卵 | Comments(12)