<   2016年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2016年 03月 30日

小畔川便り(ベニシジミのスクランブル:2016/3/26)

3月26日は前日同様気温が低く肌寒い。
ギフ撮影に行きたいけど、条件の悪い時に山登りしてむなしく帰ってくるのもいや。
せっかくサンデー毎日の身分になったのだからとしばしの様子見。

午後からは日が射して気温も12℃位にはなりそうなので、自宅前の川原を歩く。

ツマキチョウが出ていないかと思うけど、出ていたのはモンシロチョウとモンキチョウ。

モンキチョウがパンジーに吸蜜にきていた。
f0031682_8404444.jpg


パンジーでの吸蜜は今までほとんど見たことはないけど、今年はテングチョウ、コツバメと撮影し、今度はモンキチョウでも撮影できた。

川原ではだいぶ花も咲いてきて、吸蜜に訪れる蝶も増えてきた。
f0031682_964994.jpg


ツマキチョウの発生地では、モンシロチョウが飛び交って、吸蜜もしていた。
f0031682_922567.jpg
家内撮影

羽化直後と思われるモンシロチョウもいてモデルになってくれた。
f0031682_93502.jpg
家内撮影

オスが飛んできて絡まないかと思ったけど、この個体もオスのようで、オスが飛んできても撮影できるほど長くは絡んでくれなかった。

モンキチョウとベニシジミで飛び立つところを撮影してみた。
f0031682_8413385.jpg

f0031682_8414684.jpg



モンキチョウが産卵行動をしていたので、食草近くを飛ぶところを望遠で撮影。
ただ、1V3に70-300の組み合わせでは、マニュアルフォーカスでの撮影はほとんど無理。

仕方ないので、背景が近い場所に飛んできたときにAFでピントを合わせて撮影。
今回はたまたま画面内に入り、ピントもそこそこあってくれた。
f0031682_8425499.jpg


このメスは何回か産卵し、何とか生み出された卵も一緒に撮影することができた。
f0031682_843730.jpg


黄色型のメスだけど、ここではよく目にするような気がする。
目立たないだけで案外高い割合で混じっているのかな。

歩いていると、時々ベニシジミが絡んでいる。

単独で飛んでいるときは飛翔をとらえるのはかなり難しいけど、2頭が絡んでいるときは撮影のチャンス。

いつもの距離設定の30㎝だとベニシジミのような小型種はこのくらいの大きさになってしまい、ちょっと迫力不足だ。
f0031682_8434352.jpg

f0031682_8454593.jpg


ところが、カメラを肩からぶら下げている間にピントリングが動いてしまい、20㎝以下の距離設定になっていることに気づかず撮影したら、たまたま近くに来た時にピントが合って、ベニシジミが大きくなり迫力のある写真が撮れた。
f0031682_846140.jpg


怪我の功名という奴だろうか。

距離が近い分、2頭が入らず単独飛翔の姿も写っていたけど、これはこれで迫力があっていい。
f0031682_8463561.jpg

f0031682_8464895.jpg


今度からベニやヤマトのような小型種はこの距離設定でいこう。
でもそこまで近づけることはめったにないけど。

by dandara2 | 2016-03-30 09:05 | 配偶行動 | Comments(8)
2016年 03月 28日

コツバメの産卵かな?(2016/3/25)

3月25日はミヤマセセリを撮りたいなと思って17日に今年初めてコツバメを撮影した公園に行く。

ところが、ちょっと気温が低く風があるせいか、ミヤマセセリもコツバメも出てこない。

ミヤマセセリを探していたところでは、スジグロシロチョウが出てきた。
f0031682_9491022.jpg


今年初めての撮影になる。
f0031682_9493377.jpg


12時過ぎになってようやくミヤマセセリが出てきてくれたけど、カメラを向けたらすぐに飛んでしまった。
f0031682_9494818.jpg


コツバメも出てきた。
f0031682_9502593.jpg


アセビの花にちょこんと止まっている姿を見ると、なんともかわいらしい。
f0031682_9504251.jpg


コツバメはこの後、メスも出てきて、産卵態勢をとった。
f0031682_951434.jpg

f0031682_9511816.jpg

f0031682_951292.jpg


ただ、写真からは卵は確認できなかったので、産卵しなかったかも知れない。

アセビにはルリシジミも吸蜜に来た。
f0031682_952289.jpg


この日は条件も厳しく、蝶の姿は少なくて、トラフも姿を現さなかった。

by dandara2 | 2016-03-28 09:55 | 産卵 | Comments(4)
2016年 03月 25日

花壇のパンジーに来たコツバメ(2016/3/22)

3月22日は、前回ピントの甘かったコツバメの飛翔を撮り直しに、再度自宅近くの公園に出かける。

車を置いて歩き始めると、オオイヌノフグリがたくさん咲いている場所で白いシジミが飛んでいる。
今年初めてのルリシジミだ。
f0031682_20143276.jpg


落ち着きなく吸蜜するので、なかなか近づけなかった。
f0031682_20144879.jpg


ミヤマセセリがいるかなと思って立ち寄った場所ではヒオドシチョウがいた。

大きくて見栄えがするので、ちょっと飛んでもらった。
f0031682_2015596.jpg


これは帰りがけに撮ったもの。
f0031682_20154397.jpg


飛び出す時にはちょっと下に行くのを忘れていた。
f0031682_20162349.jpg


目的のコツバメの場所に行くけど、思った程には個体数が多くない。
気温が低いためか、地面近くの草にとまってなかなか飛び立ちが撮影できない。

気温が少し上がったら、ようやく目の高さにとまった個体がいた。
背景も雑木林でいい感じなので慎重に飛び立つところを撮影。
f0031682_2017751.jpg


飛び立つ方向も良くて前後に行かなかったので、何とかピントの合った写真が撮れた。
f0031682_20172258.jpg


とりあえずこれで来た目的の写真は撮れたと満足。

そのうち、何頭かいたコツバメが見られなくなってしまった。

コツバメを探していると、家内が花壇のところで手招きをしている。
行くと、コツバメがパンジーで吸蜜しているという。

先日はここでテングチョウが吸蜜していたけど、えーコツバメも!?と思って見ると、確かに小さな蝶が何頭か飛び交っている・・・コツバメだ。
気温が上がって、パンジーの香りが立ち込めているここに来たのだろう。

自分一人だったらここには見に来なかっただろう。

いろいろな色の花で吸蜜している。
f0031682_20183782.jpg

f0031682_2019483.jpg

f0031682_20192984.jpg
家内撮影

f0031682_20194353.jpg

f0031682_2020154.jpg

f0031682_20201267.jpg


帰宅後、家内の撮影した写真を見てびっくり。

エー、テングチョウのこんなすごいシーンっていつ撮ったのと思わず聞いてしまった。
f0031682_20203252.jpg
家内撮影

何でも私が一通り撮影して、ちょっと気を抜いていた時に撮影したらしい。
f0031682_2020428.jpg
家内撮影

今回もやられてしまったかな。

by dandara2 | 2016-03-25 20:25 | 吸蜜 | Comments(12)
2016年 03月 23日

テングチョウの交尾(2016/3/20)

3月20日は18日に引き続き近くの公園にコツバメを見に行く。

18日には1頭の発生を確認したけど、その後はどうなっているだろう。

車を置いて歩き始めると、道端にとまっていたテングチョウが飛び出し、それを追うようにしてもう一頭が飛んできて絡んだ。

一瞬見失ったが、家内が "後ろ!!" というので振り返ると、2頭が平行に並んで地面にとまっている。
f0031682_15444471.jpg
ニコンD800+シグマアポマクロ150

急いで撮影していると、一頭が徐々に体を動かして前後に並んだ。
f0031682_15455645.jpg

f0031682_15461254.jpg

f0031682_15462583.jpg


「交尾した!!」と言いながら大喜びで撮影する。

テングチョウの交尾は初めて撮影するので、確実にものにするために、持っていたカメラを総動員して撮影した。

f0031682_15481166.jpg
ニコンD800+シグマアポマクロ150mm

慎重を期して、絞りは f6.3やf11、f16 などで撮影。
これはf6.3のもの。

f0031682_1548473.jpg
ニコン1V2+1ニッコール70-300 家内撮影

f0031682_15493367.jpg
ニコン1V3+1ニッコール10-30

f0031682_15494692.jpg
ニコン1J5+1ニッコール10-30 家内撮影

f0031682_1550623.jpg
オリンパスTG-4+魚露目

これで大丈夫かな、もっと押さえておくべきだろうかと考えたけど、動きのない被写体だからこんなものかと思って、コツバメのポイントに移動。

昨年もオオイヌノフグリで撮影した場所を見ると、今年も吸蜜にきていた。
赤いのはテントウムシ。
f0031682_15514868.jpg


f0031682_15523787.jpg

f0031682_1553641.jpg


一緒に咲いているヒメオドリコソウにも吸蜜にきた。
f0031682_15534549.jpg

f0031682_15535656.jpg


飛び立つシーンも撮れた。
f0031682_1554329.jpg


少し移動して、毎年飛翔を狙う場所に行ってみる。

たった二日しか経っていないのに、コツバメの数は増えていて、何回か飛び出すシーンを撮影することができた。
f0031682_15545449.jpg

f0031682_1555682.jpg


ただピントが甘く、もう少ししたら再度撮り直さなくては。

by dandara2 | 2016-03-23 15:59 | 交尾 | Comments(14)
2016年 03月 21日

小畔川便り(ベニ・モンキ配偶行動:2016/3/15.18)

3月15日は自宅前の川原へ。
モンキチョウもベニシジミも数が増えてきた。
f0031682_152048.jpg


ベニシジミの飛翔は早くて、地面近くを飛ぶので撮影が難しいけど、2頭が絡んでいたので何とかピントが合った。
f0031682_15203289.jpg


この2頭はその後地面に降りていたけど、何事もなく分かれてしまった。
f0031682_15205561.jpg


モンキチョウも配偶行動をしていた。
f0031682_15224234.jpg

f0031682_15225348.jpg


この日はモンシロチョウもいて、ナズナで吸蜜をしていた。
f0031682_1523687.jpg


3月18日は、風が強く蝶は飛びそうにない。
でも林の中なら風は弱いかなと思って、自宅近くのいつもコツバメを確認できる公園に発生を確認に行く。

ただ、時期的にまだ早いかなと思ったので、自宅前の川原では撮影できない種類の、ルリタテハとかテングチョウだとか、ヒオドシチョウなどの成虫越冬の蝶の写真が撮れればそれでOKだ。

ポイントに向かって歩いていると、ルリタテハが笹の葉の上でテリハリをしていた。
f0031682_15233563.jpg


そっと近づいて写真を撮って、アングル的にベストの位置でない家内に場所を譲ろうとしてカメラを下げたら、ルリタテハが尾端を上げてぽたぽたと排水をした。

おおーと思ってみていたけど、なんと家内がその瞬間を撮影していた。
f0031682_1524486.jpg
家内撮影
f0031682_15241950.jpg
家内撮影

羽化直後の個体ではないとは思うのだけど・・・どこかで吸水してきたのだろうか。

このルリタテハはその後飛び立って、家内の服に止まったりしていた。
f0031682_15251337.jpg


いつもコツバメが発生する場所に行くと、ちらちらと飛ぶ1頭のコツバメを見つけた。
ここでももう発生していたのかと、探しに来たはずなのにびっくり。
f0031682_15253662.jpg


羽化して間がないのか、いつものスピードのある飛び方ではない。
とりあえず証拠写真を撮って、もっと良い場所にとまるのを待っていたら飛ばれてしまった。

しばらく待ったけど戻ってこない。
少し大きめの蝶が飛んできたので、コツバメかと思って見るとテングチョウだった。

そのうちテングチョウがパンジーの植えてある花壇の中で止まった。
吸蜜かと思って近づくと、地面で給水をしていた。
背景がきれいなので、そっと近づいて撮影。
f0031682_1526598.jpg


そのうち飛び立ってパンジーの花びらにとまった。
地面よりもいいかなと思ってカメラを向けたらストローが伸びている。
やったーと思って激写。
f0031682_15262527.jpg


その後テングチョウは花の中心のほうに移動してストローを伸ばす。

ところが、その時にはシャッターを押しすぎてバッファがいっぱいになり、撮影ができない。
いらいらしながら待つしかないけど、家内が隣で撮影してくれていた。
f0031682_15264514.jpg
家内撮影

この後曇ってしまったので撤収する。

今年も最初から一番いいところは家内に持っていかれてしまった。
新しいD500はRAWで撮影しても200枚近く連続で撮れるらしいけど、後からバッファメモリーを追加できるような仕組みもほしい。

by dandara2 | 2016-03-21 15:40 | 配偶行動 | Comments(14)
2016年 03月 17日

今シーズンのスプリングエフェメラル2種(2016/3/17)

今日17日はちょっとうれしい出会いがあったので、私にしては珍しく速報形式で載せることにします。

ようやく待ちに待った温かい晴天の一日、多分出るんではないかということでコツバメの公園に行く。

車を降りてポイントへ行く途中、家内がヒオドシチョウを見つける。
傷んではいるけど、自宅近くの川原では会えない蝶なので喜んで撮影。
f0031682_1955788.jpg


ポイントにつくと浅間の煙さんとiさんがお見えになっていて、すでにコツバメが出ているという。
期待はしていたけど、本当に出ていたので喜んで撮影。
f0031682_19620100.jpg

f0031682_1963520.jpg


逆光シーンでは、例によってブルーの縁取りがきれいだ。
f0031682_1965216.jpg


この日は合計2頭のコツバメを確認できた。

そのうち、banyanさんも合流された。
我々より先に見えて撮影されていたようだ。

コツバメがいたので、もう一種のスプリングエフェメラルのミヤマセセリを探して移動。
昨年は3月16日にここで撮影しているので、今年もそろそろ可能性大だ。

それらしいのが飛んでいたので、急いで近づいてこちらも無事撮影。
f0031682_1974639.jpg


すぐに飛んでしまったのでこれ以上の写真は撮れなかったけど、期待していた2種の写真が撮れたので大満足。

アセビにはムラサキシジミも来ていた。
f0031682_198898.jpg
家内撮影

ムラサキシジミは移動した先のナズナでも吸蜜をしていた。
f0031682_1981957.jpg


テングチョウもアセビで吸蜜していた。
f0031682_1983690.jpg


こちらも自宅近くではめったに見られないので、この時期はうれしい被写体だ。
f0031682_1985179.jpg
家内撮影

キタキチョウも何頭も見られて、タンポポやキチイゴの花で吸蜜していた。
f0031682_1991393.jpg
家内撮影

温かい一日で、いよいよ本格シーズンの開幕を感じられて楽しい一日だった。

by dandara2 | 2016-03-17 19:11 | 初見日 | Comments(26)
2016年 03月 16日

小畔川便り(モンキチョウ産卵:2016/3/15)

3月15日は一週間ぶりに晴れ間が出た。
この一週間はいろいろ用事もあって忙しかったけど、天気も悪く気温も低く、春を実感できない日が続いた。

14日は雨で、山間部では雪だったらしく、窓から見る秩父の山々は白くなっている。
15日は晴れてはいるものの、風がひゅうひゅう音を立てて吹いて気温も低い。

どうしようかと思ったけど、一週間ぶりの晴れに我慢できなくなって11時過ぎにカメラを持って出かける。
風の弱い土手の下では、キタテハが咲き始めたカントウタンポポで吸蜜していた。
f0031682_16105442.jpg


このタンポポには、モンキチョウも吸蜜に来た。
f0031682_1611824.jpg


ベニシジミは菜の花で吸蜜していた。
f0031682_16112656.jpg


ある程度写真が撮れて、やれやれ出かけてきてよかったと思う。

産卵衝動にかられたメスが、食草のカラスノエンドウを探すようなしぐさで飛んでいるので、その様子を撮影しようと急いで近づいてシャッターを押す。
f0031682_16121690.jpg


左側にカラスノエンドウらしいものが見え、首をかしげてそちらを見ているようだ。
f0031682_16122614.jpg

f0031682_16123879.jpg

f0031682_16125019.jpg


結局止まらずに行き過ぎてしまった。
f0031682_16132318.jpg


偶然こちらに向かって飛んでくるところも写っていたけど、背景がもう少し抜けていたら、なかなか迫力のある写真になったのにちょっと残念。
f0031682_1613923.jpg


一応産卵シーンも撮影できた。
f0031682_16134380.jpg


この写真では、産み付けられた卵が少し見えている。
f0031682_16135837.jpg


卵にはピントが来ているけど、目にピントが来ていないのが残念。

エノキで越冬中の蝶たちの様子を見たら、モンシロチョウは羽化したのか姿がなかった。
アカボシゴマダラの姿もなかった。
ゴマダラチョウはまだそのままだった。
f0031682_16213230.jpg


by dandara2 | 2016-03-16 16:27 | 産卵 | Comments(2)
2016年 03月 12日

小畔川便り(キタテハの休止場所:2016/3/8)

3月8日はやや雲が多いけど、気温は20℃位まで上がった。

務めていた学校の学年末試験も終わり、ようやく仕事から解放された。
昨年の5月に団地の役員の仕事が終わり、やれやれと思っていたら、6月にそれまで勤めていた学校から、体調を崩した人の代わりを依頼され、ほんの数か月のつもりだったのに結局この時期まで来てしまった。
それでもこれからは完全にフリー、ようやく好きなことができるかな。

川原を歩き始めるとモンキチョウがホトケノザで吸蜜している。
f0031682_12435560.jpg


オオイヌノフグリの青もいいけど、その中に咲くこの花の色にも心惹かれる。
f0031682_12464355.jpg


キタテハがテリハリをしているので、飛び立つところ撮影する。
f0031682_1247582.jpg

f0031682_12471569.jpg


本当は飛んでいるところを撮りたいのだけど、スピードが速く、とても間合いに入れない。

そんなキタテハを見ていたら、1頭が草の間を探るように飛んでいたかと思うと中に潜り込んだ。
ちょうど雲がかかって気温が下がった時だった。

これは休止場所を探しているなと思って、もぐりこみ始めたところを撮影。
f0031682_1248085.jpg


翅を開閉しながら歩き回っていたけど、ほぼ落ち着く場所を決めたようだ。

こういうチャンスはなかなかないので、まず全体を撮影。
f0031682_12482216.jpg


キタテハはほぼ画面の中央の草の間にいる。

そろそろ落ち着いたかなと思って、手前の草をそっとかき分けて広角で撮影。
f0031682_12484893.jpg


触角は半分閉じた状態だけど、落ち着いて動く気配はなかった。

モンキチョウが飛んでいるけど、なかなか間合いに入れない。
何とか1回だけチャンスがあった。
f0031682_12563188.jpg

f0031682_12565941.jpg

f0031682_12572459.jpg


ちょっと様子の違う白い蝶が飛んできた。
モンシロチョウだと思って様子を見るけど全く止まる気配がない。

何とか証拠写真をと思って飛んでいるところを撮ることにする。
f0031682_12574714.jpg


モンシロチョウはモンキチョウよりも飛翔コースが単純で、あまり機敏にコースを変えないので撮影は少し容易だった。
f0031682_1258215.jpg

f0031682_12583556.jpg

f0031682_125847100.jpg


帰りがけにはきれいなベニシジミが出てきてくれた。
f0031682_1259484.jpg


後翅のブルーが見えるとうれしい。

by dandara2 | 2016-03-12 13:02 | 休止(睡眠)場所 | Comments(14)
2016年 03月 08日

小畔川便り(モンキチョウの産卵:2016/3/2.5)

3月2日、天気で気温もそこそこ上がって13℃位。

自宅前の川原を歩き始めたら小さなブルーが飛び出した。
f0031682_16243473.jpg


見るとヤマトシジミ、鳥にやられたのだろうかかなり翅が傷んでいる。

モンキチョウもメスがかなり出てきて、カラスノエンドウに産卵行動をしていた。
f0031682_16251218.jpg


草の間の小さなカラスノエンドウだから、なかなかちゃんとしたアングルがとれない。
f0031682_1625345.jpg


それでも一応証拠写真は撮れた。
f0031682_16255527.jpg


産卵しながら時々オオイヌノフグリで吸蜜している。
f0031682_16261476.jpg


少し落ち着いて吸蜜してくれたので、広角でも撮影することができた。
f0031682_1626497.jpg


ようやくいろいろな花が咲き始めて、その花で吸蜜するシーンも撮影できた。
f0031682_1627973.jpg
家内撮影

5日は午後から天気が悪くなるという予報だが、午前中は雲が多いものの気温は14℃位。
ベニシジミが出ているかなと思いながら歩くけど、姿はなかった。

モンキチョウも数は多くはなかったけど、ハナニラで吸蜜している個体がいた。
f0031682_16282653.jpg


この花ではあまり吸蜜しないので、ラッキーと思って大急ぎで撮影。
f0031682_16283978.jpg


この日はD800にシグマのマクロ150mmをつけて撮影した。
重いけど、ピクセル等倍で見た時のシャープさはやはりさすがだ。

オスが地面で絡んですぐに離れた。
見ると羽化直後のまだ翅の柔らかい個体がいた。

絡んですぐに離れたのでオスだったんだろう。

草の中なので、撮影しやすいところにちょっと移動して撮影。
f0031682_16295651.jpg


一通り川原を歩くけど、ベニシジミは見かけない。

戻ってきたら霧島緑さんがお出でになっていた。
見ると先ほどの羽化直個体がまだいた。

話をしながら、エノキの幹で越冬中のゴマダラチョウ、アカボシゴマダラを確認する。
モンシロチョウの蛹もジャコウアゲハの蛹もまだそのままだった。

そうしたら霧島緑さんが、木の細い枝先にもジャコウアゲハの蛹があるという。
f0031682_1630338.jpg


この日はマクロレンズしかつけていなかったので遠くからしか撮影できないけど、探してみたらあちこちに見つかった。
f0031682_16305716.jpg


この写真では2個写っている。
見つかったのは全部で8個くらい。

用事があったのでここで失礼したけど、まだいくつか見つかったらしい。

冬の間中何度も見た木だし、探しもしたけど、全く気が付かなかった。
やはりこの手の探索には才能がないみたいだ。

by dandara2 | 2016-03-08 16:38 | 産卵 | Comments(14)
2016年 03月 02日

小畔川便り(モンキチョウ異常型:2016/2/28)

2月28日、いつもだと2月最後の日だけど今年はうるう年だから29日まである。
暖かくて、風もあまりない日曜日だった。

この日は複数のモンキチョウが飛んでいて、メスも何頭か見ることができた。

土手にとまっていたモンキチョウに向かって、飛んできたオスが絡み始めた。
止まっていた個体は黄色なので、黄色タイプのメスかもしれない。
f0031682_18484554.jpg

f0031682_1849398.jpg


とりあえず飛翔用の魚眼付き1V2で何枚か撮影し、70-300をつけた1V3で撮影する。
f0031682_18494449.jpg

f0031682_18495786.jpg


この日見かけた雌の後翅が一部擦れたようになっている個体がいた。
f0031682_18501577.jpg


どうしてなのかなと思っていたのだけど、この写真を見て納得がいった。
オスが交尾しようとして、尾端でメスの後翅をこすっているのが原因だった。

その後小飛して、背景に花のある場所でも求愛してくれた。
f0031682_18503133.jpg

f0031682_1850514.jpg


川原を歩いていると、いくつかの求愛飛翔が見られる。
ちょっと見にくいけど、前方にメスがいる。
f0031682_18511735.jpg


3頭が絡んで求愛飛翔をしているのがいた。

この時期に3頭もの個体が絡むのは珍しいので、急いで近づいて撮影する。
f0031682_18521199.jpg


後でこの時の写真を確認すると・・・!!?? 先頭のオスの前翅の斑紋がなんかおかしい。

この写真では一番後ろの個体だ。
f0031682_1852325.jpg


この写真では真ん中の個体。
f0031682_1852475.jpg


図鑑などを調べると、黒縁中の黄斑の発達の悪い異常型がいるようで、ミヤマモンキのようになったものはクツカケモンキチョウというようだ。

この個体はそこまではいっていないけど、春型にしては黄斑が小さい。
f0031682_1853337.jpg

f0031682_18531643.jpg


実は、この川原で昨年からネットを持った人が歩いていて、何をしているんだろうと思っていたのだけど、この春に会った時に挨拶をしながら話を聞いたら、このクツカケモンキチョウを探しているんだという。

昨年はそのために1600頭のモンキチョウを採集したという。
クツカケモンキチョウは採れなかったけど、それに近い個体はいたという。

そのために1600頭も採集したのかと思って、飛んでいるときにわからないんですかと聞いたら、目が悪いからとか言っていた。
採集しなければわからないこともあるので、とやかくは言えないけど、自宅前の川原では勘弁してくれよという感じ。

この人にはこの春何回か会って、ちょうどその話をしたときには、banyanさんや、dragonbutterさん、霧島緑さんなどもお見えになっていた。(お三方が一堂に会していたと言うわけではなく、この人と会った時という意味)
banyanさんは、クツカケでないモンキチョウはどうするんですかと聞かれていたし、家内はエーと思ったらしく、ここでは皆さんが楽しんで撮影しているんですよと話をしたらしい。

そんなこともあってか、その方は今年はもう採集する予定はないとか言っておられた。
ここ何回かは会っていないので、さすがに採集しにくくなったんだろうか。

そのこともあって、モンキの斑紋はちょっと気にしていた。

そうそう、この日初めてベニシジミを見た。
f0031682_18534576.jpg


気温が高かったので、開翅はしてくれなかった。

by dandara2 | 2016-03-02 19:07 | 異常型 | Comments(24)