<   2014年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2014年 08月 28日

小畔川便り(ギンイチモンジセセリ:2014/8/24)

8月24日はギンイチの3化の発生を確認するために自宅近くのポイントに出かける。

ポイント近くなって、発生地の休耕田を見ると草刈りがされている。

あらら、やられたなーと思って、休耕田の横にある家庭菜園の周囲のススキを見ると、ギンイチがちらちら飛んでいる。

f0031682_09424991.jpg
とりあえず証拠写真と思ってカメラを向けると、2頭が追飛している場面も撮影できた。
f0031682_09424966.jpg

家内はママコノシリヌグイで吸蜜しているところを撮影していた。

f0031682_09424944.jpg
家内撮影

ギンイチを追っていると、草刈りされた休耕田にも飛んで行ったので、刈られた様子が分かるように魚露目で撮影しておく。
f0031682_09424356.jpg

上の写真奥の小さな雑木林の隅で動く影が見えたので近づくと、アサマイチモンジがスイカズラの周囲を飛び回っていた。

f0031682_09425637.jpg
家内撮影

そして、新芽に産卵行動をとった。
f0031682_09425659.jpg

ここにスイカズラがあることは以前から知っていて、アサマイチモンジでも来ないかなと気にはしていたけど、実際に見るのは初めてだ。
これで自宅近くで確認できた発生地は4か所になる。

新芽ではなく成葉にも止まって、何となく産卵しているように見える。

f0031682_09425616.jpg
間に小さな流れがあって近づけないけど、念のために飛び立った後の葉を撮影しておいたら、尾端があったと思われる位置に小さな卵と思われるものが写っていた。
f0031682_09425625.jpg
拡大してみたら、ピントは甘いけど模様も確認できたので間違いないだろう。

足元ではツマグロヒョウモンの雌が2頭ほど飛び回って、しきりに草に止まっている。

f0031682_09424391.jpg
産卵しているのかと思ってカメラで追いかけると、腹部を草の間に曲げて産卵していた。
近くには、スミレの朔果もある。

周りにはドクダミもあって、靴で踏まれた葉からは刺激的なにおいが鼻を突くけど、こんな中でもスミレの成分をちゃんとかぎ分けているようだ。

周囲を歩いてみると、樹液の出ている木ではアカボシゴマダラが吸汁していた。

f0031682_09425603.jpg
明るいオレンジのセセリはキマダラセセリだった。
f0031682_09424442.jpg

一通り様子を見て、またギンイチの場所に戻る。
家庭菜園近くの、少し前に草刈をしたような場所にも止まったので、今度はマクロでもきちんと撮影する。

f0031682_09424985.jpg
同じシーンを魚露目で様子がわかるように撮影。
休耕田に比べるとススキがかなり伸びてきている。
f0031682_09425052.jpg

全体の様子から、草刈りをしたころには、ギンイチは蛹になっていたようで、被害も少なかったかなと安心する。
隣の小畔川の川原でも発生していて、ここは草刈りをしないようなので、発生地が分散しているので当面は安全なようだ。

今日は雄が多かったけど、雌の産卵の時期に再度様子を見に来ることにする。

8月13日に、自宅前の笹薮でゴイシシジミを見つけたけど、その後は発見できていない。
移動途中の個体だったのだろうか。

その時に撮影した飛翔シーンを載せ忘れていたので追加しておきます。

f0031682_09424359.jpg
なかなか止まらなかったので、とりあえずは証拠写真をと思って、笹に絡んでいるところを望遠で撮影したらうまいこと写っていた。
f0031682_09424368.jpg

そうそう、ひとつ前のクジャクチョウの記事で、コメントをいただいたT.Urabeさんの魚露目のギャラリー、久しぶりに見てみましたが、さすがと言う感じで見入ってしまいました。
これぞ生態写真と言う感じで、超広角、魚露目を使う人は勉強になると思います、ぜひ見てみてください。
…Urabeさん、コメントにはリンク先が書いてありませんでしたが、ホームページを公開しているのでいいかと思って勝手に紹介してしまいました。
すみません。



by dandara2 | 2014-08-28 10:03 | 産卵 | Comments(12)
2014年 08月 25日

東信の高原で2(クジャクチョウ:2014/8/19)

ベニヒカゲを撮影した高原にはクジャクチョウもいて、蝶を始めた頃にその鮮やかな模様に感激したことを思い出し、少しじっくり狙ってみることにした。

f0031682_18333149.jpg
クジャク蝶と言うとアザミの花に来るイメージが強いのだけど、ここではマルバダケブキやアキノキリンソウなどの黄色の花で吸蜜する個体が多かった。
f0031682_18333178.jpg
広い高原で吸蜜しているクジャクチョウを見ると、高原に来たーと言う感じがする。
f0031682_18333118.jpg
f0031682_18333146.jpg
ベニヒカゲと同じ花で吸蜜している個体もいた。
f0031682_18333105.jpg

コヒョウモンもよく見かけた。

f0031682_18333838.jpg
アザミの花で吸蜜するのは珍しくないように思うのだけど、自分のストックを見ると2012年に一度撮影しただけだった。
f0031682_18333867.jpg

この高原を後にして、キベリタテハ狙いで移動するけど、数頭見かけただけで写真は撮れず。
多かったのはヒメキマダラヒカゲ。

f0031682_18333883.jpg
いつもだとほとんどカメラを向けないのだけど、数が多かったので、これもちゃんと撮影しておこうとカメラを向ける。
f0031682_18333896.jpg
珍しく翅表を見せてくれる個体もいた。
f0031682_18333828.jpg

飛び立ったところも写っていた。

f0031682_18333868.jpg
家内撮影

1V2にしてからはこういったシーンもよく撮れるようになった。秒15コマの威力だろう。

その後、チーズ専門店によって、ピザで昼食にする。
ここでいろいろなチーズを買うのも、ここに来た時の楽しみだ。

その後ムモンアカの様子を見に移動する。
発生木が切られてしまったというので心配したけど、近くの別の木で無事交尾個体を撮影することができた。

f0031682_18333185.jpg

周囲を確認して、何本か発生木になりそうなアリの多い木も見つかったので、ちょっと安心する。

f0031682_18333109.jpg



by dandara2 | 2014-08-25 18:41 | 交尾 | Comments(20)
2014年 08月 23日

東信の高原で1(ベニヒカゲ:2014/8/19)

8月19日はベニヒカゲを撮影に東信の高原に行った。

車を置いてトイレに行こうと歩きはじめると、キベリタテハが飛んできて路上にとまった。
車が来たので、手で制して急いで撮影する。

f0031682_17255557.jpg
お礼をすると、運転していた同じような年のご夫婦もにっこりしてくれた。

周りの草原では、ギンボシヒョウモンが吸蜜している。

f0031682_17255570.jpg
家内撮影

ここはギンボシヒョウモンが多い。
f0031682_17255514.jpg
家内撮影

アザミにはカラスアゲハの雌が吸蜜に来た。

f0031682_17255529.jpg
後翅のブルーが出る瞬間を狙ってシャッターを切る。
f0031682_17255578.jpg
着いて5分もしないうちに良い写真が撮れて気分が良い。

トイレのある建物の中のお店を何気なく見ていたら、おいしそうなパンやスープのメニューがあったのでここで朝食をとることにした。

焼きたてのクロワッサンと、おいしいスープを飲みながら高原を眺めていると、時々キベリタテハが窓辺に飛んでくる。
蝶撮影に来てこんな優雅な気分で朝食を摂ったのは初めてで、すっかり気に入ってしまった。
望遠付きのカメラしかもってこなかったので、写真が撮れなかったのが残念だ。

高原ではベニヒカゲが真っ盛りでいろいろなシーンを撮影することができた。
一番多かったのはアキノキリンソウでの吸蜜。

f0031682_17260214.jpg

同じように多かったのはマルバダケブキ。

f0031682_17260226.jpg
花が大きいので絵になる。
f0031682_17260217.jpg

ヤナギランは花が咲き始めといった感じで、吸蜜に来る個体は少なかった。

f0031682_17260222.jpg
家内は、草の間に隠れたように咲いていたヤナギランに吸蜜に来たシーンをきっちり撮影していた。
f0031682_17260235.jpg
家内撮影

ストローも伸びていて、ヤナギランでの吸蜜が良くわかる。
f0031682_17260261.jpg
家内撮影

エルタテハは運転中に路上に止まっている個体を見つけて撮影する。

f0031682_17255562.jpg
あちこちで見かけたので、そのうちちゃんとしたのが撮れるだろうと思っていたら、結局使える写真はこれだけだった。



by dandara2 | 2014-08-23 17:36 | 吸蜜 | Comments(22)
2014年 08月 20日

富士山麓の蝶(ゴマシジミ:2014/8/16)

8月16日はキマダラモドキが撮りたいと言うkazenohaneさんを案内して富士山麓に行ってきた。
現地ではnaoggioさんご夫妻とお会いする。


前回来た時にはキマダラモドキはすぐに撮影できたので今回も楽観視していた。

ところがこれが大誤算、まったく見つからない。
わざわざ遠くからお出でになったのに撮影できないでは困るのでかなり熱心に探したけど全くダメ

・・今年は数が少ないようだ。

前回はほとんどいなかったキマダラモドキの採集者も何人もいた。

個人的には撮影しようと思っていたゴマシジミが撮影できてよかったけど。

f0031682_22535629.jpg

キマダラモドキを探して移動しているときに、daronさんにお会いする。
すぐ近くで、ゴマシジミが止まっているというので案内してもらうと、運の良いことにクサフジに止まって吸蜜を始めてくれた。

f0031682_22535558.jpg

結局これがこの日のベストショットとなった。

近くではヒメシロチョウも吸水していた。
魚露目で撮影するけど、レンズに指紋か何かがついて画像が甘い。

f0031682_22535641.jpg
本来なら没画像だけど、今後の戒めにあえて載せておきます。
(自分の日記も兼ねているので…)

魚露目の付いたTG-2は肩から斜めにぶら下げているのだけど、レンズが腕や手にあたることもしばしば。
魚眼なのでレンズか飛び出ていて、気を付けないと今回のように汚れてしまう。
これからはキャップをするか、撮影の都度レンズを確認する習慣を身に着けよう。

ヤマキチョウも気になったけど、時間の都合もあるので、もう一つのリクエスト・・クロシジミを撮影に移動する。

車を止めて歩きはじめると、kazenohaneさんが路上に落ちたミヤマカラスアゲハを見つけた。
ここでは車を止めてからポイントへ向かう山道に入る寸前にミヤマカラスを撮影することが多い

車の通りが多いので、それに巻き込まれてしまう個体が多いみたいだ。

まだ生きているようなので、近くの葉の上に退避してもらう。

f0031682_22535663.jpg
これだけでは絵的に面白くないので、咲いていたシシウドの花に載せてみた。
f0031682_22535524.jpg
飛ぶほどには元気はないけど、不自然な形になるほどには弱っていなくて、今年もここでミヤマカラスアゲハが撮れたよと言う記録にはなった。

クロシジミのポイントにつくが、今にも雨が降りそうな天気になってきて、蝶の姿は見当たらない。
探していたら、ジャノメチョウの交尾個体がいた。

f0031682_22535638.jpg

やがて雨が降り始めて、ここでも撮影できなかったら、遠くからお出でになったのに申し訳なさすぎると思って必死で探す。

目の片隅にチラッと蝶の姿が見えたので見ると、クロシジミが産卵しているところだった。

f0031682_22535604.jpg

やれやれよかったと、大声でkazenohaneさんを呼ぶけど、おいでになった時には飛び立って木の上に止まってしまった。
それでももう一度くらいはチャンスがあるだろうと、そこで待つことにする。

雨がひどくなったので雨具を出して、ふと振り返ると、ちょうど葉の上に降りてきたところだった。

f0031682_22535647.jpg

かなり傷んだ個体だったけど、それでも撮影できてほっとして帰ることができた。



by dandara2 | 2014-08-20 22:58 | 産卵 | Comments(10)
2014年 08月 18日

小畔川便り(ゴイシシジミ:2014/8/13)

8月13日もホソオチョウの探索。
川原のウマノスズクサでは発生していないことが分かったので、最初にホソオチョウを見た住宅街を散歩がてら歩く。
でも結局わからなかった。

自宅前の植え込みの中に生えたエノキにはアカボシゴマダラの幼虫がついていた。

f0031682_17213446.jpg

何も収穫がないので、再度アゲハが吸水していた場所に行ってみる。
この日は集団吸水はなかったけど、距離を置いて2頭のアゲハが吸水していた。

f0031682_17213432.jpg
この前は慎重にしすぎて、魚露目で今一迫力不足の写真しか撮れなかったので、今日はかなり距離を詰めてみた。
f0031682_17213455.jpg
この日はアゲハに触れそうになるくらい近寄ってみる。

この先に我が家の建物群が見えるのだけど、アングルが低すぎて田んぼしか写らなかった。
f0031682_17213469.jpg
この先に建物が写っているともっと良いと思ったのだけど残念。

少し雑木林があるところに入ってみる。
すぐに見つけたのがゴイシシジミ。

f0031682_17212882.jpg
ここ何年か、自宅近くのゴイシシジミを探していたけど、いつもの自分のフィールドで見つかるとは思わなかった。
f0031682_17212896.jpg
今までは見たことがなかったのに…この日のうれしい発見だった。

アカボシゴマダラが頭上に止まっていた。

f0031682_17213481.jpg
ここではアカタテハも飛んでいた。
食草のカラムシも生えているので注意してみていると、葉の上に止まって少し腹部を曲げたように思った。
f0031682_17212890.jpg
産卵したかはっきりしなかったので、飛び立った葉を見ると、小さな卵があった。
f0031682_17212839.jpg
いつもだと、蝶の方を追いかけて、卵の確認はおろそかになるのだけど、この時は産卵した証拠に撮影しておくことにした。

オオチャバネセセリもいた。

f0031682_17212172.jpg
先日はチャバネセセリがいたので、後はミヤマチャバネが見つかればパーフェクトだ。

撮影を終えて、昼食や夕食の食材を仕入れに近くのスーパーに行くことにした。

途中キタキチョウが飛んでいる。

f0031682_17212261.jpg
いつもは横目でパスするところだけど、どうも産卵しそうな様子なので撮影することにする。
草の込み入った場所で、なかなかすっきりと産卵シーンが撮れなかったけど、何回かはチャンスがあった。
f0031682_17212814.jpg
f0031682_17212219.jpg

自宅に帰って確認すると、卵の写っている写真もあった。

f0031682_17212298.jpg
f0031682_17212247.jpg

キタキチョウの産卵もそれほどストックがなかったので、撮影できてよかった。




by dandara2 | 2014-08-18 17:31 | 産卵 | Comments(6)
2014年 08月 17日

小畔川便り(アゲハ吸水:2014/8/11)

お盆の間は高速が混むので、たいていは自宅周辺で過ごすことが多い。
8月11日のこの日も自宅周辺を探索した。

8月4日にヒメヒカゲの高原から自宅に帰ってきたときに、自宅まであと2.3分と言うところで、ホソオチョウが飛んでいた。
ここでホソオチョウを見るのは初めて。

自宅前の河原には何か所かウマノスズクサが生えているのだけど、目撃したところは川原ではなく住宅街の中。
まず考えたのは、蝶好きの人がいて庭か何かで飼育したのかなと言うこと。

この春から、中年の人がネットを持って時々川原を歩いていたので、いったいこの川原で何を採集しているのだろう、モンキチョウでも研究しているのかな、それとも最近になって蝶に目覚めた人かなと思っていた。
そんな人の飼育していたものでも逃げ出したのだろうか。

もう一つは、川原のウマノスズクサで発生したのかもしれない。

それでこの日は、まず川原のウマノスズクサの場所を確認して歩くことにした。

ウマノスズクサを見てみるけど、ホソオチョウの卵も幼虫も見つからなかった。
見つかったのはいつも通りジャコウアゲハの卵。

f0031682_10560628.jpg

川原の草地ではモンキアゲハが求愛行動をしている。

f0031682_10560623.jpg
見慣れた光景だけど、出会うとやったーとうれしくなる。
f0031682_10560621.jpg

キタキチョウも吸蜜していた。

f0031682_10560652.jpg
草が邪魔してなかなか近寄れないので、飛翔を撮影してみた。
f0031682_10560601.jpg

移動しようとしたら、足元からふっとアゲハチョウが飛び立った。
遊歩道で吸水していたようだ。

飛び立っては何度も戻ってくるので、吸水シーンと吸水場所を探して飛んでいるシーンを狙って撮影。

f0031682_10562107.jpg
f0031682_10561576.jpg
f0031682_10593600.jpg
f0031682_10562186.jpg

その後もウマノスズクサを見て歩くけど、ホソオチョウの姿はなかった。
畑の隅でアゲハが飛んでいるのを見つけ近づく。
湿った路上で吸水場所を探している個体だった。

f0031682_10561579.jpg

近くを見ると3頭からなら吸水集団を発見。

f0031682_10561543.jpg
自宅近くではジャコウアゲハ以外のアゲハは少ないので、アゲハチョウと言えども集団吸水は珍しい。
慎重に近づいて魚露目でも撮影。
f0031682_10561566.jpg
脅かして集団がばれると困るので、慎重にしすぎてちょっと迫力に欠けてしまったかな。

この日はチャバネセセリも見つかった。

f0031682_10561586.jpg



by dandara2 | 2014-08-17 11:03 | 吸水 | Comments(8)
2014年 08月 13日

中信の高原で2(ヒョウモンの異常型:2014/8/4)

この高原では、アカセセリは多かったけど、ヒメヒカゲは少なかった。
それで、ヒメヒカゲを探している間に目についた蝶も撮影した。

一番目についたのが、ウラギンスジヒョウモン。

f0031682_06262209.jpg
ここではヒョウモンの中で一番数が多かったけど、数が減少しているという話を聞くので、なるべく丁寧にカメラを向けた。
f0031682_06262257.jpg
f0031682_06262233.jpg
家内撮影

オオチャバネセセリが吸蜜しているところにウラギンスジヒョウモンが来たので、オオチャバネセセリはびっくりして飛びのいた。

f0031682_06270267.jpg

次に目についたのはウラギンヒョウモン。

f0031682_06262283.jpg
これはどこでも良く目につくけど、家内が交尾個体を見つけて撮影していた。
f0031682_06262203.jpg
家内撮影

ミドリヒョウモンもいるけど、すでに痛んだ個体ばかりでカメラは向けなかった。

そして…
翅の黒いヒョウモンがいた。

f0031682_06270287.jpg
すぐに黒化型と言うことはわかったけど、何の黒化型かはわからない。
かなり傷んだ個体だけど、とにかくいろいろな角度から写真を撮ることにした。
f0031682_06270216.jpg
でも吸蜜時間が短く、納得いく枚数は撮れなかった。
f0031682_06270281.jpg
最後に少し離れたシダの上にとまったところを撮影。
f0031682_06270257.jpg
裏面にも全く模様が残っていない。

自宅に帰って写真を確認したけど、何のヒョウモンの黒化型なのかはわからない。

前翅の翅形と前翅翅表の基部にちょっとだけ残った紋の形などから、ミドリヒョウモンの黒化型かなと思う。
後、可能性のあるのはオオウラギンスジの黒化型と言うところだろうか。

形態については素人なので、諸兄のご意見を聞きたいところだ。

この後、前の記事で紹介したヒメヒカゲの前翅矮小型を撮影した。

そうそう、サキグロムシヒキ?がジャノメチョウを捕らえていた。

f0031682_06270249.jpg
うまくカメラから体を隠すようにして止まっていたので、周囲をぐるっと回って撮影したら、ジャノメチョウを放して逃げて行った。
ジャノメチョウの方はぽとりと地面に落ちてしまった。



by dandara2 | 2014-08-13 06:31 | 異常型 | Comments(20)
2014年 08月 11日

中信の高原で1(ヒメヒカゲ・アカセセリ:2014/8/4)

8月4日は南信の高原にヒメヒカゲとアカセセリを撮影に行ってきた。

アカセセリは歩き始めてすぐにコウゾリナで吸蜜する個体を見つけた。

f0031682_06582078.jpg
いつも通りマルバダケブキで吸蜜する個体もいる。
f0031682_06582011.jpg
家内撮影

シダの葉の上で開始する個体もいて、今年は数が多いような感じがする。
f0031682_06581110.jpg
家内撮影

ある程度撮影したところで、ヒメヒカゲを探すけどなかなか見つからない。
ヒョウモン類の異常型(次回掲載)などを撮影して、ようやく一頭見つけることができた。

最初にファインダーを覗いたときに、前翅の眼状紋と外縁の縁どりがやけに中央に寄った個体だなと思った。

f0031682_06581151.jpg
すぐに、左前翅が矮小化した異常型と言うことがわかる。
f0031682_06581158.jpg
家内撮影

後翅も若干小さいようだ。
反対側から撮影してみると、こちら側は普通の感じ。
f0031682_06581231.jpg
ただ、眼状紋の内側の白帯がかなり控えめの感じだ。

昼食を食べるために休んでいると、家内がもう一頭見つけてくれた。
この個体は見慣れた雌の特徴を表している。

f0031682_06581118.jpg
雲行きが怪しくなったので車に戻るが、近くに咲いているマルバダケブキが気になったので見に行く。
アカセセリが吸蜜していたけど、白点の数が多くて、最初はコキマダラセセリかと思った。
f0031682_06582031.jpg
ここで見るアカセセリはこんな感じで、後翅の点が3つ程度のものが多い。
f0031682_06582061.jpg
家内撮影

雌でもこんな個体はあまり見かけた記憶がないのでしつこく丁寧に撮影した。
f0031682_06582072.jpg



by dandara2 | 2014-08-11 07:07 | Comments(4)
2014年 08月 08日

富士山麓の蝶2(ホシチャバネセセリ:2014/8/2)

クロシジミの撮影を終えた後はホシチャバネセセリのポイントへ移動。

車を止めようとすると、すでに何台もの車が止まっている。
1台はネットを持った二人が帰りかけるところだった。
歩き始めてすぐ、またネットを持った二人連れに会う。

これでは撮影は無理かなとがっかりしながら、それでもまずはミヤマカラスの様子を見に行く。

ミヤマカラスはそこそこの数がいたので安心するけど、ホシチャバネが気になってゆっくりカメラを向ける気になれない。

f0031682_11170216.jpg

そんなことにあまりこだわりのない家内は、きちんとミヤマカラスシジミにもカメラを向けて、産卵のために尾端を木のくぼみなどに擦り付けているシーンを撮影していた。

f0031682_11170266.jpg
家内撮影

こちらの写真は、尾端に少し卵のようなものが見えるかな。
f0031682_11170208.jpg
家内撮影

そのうち、ヤマキチョウらしいのがいるという声に駆け付けてみると、ノハナショウブで吸蜜していた。

f0031682_11170291.jpg
手前の草が邪魔だけど、とにかく撮影。
ポジションを変える間もなく飛んでしまった。
追いかけるけど、ついに姿が見えなくなったしまった。
ここでのヤマキチョウ撮影は2011年以来だけど、まだ生き残っているのが確認できてよかった。

ホシチャを探して歩き回ると、ようやく一頭がチダケサシで吸蜜しているところを見つける。

f0031682_11171485.jpg
裏面が見えないので、アングルを変えようとするまもなく飛んで行ってしまった。
それでもいることは間違いないので、家内に声を掛けてこのあたりを重点的に探すことにする。

けれどもなかなか見つからず、ジャノメチョウの吸蜜を撮影したり

f0031682_11171472.jpg

ウラギンスジヒョウモンの飛翔などを撮影したりする。

f0031682_11170220.jpg

再度チダケサシに吸蜜する個体を見つけ家内に声をかける。

f0031682_11171455.jpg
ところがこれも家内が来るまでに飛んでしまった。

いつもだと、1頭見つければ付近には必ず何頭かの個体がいるのだけど、今日は影が薄い。
やはり採集されてしまったのだろう。

待っている間には、ジャノメチョウが腰のペットボトルに吸水に来ていた。

f0031682_11171435.jpg

そのうち先ほどのチダケサシの近くのシダに飛んできて翅を開いた。

f0031682_11171470.jpg
ところがこれも、家内がカメラを向けた瞬間に飛んでしまった。

「あなたが撮影できているからいいわ」とは言うけど、やはり悔しそうな表情。

しばらく探すけど見つからず、そのうち雷が鳴り始めたので引き上げることにする。

周囲の草の上を注意しながら歩いていたら、小さな蝶が飛んできて止まった。
よく見たらホシチャバネセセリ。

f0031682_11171477.jpg
家内撮影

落ち着いて止まっていてくれたので、ようやく二人でゆっくり撮影ができた。



by dandara2 | 2014-08-08 11:42 | 吸蜜 | Comments(28)
2014年 08月 06日

富士山麓の蝶1(クロシジミ:2014/8/2)

8月2日は、富士山麓にクロシジミ、ホシチャバネセセリなどを撮影に行ってきた。

少しゆっくり目の7時少し前に家を出たら圏央道が大渋滞。
圏央道が渋滞しているのは初めて。
6月末に東名高速につながった影響だろうか。
小仏トンネルを過ぎたら渋滞も解消したけど、帰りも渋滞になるのかと心配になる。

クロシジミのポイントに入る手前で明るい黄色のセセリが飛び出した。
見るとコキマダラセセリ。

f0031682_13441483.jpg
家内撮影

ここでは初めて見るような気がする。
飛び方もゆっくりで、少し飛んではすぐ止まる。
f0031682_13441479.jpg
雌だけど羽化間もない個体のようだ。
f0031682_13441403.jpg
ポイントに着くとすぐにクロシジミが現れる。
f0031682_13440932.jpg
何頭かがいて、翅も開いてくれた。
f0031682_13440331.jpg
家内にこの個体を見てもらっている間に周囲を見て回る。

少し草が伸びてきたように思うけど、そこそこの個体数がいて一安心。

f0031682_13440373.jpg

家内の所に戻ると、産卵を撮影していた。

f0031682_13440967.jpg
家内撮影

この個体も魚露目で撮影して、また少し周囲を見て回る。

f0031682_13440395.jpg

家内の声にそちらに行くと、ノリウツギにクロシジミが吸蜜に来ていた。
しかも3頭も。

f0031682_13441458.jpg
(家内撮影)

魚露目でも撮ろうと近づくと、3頭のうち2頭はぱっと飛び立った。
後で確認すると、2頭とも雄だった。
雌は全く動ずることなく吸蜜を続けていた。

f0031682_13440945.jpg

この近くには以前ゴマシジミもいたので少し探してみるけど見つからなかった。
代わりにホシミスジなどがいた。

f0031682_13441410.jpg

ホシチャバネの場所に移動しようと歩き始めて、道路に出る寸前にまたクロシジミにあった。
道路のすぐ横で見るのは初めて。

シダに関心を示しているので見ていると、どうも産卵のためにアリを確認しているような仕草だ。

f0031682_13440909.jpg
アリにしてはおかしいので様子を見ていると、もぞもぞと這い出してきたのは甲虫の一種。
f0031682_13440951.jpg
それに気づいたクロシジミはあわてたように飛んで行った。



by dandara2 | 2014-08-06 13:50 | 産卵 | Comments(12)