<   2014年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2014年 04月 30日

ギフとヒメギフを探して(2014/4/26.27)

4月26日は家内の実家によって、義母の様子を見るついでに、ヒメギフチョウを探して長野の新しい場所に行ってみた。
別に新産地とかそういうことではなくて、単に自分が歩いたことがないというだけ。

結果は見つからなかった。
今年の雪の影響か、微妙に時期が早い感じだった。

いたのはミヤマセセリ。

f0031682_11182649.jpg
まだ雄の時期で、その雄も新鮮だった。

それにスジボソヤマキチョウ。
いつもだと熱心にはカメラを向けないのだけど、この日は他に写すものがいないのでカメラを向けた。
おかげでいろいろな花での吸蜜シーンが撮れた。

マルバスミレ(と思う)ヒカゲスミレから吸蜜するもの。
f0031682_11182452.jpg
吸蜜を終えて飛び立つシーンも撮れた。
f0031682_11182293.jpg
家内撮影

タチツボスミレからの吸蜜。
f0031682_11182016.jpg
タンポポにもよく訪れていた。
f0031682_11181827.jpg
タンポポにはクジャクチョウも来ていた。
f0031682_11182873.jpg
探しているときにうれしかったのは、ヤマトスジグロの交尾に会えたこと。
f0031682_11181566.jpg
このチョウの交尾シーンは初めての撮影になる。

良い雰囲気の場所だったので、本当にここにいるのか、もう少ししてウスバサイシンの芽が出るころに、きちんと確認に来たいと思った。


翌27日は新潟にギフを探しに行く。
昨年、新しい場所を探して出かけて、3度目の5月12日にようやくちゃんとした写真が撮れたところだけど、今年の新潟は雪が少ないのでどうなのかなと言う様子見。
もしかすると、26日に続いて零敗を期すかもしれないなと考えながら出かける。

最初の場所を探すと、すぐに雄が出てきてくれた。
ただ雌を探しているのでまったく止まらない。

近くを通り過ぎた時に一度だけシャッターを押すことができた。

f0031682_11183614.jpg
その後は全くチャンスがなく、昼過ぎになってしまう。
いることはいたから零敗ではないなと思いながら、昨年カタクリ吸蜜を撮影した場所に行ってみる。

まだところどころに雪が見えるけど、先に歩き始めた家内が、「アッいる!」と上を指差した。
見ると2頭のギフが飛んでいる。
追いかけるけど止まらない。

まだつぼみのカタクリの近くを通り過ぎるところが撮れていた。
f0031682_11183240.jpg
この場所は雪が溶けたばかりのようで、飛んでいる背景もまったく色気がない。
f0031682_11183456.jpg
f0031682_11183830.jpg
f0031682_11184050.jpg
ようやく枯れた杉の葉に止まってくれたので、そっと近づいて撮影。
雄だけど新鮮ですごくきれい。
f0031682_11184804.jpg
「きれいだなー」と思わず声が出てしまう。

少し離れた場所にはカタクリが咲いている一角があって、そちらの方にも飛んでいくので追いかけていくと、小さな陽だまりのカタクリにとまった。

手前に枯れ枝があって近づけないので、枯れ枝の中に顔とレンズを突っ込んで撮影。
f0031682_11184406.jpg
枯れ枝が邪魔なので縦にトリミングしてみたら、カタクリもきれいでよい感じの写真になった。

その後は時々来ては吸蜜してくれる。
f0031682_11184690.jpg
良い位置のカタクリにとまって、少し時間をかけて吸蜜してくれたので、慎重にポジションを決めて撮影したら、背景にカタクリの入ったきれいな写真を撮ることができた。
f0031682_11184265.jpg
満開のカタクリの中での吸蜜写真を撮りたい、というのが毎回のテーマなのだけど、多少はそれに近い写真が撮れたかなと満足して帰宅することができた。



by dandara2 | 2014-04-30 11:30 | 交尾 | Comments(24)
2014年 04月 28日

テングチョウ産卵(2014/4/24)

4月24日は退職した元同僚が、いつも行くコツバメの公園に、車でそう遠くないところに住んでいて、この公園にもときどき犬の散歩に出かけるというので、現地で会うことにした。

彼は俳句の会を主宰していて、お弟子さんも100人くらいいるらしい。
ちょうどホソオチョウの時期なので、異国から来たこのチョウを見せて、俳句のネタにでもなればと考えたわけだ。

ホソオチョウのポイントに行くと、少し数は減ってきたけど、まだかなりの数が飛んでいて、この優雅な蝶を見てもらうことができた。
f0031682_22360167.jpg
歩いていたらホソオの雄がハルジオンに吸蜜に来ていた。
f0031682_22353468.jpg
家内撮影

f0031682_22353202.jpg
家内撮影

ちょうどいいので、犬を散歩させてホソオの前まで来てもらうことにする。
f0031682_22353701.jpg
サモエドと言う品種の立派な犬だから、さぞ写真写りがいいだろう。

ところが犬が近づいてきたら、肝心のホソオがくるっと向こう側に行ってしまった…残念。
f0031682_22354068.jpg
その後ギンイチモンジセセリを見に行く。
f0031682_22360444.jpg
家内撮影

あまり止まらないけど、ちょっとだけ吸蜜してくれて、産卵もしてくれたようだ。
f0031682_22361084.jpg
f0031682_22360669.jpg
家内撮影

私の方は、話し相手がメインで写真の方はあまり撮らなかったけど、エノキにテングチョウが産卵に来たのでそれを撮影。
f0031682_22352609.jpg
家内にも伝えると一生懸命撮影してくれた。
f0031682_22352937.jpg
家内撮影

テングチョウの産卵は、写真のストックを見直したらデジタルでは初めてだった。

ウスバシロチョウも期待してきたのだけれど、まだ発生していなかったようだ。
現地でお会いしたまあささんによると、今年は幼虫の数が少ないという。
大雪のせいかな??


by dandara2 | 2014-04-28 22:42 | 産卵 | Comments(10)
2014年 04月 25日

小畔川便り(ツマキ・ギンイチ・ミヤマチャバネ:2014/4/22)

4月22日は自宅から車で10分のポイントにギンイチモンジセセリとミヤマチャバネセセリの発生の確認に行く。

車を置いた場所の近くでは、セイヨウタンポポの群落がきれいだった。
カシオのEX-10の全焦点マクロを試してみた。

f0031682_22033643.jpg
カシオEX-10

こういった動きのないものに対しては威力がありそうだ。

隅の方ではベニシジミが吸蜜している。
f0031682_22034873.jpg
オリンパス TG-2+魚露目

ギンイチのポイントに行くが、昨年に比べて草の出方が遅く、かなり雰囲気が変わってしまっている。
ギンイチはようやく一頭が、いつもとは少し違う場所で見つかった。

f0031682_22034366.jpg
家内撮影  ニコン1V2 ニコン55-200

それほど新鮮でもないので、数日前から発生していたのだろう。

ミヤマチャバネセセリの発生しているはずの所に行くが見つからなかった。

ミヤマチャバネセセリ自体は4月10日に自宅前で撮影している。
f0031682_22034124.jpg
ニコン1V2 ニコン70-200

f0031682_22033912.jpg
ニコン1V2 ニコン70-200

この時はツマキチョウの確認がメインだったので、ミヤマセセリの方は一応の証拠写真程度に撮影したのみ。

代わりにベニシジミやツマキチョウが元気に飛んでいた。
f0031682_22034677.jpg
ニコン1V2 ニコン70-200

ツマキチョウはちょうど雌の盛期。

f0031682_22032866.jpg

家内撮影 ニコン1V2 ニコン55-200

花の上にはクモがいるけど、ツマキチョウは無事だった。

雄が雌を追いかけるけど、雌は逃げるばかり。
この時は飛翔の設定を少し変えてみる。
より広角にした代わりに、ピント位置をかなりカメラに近くしてみた。(以下3枚は全てノートリ)

f0031682_22033241.jpg
f0031682_22033490.jpg
ニコン1V2 ニコン18-55

雌は産卵場所を求めて飛び回る。
f0031682_22032937.jpg
ニコン1V2 ニコン18-55

飛翔のピント位置をかなり近くにしたので、迫力は出たけど、距離感がくるって、いつもならちゃんと撮れる距離でもピンボケを続発してしまった。
この辺りは再度検討の余地がある。

何頭もの個体が、ムラサキハナナの若い蕾に盛んに産卵をしていた。
f0031682_22032207.jpg
f0031682_22032519.jpg



by dandara2 | 2014-04-25 22:22 | 産卵 | Comments(4)
2014年 04月 23日

桜とギフ(2014/4/19)

4月19日は桜に来るギフが撮りたくて新潟へ。
ただ、天気がいまいちで、着くころには高速の表示が「~は雨、注意」のようになっていて、どうなるかなと思いながらポイントへ。

桜は7分咲き位でちょうど良かったけど、雲が多く、冷たい風が吹いている。
これではどうかなと思いながら桜を見上げていると、ちらっと動く影。

でた!!と思ってカメラを向けるけど、姿が完全には見えない。
それでもとりあえず撮影。
f0031682_06010751.jpg
そのうち下の方に降りてきてくれた。
f0031682_06015657.jpg
見ると後翅の欠けた雄。

残念だけど、一応桜とギフの写真は撮れたから良いかなと言い聞かせながら撮影。
f0031682_06020443.jpg
ギフの鮮度は別にして、一応イメージしたような写真になった。
f0031682_07055257.jpg
家内撮影

それでも上を見上げていると、もう一頭の動く影。
満開の桜の中のギフだけど、今回も体の一部しか見えない。
f0031682_06020795.jpg
家内撮影

でも、尾状突起が2本見えるので、先ほどの雄とは違うようだ。
f0031682_06011041.jpg
少しずつ移動しながら下に降りてくる。
ようやく手の届く位置まで下りてきてくれた。
f0031682_06011625.jpg
やったーこれでここまで来た甲斐があったと喜びながら撮影。
f0031682_06014059.jpg
f0031682_06020083.jpg
少し雲が出てきて活性が鈍くなったので、思い切って近づいてみる。
f0031682_06010389.jpg
日が当たり、気温が上がって飛び立つところをバスト連射で撮影しようと思って待機する。
f0031682_06011396.jpg
飛び上がったところもうまくピントがあってくれた。
f0031682_06021108.jpg
別の場所に止まったところで、太陽が雲の影になった。
そうなると気温が下がり、時々冷たい風が吹くのであまり活発ではなくなった。

これなら魚露目でも撮れるのではないかと思って、カメラを近づける。
f0031682_06005902.jpg
この写真がいいかどうかは微妙なところだけど、一応桜とギフの写真が撮れて満足して帰宅することができた。

by dandara2 | 2014-04-23 07:11 | 吸蜜 | Comments(24)
2014年 04月 21日

小畔川便り(ギンイチモンジセセリ:2014/4/17)

4月17日は、昨秋一度だけ様子を見た、自宅から車で少しの河原にギンイチモンジセセリが発生していないか様子を見に行く。

我が家の前の小畔側の河原に比べれば圧倒的に広大な河川敷がほとんど手つかずの状態で広がっている。

f0031682_14194966.jpg
歩きはじめるとちらちらとギンイチモンジセセリが飛び出した。
今年初めての観察になる。
最初は雄しか見つからず、止まらないのでとりあえず飛翔で証拠写真を撮っておく。
f0031682_14132454.jpg
f0031682_14132439.jpg
しばらく川原を探し回ると、ようやく雌が飛び出して、枯草に止まった。
f0031682_14132523.jpg
雌はあまり飛ばないので、止まらない雄を相手にしてストレスがたまってきていたのでほっとして撮影開始。
f0031682_14190967.jpg
f0031682_14191732.jpg
家内撮影

この雌は少し飛んでは産卵行動をする。
飛び方は雄に比べればゆっくりで、短距離を飛んではすぐに止まるので、何とか飛翔もとれた。
f0031682_14163831.jpg
f0031682_14243194.jpg
肝心の産卵の方は、すぐに飛び立ったり、草に邪魔されたりでなかなか写真が撮れない。
しつこく追いかけて、ようやく産み付けられた卵がちらっと見える写真が撮れて、これでなんとかなったかなと言う気がしてくる。
f0031682_14132537.jpg
この川原にはツマキチョウも飛んでいるけど、広すぎてポイントが絞れず、自分の近くを通過するときに少しだけ写真が撮れた。
f0031682_14191749.jpg
ツマキを狙うなら自宅前の河原の方が効率が良い。

ある程度写真が撮れたので、川原の横にある遊歩道に戻り一休みする。
帰ろうかと思ったけど、12時を少し過ぎたころなので、孫が帰るまでもう少し時間があるし、そろそろ雄の吸蜜タイム。
うまくすれば写真が撮れるかもしれないと、花の多い遊歩道を歩く。

f0031682_14191705.jpg
案の定、川原からギンイチが飛んできては吸蜜をしてくれて、この日の撮影に色を添えてくれた。
f0031682_14132596.jpg
家内撮影

f0031682_14132500.jpg
家内撮影

f0031682_14292939.jpg
近くのコナラなどの木の下にはイボタの多い一角もあって、ウラゴマダラやアカシジミなども季節になれば期待できるかもしれない。
f0031682_14200300.jpg
ここなら自宅から車で15分位なので、孫が学校に行っている間にも十分撮影に来られる。
楽しみなフィールドがまた一つできた。



by dandara2 | 2014-04-21 14:31 | 産卵 | Comments(16)
2014年 04月 19日

ホソオチョウ(2014/4/15.16)

4月15日は孫が学校から帰るまでの間に行けるところと考えて、コツバメの公園に昨年から発生し始めたホソオチョウの様子を見に行く。

昨年までは日曜日しか動けなかったので、貴重な休日にわざわざホソオチョウを見に行く気にはなれなかったけど、今年はこんな形で動けるし、どんな感じで発生しているのか確認しておくことも必要かなと思った。
朝は片付けなどをして、10時近くなって出かける。

発生場所に行ってみると、ちらちらとたくさんのホソオチョウが飛んでいる。
ただ飛んでばかりでなかなか止まらないので、まずは飛翔を撮影しておくことにする。

f0031682_23293540.jpg
f0031682_20432996.jpg
そのうち雌も出てきた。
f0031682_20432942.jpg
雌は少し飛んでは止まるので、静止も比較的簡単に撮れる。
f0031682_20433983.jpg
家内撮影

春型の個体は雌雄とも前翅に赤紋が入り、他の季節の個体よりはきれいだ。

雄はある程度飛び古して、翅の赤紋が退色してしまった個体が多かったけど、家内の撮影した個体は比較的新鮮だった。
f0031682_20481314.jpg
家内撮影

スミレの紫が効いて良い感じ。

家内が、変な組み合わせで交尾しようとしているペアがいると呼んでくれた。
見ると雄同士が腹部を曲げている。
f0031682_20432865.jpg
雄の数が多く、まだ雌は少ないのでこんなことが起こるのだろうか。

産卵しそうなメスがいるので、しつこく追いかけるとやがて産卵を始めた。
f0031682_23181783.jpg
家内撮影

この時期の雌はウマノスズクサの茎をよじ登ることができなくて、草の間の低い場所に産卵する。
ごちゃごちゃしてせっかくの産卵がうまく撮れないので、思い切って魚露目を草の間に突っ込んで撮影した。
f0031682_20433927.jpg
雄が雌に絡んだので交尾かなと思って様子を見に行くと、雌の背後に雄が止まっているけど、雌の尾端は雄とは反対側。
f0031682_23211776.jpg
これは交尾はしそうもないなと思いながら、どうなるのかなと思って様子を見ていた。
すると雄は何とか頑張って雌と向かい合うような型をとった。
f0031682_23241382.jpg
おっ、これはもしかするとと思ってさらに様子を見る。
すると最後には交尾が成立した。
f0031682_20432951.jpg
最初の形は交尾拒否の形ではなかったようだ。

マクロでもきちんと撮りたいと思って撮影しやすい位置に止まってもらった。
f0031682_23350483.jpg

翌16日は、長野でのヒメギフ撮影の後、早めに移動してもう一度ホソオチョウを見に来る。
かなり長距離の移動だったので、着いたのは15時過ぎ。

ポイントに入るとまだ飛び回っている。

f0031682_20432968.jpg
やれやれ何とか撮影してもらえるかと一安心。

例によってなかなか止まらなかったけど、ウマノスズクサの茎に止まってカラスノエンドウのワンポイント付きの写真が撮れた。
f0031682_20502049.jpg
少し色あせているのが残念。

その後移動してツマキチョウの場所へ。
菜の花に産卵行動をとる雌がいたので、何とかツマキも撮影することができた。
f0031682_20433974.jpg
f0031682_20433969.jpg
f0031682_20433964.jpg
midoriさんは両種とも今年初撮影とのこと、ヒメギフ以外にもプラスαがあってよかった。



by dandara2 | 2014-04-19 23:37 | 交尾 | Comments(16)
2014年 04月 17日

ヒメギフチョウ初撮影(2014/4/16)

4月16日はmidoriさんにお誘いいただいて、長野県のヒメギフチョウを見に行く。
今年はヒメギフの新しいポイントを知りたいと思っていたので、うれしいお誘いだ。

着いた場所は村を上げて、カタクリとヒメギフチョウを保護している場所だった。
カタクリの群生地はロープで仕切られていて中に入ることはできない。
残念だけど、新潟とは違って少ないカタクリの群生地だからこれも仕方ないのかな。

30分ほど周囲の様子を見たりしてポイントに戻ると、遠くをちらちらとヒメギフが飛び出した。
そのうち近くに来て、カタクリに止まってくれた。
f0031682_17222192.jpg
少し遠いけど、今年初めてのヒメギフはうれしい。

近くでも吸蜜してくれたけど、イノシシからカタクリを守るためか、周囲を針金のネットで覆っていて、それが画面に入ってしまう。
f0031682_17222820.jpg
それも現実かとは思うけど、なんとか針金が入らないようにして撮影。
f0031682_17222767.jpg
ちょっと画面が窮屈になってしまったけど、赤の上がった、赤城のヒメギフのようなきれいな個体だった。

少し離れた切り株の、ひょろりと伸びた枯草にヒメギフが止まっている。
f0031682_17222883.jpg
羽化後間もない雄のようだ。

翅を開いたので、背景にカタクリ群落を入れて撮影してみた。
f0031682_17222787.jpg
そしたらそこに雄が飛んできた。
f0031682_17222179.jpg
止まっていた個体もたまらず飛び出した。
f0031682_17222102.jpg
この後、この個体はカタクリで吸蜜したりしていた。
f0031682_17222805.jpg
じっと見守っていると、雄が飛んでくるので、絡んだところをすかさず連射。
f0031682_17222196.jpg
f0031682_17222151.jpg
たくさんのカタクリの間で絡んでくれたので、写真的にもよいシーンが撮れたような気がする。
f0031682_17222153.jpg
f0031682_17222127.jpg
f0031682_17222187.jpg
f0031682_17222194.jpg
別の所に移動するために、昼ごろで切り上げたけど、今年初めてのヒメギフを十分楽しむことができた。

midoriさん、ありがとうございました。

by dandara2 | 2014-04-17 17:35 | 配偶行動 | Comments(22)
2014年 04月 14日

新潟ギフ:産卵(2014/4/12)

4月12日の土曜日はギフの雌の産卵行動をとりたくて新潟の発生の早い場所に行く。

この前の新潟のギフはちょうど雄の発生のピークで、きれいなオスのカタクリ吸蜜写真が撮れたけど、雌があまり発生していなくて残念だった。
カタクリ吸蜜には時期が遅いとは思ったけど、年に一度くらいはこの場所にも足を向けておきたい。

ポイントについて歩き始めてすぐに雌が止まっていた。

f0031682_15234100.jpg
かなり新鮮な個体だ。
ただ、カタクリを見たらほとんど終わりで、しなびたような状態のものが多い。
思っていた以上に季節が進んでいる。

目を凝らしてみると、カタクリ群落のすれすれの位置をギフが飛んでいる。
産卵場所を探している様子を撮影したいけど、脅かしてしまっては産卵シーンが撮れなくなるので、軽く撮影するだけにした。
f0031682_15233342.jpg
背景にカタクリが写っているけど、かなりのカタクリがこんな状態だった。
f0031682_15233343.jpg

f0031682_15233321.jpg
f0031682_15233369.jpg
下草の間を探るように飛んでカンアオイの芽生えを探している。

今回は飛んでいるギフのほとんどは雌で、雄は1割くらいしかいなかった。
雌の様子を見ていて、産卵したそうなそぶりを見せる雌を見つけたら、そっと後を付けると、かなりの確率で産卵シーンを撮影できた。
f0031682_15234140.jpg
f0031682_15234173.jpg
家内撮影


f0031682_15234146.jpg
f0031682_15234126.jpg
f0031682_15234198.jpg
家内撮影


f0031682_15234111.jpg
大きな卵塊のように見えるけど、上の卵塊は別の個体の産卵したもので、尾端の下側のものがこの個体の産卵中のものだ。
f0031682_15502539.jpg
TG-2のスーパーマクロで撮れば良かったのだけど、何せテープで魚露目を固定してあるのでそのまま撮影。
少し卵がにじんでしまったけど、様子はよくわかると思う。

こんな効率のいい産卵撮影は初めてだった。

雪解けの遅かった場所にはまだ比較的きれいなカタクリが残っていて、それに吸蜜に来てくれるシーンも何回かあった。
f0031682_15233374.jpg


家内の撮ったこの写真では、右側のカタクリがかなり痛んでいる。
f0031682_15233471.jpg
家内撮影

ところが、ギフが飛びあがった瞬間も写っていて、うまく痛んだカタクリを隠してくれた。
f0031682_15233494.jpg
家内撮影


撮影を終えて車に戻りかけると桜が咲いている。
念のためにその桜の所に行きながら、これで吸蜜してくれるといいねと期待半分の話をしていた。
ついて周囲を見回すとギフが飛んでいる。
桜に来ないかと見守っていたら、ほんとに吸蜜に来てくれた。

f0031682_15234180.jpg
家内撮影


f0031682_15233393.jpg
家内撮影


f0031682_15233441.jpg

かなり傷んだ個体だったけど、今後はここに撮影に来るたびに必ずこの桜をチェックするようにしよう。



by dandara2 | 2014-04-14 15:38 | 産卵 | Comments(26)
2014年 04月 12日

小畔川便り(ツマキチョウ・ミツバチ:2014/4/8.10)

4月8日は午前中は自宅前のツマキチョウの様子を見に行く。
早い時間であれば吸蜜するかと思ったけどそうでもなかった。
相変わらずの雌探しで飛んでばかり。

f0031682_05463824.jpg
ただ、飛び方が午後よりはゆっくりと言うか、より丁寧に草の間を探るようにして飛んでいる。
羽化直後の雌を、他の雄に先駆けて探しているという感じだった。

そしたら、羽化直後の雄を見つける。
f0031682_05463887.jpg
しばらく様子を見ていると、通りかかった雄がちょっかいを出してゆく。
羽化した雄はその都度翅を広げて、雌の交尾拒否のような態度をとっていた。
f0031682_05463837.jpg
雄が離れていった後もしばらく翅を震わせている。

午後には別の場所にツマキチョウの様子を見に行くがまだ発生はしていない様子だった。
そこに行く途中で、やけにハチが飛び回っている場所があった。
ハチの多い場所を何気なく見ると何か黒い塊がある。

f0031682_05463828.jpg
よく見たら、ものすごい数のハチの集団だった。
f0031682_05463892.jpg
分蜂と言うやつだろう。
写真を見直すとセイヨウミツバチのようだ。
f0031682_05463803.jpg
調べると、ニホンミツバチの分蜂が4月中旬から5月初め。
セイヨウミツバチが5月から6月と書いてあった。
時期的にはニホンミツバチの分蜂の時期にあたるけど、どう見てもセイヨウミツバチのように見える。
でもこのあたりでは、ニホンミツバチの巣を見たことはあるけど、セイヨウミツバチを飼っているのを見たことはない。
セイヨウミツバチって野生化できるのだろうか。
確かオオスズメバチにやられて野生化できないという話を聞いたことがあるけど。

新潟から帰った翌日の10日は、孫の学校が始まったので、家内と一緒に自宅前にツマキチョウを見に行く。

あまり足元を踏み荒らしたくないので、このポイントはこの日で観察は終わりにするつもり。
吸蜜が納得いく写真が撮れていないので、この日は何とかきちんと吸蜜を撮影したい。
でも相変わらず止まらない。

また飛翔の写真ばかりを撮影する。

f0031682_05462564.jpg
f0031682_05462535.jpg
f0031682_05462575.jpg
それでも、昼前後になってようやく吸蜜をする個体が出始めて、何とか納得のいく写真が撮れた。
f0031682_05462557.jpg
f0031682_05462503.jpg
また、このころになると産卵行動も見られるようになった。
f0031682_05462556.jpg
f0031682_05462519.jpg
家内は、吸蜜中の雄の所に別の雄が来た写真をきちんと撮ってくれていた。
f0031682_05462594.jpg
家内撮影

この個体も交尾拒否のような感じに翅を広げている。
腹部の上げ方が違っているけど。



by dandara2 | 2014-04-12 05:53 | 産卵 | Comments(10)
2014年 04月 10日

新潟ギフ(2014/4/9)

4月9日は美撮りに夢中!のmidoriさんと新潟にギフを撮影に行く。

関東では大雪の影響でギフの発生が遅れ気味だけど、新潟では例年より早い発生だという。
天気も良いし、既知の場所なので、撮影できることは確実だけど、カタクリで吸蜜する良い写真が撮れるだろうかと期待と不安の入り混じった気持ちで出かける。

8時半ころにポイントに着くと、歩き始めてすぐにギフが飛び出した。
いつもの撮影場所について探すと雄が飛んできてカタクリに止まった。数株のカタクリが咲いているだけだったので、腹這いになって撮影。
f0031682_18534041.jpg
ニコンD800 シグママクロ150

カタクリもギフも痛んでいなくて、幸先の良いスタートが切れたような気がした。

ところがそれからは、雄はまったく止まらない。
こんな時は例によって飛翔撮影。
何枚かは手ごたえがあったような気がしたけど、テープでダイアルが動かないように押さえてあるので、撮影した画像を拡大して確認できない。
それでも、雑木林の中を飛ぶギフが捉えられていた。
f0031682_18534080.jpg
ニコン1V2 ニコン18-55

途中からいつもより少し近めに置きピン位置を持ってきて撮影。
f0031682_18534016.jpg
これはカメラに気が付いてあわてて方向を変えようとしているところだろうか。
f0031682_18534028.jpg

何度か吸蜜を撮影するチャンスはあった。
f0031682_18534870.jpg
ニコン1V2 ニコン70-200

これは裏面、こんなポーズになることが多くて、がっくりしたり、裏もちゃんと撮らなくてはと考えたり…

カタクリの鮮度がいいので、どの花に止まってもそれなりの絵になるのはうれしい。
f0031682_18534090.jpg
f0031682_18534064.jpg
12時前後になると、その日羽化した個体なのか、雄でもよたよた飛んでは、すぐに地面に止まるものが何頭か現れた。
f0031682_18534883.jpg
おにぎりをほおばった後、少し離れた場所に移動する。
ここにもカタクリの群落があってギフが飛んでいる。

吸蜜の時間になったのか、午前中よりはよくカタクリに来てくれた。
ここには雌もいた。
f0031682_18534075.jpg
撮影中は気が付かなかったけど、カタクリの花の鮮度が少し落ちているのが残念。

2つのカタクリが咲いているところに来てくれたので、豪華な写真を撮ることができた。
f0031682_18534098.jpg
ちょうどゆっくり吸蜜する個体がいたので、ある程度撮影できてお互いゆとりができていたので、魚露目でも撮影させてもらう。
f0031682_18534005.jpg
カタクリがもっと多ければよかったけど、それでもかなり良い感じの写真が撮れた。

midoriさんと二人、午後の吸蜜タイムの確認ができるまでゆっくりと撮影を楽しむことができた。
ありがとうございました。


by dandara2 | 2014-04-10 19:09 | 吸蜜 | Comments(22)