<   2013年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2013年 09月 26日

小畦川便り(彼岸花とキアゲハ:2013/9/24)

9月24日は文化祭の代休。
例年だとこの時期はシルビアシジミやクロツバメシジミなどを撮影に行くのだけど、今年からは孫が小学校から帰ってくる時には自宅にいないといけないので(私一人で出かけることは可能だけど・・)、彼岸花も盛りだし、近場を歩いてみることにする。
午前中は家内が所用があるので、自宅前を歩き、午後は近くの彼岸花の土手に出かけることにする。

まずは午前中の自宅前。
コスモスが咲き始めた。キバナコスモスにはヒメアカタテハが来ている。
f0031682_8363575.jpg

今年は土手の草刈りが遅く、自宅前の河原の彼岸花は草の中。
その代わり、ここ数年花を見なかったキクイモが咲いている。

キクイモには期待した通りヒメアカタテハやツマグロヒョウモンの雌が吸蜜に来ていた。
f0031682_8384013.jpg

f0031682_839442.jpg

ここ数年、ツマグロヒョウモンの個体数が減ってきているように感じていたので少しうれしい。

午後には彼岸花に来るチョウを求めて、この夏に孫たちをプールに連れて行った時に見つけたフィールドへ。
プール期間が終わって駐車場も無料になった。

車から降りて歩き始めると、歩道の横にスミレがたくさんあって、ツマグロヒョウモンが産卵に来ていた。
f0031682_8392249.jpg

この先の彼岸花が気になったので、適当に撮影してしまったけど、ちゃんと撮れたものはほとんどなかった。
せっかくのチャンスだったのでもう少しきちんと撮っておけば良かった。
それでもこの写真は、近くにスミレもあるし、スミレの近くの適当な場所に産卵するという様子がわかって良いかも知れない。

予想した通り彼岸花がたくさん咲いていたけど、期待した黒系アゲハの姿はない。
初めての場所なのであちこち歩き回ると、ようやくキアゲハが飛んでいるのが目に入った。
f0031682_840561.jpg

このキアゲハは期待通り彼岸花の所に飛んでいった。

f0031682_841241.jpg
f0031682_8403170.jpg

そして吸蜜を始めてくれた。

これは1V1に10-30
f0031682_8421026.jpg

こちらは、D800にマクロ150
f0031682_8431784.jpg

近づいて背景も考慮しないと、どちらで撮っても同じ感じ。
もちろん撮影距離は違うけど、夢中で吸蜜していたので撮影の難度はどちらも同じ感じだ。
それで、1V1で背景を考慮しながら撮影。
f0031682_8425557.jpg

この場所の雰囲気が良く出ていると思う。

土手を歩いていて、クヌギの枝が張りだしているので、手でよけながら下をくぐるとアカボシゴマダラが飛び出した。
遠くには行かずにまた元に戻って、枝の間に潜り込む。
中をのぞき込むと、クヌギの実の"はかま"の部分にストローを伸ばしていた。
f0031682_18492029.jpg

ちょっと見た目には特に汁が出ている感じはしなかったし、匂いも感じなかったけど蝶にはわかるんだろう。
f0031682_8454346.jpg

f0031682_846485.jpg

あちこちで枝の隙間に飛び込むアカボシを見かけた。

by dandara2 | 2013-09-26 08:51 | 吸汁 | Comments(18)
2013年 09月 23日

ジジ馬鹿(2013/11/24)

ニコンからcoolpix-S02と言う超小型カメラが11/19に出た。
3倍ズームで、1300万画素、重さはわずか100g
f0031682_18392214.jpg

池袋のビックカメラにオリンパスのTG-2を見に行ったときにこのカメラを見て、孫にも使えそうということでTG-2はやめてこちらを購入した。(ストラップは付属ではなく携帯用を購入)

家内にはあきれられたけど、一緒に散歩するときに私のまねをして写真を撮りたがる。
私のコンデジの中で一番小さいカシオFC-150を貸していたけど、それでもかなり大きい。
小さな子供にも使える、おもちゃじゃない軽くて小さいカメラがないかなと思っていたので、これはぴったりだと思った。(完全なジジ馬鹿)
1000万画素のS01というのが以前から販売されていたようだけど、気が付かなかった。

今日、近くの巾着田に彼岸花の群落を見に行ったときに孫に持たしてみた。
f0031682_18395112.jpg

撮影のときにもちょうどよいくらいの大きさに見える。(彼岸花の中に入っているように見えますが通路内です)
f0031682_1840771.jpg

写真の方は、手振れがいっぱいだったけど、ずいぶん楽しんで写していたようだ。
f0031682_18402152.jpg
(孫撮影)

写真を撮りたいというときにはもたせることにしようと思う。

by dandara2 | 2013-09-23 18:49 | 機材 | Comments(14)
2013年 09月 18日

小畦川便り(アカボシゴマダラ配偶行動:2013/9/14)

9月15,16日は台風の通過でかなりの雨が降り、16日は台風の通過後も終日風が強かった。
14日が休みならば遠征するとこだったけど勤務。
それで帰宅後15時位から自宅近くのポイントを回ってみる。

最初の樹液ポイントではアカボシゴマダラが吸汁に来ていた。
f0031682_811829.jpg

f0031682_82327.jpg

アカボシゴマダラの複眼って真っ黒で何も表情がない。
f0031682_812137.jpg
ちょっと不気味な感じがする。

吸汁に飛んで来たアカボシゴマダラが、別の木の方に飛んでいったので追いかけると、木の根元近くに降りた。
そこには立派なキノコが生えていて、食べられるのかなと思うけど、キノコのことは全くわからないし、たとえ持ち帰っても家内に却下されるに決まっているので、アカボシゴマダラと一緒に写しておくだけにした。
f0031682_84492.jpg

季節感豊かな写真が撮れたかな。

その内この個体はさらに根元の方で吸汁していた別個体の方に近づいた。
複数個体の吸汁シーンが撮れるかなと思って見ていると、どうもこの個体にアタックをかけているようだ。
f0031682_85114.jpg

撮影しながら様子を見ていると、そのアタック(交尾拒否)の仕方はキタテハの場合と非常によく似ていて、雌は雄に対して体を直角にするようにしていた。
f0031682_86069.jpg

雄は何とか体を平行にするように努力するけど、なかなかそうはさせてくれない。
f0031682_864361.jpg

雄はじれたのか翅を開いて雌に突っかかるけど、このアタックは結局成就しなかったようだ。
f0031682_875478.jpg

「ようだ」というのは、ヤブ蚊の攻撃がひどくなってきたので途中で退散してしまい、最後までは見極めていないからだ。

その後、先日ヒメアカタテハの産卵を撮影した別の場所に移動。
ヒメアカタテハもモンキチョウもモデルにはなってくれなかった。
16時を過ぎた時間だからかな。

先日ナタマメが咲いていて何頭かのウラナミシジミがいた場所を見つけたので、そこに行ってみる。
時間が遅くてあまり数はいなかったけど、数頭が吸蜜や産卵行動をしていた。
この日は久しぶりに1V2にタムロンの70-300をつけて撮影したけど、VR機能がOFFになっていたので、300mm(35mm換算810mm)で撮影したほとんどの写真はぶれて使い物にならなかった。

車に帰る途中でねぐらに落ち着いたウラナミシジミを撮影する。
f0031682_883580.jpg

台風による被害はなかったけど、すごい風でベランダの手すりが風で「プォーン」とすごい音を立てていた。
16日の夕方には晴れて、久しぶりに富士山が姿を見せてくれた。
f0031682_885018.jpg


by dandara2 | 2013-09-18 08:09 | 配偶行動 | Comments(14)
2013年 09月 10日

小畔川便り(ヒメアカタテハ:2013/9/1)

9月8日の日曜日は、朝起きてTVを点けたらオリンピックが東京に決まったというニュースで沸き返っていた。
ただ天気は曇り・小雨
一度はカメラを持って出かけたけれど、外に出たとたんに雨が降り始めたので、外出をあきらめて1日写真の整理とかブログの模様替えをしたりしてすごした。

ブログで変更したのは、画面の色はもちろんだけど、タグの数を増やしてなるべくたくさんの種類を表示できるようにした。
それにロゴの写真が今まではギンイチモンジセセリだったけど、今度はギフとヒメギフのハイブリッドのものに変えた。
写真が小さくてわかりにくいのが残念だけど、後翅外縁の部分がヒメギフの黄色ではなく、ギフのオレンジになっているのがわかるでしょうか。
もちろん前翅はヒメギフの特徴です。
クリックすると少しだけ大きくなります。
これでハンドル名と多少整合性がとれたかな。。

この日は蝶は何も撮影できなかったけど、9月1日にヒメアカタテハの産卵を撮影しているので、それを載せておきます。

この日もギンイチモンジセセリの調査に行ったのだけど、いつもの所では見つからず、ようやく1頭見つけたギンイチは踏み込むことが出来ずに撮影できなかった。

先日モンキチョウの配偶行動を撮影したけど、この日はあまりチャンスはなく、良い写真も撮れなかった。
その代わり、ヒメアカタテハの数が増してきたようだ。
f0031682_22252857.jpg

産卵行動をする雌を数頭見つけた。
f0031682_22264273.jpg

ヒメアカタテハの産卵行動は時間も短く、今まで納得いく写真を撮れていなかったので、この日はこの撮影に集中することにした。

とは言っても、ヨモギの葉に止まって産卵するまでにせいぜい2,3秒しかなく、あっと思っても、近づいてカメラを構えてピントが合うまでには飛んでしまう。

これではらちがあかないので、ヨモギの多い場所に陣取ってヒメアカタテハが産卵に来るのを待つことにした。
f0031682_22272896.jpg

何回かチャンスがあって撮影ができたけど、残念ながら尾端、あるいは卵まで写っている写真はなかった。
ヨモギの葉の形状から、なかなか難しい。
f0031682_22281163.jpg

何度もチャレンジしてわかったことは、産卵を終えて飛び立つときには翅を少し開くということ。
当たり前かもしれないけど、写真にしてあらためて確認ができた。
f0031682_22293660.jpg

ヒメアカタテハの産卵はこれからもチャンスはあるだろうからもう少し頑張ってみようと思う。

by dandara2 | 2013-09-10 22:34 | 産卵 | Comments(12)
2013年 09月 05日

小畦川便り(モンキ配偶行動:2013/8/29)

軽井沢から帰ってからは毎日孫のお守り。
と言っても大半は家内がするんだけど、朝6時過ぎに我が家に来てから、夕方7時過ぎまでこちらにいるので、毎日となると結構しんどい。
夏休みが終わるとほっとするというお母さんの気持ちがよくわかる。

今年度末に定年になったらいつでも好きな時に遠出ができると思ったのは甘かったかも知れない、結局は孫のお守りをしなくてすむ週末に出かけるしかないのかな。
今までのように日曜だけではなく、土日がフリーになるだけ良いのかも知れないけど。

そんなわけで自宅近くに出かけてみるけど、毎日ものすごい暑さ。
フィールドに出ても、いるのはモンキチョウ位。
ただ黄色型の雌が出ていて、配偶行動をしたりしていたので、結構真剣に撮影した。
(今回から容量を気にしなくて良くなったので、全部の写真ではありませんが、気に入った写真のサイズを少し大きくしました。クリックで拡大します。)

最初は白色型の配偶行動。
f0031682_10182667.jpg

f0031682_10185393.jpg

モンキチョウの追飛は飛翔撮影には絶好の練習相手だ。
f0031682_10185749.jpg

そしてふと見ると、黄色型のメスに雄が絡んでいる。
f0031682_10213421.jpg

f0031682_102444.jpg

f0031682_10244484.jpg

ここは黄色型の割合が高い感じだ。

黄色の雌と黄色の雄の組み合わせは見慣れないのでちょっと違和感を感じる。
f0031682_10245075.jpg

その内には追飛も始めた。
f0031682_10254610.jpg

どこにでもいる普通種だけど、久しぶりに満足行くレベルの写真が撮れたような気がする。
珍しさというベールなしに、どんな種類でもいつでもこのくらいの写真が撮れると良いなとは思うのだけど。

自宅に帰って、孫の秘密基地探検につきあっていると、上から見ていた家内がアゲハがいると言って家内のカメラを持ってきてくれた。
木陰に止まっていたのはジャコウアゲハ。
f0031682_10262445.jpg

日向のアベリアにはアゲハチョウが来て吸蜜をしていた。
f0031682_10272384.jpg
f0031682_10273887.jpg
f0031682_10282654.jpg


by dandara2 | 2013-09-05 10:30 | 配偶行動 | Comments(14)
2013年 09月 01日

軽井沢旅行2/2(2013/8/25-27)

ベニヒカゲの崖にはエルタテハやシータテハ、クジャク蝶なども吸水に来ていた。
f0031682_2033612.jpg
家内撮影

f0031682_204399.jpg
家内撮影

家内の撮ったこのシータテハ、翅を閉じているときは崖に溶け込んで完全な保護色。
f0031682_2044348.jpg
家内撮影

f0031682_205436.jpg
家内撮影

開いて初めて存在が明らかになる。

私だったら閉じているときは撮らなかったと思う。家内も保護色を意識したわけではないようだけど、お見事!!

えっ、みんな家内の写真じゃないかって・・・そうなんです。私はもっぱら広角と飛翔狙いだったので、望遠は付けていなくて、崖の蝶は撮影できずでした。

その後ベニヒカゲの高原に移動。
ベニヒカゲは終わりに近かったけど、多少はきれいな個体も残っていた。
f0031682_2092157.jpg
家内撮影

またまた家内の写真、私は配偶行動がとれたので、まっいいか。
f0031682_2094746.jpg

ベニヒカゲに代わってタテハが主役になっていた。
今年はシータテハのいい写真が撮れてなかったのでちょっと広角で迫ってみる。
f0031682_20103117.jpg

クジャクチョウもここではきれいな翅を見せてくれた。
f0031682_20104693.jpg

花もヤナギランは終わりに近く、代わりにアキノキリンソウが主役になってきた。
f0031682_2011520.jpg

キアゲハも出迎えてくれた。今年はキアゲハをたくさん撮影したような気がする。
f0031682_20113352.jpg

ここもほどほどに切り上げて、キマダラモドキのポイントに移動。
手早く撮影できれば、旧軽あたりを少しは散策できるかもしれない。

環境がかなり変わってきていて、いるかどうか心配だったけど、ようやく一頭が姿を見せてくれた。
f0031682_20123493.jpg
f0031682_20125520.jpg

最後にちょっとだけミヤマカラスを覗きに行く。
ここはびっくりする位環境が変わっていて、吸水ボイントはイネ科の植物がびっしり繁茂していた。
ここでもかろうじて一頭のみ撮影できた。
3m位の距離から1V2に70-200をつけ、122mm(35mm換算330mm)で撮影。
f0031682_20133680.jpg
ニコン1V2 ニコン70-200(122) ノートリ

念のためにその場でフルサイズのD800にマクロ150mmでも撮影。
f0031682_20141496.jpg
ニコンD800 シグママクロ150

拡大してみたら、D800の方が写りが良かった。
f0031682_20145586.jpg
上の拡大

レンズやカメラの性能だけでははなく、望遠による手振れとかいろいろな要素が重なってそんな結果になったと思うけど、改めてD800のすごさを感じた。

翌27日は帰りがけにカジノキに来るゴマダラの様子を見に行ってみる。
カジノキ、ゴマダラとも微妙に時期を外したような感じだけど、何とか証拠写真程度は撮ることができた。
f0031682_20151611.jpg

以前来た時には見かけなかったアカボシゴマダラが我が物顔で吸汁しているのが印象的だった。
f0031682_20152932.jpg


by dandara2 | 2013-09-01 20:16 | 吸蜜 | Comments(21)