<   2012年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2012年 03月 31日

小畔川便り(ウラギンシジミ越冬完了:2012/3/30)

昨年の12月11日以来観察を続けていたウラギンシジミが越冬を終えて飛び立った。
3月25日に観察した時はいつもと変わりなく葉の裏で越冬していた。
f0031682_8544995.jpg

29日は穏やかな暖かい日で、越冬を完了するのではないかと様子を見に行った。
まだ葉の裏にいたけど、よく見るとそれまで完全に翅の下に隠していた触角の先端が見えている。
f0031682_855115.jpg

30日は朝から曇天。出かけるのをやめて部屋の片づけをしていると、13時過ぎになって空が明るくなってきたので、少し離れたサイボクまで買い物ついでに周辺の様子を見に行く。
ミヤマセセリはまだ出ていなかったようだけど、モンキチョウなどを撮影し買い物も終えて車に戻ろうとしたら、風に吹かれて落ち葉のようなものが顔(唇)にあたった。
あれっと思ってみると、落ち葉ではなくウラギンシジミだった。

その行方を追いながら、「口を開けていたら食べちゃうところだった。観察中のウラギンシジミも越冬を完了したかな、あの蝶はそのお知らせかな。」などと家内と話をしながら、越冬中のウラギンシジミのところに行ってみた。

蝶を驚かせないように少し離れたところから回り込もうとしたらぱっと蝶が飛び立った。
見るとウラギンシジミ。越冬を終えて少し移動していたようだ。
目で追いかけるがなかなか止まらない。
木の周囲を飛び回ってはまた離れて移動ということを繰り返し、時には私の体の周りをまとわりつくように飛び回ったりもした。
飛翔用のカメラを持ってきていたら撮れたのに、この時は持っていない。雌だというのは確認できた。
ようやく止まったのは5m位の高さのアラカシの葉の裏。
難しいけど、何とか越冬明けの証拠写真だけは撮れた。(真ん中あたりにいます)
f0031682_8564456.jpg

越冬していた葉を見ると、しっかり爪をくいこませていた跡が茶色のシミとして残っていた。(白いのは何かの卵のように見えるのだけどよくわからない)
f0031682_8571047.jpg

また少し気温が下がるようだけど、無事子孫を残してくれるとうれしい。
わざわざ知らせてくれてありがとうと空に向かってお礼を言いたい気分だった。

by dandara2 | 2012-03-31 09:02 | 越冬 | Comments(15)
2012年 03月 29日

ミヤマセセリ初見(2012/3/28)

3月28日はミヤマセセリ狙いで八王子のほうに出かける。
ここは発生の早いポイントで、例年3月中旬には発生していることが多いけど、3月20日にhimeooさんが来たときには発生していなかったようだ。
天気予報によると午後からは雨が降るらしいので、午前中の1,2時間がチャンス。
現地に着くと、梅の花はまだ咲き初めでいつもよりも早い感じだけど、テングチョウがたくさん飛んでいる。
目の前で2頭が絡むので早速飛翔を撮影するが、距離が1m位にセットされてしまっていたのですべてピンボケ。
絶好のチャンスだったのにがっくり。
ピントリングの距離の確認はこまめにやっているつもりだけど、このときは歩き始めてすぐにチャンスが来たのであわててしまった。
たくさん飛んでいるから後でもチャンスがあるかもしれないと歩き始めるが、結果的にこれしかチャンスがなかった。
カメラを掃除するとき時やバックに出し入れするときにはピントリングが回ってしまう可能性があるので、マニュアルフォーカスの飛翔用のカメラは、バックから出したときにはそれらを確認すべきであると痛烈に反省。

ミヤマセセリがよく吸水に来る場所につくがテングチョウしか見られない。
f0031682_105753.jpg
(家内撮影)

魚露目で吸水シーンを狙うが意外に敏感でなかなか近寄れない。
f0031682_1055924.jpg

背景に写っている車の方が私の撮影風景を見て、「ドアスコープでの撮影は難しいですか」と話しかけられてびっくり。聞くと写真や昆虫のことに結構詳しい方だった。

テングチョウを撮影していると、5m位離れたところで撮影していた家内が、「ミヤマセセリは撮れた?」と聞いてきた。
撮れていないと答えると、「さっきからここにミヤマセセリがいるって呼んでいたのに」と言う。
びっくりしてそこにいくと、確かにミヤマセセリが止まっている。
f0031682_1064388.jpg
(家内撮影)

私のところには一度も飛んでこないのに、家内のところには2頭も止まっている。
これは絶対何かのえこひいきに違いないと思いながら、やったーと喜んで撮影。
f0031682_1072127.jpg

この後すぐに曇り始めて蝶も出なくなったので、ようやく咲き始めたハナネコノメなどを撮影して早々に引き揚げた。
f0031682_1074295.jpg
(家内撮影)

by dandara2 | 2012-03-29 10:08 | Comments(14)
2012年 03月 27日

コツバメ初見(2012/3/27)

今日から少しの間春休み。
やっと時間を気にしないで撮影に専念できる。
先日「風任せ自由人」のmaximiechanさんが早々とコツバメの撮影をされていたので今日はその場所に行ってみた。
着いてみると「てくてく写日記」のbanyanさんがお見えになっていた。
聞くとコツバメはまだ現れていないようだ。
別の場所に確認に行く途中でミズイロオナガシジミの卵を教えていただく。
残念ながら大した写真は撮れなかった。
別の場所にもコツバメはいなくて、最初の場所に戻ってしばらくするとbanyanさんも戻ってこられた。
しばらくして、banyanさんがテリ張りをしているコツバメを見つけてくれる。
f0031682_23274279.jpg
ニコンD800 シグママクロ150 1/1000 f10 ISO640
 
数枚撮影すると飛んでしまったが、家内がアセビに吸蜜に来ているのを発見。
逆光気味の光線では縁毛が青色に光ってきれいだが、少し離れていて、今回は望遠系は用意していなかったので大した写真は撮れなかった。

banyanさんは別の場所でミヤマセセリを探すと言うことで帰られたが、我々は今日はコツバメを撮りに来ているので、そのあとじっくり取り組むことにした。
ただ、コツバメはなかなか姿を現してくれないので、たくさん飛んでいるキタテハを使って今日の目的の一つである魚露目の撮影にチャレンジすることにした。
魚露目は封印するつもりだったけど、D800を買ったことでD300が浮いてしまったので、このカメラを使って魚露目にテレコンをかましたらどうなるのかを確認してみることにした。
キタテハは活発でなかなか近寄らせてはくれなかったけど、何とか撮影することはできた。
f0031682_23285278.jpg
ニコンD300 ニコン18-55(55)+魚露目+ケンコーテレコンバータ×1.4 1/125 f29 ISO500

テレコンをかますと暗くなるせいか、なかなかピントが合わず苦戦した。
テレコンを外して撮影しようかと思ったけど、それはもう経験済みなのでなんとか我慢して撮影した。
撮影できた写真は思ったよりはシャープで、封印せずにもう少し使おうかなという気にさせてくれた。

ここではテングチョウがアセビに来ただけで、肝心のコツバメは姿を現さないので場所を変えて探すことにする。
f0031682_23292413.jpg
ニコンD800 シグママクロ150 1/1000 f10 ISO640

しばらく待っているとようやくコツバメが現れてくれた。
花にとまったので近寄ると吸蜜ではなくてテリ張りのようだ。
f0031682_23295489.jpg
ニコンD800 シグママクロ150 1/1600 f8 ISO640

アセビにとまった写真では家内の写真のほうが出来が良かった。
f0031682_2330158.jpg
ニコン1V1 ニコンマクロ85 1/250 f9 ISO125 (家内撮影)

ニコン1V1の写りもなかなかのものだ。

ここのアセビにはテングチョウも吸蜜に来ていた。
家内が撮影していたが、やや位置が高くてうまくファインダーに入らないというので、1V1を借りて顔より上にカメラを持ち上げて撮影してみる。
f0031682_23311864.jpg
ニコン1V1 ニコンマクロ85 1/250 f9 ISO100

1V1はアイピースに顔をつけると電子ビューファインダーで撮影でき、顔を離すと自動的に背面の液晶モニターに切り替わるので、カメラを持ち上げて撮影するときも特別な操作は必要ないので便利だ。
このアセビにはキタテハも吸蜜に来ていた。
f0031682_2332943.jpg
ニコン1V1 ニコンマクロ85 1/250 f9 ISO100 (家内撮影)

落ち着いて吸蜜しているので、魚露目でも撮影してみる。
シャープさもまあまあでなかなか良い感じに撮影できた。
f0031682_23325624.jpg
ニコンD300 ニコン18-55(55)+魚露目+ケンコーテレコンバータ×1.4 1/125 f29 ISO560

コツバメが撮影できていよいよ春だなという感じを実感できたが、この場所はある意味特別な場所なので、自宅付近で春を実感するにはもう数日かかるかもしれない。

by dandara2 | 2012-03-27 23:33 | 初見日 | Comments(16)
2012年 03月 26日

テングチョウの吸蜜(2012/3/20)

記録が戻るけど、3月20日は家内の実家の甲府に墓参りに出かけた。
墓参りに行く前に梅に来る蝶がいないかと思って裏の山に登る。

この日はD800は発売前だけど、ニコン1 V1 は手に入れていたので、その実戦初投入。
家内は義母の相手なので、私が色々と試してベストの設定を探しておくことにする。
自宅でのチェックで、絞り優先やシャッター優先だとフォーカスが迷うことが多かったので、この日はマウントアダプターのFT1のマニュアルに書いてある通りプログラムモードにした。
液晶のビューファインダーの見え方がどうかと心配だったけど、ピント合わせの最初にぱっと明るくなるけど、それ以外はそれほど見にくくもなかった。
ただ、書き込みが遅い。1枚撮影してもSDカードへの書き込みで1秒位待たされる感じ。
コンデジでもそんな感じだから仕方ないのかも知れないけど、ついついデジイチの感覚で見てしまう。
カードを最新の物に変えると少しは早くなるだろうか。

いつもミヤマセセリが顔を出す場所を見てみるけどまだ発生していないようだ。
ヒオドシチョウがテリハリをしていた。
少し距離があるので、こちらはD300にタムロン70-300で撮影。
f0031682_10364945.jpg
ニコンD300 タムロン70-300(300) 1/2000 f8.0 ISO 800 絞り優先

このD300は2008年の3月に実戦投入だからちょうど丸4年使ったことになる。D800が来れば第一線引退だ。
でも全然古さを感じさせない性能はさすが。
中古として売り払うと4万後半の値がつくようだけど、魚露目をつけた18-55にテレコンをかましたらどうなるかとか、海野さんの本で試してみたいことが出てきたので手元に置くことにする。

他には何もいないので、さらに少し歩くとテングチョウが同じようにテリ張りをしている。
1V1で撮影することにする。
オオイヌノフグリなども咲いているので、少しは春らしくなるようにそれらを入れてみた。
f0031682_10401540.jpg
ニコン1v1 ニコンマクロ85 1/500 f8 ISO 200 プログラムモード

ISO200だけど、背景の暗い部分にノイズが見られる。
センサーサイズが小さいので仕方ないのかも知れないけど、現像処理の時に気をつけた方が良さそうだ。
プログラムモードなので、昼間の野外での撮影の時にシャッタースピードと絞りがどんな値になるのか興味があったけど、多くの場合絞りはf8まで絞られて、シャッタースピードが変化することが多いようだ。

時間も13時を過ぎてそろそろ墓参りに戻らないといけない。
吸蜜時間帯なので梅を注意しながら見ていくとテングチョウが吸蜜に来ていた。
今日の目的はテングとヒオドシの吸蜜シーンなので、これで目的の一つが果たせそうと、ちょっと逆光気味だけど喜んで撮影。
f0031682_10423787.jpg
ニコンD300 タムロン70-300(300) 1/6400 f8.0 ISO 800 絞り優先

モニターで確認すると、当たり前だけどテングチョウが黒くつぶれてしまっている。
スポット測光や露出補正をすればテングチョウは適正露出になるだろうけど、梅の花の白は飛んでしまうだろう。
せっかく海野さんの本を読んでストロボをマスターしようと思っていたのに肝心の時に使わなかった、と慌てて準備するがテングはどこかに行ってしまった。
がっくりしながら少し待っているともう一度戻ってきてくれた。
今度は背景や梅の花の露出を測ってマニュアルにし、ストロボの光量は色々変えながら撮影するが、1/32や1/16の光量では弱くて効果が少ない。
それで、海野さんの本に書いてあったようにストロボは自動調光にして撮影してみた。
f0031682_1044571.jpg
ニコンD300 タムロン70-300(300) 1/250 f22 ISO 800 マニュアル撮影 内蔵ストロボ(自動調光)

外光を測ってからその値でマニュアル撮影するのは、準備にかなり時間がかかってとっさの場合には対応できないことも多いとは思うけど、結果的にはこれが一番良かった。

by dandara2 | 2012-03-26 10:51 | 吸蜜 | Comments(16)
2012年 03月 23日

小畦川便り(新機材:2012/3/22)

ここに来てパソコンを初めとして大幅に器材を入れ替えることにした。
今使っているパソコンは5年くらい前に購入した物で何をするにも処理が遅い。
メールのチェックや写真の処理などをしていると眠くなってくるくらいだ・・ぼけそう。
f0031682_9503370.jpg

定年まで2年を切ったので、もう少し我慢して使っていようかと思っていたけど、新しく発売になったニコンD800の大きな画像処理には使えそうもない。
家内の使っているノートパソコンも遅くて、立ち上がるまでに家事が出来るくらいだ。

今回は画像処理がストレス無くできることと、画像の色再現を最優先にして器材を調達した。
CPUはCorei7、メモリーは8G、内蔵HDは1T、USBは3.0対応、モニターはナナオの24インチにした。
f0031682_9511645.jpg

今使っている外付けのハードディスクケースは4台のハードディスクを入れられて、あと1台分が空いている。
2010,2011の2年分で2Tのハードディスクはほぼ満杯、今後1枚あたりの画像容量が大きくなると2年は持ちそうもないので、3Tの内蔵ハードディスクをバックアップ用も含めて2台購入した。
だだ、このハードディスクケースはUSB2.0までしか対応せず容量も2Tまでしか使えない。
そうなると、ハードディスクケースもUSB3.0に対応し、容量も3T対応の物にする必要があるのでバックアップ用も含めて2台追加購入した。
今まで同様、1台のハードディスクケースに4台のハードディスクを内蔵できる。

家内のパソコンもデスクトップに変えたけど、モニターは私のお古。
基本、インターネットとメール、家計簿が出来ればいいのでそれなりの性能の物にした。
(と言っても今まで私が使っていたパソコンよりはかなり速い)

カメラの方も大幅に変えた。
家内が今使っているのは、写真の上のD90にシグマのマクロ150をつけたセット。
すごく性能の良いレンズだけど、重くてカメラを含めると2Kgを超える。
家内は重くても大丈夫と言うけど、様子を見ていると自宅前の川原を歩く程度の時にはカメラを持ち歩かないことが多くなってきた。
f0031682_952125.jpg

せっかく共通の趣味になってきたのにこれではいかんなと思って、ニコンの1V1にマクロの85mmをマウントアダプターのFT1を介してつけることにした。(写真の下のセット)
価格comで調べると、黒ボディは今は普通65,000円なのに37,800円の物があった。
何これっ!と思ったけど、これも何かの縁かと思って即購入。
届いた物を見たけど特に問題はなかったので大分得をした感じ。
これだと全体でも1Kgを切る。

私のカメラもD800をメインカメラにした。
f0031682_9531573.jpg

今までAPS-Cサイズのカメラを使っていて、フルサイズ機には興味がなかったけど、D800の発表を見たとたんあっこれだなと納得。
予約を入れておいたら、20日の夕方に連絡があって発売一日前の21日に手に入った。
カメラが良くなれば写真も良くなるというものではないけど、もしかしたら良い写真が撮れるかもと言う淡い期待を持ってフィールドに出よう。

3/22は自宅近くは予報に反して肌寒く天気は良くなかったけど、休日出勤の代休なので自宅前の川原に出た。
何も飛んでいなかったけど、ようやく静止している雌を見つける。
飛ばないので1V1とD800で撮り比べてみた。
D800にはシグマのマクロ150をつけた。
これだと、D300sにマクロ105をつけた今のセットとほぼ同じ距離感になる。
f0031682_9545243.jpg
ニコンD800 シグママクロ150 1/800 f6.3 絞り優先 ISO640

1V1はセンサーサイズが小さいので、85マクロをつけると、35mm換算で230mmになるので、ほぼ同じ距離で撮影してもかなり大きくなった。
f0031682_955124.jpg
ニコン1 V1 マクロ85 1/160 F8.0 ISO200 プログラムモード

D800の上の写真を拡大してみると、鱗粉や体毛もきちんと解像していてさすがの解像力。
これならトリミングしてもかなりのところまでは使える写真になるかも知れない。
(クリックで拡大するとわかります)
f0031682_1005097.jpg
ニコンD800

1V1の方はD800に比べれば鱗粉や体毛の解像などに甘さが残るけど、それでも予想よりは良い解像力だった。
f0031682_102168.jpg
ニコン1 V1

by dandara2 | 2012-03-23 10:21 | 機材 | Comments(16)
2012年 03月 14日

小畦川便り(キタテハ:2012/3/12)

3月8日は休み。ところが天気は雨こそ降らないもののどんよりとして気温も低い。
さすがにこれでは何も出てきそうもないが、自宅前なので取りあえずウラギンの様子を見て、川原も散策してみた。
家内が羽化不全のモンキチョウを見つけてくれた。
かなり痛んでいるので、この翅であちこち歩き回ったのだろう。
f0031682_9325390.jpg

10日の土曜日はかなり良い条件の日で、職場の窓から外を眺めながら、きっとみんな今年初めての蝶を撮影しているだろうなと思っていた。
11日の日曜日は休日出勤。
勤務後sippo☆さんの個展を見に行く。
yodaさんの紹介記事を見て、絞り開放の写真が多いように思ったので参考までに見ておこうと思った。
お話を聞くと、蝶に関しては絞りはそれなりに絞っているとのことだったけど、今後の参考になった。
12日は急な用事が午後から入ったので休みを取る。
午前中は少し時間があったので自宅前の川原を散策。
天気も良く気温もまあまあだ。
川原にはキタテハが元気に飛び回って時々スクランブルなどをしている。
スクランブルの写真を狙ったけど、絡んでいる時間が短いので目の前で起こってくれないと撮影できない。
吸蜜する個体はいなかったけれど、オオイヌノフグリの近くに止まったので撮影。
f0031682_9341729.jpg

朝は雲一つ無い晴天だったのに川原に出て幾らもしないうちに雲が出て来て風も冷たくなってきた。
キタテハもまだ11時だというのにねぐらを探して飛び回り、草の間に潜り込んでしまった。
f0031682_9343774.jpg

モンキチョウはキタテハよりは活動的で、この日は4,5頭は見かけたが、地面に止まって日光浴をしたりしてあまり良いポーズはとってくれなかった。
f0031682_935048.jpg

ようやく雌がオオイヌノフグリで吸蜜してくれたけど落ち着きが無くじっくり撮影することは出来なかった。
f0031682_9352929.jpg

帰りかけると日が差してきてまたキタテハが何頭か現れた。
コンデジで周囲の雰囲気が伝わるように、かつ迫力が出るように工夫してみた。
f0031682_936153.jpg

一眼の超広角でも撮影してみたかったけど、草の中なので大きなデジイチでは近寄れない。
翅が半開のものも縦画面で狙ってみたけど、光が反射して液晶画面が全く見えない。
勘で撮影したけど、予想したよりも出来は良かったように思う。
f0031682_9362697.jpg


by dandara2 | 2012-03-14 09:41 | 休止(睡眠)場所 | Comments(12)
2012年 03月 09日

小畦川便り(キタテハ:2012/3/5)

このところ自分が休みの日になると天気が悪い(春はいつでもそんなものだけど)。
3月4日の日曜もそんな感じだった。前日の土曜日は絶好の撮影日和だったのに勤務。
4日はウラギンシジミの無事を確認しただけだった。
5日の月曜日は早く帰りたかったけど所用で勤め先を出たのが14時過ぎ。
15時30分過ぎからフィールドに出る。今日は最高気温が17℃を超える暖かい日なので多少時間が遅くても姿が見れるかも知れない。。
昼間家内が用事の帰りに川原を見たときにはモンキチョウがいたらしい。
f0031682_10141821.jpg
(家内撮影)

川原に入るとすぐにキタテハが飛び出して長い距離を飛ばずにすぐに止まった。
f0031682_1015148.jpg

活発でないので近づいてコンデジでも撮影。
f0031682_1016024.jpg

このキタテハはねぐらを探すような仕草をしながら草の周りを飛んでいる。
f0031682_10162354.jpg

そのうちねぐらに落ち着いたようだ。
超広角で撮影するが、カメラの影や自分の影が入ってしまうのでストロボも色々な設定で試してみる。
背景の明るさを測り、その値をもとにマニュアル撮影。ストロボは自動調光と1/64,1/32,1/16の光量で発光してみた。これはそのうち1/32のもの。
f0031682_1017759.jpg

もう少し色々な条件で試してみようと思う。

私が撮影している間に、家内が別アングルでやや逆光気味に翅が透けるように撮影していた。
モニターを見ると良い感じなので同様のアングルで撮影してみた。
f0031682_10172956.jpg

こういった条件では、家内のコンデジのJPEGよりもGRDのRAWの方が結果が良いのでそちらを載せてみた。

by dandara2 | 2012-03-09 10:19 | 休止(睡眠)場所 | Comments(14)
2012年 03月 03日

小畦川便り(雪の日のウラギンシジミ:2012/2/29)

2月29日の未明、目覚ましが鳴ったような気がして目が覚めた。
時間を見ると2時少し前、なんでこんな時間に目が覚めたのかなと思いながら雪が降っていないかと窓の外を見ると降っていない。
今日は結構な雪になると言う予報だったけど、結局降らないのかと思って布団に潜り込む。
朝5時、いつも通りに目覚ましが鳴って目が覚める。
窓の外を見ると雪が降って積もっている。
いつもより少し早く家を出てウラギンの様子を見に行くことにする。
日の出が6時13分だから、出勤までに10分弱は観察時間があるだろう。
昨夜なんで目が覚めたのかと思ったら、あの時間に緊急地震速報があって携帯が鳴ったらしい。
それを目覚ましと間違えたようだ。
ウラギンのところに行ってみると、地面が白くなってきていて葉にも雪が積もりはじめている。
ただ暗いのでピントが合わない。
マニュアルフォーカスにしてみるけど、液晶画面もよく見えなくてピントがわからない。
時間がないので、目測で距離を合わせて、こんなもんだろうと思ってシャッターを押す。
f0031682_180378.jpg
2/29 6:26

気がついたらいつもの出勤時間を過ぎていて、大急ぎで駅まで車を走らせる。
電車に乗ってみると雪でダイヤが大幅に乱れ、遅刻寸前に滑り込みセーフ。
後で確認するとピントのあったものは1枚もなかった。

日没が5時35分なので、退勤時間(朝が一般の人より1時間早い分4時退勤)と同時に出れば、何とか明るいうちに写真が撮れるかなと思って退勤時間になるとすぐに帰宅。
ところが途中で人身事故とかで1時間も電車が止まってしまった。
結局家に帰った時にはもう真っ暗。
通勤に関してはさんざんな一日だった。

翌日の3/1は高校の卒業式。
出がけに自宅前の川原の様子を撮影する。
まる一日経っているので足跡とかが一杯だけど、一応雪の日の記録は撮れた。
f0031682_1813628.jpg
3/1 

昼間家内が様子を見に行ってくれて、ウラギンが無事だったことは確認できた。
f0031682_1815385.jpg
(家内撮影) 3/1 12:32

3月2日、頼んでおいた本が届いた。

一冊はhimeooさんが紹介してくれた高柳芳恵さんの「葉の裏で冬を生き抜く蝶」
f0031682_1822510.jpg

今日ざっと目を通したけど、昨年からウラギンの越冬を観察しはじめた所だったのですごく参考になった。
やはり10年(越冬の観察は7年位のようだけど)と言う歳月はすごい。
自分も最低5年はかけて一つの蝶を追いかけたいと思った。
早速何か初めてみたい。

もう一冊は海野和男さんの「海野和男の昆虫撮影テクニック」
売れ行きが好調のようで少し待たされてようやく届いた。
f0031682_18318.jpg

中を見てみたけど随分参考になる撮影方法が載っていた。
超広角と魚眼+テレコンの違いとか、ストロボの使い方(特に樹液に来ている時の使い方)とか、疑問に思いながら良くわからなかったことが丁寧に解説されていて、それこそ目から鱗の感じだ。

by dandara2 | 2012-03-03 18:16 | 越冬 | Comments(12)