<   2011年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 28日

小畔川便り(モンキ初見:2011/2/27)

金曜位までは、関東の日曜の天気は曇りマークで気温も上がらない予想。
これは撮影に出られないかなと思っていたら気温も上がり予想以上の好天になった。
午後からは所用があったので、9時30分から11時30分まで自宅前の川原を見て歩く。
ただ、この時期は早く出掛けたからと行ってその分撮影が出来るわけではなく、何もいない川原を空しく歩くだけだった。
1時間ほど歩いた時に、足元からキタテハが飛び立った。
f0031682_842681.jpg

ほんとは今年羽化した新成虫を撮影したかったのだけど、何も撮れないよりは良いかとカメラを向ける。
良く見ると左後翅が欠けている。多分鳥についばまれたのだろう。
f0031682_838717.jpg

11時を回って気温も上がってきて、もし羽化しているならそろそろ出てくれないと時間切れになってしまうと、多少あせりながら歩いていると、モンキチョウが後ろから追い抜いて飛んでいった。
ヤッターと喜んで眼で追いかけているとやがて草の間に止まった。
黄色が目にまぶしい。
冬がなければ、また写真撮影という趣味でなければ、モンキチョウをこんなに新鮮な目で見ることもないだろ。
f0031682_8394933.jpg

活動を始めたばかりなので、オオイヌノフグリでの吸蜜もちょっとゆっくりで、今年始めての新成虫の撮影を楽しむことが出来た。
ちょっと草の陰なのもこの時期らしくて良いかも知れない。
f0031682_8401278.jpg

小飛して別のオオイヌノフグリで吸蜜。
アレレ、後翅が傷んでる。
と言うことは、何日か前の暖かかった日にでも羽化したのだろうか。
f0031682_8403452.jpg

少しゆとりが出来たので飛翔にも挑戦。
草の間から飛び立つのは結構大変そうだ。こんなことで羽が傷ついていくのかな。
f0031682_840564.jpg

別の個体も飛んできたが、こちらは後翅にビークマークが。
今年は冬が長く、昆虫の活動開始も遅かったから、小鳥も必死で餌探しをしているのだろう。
f0031682_8411975.jpg

冬のトンネルをようやくくぐり抜けたと言う感じで、道端に咲いているオオイヌノフグリや梅もいつもより明るく輝いて見えた。

by dandara2 | 2011-02-28 08:47 | 初見日 | Comments(22)
2011年 02月 20日

小畦川便り(2011/2/20)

2月19日は蝶類保全協会のシンポジウムに参加してきた。
蝶の撮影紀行と言うことで少しお話もさせていただいたけど、保全に熱心に取り組んでおられる方の話が中心で、のほほんと写真を撮っているだけの自分のことを考えて、何か恥ずかしくなってしまった。
ただ、この歳になると、色々なことから解放されて好きなことだけに集中したいという思いが年々強くなって、自分は自分の道を行くしかないなと思い直してみたりもした。

シンポジウムは翌20日もあったのだけど、自分のフィールドのことが気になったので、初日の懇親会が終わった時点で帰ってきてしまった。

朝起きてみたらどんよりした天気。
前日の朝の予報から少しは日が射すかなと期待していたのに残念。
一応フィールドを歩いてみたけど何も写真は撮れず自宅に帰る。
こんな時はのんびりするに限ると、また少し写真を眺めてみた。
双葉社から発売されたていたWILD VIEWと言う雑誌の1978年の4月号。
f0031682_23241297.jpg

この雑誌のギフチョウの写真を見た時はすごい衝撃を受けた。
写真を撮り始めて何年か経った頃で、少しは蝶の種類や生態もわかり、撮影したい蝶も明らかになってきた頃だった。
この頃一番撮影したい蝶はご多分に漏れずギフチョウ。
関東ではほとんど姿を消してしまった頃で、今は保護されて比較的姿を見やすい石砂のギフも姿を見るのは楽ではなかった。何とかカタクリで吸蜜するのを撮影できないかと悶々としていた時にこの写真を見たのだった。
f0031682_23262148.jpg

撮影者は山口進さん、ジャポニカ学習帳の表紙写真を撮っている方だ。
この写真で素晴らしいのは、そこに添えられていた薩摩忠さんの詩。
この詩のおかげで山口さんの写真が何倍にも光り輝いて見えた。
f0031682_23264429.jpg

自分もこんな写真を撮りたいと、その年に谷汲に行った。(この写真の撮影地が谷汲と言うことではありませんでしたが、当時有名な産地だった。今では保護されて採集禁止)
※ところで、こんな記事って著作権に触れるのかな。もし問題あればご指摘ください。

ところがこの年は春が遅く、1週間粘ってようやく最後の日に羽化直後のギフを撮影できた。
帰りの電車の時間が迫る中、羽化したばかりのギフはただ静止しているだけで、近くに咲いているカタクリで吸蜜なんかしてくれない。
仕方なくそのギフをカタクリに止まらせて写真を撮ったけど、当然満足行かない写真になってしまった。
その写真はデジタル化していないのでここではお見せできないけど、さっきスライドを見直してみたら、カタクリの花弁に止まっている不自然な写真。
その時宿泊していた宿のご主人が、写真を宿に飾りたいから送ってくれと言われて、全紙位に伸ばしてパネルにして送った記憶がある。
今考えると冷や汗もので、申し訳ないことをした。
ようやく、満足できる写真が撮れたのはそれから3年後のことだった。
f0031682_23271856.jpg
1981年 岐阜県谷汲

by dandara2 | 2011-02-20 23:43 | Comments(24)
2011年 02月 13日

小畦川便り(2011/2/13:キタテハ)

先週は寒い日が続いて雪まで降ったが今日は久しぶりの晴天。
寒かったのでモンキチョウは出ていないとは思ったけど、それでもと思い観察に出てみた。
こんなに何度もそのために出掛けるのは、ギフチョウ以外にはそうないなと思いながら川原を歩く。
やっぱり何でも一番ってすごいことです。
一通り歩いたけど、やっぱりモンキチョウはいなかった。
オオイヌノフグリの花が少しずつだけど増えてきた。
f0031682_21473783.jpg

でもモンキチョウが出る頃に咲き始めるカントウタンポポの花はほとんど見かけない。
来週こそ出て欲しいけどどうだろう。
そう言えばこんな日には姿を見せてくれるはずのキタテハすら姿を見せない。
家事が終わって途中で川原に来てくれた家内にそんな愚痴をこぼしていたら、チラッとチョウの姿。
なんとキタテハが姿を現した。
やっぱり自然の神様に愛されているのは家内の方かな。
わが家の前では年が明けてから初めての蝶になる。
f0031682_2143501.jpg
ニコンD300s VR105 1/640 f11 ISO640 絞り優先

越冬蝶でも何でもカメラをかまえて撮影できるのがうれしい。
これからのシーズンインに備えて、各カメラの撮り初めをしてみる。
リコーGR-DⅢの撮影のための割り切りは自分の好みにあって撮りやすい。
もう少し早くこのカメラに切り替えるべきだったと思う。
f0031682_21443253.jpg
リコーGR-DⅢ 1/1870 f5.0 ISO200 絞り優先

滅多に撮らない縦画面もこのカメラだと撮影しようかなと思ってしまう。
f0031682_21445759.jpg
リコーGR-DⅢ 1/1740 f4.5 ISO200 絞り優先

カシオのEX-FH100でも撮影してみるけど、相変わらず思い通りの写真にはならない。
狙って撮影するというのではなく、翅の開き具合や蝶の位置関係、ピントなど、その時その時の偶然に頼るしかない感じ。
これも数をこなすしかないのかな。
f0031682_21453339.jpg
カシオ EX-FH100 1/10000 f3.5 ISO800 絞り優先

せっかく飛び出したキタテハも風の冷たさにビックリしたのか、13時前には草の間に潜り込んでお休み体制に入ってしまった。
f0031682_2146865.jpg
ニコンD300s VR105 1/250 f11 ISO640 絞り優先

by dandara2 | 2011-02-13 21:57 | 越冬 | Comments(12)
2011年 02月 12日

小畦川便り(2011/2/11:雪の日に)

天気予報では今日はかなりの雪になりそうだったけど、雪は降ったもののほとんど白くはならなかった。
雪をかぶった梅や福寿草を撮影しようと思っていたけど、結局何も撮影できなかった。
最近は週末と言えばフィールドに出ていて、気持ちにゆとりがなく、もう何年も写真集を眺めるなんてしていなかったので、今日のような日にはゆったりと写真集でも見ようかという気になった。
f0031682_2356534.jpg

居間で音楽を聴きながら、田淵行男さんの高山蝶をめくってみる。
この写真集は、30数年前子供が生まれるので家内が実家に帰るに当たって、その月の給料を生活費としておいていったのだけど、自分では食事が作れないので自分の家の方に食事に行ってほとんどお金がかからないのを良いことに、そのお金で神田の古本屋で見つけたこの本を購入したのだった。
家内が帰ってきて、1ヶ月分の給料がまるまる本代に消えたことを知ってあきれていたが、あまり強くは文句を言わなかったような気がする。
この本、その後も見かけると値段を気にしてみたけど、大体その年の初任給くらいだった記憶がある。今ではどうなんだろう。
f0031682_23572685.jpg


買った時には、それこそなめるように本を見たけど、今日はパラパラと写真を眺めながら、その写真を撮るための苦労や情熱の方に思いを馳せていた。
写真集の大半は白黒の写真なので、今度は「日本アルプスの蝶」も眺めてみた。
こちらはカラーになっていたが、相変わらずの緻密さで高山蝶の生態を撮影していて、そのすごさに改めて感動した。
f0031682_2358486.jpg


田淵さんの場合は、三脚をすえて大型カメラで撮影したから、どうしても野外での成虫の写真が少ない。
それで、成虫の写真を見たいと思い、渡辺康之さんの「日本の高山蝶」も眺めてみた。
f0031682_23583042.jpg

それらを眺めながら、当時の機材を駆使した写真のレベルの高さに改めて驚き、今の恵まれた撮影環境のことを考えて、はたして自分はそれに相応したレベルの写真を撮っているんだろうかと反省もした。
もうすぐシーズンが始まるけど、出来れば一枚一枚の写真の質の高さも追求したいと思った。
明日にでももう一度ゆっくりと写真集を眺めてみることにしよう。

by dandara2 | 2011-02-12 00:03 | Comments(12)
2011年 02月 08日

小畦川便り(2011/2/8:カワセミ)

今日は医学部の入試問題チェックで早く帰宅できた。
薄日だったけど川原に出てみる。
当然何もいなかったけど、先日のカワセミの糞のあった場所を見てみると、今日は糞の主がしっかりと止まっていた。
マクロしか持っていなかったので、ただ見ていただけだけど、この前マンサクを撮影した公園ではカワセミ狙いの望遠レンズの砲列がすごかったことを思い出した。
そこまでして撮影する小鳥がいま目の前にいるのに、何もしないのももったいないなと思って、家に帰って望遠ズームを持って出直す。
見るとまだ止まっていたので撮影。
f0031682_20583342.jpg

ただ止まっているところを撮っても面白くないので、カメラの練習も兼ねて飛んでいるところを撮影することにする。
止まっているところから人の気配に驚いたのか飛び出す。
f0031682_20585564.jpg

10m位飛んでは止まるので、それを追尾して撮影。
f0031682_20591466.jpg

これはちょっとピントが甘いけど、水面に影が映って面白いかな。
f0031682_20592937.jpg

久しぶりに望遠をかまえて、気合いを入れて撮影したので気分が良かった。
f0031682_20594641.jpg


by dandara2 | 2011-02-08 21:00 | Comments(8)
2011年 02月 06日

小畦川便り(2011/2/6)

入試シーズンもやっと先が見えてきて、今週半ばに医学部の入試問題のチェックに行き(出題者ではありません)、10日に高校の一般入試を終えれば一段落、いよいよ蝶のシーズンに入る。
今日は早いとは思ったけど、川原にモンキチョウの確認に行く。
曇天でやや気温も低く、たとえ発生していたとしても現れそうにない天気。
f0031682_23432379.jpg

それでも、1.2週間後に現れるであろうチョウの姿を想像しながら、食草の位置や状況を確認しながら歩くのは楽しい。
カワセミがいて小魚を狙っていたけど、マクロしか持っていないし無理に近づいて脅かしてもいけないので、遠くから観察し、飛び去った後は餌を採る場所の様子を観察し証拠写真を撮るだけにした。
この糞の量だと、いつもここを利用しているんだろう。
f0031682_23434643.jpg

その後は家内と買い物に行くが、近くの公園を少し見て早春の花を眺める。
スイセンはいつもだと千葉に行った時に一束購入してその香りを楽しむのだけど、今年は千葉に行っていないので花屋で何度か購入して香りだけは楽しんだ。
f0031682_23441496.jpg

マンサクも咲いていたけど、野生のマンサクではないので、花は豪華だけど繊細さにかける。
f0031682_23443599.jpg

それに、もう福寿草が花を咲かせていて、いよいよ春が近いなと感じさせてくれた。
f0031682_23445916.jpg


古いファイルからギフの写真を1枚。
2000年からオリンパスのデジカメを購入して蝶の撮影を再開したけど、月に1回くらい気ままに撮っていただけで、今見てみるとほとんど使い物にならないような写真ばかり。
2002年の6月にニコンからD100が発売されて、ようやく我々庶民の手の届くところにデジタル一眼レフが降りてきた。
それでもボディだけで30万位したので、随分思い切って買ったのを思い出す。
その年にアフリカに行くことになっていなければ、すぐには買わ(え)なかったかもしれない。
翌年に金沢まで行って撮ったのがこの写真。
このカメラで初めて銀鉛カメラに匹敵するような写真が撮れて感激した。
f0031682_23461094.jpg
2003/4/1 金沢 ニコンD100 ニコン70-300(270) 1/1000 f5.6 

レンズは70-300のズーム、アフリカで動物の写真を撮るために買ったものだけどギフにも試してみた。
近寄らずにすむので随文楽だったが、収差が多くて歩留まりが悪いし、レンズ交換するとゴミが入るので、その後もう一台ボディを手にいれるまではマクロばかりで滅多に使わなくなってしまった。
70-300も昨年買ったタムロンの70-300で3本目になるけど、かなり良くなったもののいまだに描写には完全に満足というわけには行かない。

by dandara2 | 2011-02-06 23:51 | Comments(6)