<   2010年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2010年 06月 29日

ヒョウモンチョウの逆襲

6月27日の日曜日は、遠征を計画していたけど雨で中止。
それでは何処に行こうかと土曜日の夜は天気予報と地図をぎりぎりまで見ていたけど、どこも傘マークがあってこれと行った決め手がない。
この日は孫のお楽しみ会で、家内はそちらに行くようだ。
A公園のミドリシジミを観察してから、そちらに行こうかとも思ったけど、忙しいと却下されてしまった。
朝5時に起きて天気予報を見ていると、山梨だけ曇りマーク。
そう言えば、昨年自分の課題だったヒョウモンチョウの翅表が、♀は撮影できたけど♂はまだだったなと思いつき、これを撮影しに行くことにした。
後で聞くと、孫は家内に会ったとたんに「ジージは?」と聞いたらしい。
家内が「ジージは来れないんだよ」というと、下を向いてがっかりしていたけど、「今日はトータンとカータんもいるから、サクラ大丈夫だよ」と言ったとか。
何かかわいそうなことをしてしまったかな。
そのせいかどうか、行った場所はガスの中でたいした成果がなかった。
一応目的の♂の翅表は撮れたけど、ついでにと目論んでいたアサマシジミは姿を見せず。
f0031682_9503731.jpg

標高が高い場所なので、発生が遅れ気味の今年はまだ発生していないのか、数が減ってしまったのか、天候のせいなのか全く不明。
午後からは晴れる予報だったので、天候の影響を排除して生息を確認しようとかなり粘ったため、この場所以外には他の場所の様子を見ることも出来なかった。
結局日が射すことは一度もなかった。
アザミにヒョウモンチョウとキアゲハが来て仲良く吸蜜していた。
f0031682_9511887.jpg

キアゲハが吸蜜する場所を変えて上に移動すると、ヒョウモンチョウはそれに驚いて飛び立った。
f0031682_9514273.jpg

けれども、飛び上がったヒョウモンはまだお腹がすいていたのか、飛び去らずにアザミの周囲を飛びまわっている。
f0031682_952240.jpg

再度花のところに飛んでくると、今度はそれに驚いたキアゲハが逃げ出した。
f0031682_9522615.jpg

わずか1秒間のドラマだけど、単なる飛翔写真とは違った写真が撮れて、他にほとんど成果のない一日のうれしいご褒美となった。

下に降りると天気は回復していたので、オオムラサキの様子を見に行くことにするが、全く姿を見ることが出来なかった。
まだ発生していないのかと思ったら、遊びに来ていた親子が今そこに1頭吸汁に来ていたと教えてくれたので見に行くと、いるのはスズメバチだけだった。
かなり翅の痛んだトラフシジミの夏型がハギの葉に産卵行動をしていたのを撮影できたのが唯一の成果。
f0031682_953217.jpg
やっぱり孫のお楽しみ会に行ってあげたほうがよかったかなと反省しながら帰宅する。

by dandara2 | 2010-06-29 09:56 | 産卵 | Comments(14)
2010年 06月 27日

小畦川便り(2010/6/26:オオムラサキ)

6月26日の土曜日は、自然保護関係の団体をやっている知人に誘われて、勤務から帰った15時過ぎに、オオムラサキの飼育ゲージを見に行く。
f0031682_2124316.jpg

その知人が関係するNPO関連でやっているらしい。
学童保育の子供達が幼虫の世話をしたとか。
f0031682_2124443.jpg

オオムラサキの累代飼育を熱心にやっている人から持ちかけられた話のようだけど、オオムラサキの放蝶とかには賛成しかねる面もあって、最初に相談を受けた時にはそう言ったことの問題点なども話したつもりだけど、飼育を初めて3年位になるようだ。
一度様子を見ておこうと思った。
ちょうど羽化が始まったようで、ゲージ内には4.5頭のオオムラサキが飛んでいた。
春先に150頭ほどの幼虫を飼育している人からもらって放したらしい。
f0031682_21251892.jpg

放蝶をしても定着はしていないようで、周囲の環境の面からもそれはうなずける。
知人と別れた後、周囲の様子を少し見てみた。
何年か前にはたくさんのアカシジミがいたようだが、今年の観察会ではミズイロオナガが1頭いただけらしい。
木が生長して薄暗くなってきているし、コナラやクヌギなどの木も少ない。
オオムラサキが定着するにはまず何が必要なのか、どのくらいの規模の林がどのくらいの範囲にどの程度必要なのか、そう言ったことから学習する必要があるような気がした。
先日嵐山町で行われた、蝶類保全協会のオオムラサキシンポジウムなどの講演を一度聴いておくと随分勉強になったと思う。
たしかに、それほど離れていない場所(それでも距離にして10Km位はあるかな)で野生のオオムラサキも観察したことはあるので、まったく無意味かどうかは微妙だけど。
薄暗い林の下ではヒカゲチョウが産卵行動をしていた。
f0031682_21264041.jpg

見ているとかなりラフな感じで産卵をしているようで、こちらの個体はヤマイモの葉に産卵していた。
f0031682_21265814.jpg


by dandara2 | 2010-06-27 21:29 | 産卵 | Comments(18)
2010年 06月 25日

小畦側便り(2010/6/24:コムラサキ・オオミドリシジミ)

24日の木曜日は、帰宅後すぐにコムラサキ狙いで自宅近くの公園の樹液ポイントを覗いてみました。
低い位置の樹液は枯れていましたが、上のほうの樹液はまだ出ていて、狙い通りコムラサキが来ていました。
最近は子供の多い公園などでは、スズメバチの被害を防ぐために樹液が出ているとすぐに対策を施すので、こういった観察がしにくくなりました。
f0031682_973062.jpg

その後別の公園での発生を確認するために移動し、歩き始めるとなにやら笹の葉をひっくり返している御仁がいます。
もしかしてと思って近づくと予想通り「蝶・チョウ・ゆっくり歩き」のchochoensisさんでした。
話をしながら一巡りしますが何もいません。
別の公園に移動しようと話をして車に戻りかけると、コナラの周囲をちらちらと飛んでいる蝶がいます。
最初はミズイロオナガかと思いましたが、それよりもすこし大きく、裏面がそれほど白くは見えません。
飛び方からヒメウラナミジャノメかなと思いながら近づき、葉に止まった所を見たらオオミドリシジミでした。
この場所では初確認になります。
いるとは思っていなかったので判りませんでした。
f0031682_991452.jpg

様子を見ているとどうも産卵衝動に駆られているようで、幹から突き出た小枝に興味を示してしきりに探っています。
この後この枝で産卵を始めましたが、アングルが悪くうまく撮影できませんでした。
ただchochoensisさんが3卵産みつけられているのを確認しました。
f0031682_995841.jpg

その後別の枝にも移動して尾端を曲げていましたが、このときに産み付けられたかどうかは卵を確認していないので分かりません。
f0031682_9102159.jpg

期待した以上のシーンにめぐり合えたので、別の公園ではchochoensisさんが探していたサトキマダラヒカゲの卵、幼虫の確認に行きました。
先日産卵されていた場所にも案内しましたが、食痕らしいものはあるものの幼虫は見つかりませんでした。
一渡り探して何も見つからないので、車に帰りかけると♀のサトキマダラヒカゲがゆったり飛んで地面に止まったようです。
30m近くあるので、何をしているのかよく分かりませんが、食草に止まったわけではなさそうです。
その場所に行ってみると♀が吸水をしていました。
f0031682_9105652.jpg

結局この♀は捕まえて、chochoensisさんが「お持ち帰り」しました。
かなり飛びつかれた感じの個体だったので(私に手づかみされるくらい)、産卵してくれるのかどうかは分かりませんが、chochoensisさんも喜ばれていたのでこちらもうれしくなり、そこでお別れをしました。

by dandara2 | 2010-06-25 09:12 | 産卵 | Comments(15)
2010年 06月 22日

ミドリシジミとモンキチョウの追飛

6月20日の日曜日はすこしゆっくりしたいと思い、近くにミドリシジミ♂の開翔を撮影に行く。
朝ちょっとのんびりして出かけるのが遅くなり、ポイントに着いたのが朝8時。
天気は曇りだけど何とかなるかと思って探すが、♂が全く見つからない。
ハンノキを叩いても全く飛び出さない。
♀のほうはそれなりに見つかって撮影もできるが、♂が見つからなかったのはちょっとショック。
f0031682_8413992.jpg

ハンノキがかなり広範囲で伐採されていて、多くが樹高3m以下の幼木だったせいかも知れない。
ここで翅を開いてくれれば楽勝とたかをくくっていたのがまずかったようだ。
栗の花はやや終わりかけていたけど、そこで吸蜜する個体を撮影した。
f0031682_8422851.jpg

それに、鳥の糞と思われるものから吸汁している個体もいた。
ミドリシジミはアブラムシなどの汁を吸っている個体は見たことあるけど、鳥の糞から吸汁する場合があるのは初めて知った。
f0031682_8424978.jpg

12時近くなって薄日が射し始めると翅を開く個体が出始めた。
これは、かなり貧弱だけど一応AB型だろうか。
この日の成果を象徴するような斑紋の出方だなー。
f0031682_8431357.jpg

日が射し始めると小さな木しかない湿地はものすごい暑さと湿気。
耐えられなくなって木陰のある所に避難し、さてどうしたものかと考える。
考えているうちにすぐに日がかげってしまい、雲も厚くなってきてあまり良い感じではなくなってきたのと、この暑さでかなり体力を消耗し、もともと今日はのんびりしたかったので帰ることにする。
帰りがけに、草地の上で配偶行動をするモンキチョウを発見。
ちょっと距離があるけれど、かなり長いこと飛んでいるので70-300mmズームのマニュアルフォーカスで飛翔撮影を試みる。
f0031682_8434623.jpg

最近は広角、置きピンで撮影することがほとんどで、こういった撮影方法はあまりしたことがない。
先日のサラサヤンマもそうだったけど、飛んでいるものを、ファインダーを覗きながらピントリングとズームリングを操作しながら撮影するのは、それなりに難しい点もあって撮影していると楽しい。
f0031682_844892.jpg

家内も同様にチャレンジしていたけど、こちらは300mm、オートフォーカス、レンズがウンウンうなってなかなかピントが合わなかったと言っていたけど、それにしてはちゃんと写っていた。
聞けば、下のピンクの花を入れるようにしながら撮ったそうだけど、私はズームリングとピントリングの操作に気をとられて、そんなことに気を配るゆとりはなかった。
恐れ入りました。
f0031682_8443674.jpg
(家内撮影)

近寄ってカシオのFH100でも撮ってみる。
ついついカメラを近づけすぎてピントが若干甘くなったけど、それぞれの特徴が出た飛翔写真が撮れた。
f0031682_845235.jpg

車に戻る寸前に交尾中のツバメシジミを見つける。
f0031682_8452427.jpg
(家内撮影)

とりあえずマクロで撮影して、その後無理やりとばして、交尾飛翔形式の確認をする。
←♂+♀だった。
f0031682_8454682.jpg

帰ってから1時間半ほど爆睡してすっきりした。

by dandara2 | 2010-06-22 08:52 | 吸汁 | Comments(18)
2010年 06月 18日

ミドリシジミとアカボシゴマダラ

6月17日の木曜日は早く帰れる日なので、勤務からかえるとすぐにミドリシジミの様子を見に行く。
自宅から15~20分位の場所なので、夕方の活動前にポイントについて早速様子を見る。
最初の場所では数は多くなかったけど、何とか無事撮影が出来た。
f0031682_2345759.jpg

次に昨年ハンノキが伐採された湿地に行ってみるが、わずか1年の間にオギがびっしり生えて、ハンノキも昨年は切り株から生えたひこばえが40cm位だったのに、今年は2m位に成長していた。
ミドリシジミは数頭を見つけることが出来たが、なかなか撮影しやすい位置にはおらず、開翅もしなかった。
f0031682_2354682.jpg

まだ♀の時期ではないのかも知れない。
帰りかけると、オレンジ色の蝶がひらひらと飛んできた。
アカシジミにしては黄色が強いなと思いながら追いかけたけれど、止まったところを見るとやはりアカシジミだった。
かなりすれている♀だった。
産卵しそうな気配があったので注意してみていたが、やがて飛び去ってしまった。
f0031682_2364627.jpg

最初のポイントで栗の花に来るミドリシジミを撮影していると(証拠写真にもならず)、白い大きな蝶が飛ぶのが見えたので近づくとアカボシゴマダラだった。
いよいよ近くまで来たかという感じ。
f0031682_2371215.jpg

近くの湿地ではトンボがホバリングをしているので試しに撮影してみた。
トンボに関してはまったくわからないが、サラサヤンマだろうか。
f0031682_2373811.jpg


by dandara2 | 2010-06-18 23:09 | 静止 | Comments(14)
2010年 06月 14日

ベニモンカラスとウラキンシジミ(2010/6/13)

昨年の今頃はベニモンカラスの撮影に行ったけど、週末の日曜日は天気も難しそうでどうしようかなと思っていたら、虫林さんからどうしますかと問い合わせをいただいた。
ちょうど甲府の実家にも家内が所用があったりしたので、家内を送りがてら虫林さんと出かけることにした。
朝3時半に起きて、4時に家を出て5時半に甲府に着く。
こんなに早く来たのは、ベニカラに行く前にクロミドリシジミの様子も見ておこうかという算段だったが、結論から言うと何頭かは見かけたものの、叩き出した個体を見失ってしまい撮影は出来なかった。
かわりといっては何だが、撮影できたのはウラキンシジミ。
意外と確実に撮影できる場所というのがない蝶だ。
f0031682_22373231.jpg

昔は家内の実家近くの山でたくさん卵が見つかって、産卵位置の高さや方角などを調べてレポートしたこともあるけど、最近では木が育ちすぎて日当たりが悪くなり、卵も見つからなくなっていた。
すぐに擦れて汚い感じになりやすいので、比較的新鮮な個体の写真が撮れてよかった。
f0031682_22384693.jpg

その後ベニカラ狙いで移動。
天気も心配なのでさっさと撮って早く帰ろうと思ったけど、残念ながらそれほど甘くはなくて、近くに咲く白い花を見て回るけど姿はなかった。
そうこうする内に、kenkenさんも見えて3人で探す。
前日に比べると気温が低いとかで、予報では15時には雨が降り始めるようなので、これでは活動しないうちに雨になるかもしれないと不安がよぎる。
kenkenさんは、こんな天気なのですこし活動時間が早まるかもしれないと言う。
そのうち、SAさんもお見えになり4人で探す。
虫林さんと話をしていると、携帯が鳴ってベニモンカラスが見つかったという。
時計を見るとちょうど12時なので、やはり活動時間が早まったのかと喜び、大急ぎで駆けつけるが、やや距離がある上に止まる位置的にもなかなか難しい。
とりあえず撮影して見るが、あまり良い写真は撮れなかった。
f0031682_22414533.jpg

撮影しているうちに、kmkurobeさんや春日井のSEさんがお見えになった。
また、「池田蝶日記」のシャクガ君親子もお見えになった。
その後はまたしばらく姿が見えなくて、午後の活動時間帯になってようやく吸蜜している個体が見つかった。
ちょっと距離があって逆光なので難しかったけど、とにかくシャッターを押せれば良しとしよう。
f0031682_22423898.jpg

皆さんが言うには白紋流れという、低温による異常型と言うことだったがこの付近で現れることが多いと言うことだった。
この地域の気候条件によるのか、影響を受けやすい遺伝的形質によるのか知らないが、異常な低温が繰り返し起きた今年ならではの写真だろうか。
f0031682_22435338.jpg

その後SEさんに案内していただいて別のポイントも見に行く。
ここで撮影できた個体も軽微な白紋流れの傾向が認められるようだ。
f0031682_2246326.jpg

それまで何とか持ちこたえていた天気も15時30分を過ぎて雨が降りはじめた。
何とか目的の蝶が撮れて満足して帰路についた。
皆さんありがとうございました。

**そうそう、撮影ポイントで一脚を見つけました。前日撮影されたどなたかが忘れたものでしょうか。
私のところにありますので連絡ください。***

by dandara2 | 2010-06-14 22:53 | 吸蜜 | Comments(28)
2010年 06月 08日

オオルリとミヤマカラスアゲハ撮影行(2010/6/6)

このところ2週続けて天気の悪い日曜日が続いたけど6日の日曜日は久しぶりに晴天の予報。
この時期にはクモマツマキチョウを撮影に行くことが何年か続いていたけど、とりあえず南北両アルプスの雌雄の翅表もそれなりに撮れたし、今年は発生が思わしくないようなので、以前「軽井沢の蝶」の栗岩さんから教えていただきながら、なかなか出掛けられなかったミヤマカラスアゲハと、先日からブログ仲間が良い写真を撮っているオオルリの場所を訪ねるのをメインにして出かけてみた。
こんな時でないと、いつまでたってもきれいな春型のミヤマカラスアゲハが撮影できない。
最初はオオルリシジミの保護地の様子を見に行く。
保護地として地元の人が一生懸命保護活動している場所に、その時期にだけ行ってカメラを振り回すのはいやなので今まで足を向けなかったけど、家からもそう遠くはないし、保護も順調なようなので一度現地を見ておこうと思った。
ある企業の敷地内で管理人もいるということなので、簡単な手土産を持って挨拶に行くが気持ちよく応対してくれた。
昨年は卵が産みつけられたクララの花穂を大量に持ち去ると言った、蝶を趣味とするものとして恥ずかしい事件があったようだけど、そんなことを微塵も感じさせない気持ちの良い応対だった。
オオルリシジミの個体数は決して多くはなかったけど、比較的新鮮な個体もいた。
f0031682_9443887.jpg

アカツメクサで吸蜜するこの個体はちょっと不思議な感じの翅表だけど、逆光だったのと後翅の一部がすこし痛んでいたためのようだ。でも他にはない感じの写真になって面白い。
f0031682_9452699.jpg

時期が遅かったからか個体数も多くはなく、そろそろミヤマカラスのほうに移動しようかと思って車に帰りかけたら、群馬から来たKさんご夫妻にお会いした。
話をしていると、少し離れたところに様子を見に行った家内が呼ぶのでそちらに行くと、新鮮な♀が産卵をしていた。
f0031682_946757.jpg
(家内撮影)

こちらは私が撮影した産卵シーンだけど、産み落とされたばかりの卵が少し見えているのがわかるだろうか。
f0031682_22481231.jpg

♂を追いかけていったKさんにも知らせて一緒に撮影する。
ここにはもう一個体の♀がいて、それに♂がからんだのでとっさにFH100で撮影。
♂が♀を追飛する迫力のある写真が撮れた。
f0031682_9464672.jpg

秒40駒撮影できるので、うまく当たるといろいろなシーンが撮影できる。
f0031682_947119.jpg

ここで腰を落ち着けてじっくりと撮影した。
気持ちのよい背景なので、飛び立つところも撮影。
f0031682_9474979.jpg

ここで思わぬ時間をとってしまったので、Kさんに挨拶してお別れし、大急ぎでミヤマカラスアゲハのポイントに移動。
事前に確認しておいたところでは、今年は発生が少なく撮影できるかどうかは分からないとのことだった。
確かに個体数が少ないが、それでも他の場所に比べれば見る機会は多い。
そのうち湿地で吸水している個体を発見。無事撮影することが出来た。
これは周囲を旋回して止まる場所を探しているところだけど、家内の撮影したこの写真が一番良い出来だった。
f0031682_9483515.jpg
(家内撮影)

今日の目的は、春型の翅表を撮ることだったけど、なかなか翅を開かない。
気温が高すぎるせいだろうか。
ただ体が倒れるくらいの風が吹くと、体が冷えるのかその後少し翅を開くという感じなので、斜め前からの撮影は家内に任せて自分は真正面からの開翔を狙うことにする。
f0031682_9492088.jpg
(家内撮影)

でも、この写真結構良く撮れている。
シグマの70-300にしてから、離れていても撮れるので自由なアングルが取れるようになったからかな。

私のほうはじわじわと横に移動してポジションを確保しじっとその瞬間を待っていると、完全に翅を開いてようやく今日の予定の写真を撮影することが出来た。
動きがなくて図鑑的だけど、一応こういった写真も確実に押さえておきたかった。
f0031682_9494889.jpg

ただ残念なことに、この個体やや黄緑色が不足しているのか、思ったよりきれいな写真にはならなかった。
今度再挑戦しよう。

その後、家内のために秩父に移動してポピーの花畑を鑑賞。
やや時期が遅かったけど家内も満足したようだ。
f0031682_950964.jpg

オオルリシジミの情報をいただいたブログ仲間の皆さん、ミヤマカラスの情報をいただいた栗岩さん、ありがとうございました。

by dandara2 | 2010-06-08 09:58 | 産卵 | Comments(24)
2010年 06月 04日

小畦川便り(2010/6/3:ゼフィルス)

6月3日の木曜日は勤務が早く(13:00)終わる日。
天気も良いので、自宅近くにゼフを探しに行く。
近くでアカボシゴマダラも見つかったというので、出来ればそちらの確認もしたい。
車をおいて歩き始めると、ぷーんと樹液が発酵している匂い。
見ると、サトキマダラに混じってコムラサキが吸汁していた。
この場所にコムラサキがいることは知っていたが、撮影するのは初めて。
証拠写真程度だけど、確認できてうれしい。
f0031682_23235079.jpg

次に下草に止まるミズイロオナガシジミを発見。今年もゼフの季節が始まったなと言う感じがする。
f0031682_23242663.jpg

アカシジミは、着いてすぐに目の前に止まっているのを見つけたけど、この時間帯は不活発と油断して近づいたら飛ばれてしまった。
考えてみると、15時を過ぎているからそろそろ活動時間帯にはいるのかも知れない。
その後、そっと叩き出して目の高さに止まった個体を撮影。
これは家内の撮影だけど、シグマの70-300の設定のテスト。
翅が痛んだ個体だけど、この感じに写るならかなり使えそうだ。
f0031682_23244948.jpg

別の個体が少し離れた葉の間に止まったので、こちらはニコンの70-300で撮影。
少し重厚な感じがする。
f0031682_23251523.jpg

アカボシゴマダラは見つからないので帰りかけると、家内がコナラの幹に止まるウラナミアカシジミを発見。
羽化したばかりなのか動きが鈍い。
f0031682_23254361.jpg

反対側から撮影するが、逆光で影がきついので、内蔵ストロボにディフューザーを付けて撮影。
自然光だと真っ黒につぶれてしまうところをかなり良い感じに撮影できた。
f0031682_2326052.jpg

車に戻る寸前、サトキマダラヒカゲが低く飛んできて、地面近くの笹に止まった。
そのまま動かなくなったので、もしかしたら産卵かも知れないとそっと近づくと、予想した通り産卵していた。
地上から15cm位の小さな笹に産卵していたが、30年ぶり位の産卵シーンなので喜んで撮影。
なかなか良い感じに撮影できた。
f0031682_2326215.jpg


by dandara2 | 2010-06-04 23:26 | 産卵 | Comments(16)