<   2009年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2009年 02月 23日

小畦川日記(2009/2/22)

今日はセツブンソウの撮影に行こう思ったが、秩父ではまだチョウの撮影が出来そうもないので、とりあえず自宅前の川原でモンキなどを押さえておくことにする。
モンキチョウが何頭か飛んでいるが、キタテハも足元から飛び立つ。
先日はモンキチョウの飛翔を押さえたので、今回はキタテハの飛翔にチャレンジすることにした。
キタテハは地面に止まっていることが多く、飛び立って小飛するとまた地面に止まる。コースも一定せず撮影の難易度はモンキチョウより上だ。
以前から何とか飛翔写真を撮りたいと思っていたけど撮影できなかった相手だ。
f0031682_0155340.jpg
ニコンD300 シグマ17-70mm 1/2000 f10.0 シャッタースピード優先 ISO.640

今回もチャンスは2回しかなかったけど、後で見てみたら何とか写し止めることが出来ていた。 けっこううれしい。
f0031682_0161667.jpg
ニコンD300 シグマ17-70mm 1/2000 f9.0 シャッタースピード優先 ISO.640

モンキチョウはパスト連射の設定確認用に撮影しようとしたらバッテリー切れ。
確か先日取り替えたばかりのはずなのにと思うが、動かないものは仕方ない。
モンキチョウの吸蜜などを撮影して、いったん帰宅して電池を入れ直すことにする。
f0031682_0164046.jpg
その後セツブンソウの撮影に出かけようと話したら、川原の散歩で良いんじゃないという返事。
無理はしないことにして再度川原へ。
今度はパスト連射もしてみるが、地面から飛び立つところを撮影するしかないので、似たような写真ばかりであまり面白味がない。この写真は絞りすぎてシャッタースピードが遅くなりぶれてしまった。
f0031682_0171487.jpg
カシオEX-FH20、1/1000 f7.0 絞り優先 ISO.200

D300でも撮影するが、こちらも先日と同じような写真になってしまった。場所が同じだから仕方ないか。
f0031682_0174253.jpg
ただ、こちらはモンキチョウがダイナミックに飛んでいる感じがでてまあまあかな。
f0031682_0175936.jpg
もう♀が出ていて、湿った地面で吸水していた。
その後この♀は産卵まではじめたが、撮影は出来なかった。
f0031682_0182562.jpg

-------------------------------------------------------------
ふと思い立って家内の撮影した写真を載せるブログを作ってみました。
ほんとは文章の作成から、コメントへの返事も任せて、コミュニケーションの楽しさを知ってもらいたいと思ったのですが、どうもいきなりは難しそう。
こちらが勝手につくっただけで、本人はまだその気になっていないので、とりあえずは家内の写真を載せるというスタンスにしました。
家内のハンドル名は「さくら」です。
こちらの方もよろしくお願いします。
-------------------------------------------------------------

by dandara2 | 2009-02-23 00:22 | 飛翔 | Comments(14)
2009年 02月 15日

小畦川日記(2009/2/15):モンキチョウ飛翔

2月13日に春一番を吹かせた低気圧の影響で土曜日は東京でも22.9℃という記録的な暖かさ。
今日はそれほどではないけれど、天気もまあまあで気温も17℃くらいある暖かい一日。
やっと休日出勤も終わり(3月にはまた何回か有るけど)、朝ゆっくり起きてから自宅前の川原でモンキチョウの撮影を楽しむ。
今日の目的はカシオのEX-FH20の設定の試し撮りと、D300での飛翔撮影、それに普通にマクロで吸蜜などが撮れればいい。
今日の川原は風もなく暖かいので、散歩の人が多い。ほんとは人の目を気にすることなく写真が撮りたいけど、気持ちの良い散歩日和の日だから仕方ないだろう。
写真はFH20をかまえてモンキが飛び出すのを待っているところ。
f0031682_1994016.jpg

撮った写真がこれ。画質に関してはかなり良くなったけど、コントラストとかに関してはもう一回設定のし直しが必要みたいだ。
f0031682_1910077.jpg
カシオEX-FH20、1/2000 f4.4 絞り優先 ISO.200

こちらはキタテハが飛び上がったところ、モンキにしろキタテハにしろ、飛び上がるときにはけっこう真上に飛び上がる。
草むらから飛び上がるにはそういったことが必要なのかな。撮影してみて初めて分かった。
f0031682_191022100.jpg
カシオEX-FH20、1/3200 f4.3 絞り優先 ISO.200

D300でも飛翔を狙う。
捉えたという感触はカシオのカメラと違ってないけど、撮影した写真はこちらの方が良いかなと思う。
それぞれ撮れる写真の内容が違うから、目的別に使い分けるのが良いのだろう。
f0031682_17591542.jpg
ニコンD300 シグマ17-70mm 1/2000 f10.0 シャッタースピード優先 ISO.640 

f0031682_17332879.jpg
ニコンD300 シグマ17-70mm 1/2000 f10.0 シャッタースピード優先 ISO.640 

f0031682_17343113.jpg
ニコンD300 シグマ17-70mm 1/2000 f9.0 シャッタースピード優先 ISO.640 

11時30分を過ぎる頃から吸蜜に来るようになり、咲き始めた関東タンポポで吸蜜したり
f0031682_19125613.jpg
ニコンD200 ニコンAF-S マイクロニッコール105mm 1/1500 f6.3 絞り優先 ISO.250

オオイヌノフグリで吸蜜する個体が撮影できた。
この時期、オオイヌノフグリで吸蜜する個体は絵になるので好きだ。
f0031682_19131172.jpg
ニコンD200 ニコンAF-S マイクロニッコール105mm 1/1250 f6.3 絞り優先 ISO.250

そういえば、昨日息子の家に行っていた家内が近くの酒屋で見つけたといって買ってきてくれた。
1本だけ有ったらしい。良い写真が撮れたときにこれで祝杯をあげようと思う。
f0031682_19133690.jpg


by dandara2 | 2009-02-15 19:15 | 飛翔 | Comments(18)
2009年 02月 08日

小畦川日記(2009/2/8):今シーズンの始まり

今日は所属する大学の、医学部の入試問題に出題ミスがないかのチェックで出かける。
結構良い問題だったが、一頃よりは記述式が減ってチェックがしやすかった。受験生はどれくらいの点数がとれただろうか。
13時前に帰宅できたので、川原に出かけようと思ったが風がけっこう強い。
どうせ何も撮れないのだから、こんな風の強い日に出かけてもしょうがないかと言うことで家で遅い昼食を摂る。
昼食を終わって少しほっとして、風が強くてもムラサキシジミの越冬状況位は観察できるかなと思い出かけることにする。
マテバシイで越冬中のムラサキシジミは今日も無事だった。
f0031682_18232134.jpg

次のムラサキシジミのポイントまで移動する途中で小畦川のモンキのポイントも見てみることにする。
いくら何でもまだ発生していないとは思うが、途中で見かけた梅の木がけっこう花が咲いていて、案外今年は春の来るのが早いのかもしれないと言う感じがする。
川原を歩いてみるが、風が強くて眼にゴミが入る。そうこうするうちに家内が「あっいた!」と言うのでそちらを見ると、1頭のモンキが風邪に流されるようにして土手の斜面を飛んでいる。
風が強いのであまり長距離を飛ばずに土手の斜面に静止した。
驚かさないようにそっと近づいてシャッターを押す。
そのうち見向きもしなくなるモンキチョウだけど、やっと冬が終わってシーズンが始まるというこの時期だけは本当にうれしい春の使者だ。
f0031682_18235953.jpg

川原を歩いてみるとパラパラと飛び出して、全部で4頭ほどを見かける。
そろそろお休みの時間だから小飛してはすぐに草の間に静止する。ここでは2頭が止まっていた。
f0031682_18241868.jpg

飛んではすぐに止まるので、今年初めての飛翔写真にもチャレンジする。
まさかモンキがいるとは思っていなかったので、D300は家においてきてしまった。それでカシオのカメラでパスト連射にチャレンジする。
f0031682_18244577.jpg

出来は例によっていまいちだったけど、いよいよこのカメラも使いこなさなくてはいけない。
細かな設定を再度見直すことにする。
f0031682_1825070.jpg
もう一ヶ所のムラサキシジミはいなくなっていた。
モンキチョウがでるくらいだから無事越冬できたのではないだろうか。
f0031682_18251780.jpg


by dandara2 | 2009-02-08 18:25 | 越冬 | Comments(22)
2009年 02月 06日

ロウバイの郷

昨日(2/4)は中学入試の合格発表日。係りの関係で出勤しなくていいことになって、それならそろそろシーズンも終わりのロウバイを見に行こうということなる。
今年は千葉のスイセンを見に行き損なってしまったけど、やはり季節の花を順番に撮影しておかないと春が近づいているという気にならない。
いつもだと長瀞の宝登山に行くのだけれど、ロープウェイに1時間も並ぶのもいやなので先日テレビで見た群馬県安中市のロウバイの郷に出かけた。
1月の中旬がベストシーズンのようだけど、ノーマルタイヤなので万が一のことを考えるとさすがにその時期は出かける気になれない。
ここは宝登山よりも規模が大きく、駐車場の横がすぐにロウバイ園というのも良い。
着いてみるとロウバイにはやや遅くて色の悪い花が多かったけど、良い香りが当たり一面に漂っていて幸せな気持ちになる。
f0031682_0114496.jpg
あまりいい花がないので私はほとんど写真を撮らなかったので、これと次の写真は家内の撮影したもの。
ふと見ると先日小規模の噴火をした浅間山が少しだけ見えて、うっすらと噴煙を上げていた。
f0031682_01286.jpg

ぶらぶら1時間ほどロウバイを眺めて、園内の売店でうどんを食べた。隣のコップは甘酒。
f0031682_0122890.jpg
これだけでは少々物足りないので、豆もちを買って囲炉裏で焼いて食べる。平日なのでほとんどお客がいなくてこんなことも出来て楽しかった。
f0031682_0124558.jpg
このあたりは下仁田ネギの名前の由来になっている下仁田も近い。
それで下仁田ネギも買うけど、スーパーのものより倍以上入っていて一把200円。
お店のご主人が食事中で、代わりに店番をしているという人も「これは安いよなー」とつぶやいていた。
f0031682_0133253.jpg
その後、咲き始めたという福寿草の自生地に行ってみる。
まだ出始めだけど、満開の頃にはきっと見事なんだろうな。でも人出もすごそうだ。
f0031682_0135259.jpg
ここではちょっと広角も意識して撮影してみる。海野さんの写真集を見てから、広角の写真をどう撮るか勉強中。
蝶のシーズンインまでにはこつをつかんでおきたいものだ。
f0031682_0141520.jpg
この日は蝶にはお目にかからなかったけど、久しぶりに高速道路も快適に飛ばして、早春の花の撮影も出来て楽しい一日だった。

チョウの写真が何もないのも寂しいので・・
海野さんの写真集に刺激を受けて、昨年のギフ広角写真でボツにしたものから拾い直してみました。
最初は、家内の撮影したものですが、左の翅が影になっていて暗いのでボツにしていたのですが、レタッチしてみたら使えそうな感じになりました。
もっと広角だと良いのですが、家内のデジカメはこれが限界。
f0031682_014404.jpg
もう一枚はオリンパスSP-550UZで撮影したもの。
左のスミレを入れてみたのですが、背景がうるさいのとわざとらしいのでボツにしたもの。
わざとらしいのは変わらないけど、ちょっと見る目が変わってきて、もう少し工夫すれば使えるかなと言う感じ。
このままでも、♂と♀のえりの毛色が違う説明写真には使えそうだ。
f0031682_015417.jpg


by dandara2 | 2009-02-06 00:17 | Comments(10)
2009年 02月 01日

小畔側日記(2008/8/16)

休日出勤でフィールドに出られないので、たいした写真が撮れなくてブログに書きそびれていた撮影日記を入学試験の合間にちょこっとアップ・・原稿は昨日作っておきましたよ (^_^;)
それと、久しぶりにホームページのほうも昨日更新した。だいぶサボっていたけど、撮影した写真の掲載の場としてはあちらが本体なので、今後少しはまじめに更新することにする。

8月は夏休みなので、暇があれば自宅近くを散策している。でも晴天の昼間に川原を歩くのは、暑すぎてなかなか出かける気が起こらないことも多い。
16日のこの日はギンイチモンジセセリの3化を探して歩いてみたけど、撮影したのはキアゲハとキタテハのみ。ギンイチ3化には少し早かったようだ。
キアゲハは大きくてきれいで写真写りが良いから、チャンスがあれば撮影してしまう。
この土手の湿ったところにはセリが生えていて、キアゲハがよくいたけど、このところセリをあまり見かけないような気がする。
f0031682_11333848.jpg
このときはのんびり吸蜜していたので、オリンパスのSP-570UZの超高速連射で飛んでいるところも撮影してみる。
カシオのパスト連射と同じ機能だけど、オリンパスではプリキャプチャー機能というようだ。残念ながらオリンパスのほうが画質が悪く撮影枚数も少ない。
シャッター速度も1/1000までということで、蝶の飛翔には不十分な性能だけどこの程度の写真は撮れる。
f0031682_1134162.jpg

他には何も見かけないのでぶらぶら歩いているとキタテハがいた。いつもだとパスしてしまうけど、食草のカナムグラの周りを飛び回っているので、これはと思いしばらく眺めることにする。
案の定産卵を始めたけど、周囲の草がうるさくてなかなか良い写真が撮れない。
f0031682_11354323.jpg
たまに草がうるさくない写真が撮れても、今度は背景がいまいちだったりしてなんとなく消化不良なうちにキタテハは飛び去ってしまった。
f0031682_0264320.jpg

後で写真を見てみると、産卵直後のこの写真は、産みつけられた卵がきらっと光って透明感があり、お気に入りの写真となった。
キタテハのような普通種でも、シーンさえ選べば撮影のときの緊張感もあり、出来上がった写真も眺める楽しみがあってなかなかいいものだと思った。
f0031682_027495.jpg


by dandara2 | 2009-02-01 11:40 | 産卵 | Comments(14)