<   2008年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2008年 02月 24日

昨日は春一番、今日は冬に逆戻り

昨日は関東で春一番が吹いたが、今日は発達した低気圧のおかげで冬に逆戻り、気温も低く風が強かった。
ベランダの手すりを風が吹き抜けてブィーンとうなりを生じていた。
家でのんびりするつもりだったが、晴れ渡った空を見ていると、もしかして風の弱いところには何かいるかも知れないと思い、出かけてみることにする。
外へ出ると風で畑の土が巻き上げられて、眼にホコリが入って開いていられない。
f0031682_2155532.jpg

それでも土手の下を往復1時間ほど歩くがやっぱり何もいなかった。
モズが警戒はしていたが近くで写真を撮らせてくれた。
f0031682_21552359.jpg

することがないので、土手の草を相手に飛翔写真の練習。
ノーファインダー、目測で距離を測りながらシャッターを押すが、かなりいい感じになってきた。
f0031682_21553493.jpg

デジカメだからこんなことが出来るんだよなー

by dandara2 | 2008-02-24 21:57 | Comments(4)
2008年 02月 21日

モンキチョウ初見

昨日は12℃を超える温かい天気。もう1ヶ月以上寒い日が続いていたからやっと暖かくなってほっとした。
今週の初めから風邪気味で、授業のほうも高3が卒業直前で終わっていて、誰にも迷惑をかけないですむのをいいことに風邪欠。
自宅前の川原を歩いてみたら、やっぱり出てました。全部で4頭かな。
成虫越冬した蝶と違って、新しく羽化した蝶はやっぱり新鮮でうれしい。
f0031682_11524448.jpg

少し飛んでは地面に止まって体を傾けて日光浴をしている。こんなとき、今までは横からモンキの体全面にピントが合うようなアングルから撮影していたけど、別のところで体を傾けて日光浴をする蝶について話題が出ていたので、それを意識して撮影する。
やはりいろいろな人の意見や考えを聞くのは勉強になる。
f0031682_11533678.jpg
この土手では、オオイヌノフグリ、ニホンタンポポ、ホトケノザなどが咲いているけど、モンキはオオイヌノフグリにしか感心を示さなかった。
花の数が少なく、丈も短いので蝶の体が草に埋もれてなかなか良い写真を撮るのは難しい。
f0031682_11541328.jpg

その後今年初めての飛翔写真にも少し挑戦するが、お年寄りや犬の散歩の人が結構いて、何をしているのかと好奇の目で見るのであまり追い掛け回すわけにも行かず、近くに来たときにだけちょこっと撮影。
自分の距離感に来た蝶もなく、撮れているとも思えなかったけど、家で見てみたら少しはピントのあったものが撮れていた。中央部重点測光のままだったのが失敗だ。
f0031682_11551622.jpg

f0031682_18584933.jpg

ニコン D100,シグマ17-70(34mm) 50cmにピント固定 トリミングあり
1/2500 f7.1 シャッタースピード優先 ISO 640

by dandara2 | 2008-02-21 11:56 | 吸蜜 | Comments(20)
2008年 02月 17日

春は足踏み

今日も寒い一日だった。雲があったし風もあって、先週よりも寒かった。
それでも念のために川原を歩く。先週よりもちょっと遠くまで歩いて、SNSの使い方が良くわからないと言うchochoensisさんのお宅にお邪魔して少し説明。
その後また川原を歩いて帰るが、結局何も見ることは出来なかった。
先週と同じ花を撮影しても仕方ないので、違う春の花を探してみるが、ホトケノザはまだちらほらと見られる程度で畑一面というわけにはいかない。
f0031682_194915.jpg

菜の花も家庭菜園の隅で咲いているだけで、モンシロチョウの多い土手のはまだ蕾も上がってきていない。
f0031682_19492079.jpg
ニホンタンポポの花茎もまだ短い。
f0031682_19493556.jpg

梅林の梅もまだ堅いつぼみ。
f0031682_19494915.jpg
これは昨年の2月18日の様子。昨年は記録的な暖かさだったから、今年と随分違う。
f0031682_1950153.jpg

何もいない寒い川原だったけど、蝶を探して歩くような季節が近づいたと思うとそれはそれで、何もいなくてもうれしかった。
今週の中頃から暖かくなるようなので楽しみだ。
でも、この梅の様子では、初見は3月に入ってからかな。

by dandara2 | 2008-02-17 19:51 | Comments(8)
2008年 02月 12日

少し春が見えてきた

やっと入試も終わり今日はのんびり寝て起きたら9時近かった。
ゆっくり朝食を食べて、近くの小畦川にいってみる。このところの寒さで何もいないのはわかっていたけど昨年のモンキチョウの初見がちょうど今日だったので、とりあえず確認。
途中ではいつも早く咲く紅梅がそろそろ見頃という感じで、やっと春が近づいてきたかなと思うとうれしい。
f0031682_0253820.jpg

近くにはオオイヌノフグリも咲いていて、春も近いかなと言う感じ。
f0031682_0255418.jpg

最初にモンキチョウが出るとしたらここだろうというところまで歩いてみるがさすがに今年はまだ出ていないようだ。
その代わり、ニホンタンポポ(カントウタンポポ)が咲き始めていた。1年中咲いているセイヨウタンポポと違い、丈はまだ低いけど春しか咲かないニホンタンポポが咲いているのを見ると、いよいよ春だなという気がしてくる。
f0031682_0262255.jpg

川原ではカワセミが水に飛び込んで魚を捕っていたようだ。肝心なところは見損なってしまったが、川面を勢いよく飛んでいく姿をとらえることは出来た。
f0031682_0263693.jpg

自宅近くの軒先にはロウバイが咲いていたが、あんまり香りがしなかったのは残念だ。
f0031682_0264760.jpg

このところ寒くていやになってしまうけど、今日は歩いていても汗をかくような感じで、日差しも強くもうじき春だなという気にさせてくれた。
ただ、また明日は天気が崩れてその後寒くなるようだ。春までもう少しの辛抱かな。

by dandara2 | 2008-02-12 00:29 | Comments(20)
2008年 02月 04日

ムラサキシジミ、降雪の後

2月3日は勤務する学校の中学校の部の入学試験、雪の日曜日で、越冬中の蝶の写真撮影には絶好の日なのに残念。
そこで今日様子を見に行ってきた。
日陰のサザンカにはまだ雪が残っていたが、昨夜の寒さでザラメのようになっている。
f0031682_028331.jpg

越冬していた2頭のムラサキシジミは姿が見えなくなっていた。
死んだのかと思って地面を探してみたが見つからなかった。少し気温が上がってから行ったので地面に落ちていた個体が飛び上がったと期待したいところだが・・・
f0031682_0293089.jpg

小畦川も回ってみるが、もう少しでモンキチョウが出ると期待している川原は雪に覆われていた。ただ、南向きの土手なので斜面の方は雪が溶けている。
後何日でモンキチョウが飛び出すだろう。
f0031682_0294389.jpg

オリンパスのコンデジで撮影したが、雪と青空というのは少し無理だったかな、画質が悪い。

by dandara2 | 2008-02-04 23:58 | 越冬 | Comments(8)