<   2006年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2006年 03月 31日

八王子市のスギタニルリシジミ

 今日は空気がやや冷たいが、スギタニルリを求めて20日と同じ八王子市の林道へいく。
 今日は家内のほかに87歳になる私の母親を連れて歩いたのだが、ここに来るカメラマンの目的のハナネコノメはすっかり赤い葯が落ちてしまい写真にならない。そのおかげか、あるいは金曜日という事もあってか静かな林道歩きが楽しめた。
 母親は高齢の割に元気で、往復3時間の緩やかな山道をゆっくりだがちゃんと歩き通してくれて少々驚いた。
 目的のスギタニルリは車を止めたらすぐに現れてくれて撮影する事が出来た。
前翅の表をちらりと見せてくれるサービスまでしてくれた。
f0031682_22233885.jpg
ニコンD100マクロ105、1/500、f16、ISO500、シャッタースピード優先

 その後この個体は獣糞に来て吸汁を始めたが、すっかり乾燥していてうまく吸汁は出来なかったようだ。
f0031682_222685.jpg
ニコンD100マクロ105、1/500、f13、ISO500、シャッタースピード優先

 その後テングチョウが多い林道をエイザンスミレやナガバノスミレサイシンを眺めながらゆっくり歩き、目的の場所で昼食を取りながらスギタニの現れるのを待つが出てこなかった。
今年は低温が続いているので、少し時期が早いのかも知れない。
f0031682_22274139.jpg
 エイザンスミレ
 ニコンD50、ニッコール28-105、1/200、f8、IDSO640、プログラムAE

f0031682_2232280.jpg
 ナガバノスミレサイシン
 ニコンD50、ニッコール28-105、1/640、f6.3、IDSO640、プログラムAE

 近くに止まったコツバメを撮影していると、草の間を這っている芋虫を見つける。どうもウスバシロチョウの幼虫のようだ。
f0031682_22433547.jpg
ニコンD100マクロ105、1/500、f13、ISO500、シャッタースピード優先

邪魔になる草をどけて撮影しようとすると体を縮めてじっとしている。
 車に戻ろうとゆっくり歩いていると、林道を何頭かのスギタニルリが飛んでいる。そのうちの一頭が路上に静止して翅を半開にし吸水の仕草をする。
f0031682_2238964.jpg
ニコンD100マクロ105、1/500、f10、ISO500、シャッタースピード優先

 是非撮影したかったシーンが撮影出来たので、満足して帰宅した。

by dandara2 | 2006-03-31 22:40 | 吸水 | Comments(20)
2006年 03月 29日

今年の初ギフ

 今朝早く低気圧の寒冷前線が通過して雨が降り、その後冬型の気圧配置になり、風が強く吹いて気温が下がってきた。
 神奈川のギフを撮影に行こうと思っていたけど、この条件ではまず無理そうだ。
 どうしようか迷ったが、天気自体は良さそうなので、風のない斜面に行けば奇跡的に見る事が出来るかも知れないと思い、無駄を承知で出かける事にした。
 最初のポイントでは南向きの斜面に行くと風はそれ程強くなかったが、姿を見せたのはミヤマセセリだけだった。
 次のポイントに移動し歩き始めると、日だまりで風もなく暖かい。すぐにミヤマセセリがスミレで吸蜜して出迎えてくれた。
f0031682_17253051.jpg
ニコンD100、マクロ105、1/500、f9.0、ISO500、シャッタースピード優先

 さらに歩いていくと、ミヤマセセリの♀が林道上に止まっている、雌を見るのは今年初めてだ。こちらもおとなしく止まっていてくれたので無事撮影出来た。
f0031682_1726990.jpg
ニコンD100、マクロ105、1/500、f13、ISO500、シャッタースピード優先

 いつもギフの♂がテリトリーを張る小ピークに近づくとゴーゴーと音がして風が吹いている。
 それでもと思って念のために登ってみるが風で落ち葉が吹き飛ばされて、とてもギフがのんびりテリ張りをするような雰囲気ではない。
 すぐに諦めて、別のルートを降りてみると、風のない暖かな斜面に出た。とたんに家内の「いた」の声。大急ぎで近づくと羽化したばかりのような♂が止まっている。
f0031682_1729533.jpg
ニコンD100、マクロ105、1/500、f9.0、ISO500、シャッタースピード優先

 夢中でシャッターを切るとじわじわと喜びがわいてくる。時間も12時を過ぎていたのでそこで昼食にしながら眺めていると、同じ個体だろうかいったん木の梢に上がったものが再度舞い降りてきた。
 おにぎりを放りだして近づくと翅を広げて日光浴をしている。慎重に近づいてようやく今年初めてのギフの満足いく写真が撮れた。
f0031682_17311735.jpg
ニコンD100、マクロ105、1/500、f11、ISO500、シャッタースピード優先

それから10分もすると雲が出てきて風も冷たくなってきたので下山した。

by dandara2 | 2006-03-29 17:33 | Comments(38)
2006年 03月 28日

今日の小畦川

 昨日の天気予報では曇天だったので朝はおとなしくしていたが、薄日が射してきたので11時頃から自宅前の河原を散歩した。
 ここにいるような平地の普通種は今後はカメラを向けなくなることが多いと思って、今日は撮り納めのつもりで撮影する。
 川原には相変わらずモンキチョウが多く、タンポポやオオイヌノフグリで吸蜜している。
f0031682_21341490.jpg
ニコンD100、マクロ105、1/500、f22、ISO640、シャッタースピード優先

個体によってタンポポを好むものとオオイヌノフグリを好むものとがいるようだ。
 また、カラスノエンドウに産卵している♀もいたが、よく見ないとわからないような芽生えに産卵していて、少し成長したカラスノエンドウには産卵しないようだ。
f0031682_21365153.jpg
ニコンD100、マクロ105、1/500、f16、ISO640、シャッタースピード優先

 おかげで産卵時間が短く撮影には苦労した。
ベニシジミも多かったが、きれいな個体がタンポポで吸蜜しているのは絵になる。
f0031682_21384959.jpg
ニコンD100、マクロ105、1/640、f20、ISO640、シャッタースピード優先

 一番の傑作は家内の撮影したこの写真だろうか。キタテハかモンキチョウを撮影してモニターをチェックしている所だと思うが、なかなか面白い写真になった。
f0031682_21403958.jpg
panasonic lumix FX-9、1/400、f5.6、ISO80

 キタテハもタンポポで盛んに吸蜜していた。キタテハはのんびり吸蜜しているので、撮影は一番楽だった。
f0031682_2144214.jpg
ニコンD70、シグマ17-70(24)、1/1000、f10、ISO640、シャッタースピード優先

by dandara2 | 2006-03-28 21:46 | Comments(14)
2006年 03月 26日

ルーミスシジミの吸蜜

蝶と山・てくてく写日記」のBさん、「蝶・チョウ・ゆっくり歩き」のCさん、「あやはべる/撮影日誌」のFさん、「フィールドノート」のTさんの蝶仲間4人とルーミスシジミの撮影に房総に行く。
途中渋滞に巻き込まれ、予定時刻を大幅に遅れて現地着、途中はまあまあの天気だったのに着いたら雲がかなりでていて風も冷たい。
こんな日はたいていだめなので、最初から諦め気分、それでも時々日が射すとルーミスの姿が見える。
キブシの花にも来ていたらしい。
1枚の写真も撮れないうちに13時近くなり、そろそろ諦めようかと思っていたら、大声で呼ぶ声が聞こえたので駆けつけると、ルーミスが葉に静止している。
やがて小飛してヒサカキの花に吸蜜に来た。
f0031682_01839.jpg
みんな一斉に写真を撮る。吸蜜なので写真を撮りたいのと同時に、初めて撮影する人もいるので、そちらを優先してあげたい気持ちとで複雑な気分。
それでもそこそこ撮影していると、接写しているfuruさんのカメラのレンズに止まった。
また一斉にカメラが集中したが、後で見てみるとストローを伸ばしている。
f0031682_0184058.jpg

そのうちfuruさんの襟に止まったのでそちらも撮影するが、こちらでもストローを伸ばしている。
f0031682_0191552.jpg

かなり吸蜜、あるいは吸汁の衝動が高まっていたようだ。
目的としていた吸蜜シーンが撮れたので一応当初の目的は達したが、この時期吸蜜シーンはかなりの確率で撮影出来るという事がわかったので、次にもう一度チャレンジしてみたい。
皆さんお疲れ様でした。

by dandara2 | 2006-03-26 00:19 | 吸蜜 | Comments(22)
2006年 03月 22日

甲府市3月の蝶

 21.22日と家内の実家に墓参りに行ってくる。
 そのついでに裏山に登って梅に来るヒオドシチョウなどを狙ってみる。
 梅は満開を過ぎていたが良い香りがしていた。でも蝶は1頭もいなかった。
f0031682_17593768.jpg

 ヒオドシチョウは土の上でテリ張りをしているので、こちらは広角接写。べったり翅を広げている事が多いので、飛び立つ寸前の動きのあるシーンを狙ってみた。
f0031682_1802359.jpg
ニコンD70、シグマ17-70(19)、1/640、f14、ISO640、シャッタースピード優先

 ブドウ棚の下にはホトケノザが赤い絨毯になっていかにも春、桜のつぼみも膨らんでもう数日で開花しそうだ。
f0031682_1825430.jpg

 その桜の下ではミヤマセセリが縄張り行動をしていた、ここでの発生はもう少し後かなと思っていたので、ちょっと意外な感じがした。
f0031682_1841867.jpg
ニコンD100、マクロ105、1/500、f11、ISO640、シャッタースピード優先

春が遅いような気がしていたが、そうでもないのかも知れない。
 ルリシジミも何頭も飛んでいたがなかなか止まらず21日は撮影出来なかった。
22日に再度行ってみた時にようやくきれいな翅表を撮影する事が出来た。
それ以外にはナミアゲハがいた。
f0031682_1855689.jpg
ニコンD100、マクロ105、1/500、f13、ISO640、シャッタースピード優先

 

by dandara2 | 2006-03-22 18:08 | 初見日 | Comments(16)
2006年 03月 20日

早春の八王子

 今日は晴天だが空気が冷たい。ミヤマセセリはもう出ているんじゃないかという事で高尾へ
 朝8時30分に家を出て、9時40分頃に現地に着く。林道を歩き始めるとテングチョウがチラチラと飛んでは路上に止まる。
 いつもなら無視する所だが、今年はどんな蝶でも丁寧に写真を撮ろうと決めているので広角接写。
f0031682_19455155.jpg
ニコンD70、シグマ17-70(36)、1/800、f14、ISO640、絞り優先

 いつものポイントに着くがテングチョウ以外何もいない。その付近をうろうろしているとbanyanさんが現れた。
 てっきりギフチョウ撮りに静岡に行ったと思っていたが今日はおとなしくミヤマセセリ狙いのようだ。
 しばらく歓談した後、もう少し奥まで行くというのでそこで別れ、私はそこでもう少し粘るが何も現れない。
 まだミヤマセセリには早いのか、それとも気温が低いのでもう少し時間が経って気温が上がってからの方がよいかなと思い移動する事にする。
 ゆっくり歩いていくと日当たりの良い場所にはテングチョウが多い、それらを撮影しながら歩いていると1頭様子の違う蝶が飛んでいる。
コツバメだ、目で追いかけると一定の場所でテリ張りをしているようだ。そっと近づいて葉に止まった所を撮影出来た。
f0031682_194923.jpg
ニコンD100、マクロ105、1/640、f14、ISO640、シャッタースピード優先

 本格的な春の蝶が撮影出来てうれしい。腰を落ち着けて撮影しているとbnayanさんが戻ってきたので、林道の先の様子を聞くと、もう少し上流でハナネコノメにテングチョウが来ていたという。
 そこでその場をゆずり、教えられた場所に行くとハナネコノメはあったがテングチョウはすでにいなかった。
そこでしばらく待っていると、ルリタテハが飛んできて吸水を始める。それらを撮影したりしていると河原のハナネコノメの近くに動物の糞があるので注意していると、ルリタテハがそこに吸汁に来た。
f0031682_1951427.jpg
ニコンD70、シグマ17-70(43)、1/400、f14、ISO640、絞り優先

 振り返ってみると別のハナネコノメにはテングチョウが吸蜜に来ていた。ハナネコノメの赤い葯が良いアクセントになって春らしい1枚になった。
f0031682_19532893.jpg
ニコンD100、マクロ105、1/640、f11、ISO640、シャッタースピード優先

 気温も上がってきたので、ミヤマセセリがでているのではないかと最初のポイントに戻ってみると1頭だけ姿を見せてくれた。
f0031682_19543221.jpg
ニコンD100、マクロ105、1/500、f14、ISO640、シャッタースピード優先

 遠目からの証拠写真で終わってしまったが、これからチャンスは何度もあるので見る事が出来ただけでも満足だ。

by dandara2 | 2006-03-20 19:58 | Comments(22)
2006年 03月 19日

モンキチョウの交尾

 今日は朝から風が強く、東京では最大瞬間風速33.4mと17日の記録を塗り替えたようだ。
 家の窓から外を見ても風が吹きまくっていて、とても蝶など飛んでいそうもないが、いつもの川のポイントは土手の下なので多分風が弱くなるだろうと11時頃に出かけてみる。
 近づくと何頭ものモンキチョウが飛んでいるのが見える。
 風が強いので遠くまで飛ばずにすぐ止まるのでかえって撮影しやすい。
 追いかけていた蝶がふっと降りてまた飛び立ったので、その場所をよく見ると交尾個体がいた。
f0031682_19594972.jpg
ニコンD70、シグマ17-70(17)、1/640、f14、ISO640、絞り優先

 この前は草の中で広角接写はあまりうまくいかなかったので、今回はじっくり落ち着いて撮影する事にする。
 カメラの水平にも注意して撮影してみた。一通り撮影してタンポポがいくつも咲き始めていたので、そっと指にとまらせてタンポポにつけてみた。
f0031682_2024861.jpg
ニコンD70、シグマ17-70(34)、1/800、f14、ISO640、絞り優先


 すると雄がすぐに口吻を伸ばして吸蜜を始めた。完全なヤラセだけど、吸蜜は自発的にしたのでこれも春らしくて良いと撮影する。
 付近を歩くとベニシジミがスクランブルをかけていたけど両方とも雄のようですぐに別れた。
 また、勤務後に歩くとほとんど姿を見かけないキタテハも今日は姿を見せてタンポポで吸蜜をしていた。
f0031682_2042429.jpg
ニコンD100、マクロ105、1/500、f20、ISO640、シャッタースピード優先

 位置が悪いのでこちらはマクロで撮影する。
 午後からは用があるので、30分程度だったが強風の割には効率よく撮影が出来たので満足して帰宅した。

by dandara2 | 2006-03-19 20:10 | 交尾 | Comments(8)
2006年 03月 17日

強風の小畦川

 今日は風が強く、東京では瞬間最大風速が32mとか。3月としては一番の記録のようだ。
朝出勤する時に車のラジオが東京湾アクアラインが風のため通行止めとか言っていた。
 帰りの電車でも降りる駅よりもう少し先の所では線路に木が倒れてきて不通になった。
もう少し手前だったら帰れない所だった。
 それでも、空は青空、せっかく早く帰れたので飽きもせず自宅前の河原に行く。
河原の土手の下は風も比較的弱く、今日は時間も早いのでゆっくり蝶を探す事が出来た。
モンキチョウが何頭か飛び出すが、早くも痛んだ個体が多い。
 ようやく咲き始めたタンポポで吸蜜している個体がいたので、チャンスとばかり近づく。
f0031682_1819345.jpg
ニコンD70、シグマ17-70(24:トリミングあり)、1/800、f14、ISO640、絞り優先

 敏感ですぐ飛んでしまうモンキチョウもこの時だけはゆっくり近づく事が出来た。しかも吸蜜している花はカントウタンポポ。ちょっとうれしい。
 ベニシジミの食草であるギシギシの間に枯れ葉のような黄色の固まりが見える。近づくとモンキチョウが交尾している所だった。
f0031682_18215690.jpg
ニコンD100、マクロ105、1/640、f18、ISO640、シャッタースピード優先

 喜んでマクロレンズと広角レンズで撮影したが、このような草の間では広角レンズで撮影してもあまり面白い絵にはならない。
 ここではマクロレンズで撮影した写真を載せておこう。
 時々ベニシジミも飛び出すが、ベニシジミは影に敏感で、たとえ蝶の体に影が当たらなくてもすぐ近くに影が出来ると飛び立ってしまう。
 なかなかうまく撮影出来なかったが、家内が撮影した写真がなかなか良い感じだった。
f0031682_1825341.jpg
panasonic lumix FX-9、1/500、f5.6

35mmカメラ換算で35mm位のレンズになるようだけれど、シグマのレンズよりも近づかずにすんで、蝶の体もそこそこ大きく撮れるので、広角接写にはコンデジの方がやっぱり向いているかも知れない。
 小一時間河原にいて帰りかけるとベニシジミがオオイヌノフグリに吸蜜に来た。
広角ばかりでなかなかシャッターが押せず、ストレスが溜まっていたので、ここではマクロで近づいて撮影する。
f0031682_1827488.jpg
ニコンD100、マクロ105、1/640、f13、ISO640、シャッタースピード優先

ちょっとピントをはずしてしまったけど、それが気にならないくらい春らしい写真になった。
マクロの方が慣れているせいか撮影していても気持ちが良い、蝶にも優しい気がする。

by dandara2 | 2006-03-17 18:29 | 交尾 | Comments(16)
2006年 03月 15日

自宅前のベニシジミ

 今日は空気はやや冷たいが良い天気。勤務は12時までなので順調にいけば2時前にはフィールドに立てるのだが、会議が長引いて自宅に着いたのは15時を過ぎていた。
それでも普通にお勤めの人に比べれば天国かな、申し訳ありません。
 まだ少しなら写真が撮れるだろうと思い、急いでカメラを持って自宅前の河原に出かける。
今日の目標はモンキチョウかベニシジミの広角接写。
 モンキチョウは草の間で休みかけているが、歩くとチラチラと飛び立つ。ただし近寄らせてくれない。結局広角では撮影出来なかった。
 代わりにモデルになってくれたのがベニシジミ。こちらは飛んでもそれ程長距離を移動しないので、数は少なかったがシャッターを押す事が出来た。
家で見てみると、まあまあの感じに撮れていた。
f0031682_1842628.jpg
ニコンD70、シグマ17-70mm(24mm)、1/800、f14、ISO640、シャッタースピード優先

 ただ掲載の写真は、ノーファインダーで撮ったので水平線が傾いていたのでレタッチで修正した。その関係でトリミングされている。
24mmで撮影したが、画像自体は32mmで撮影したくらいの感じになっている。 それでも背景が遠いのでそれなりの空気感は出ていると思う。

<今日、静岡県浜松市でギフチョウがでたそうです、いよいよですね>

by dandara2 | 2006-03-15 18:09 | Comments(18)
2006年 03月 12日

雑木林の蝶

 天気予報では今日は曇り。朝起きてみると曇天だったが7時30分を過ぎる頃から薄日が射してきた。
 ネットで調べてみると、山沿いの方はこれから3時間もすると小雨が降りそうなので近場に撮影に行く事にする。
 ただ、自宅前の河原はある程度撮影も出来たので、もう少し別の種類の蝶が撮りたいと思い、自宅からそれ程遠くないお気に入りの雑木林に行く事にする。
f0031682_23404517.jpg

 ここは夏にはオオムラサキやミドリシジミ、アカシジミなどの平地性のゼフィルスが見られる場所なので、山地性の越冬蝶が見られるかも知れない。
 少し寄り道をして、行った事のない場所を調べながら現地につくと、少し雲が厚くなってきてしまった。
 それでもテングチョウが雑木林の端にに何頭か現れて良いモデルになってくれた。
f0031682_2343518.jpg
ニコンD100、マクロ105、1/320、f13.0、ISO640、シャッタースピード優先

 まずはマクロレンズで、翅を半開した所を撮影し、次に広角接写にチャレンジする。
f0031682_23455796.jpg
ニコンD70、シグマ17-70mm(24mm)、1/400、f14.0、ISO640、絞り優先

背景は草地なのでそれ程の効果は期待出来ないが、兎に角レンズの感覚が体になじむまで練習するしかない。
 あちこち見ながら歩いていると、小さな水溜まりでチラッと動く影、よく見たらドジョウがいた。
f0031682_23505720.jpg

 野生のドジョウなんて久しく見た記憶がない。
 休耕田の縁ではキチョウが数頭飛んでいるが敏感でなかなか近寄らせてもらえない。
 それでも太陽が雲に隠れると葉の間に止まったので撮影する事が出来た。
f0031682_23515648.jpg
ニコンD100、マクロ105、1/320、f10.0、ISO640、シャッタースピード優先

 撮影出来た種類は少ないが、もともと諦めていた日曜日なので、屋外に出てシャッターを押せただけでも満足だった。

by dandara2 | 2006-03-12 23:54 | Comments(20)