カテゴリ:天敵( 4 )


2017年 02月 13日

小畔川便り(ムラサキシジミのビークマーク:2016/2/6)

2月6日は晴れて15℃以上の暖かさ。
北風がやや吹いているけど、蝶が出るかもと期待して出かける。
期待通りムラサキシジミが飛び出して、地面に降りてきて翅を開いた後、ツバキの葉に止まって開翅した。

f0031682_14303081.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この時期でもきれいな個体だ。

目線の高さだったので、横からになってしまったけど、このメスもきれいだ。
f0031682_14302206.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


これは別のメス。
f0031682_14302303.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


このメスはややぎらついた感じがする。
f0031682_14302350.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


撮影していてビークマークのついた個体が結構いることに気が付いた。

f0031682_14302195.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


きれいな個体だけど、危ういところだったかな。

このオスはさらにやばかったかもしれない。
f0031682_14302210.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


メスにもビークマークがあった。
f0031682_14300853.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


上と同一個体
f0031682_14300712.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


さらに、道路側の植え込みに飛んで翅を開いた。
f0031682_14300862.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


この日開翅を撮影した7個体のうち、3個体にビークマークがついていた。
(閉じている個体は、個体識別が難しいのでカウントしなかった。)

気になったので、11月に撮影した個体をざっと見てみたけれど、ビークマークのついた個体は1個体しかいなかった。

すべての写真を見直したわけではないし、もしかすると壊れた個体にはカメラを向けないことがあったかもしれないけど、ここにきてビークマークのついた個体の割合が高いのは確かだと思う。

下の記事で、2月2日に気温が低く風が強いのに飛び出した個体は、あるいは鳥に追われて飛び出したのかもしれない。

そんなことを家内に話したら、"今までも、風か何かで枝が揺れたので見ると、鳥が飛び出して、そのあとムラサキシジミが飛び出したことが2回くらいあったわよ。その時に話をしたのに・・・"と言われてしまった。

越冬中のムラサキシジミにとって、鳥の脅威はかなりのものがありそうだ。

観察していたら、ムラサキシジミが飛んできて枯れ葉の周辺に興味を示している。

もしかしたら越冬場所探しかなと思ってみていると、枯れ葉の近くに止まって、探るようにして、中にもぐりこんだ。

f0031682_14303065.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14303094.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14302965.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


30分後に再度確認すると、触覚を前に揃えているので、ここに落ち着くようだ。

f0031682_14300825.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


この個体もここを越冬場所にするのかなと思ったけど、翌日にはいなかったので、この後飛び出したようだ。
f0031682_14303043.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ウラギンシジミはそのままなのを確認して川原に行ってみる。

残念ながらモンキチョウは出ていなくて、キタテハが1頭飛び出した。

f0031682_14300915.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


撮影していると枯れ草の中にもぐりこんだ。

ちょっとの間をおいて、どこに潜り込んだか確認したら姿がわからなくなってしまった。

f0031682_14300799.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


そこから飛び出してはいないので、草の中にうまく潜り込んでしまったのだろう。
せっかくねぐらを見つけたので、かわいそうだから草をかき分けるのはやめておいた。



by dandara2 | 2017-02-13 15:04 | 天敵 | Comments(12)
2016年 02月 22日

小畔川便り(モンキチョウ交尾・受難:2016/2/19)

2月19日は穏やかな撮影日和。
モンキチョウの数も増えてきたかなと思って川原へ行く。

早速オスが出迎えてくれた。
オオイヌノフグリで吸蜜している。
f0031682_12165053.jpg


メスも現れたけど、小飛してすぐ止まり吸蜜の気配はない。
f0031682_1217725.jpg


羽化して間がない個体だろう。

banyanさんがいらしていて、今日はそこそこの個体がいるとの話。
撮影できたのでお帰りになるところだとのこと。

前回と同じような吸蜜シーンを撮影しても仕方ないので、今日は少し違ったシーンを撮りたいと思う。

先ほど新鮮なメスがいたから、もしかしたら配偶行動か、運が良ければ交尾シーンが撮れるかもしれないと思い、メスのいた場所に引き返す。

歩きながら見ていると、探雌飛翔中のオスがメスを見つけたらしく、メスが飛び上がった。

交尾するかなと思ってみていたけど、2頭で追飛を始めたので、これは交尾は無いなと思って、カメラを変えて追飛の撮影に切り替えた。
f0031682_12175067.jpg


ここの土手はまだ茶色一色だ。
f0031682_1218174.jpg

f0031682_12181261.jpg


青空が背景に入ってくれた。
f0031682_12191760.jpg

f0031682_12192816.jpg


この後土手を降りてきた。
f0031682_12223825.jpg



一通り撮影して、また探雌飛翔中のオスに目をやると、今度は草むらの中に飛び込んだ。
すぐに飛び立たないので、これは交尾成立かなと思って近づくと、案の定草むらの中で交尾していた。
f0031682_12232273.jpg


このままでは写真になりにくいので手を出すと、意外に敏感ですぐに飛び立って思うような場所にとまってくれない。
f0031682_12233978.jpg


そのうちには交尾したまま土手の上に飛び上がってしまった。

アーアと思ってみていたら、土手の向こうからヒヨドリが飛んできてばくっと咥えてしまった。
そのまま近くの枝にとまったので、とっさに咥えているところを撮影した。
この後すぐに飲み込んでしまったので、写っていたのはこの一枚だけ。
f0031682_1223597.jpg


今までも鳥が蝶に飛びつくのは何回か目撃していたけど、失敗する例が多かったし、成功してもそのまま飛んで行ってしまい撮影はできなかった。

貴重なシーンが撮れたけど、私が飛ばさなければ無事子孫を残せたかもしれないのにと思うと心が痛んだ。

by dandara2 | 2016-02-22 12:27 | 天敵 | Comments(12)
2013年 05月 29日

ウラゴマダラシジミ(2013/5/26)

5月26日の日曜日は自宅近くの雑木林にアカシジミの観察に行く。
前日午後からの観察でアカシジミの発生は確認したけど、時間が15時過ぎだったので、実際に撮影したのは30分位。
朝、下草の上に転々と止まっているのを全焦点マクロで撮影したいなと思って出かける。
ついてすぐにアカシジミを見つけるけど1頭だけ。
f0031682_7584751.jpg
カシオZR-1000

下草に点々というもくろみは早くも外れてしまった。
しかもこの個体、近づいてコンデジの設定をいじっていたら飛んで行ってしまった。

その後もぽつぽつとはいるけど、天気が良すぎて光線状態がきつい。
f0031682_805245.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

後の予定が詰まっているので、ここは早々にあきらめて、少し離れた所のウラナミアカの様子も見に行くことにする。

歩いていくと、下草に止まっているウラナミアカを発見、無事撮影できた。
f0031682_814353.jpg
家内撮影 ニコン1V2 ニコン55-200

近くで別の個体も発見、逆光気味の所に木漏れ日が当たって翅が輝いたように見えてきれいだ。
f0031682_823620.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

この一角にはアカシジミもいるけどウラナミアカの割合が圧倒的。
今までは、大半をここで撮影していたので、ウラナミアカばかりで、アカシジミはあまり撮影できなかった。
ほんの少しの距離で棲み分けているとは気が付かなかった。

ミズイロオナガも気をつけて探してみたけど見つからなかった。
これからの発生なのかな。
思ったよりもウラナミアカシジミの撮影に時間をとられてしまったので、急いでウラゴマダラシジミのポイントに移動する。

ポイントに着くとすぐにイボタの木にとまる個体を発見。
あまり擦れていない個体だ。
f0031682_835364.jpg
ニコン1V2 ニコン55-200

撮影していると、「蝶と蜻蛉の撮影日記」のdragonbutterさんがお見えになった。
朝から来られて撮影されていたようだ。
雌の開翅が撮れたという。

お別れした後、時間は11時すぎなので、開翅は難しいかなと思いながら歩くと、少し先で雄が翅を開いている。
f0031682_8511100.jpg
ニコン1V2 ニコン55-200

少し遠くから撮影しながら家内を呼ぶ。

その後もかなりの数のウラゴマダラが飛んでいるけど、ほとんど止まらない。
昨年も撮影したけど、アワフキムシに来るときは飛翔撮影のチャンスなので撮影する。
f0031682_855517.jpg
ニコン1V2 タムロン10-24

暗くてノイズでまくりだけど何とか飛翔を撮影できた。

こうなると欲が出て、普通に飛んでいるところの撮影にチャレンジ。
f0031682_871734.jpg
ニコン1V2 タムロン10-24

f0031682_882487.jpg

目の前に飛んでくることはなかなかないけど、それでもフレームアウト寸前の写真が撮れた。

飛翔を撮っている間に家内は雄の開翅写真を撮っていた。
f0031682_883374.jpg
家内撮影 ニコン1V2 ニコン55-200

発生初期化と思ったけど、雄は比較的きれいな個体とやや飛び古した個体が入り交じっている。
f0031682_893299.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

そろそろ帰ろうかと思っていると、「てくてく写日記」のbanyanさんがお見えになった。
朝撮影に来られて、その後戻ってこられたようだ。
簡単に挨拶して、交尾個体がいたら連絡しようと言うことで分かれたけど、そんなおいしい話しはなかった。

少し離れた所で、スクランブルしていたので近づくと、1頭が蜘蛛の巣にかかってしまった。
f0031682_8201253.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

一瞬助けようと思ったけど、クモに一咬みされたらムダだと思い直して撮影を続ける。
f0031682_8204494.jpg

あっという間に糸に絡まれてしまったけど、なんだかまがまがしい様子のクモだった。
f0031682_821518.jpg

自宅にあるクモ図鑑で調べたけど、名前はよくわからなかった。
オニグモの仲間だろうか。

by dandara2 | 2013-05-29 08:25 | 天敵 | Comments(18)
2008年 09月 11日

狭山丘陵のホソオチョウ(2008/8/29)

9月の観察の前に、8月29日にもホソオの観察をしていたのですが、他の観察日記に隠れて載せるチャンスを逃していました。
この日は予報に反して天気がよいので午後からホソオチョウのその後の様子を見に行って見ました。
8月23日は天気が悪くて数頭のホソオを見かけただけだったので、青空の見える今日はどのくらいの個体が飛び交っているのか興味があったけど、ポイントに着いてみると数頭の雄が飛んでいるのが見えるが、期待したほどの数でもなくなんだか拍子抜けの感じ。
天気が良く、気温も高いので♂は♀を探して飛び続けるのみでほとんど止まらない。
1頭だけあまり飛び回らない個体がいて、エノコログサに止まったり、小飛して翅を開いてくれたのがいたけど、やや傷んでいて発生のピークは過ぎた感じがする。
f0031682_22442435.jpg

今回は単にホソオの静止写真や飛翔写真を撮るのではなく、ジャコウアゲハとの関係、あるいはホソオ自身の生態的地位がどう言ったものかを多少は見極めたいという気があったので、そちらに注意しながら探してみることにした。
まず、先日ホソオチョウの卵とジャコウアゲハの卵が同時に産み付けられていたウマノスズクサを見てみると、既に孵化した後のようで卵殻だけが並んでいた。
ジャコウアゲハも孵化したようだが、近くに幼虫が数頭見える。ところがホソオチョウの方は1頭の幼虫も見かけられなかった。
近くにはいくつかの孵化した後の卵塊が見られたので、ざっと見てみるが同様に幼虫を見つけることが出来なかった。
f0031682_2247691.jpg

代わりに見つけたのがハエトリグモ。これが犯人かどうかは良くわからないが、幼虫の生存率はかなり低いようだ。
f0031682_22473444.jpg

幼虫を探してみるが、ウマノスズクサ自体が減っていて、丈の短い草が少数残っているだけで、そこに色々な令の幼虫がしがみついていた。
f0031682_22475837.jpg

近くを探すといくつかのホソオの蛹が見つかった。
基本的には帯蛹で、食草や近くの枯れた茎などについていることが多い。
f0031682_22481572.jpg
ただ、帯糸はあまり丈夫ではなく、尾端のみでぶら下がっている蛹も見られる。
f0031682_2249840.jpg

探す範囲を広げてみたら、ホソオの幼虫がいない茎にジャコウのかなり成長した幼虫がついているのを見つける。
枝を触ってみたらくるりと回る。アレッと思ってみると茎の下の方をかみ切ってしまっていた。
ジャコウの幼虫は成長するとこういったことを良くするけど、何で貴重な食草を根元から切って枯らしてしまうのだろう。理解できない習性だ。
f0031682_22504320.jpg

幼虫の観察はとりあえず止めて、成虫の観察に切り替えるが、ジョロウグモの巣にかかった個体がいた。
f0031682_2251784.jpg
♂の飛翔を見ていたら、変な動きをするのが見えたのでアレッと思ってよく見るとシオカラトンボにつかまったところだった。
シオカラトンボは近くの枯れ枝にとまって獲物を食べ始めたようなので、慎重に近づいて撮影する。
f0031682_2252074.jpg
ホソオはこれらの天敵につかまる確率はかなり高いものと思われるけど、ジャコウの成虫は大きすぎてこられの捕食者には少し手に余るのではないかと思われた。
ただ、ガードレールにあるジャコウの蛹を見るとかなりの確率で寄生されているようなので、ジャコウにとってはこちらの脅威の方が大きいようだ。(この写真は同地で別の時期に撮影したものですが、中央の1つを残して他は全て寄生されているようです。)
f0031682_2253349.jpg
♀も2頭ほど見かけたけど、意外に敏感で撮影は出来なかった。
昨夜はここにも激しい雨が降ったようで、西の空に黒い雲が見え始めたので近くのブドウ園で狭山のブドウを購入して帰る。

by dandara2 | 2008-09-11 22:55 | 天敵 | Comments(8)