2018年 01月 29日 ( 1 )


2018年 01月 29日

12月の八重山-3(2017/12/23:マダラチョウ、アゲハ蝶)

寒い日が続きますが、石垣島北部の続きです。

前の記事でヒメアサギマダラ、スジグロカバマダラ、リュウキュウアサギマダラなどのマダラチョウについて書きましたが、それ以外には見られたのはツマムラサキマダラでした。

f0031682_11065957.jpg
♂ ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_11065907.jpg
♀ ニコンD500 シグマアポマクロ150


ツマムラサキマダラはこの時期以外には、まとまって撮影したことがないので、その紫色の翅表の輝きを見ると喜んでカメラを向けてしまいます。
f0031682_11065921.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150



f0031682_11070618.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


f0031682_11070659.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


メスの翅表も角度によっては紫色に輝くのでしょうが、この時は輝いてはくれませんでした。

f0031682_11070592.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


飛び立つところも
f0031682_11065954.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_11070631.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


スジグロカバマダラとのツーショットも撮れました。

f0031682_11065833.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


オオゴマダラは高所を飛んでいて、見掛けるものの撮影できず、宿に帰る途中で寄った草原で撮影しただけだった。

f0031682_11071253.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


マダラチョウ類を撮影していると、案内の熊谷さんが呼んでいるので駆けつけると、アオスジアゲハのハンキュウ型がいるとのこと。

ハンキュウ型は撮影したことがなかったので、大喜びで撮影。

f0031682_11071968.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_11071919.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


右前翅の裏面の過剰紋の数が多いような気もするけど、よく見ると色が違うので、傷か何かのようだ。

家内も少し遅れて駆けつけたけど、その時には奥に飛んで行ってしまいきちんと撮れなかったようで、その後粘ってもう一度飛んできたところをきちんと撮影していた。

f0031682_11071908.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ちなみに、アオスジアゲハの変異にはこんなものがあるようです。

アゲハ蝶では、他にはシロオビアゲハもけっこう多く見られた。

f0031682_11071225.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


f0031682_11071278.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


メスはベニモン型が多く見られた。
f0031682_11071218.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_11270148.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


2011年に見た時よりも、ベニモン型の割合が増えたし、後翅の白斑もより大きく派手になってきたように思うけど、時期も違うし個体差もあるようだから気のせいかもしれない。
ただ、シロオビアゲハのベニモンアゲハへの擬態について調べてみて、色々妄想を膨らませるのも楽しい。

f0031682_11070563.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


ジャコウアゲハも多かったけど、撮影中は知識不足で八重山亜種ということには思い至らず、いつも見るジャコウアゲハよりもきれいだし、頭の部分が赤いなーと思って撮影していた。

f0031682_11071935.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


熊谷さんから宮古島の亜種はもっときれいだという話を聞いて、いつかは見に行きたいものだと思った。
f0031682_11071998.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150



by dandara2 | 2018-01-29 11:32 | 変異・異常型 | Comments(6)