2017年 08月 03日 ( 1 )


2017年 08月 03日

小畔川便り(ヒメアカタテハの産卵植物:2017/7/19.27)

7月19日は自宅前の川原にはモンキチョウとか、ヒメウラナミジャノメとかしかいないので、自宅から車で7,8分の、以前住んでいた場所の近くの公園に出かける。

周囲には少しまとまった雑木林が残っている。

f0031682_19312928.jpg

オオミドリシジミとか、コムラサキとか、ゴイシシジミなどがいたけど、引っ越したこともあって最近はあまり出かけない。

道路が通るという話もあるようなので、その前に様子を確認しておこうかなと思って出かけて、歩き始めたらすぐにアサマイチモンジが出てきた。

f0031682_19312800.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


前にもいたけど、それほど数が多いわけではなかった。
ああ、まだ生き残っているんだなと思って撮影。

f0031682_19312801.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


先に進むと、畑の横の道でヒメアカタテハが飛んでいた。

様子を見ていると産卵したそうな様子。

でも、ヨモギは生えていないし、オオバコも見当たらない。

そのうち、何かの草に止まって尾端を曲げ始めた。

f0031682_19311097.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


とっさには植物の名前が浮かんでこない。

f0031682_19310958.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


かなりその植物に執着しているので、いったいこの植物は何だろうと思いながらとにかく撮影する。

f0031682_19312995.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


尾端の先には産み付けられた卵も見えた。
f0031682_19312735.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ヒメアカタテハが飛び去った後に、その草を見ると今産み付けられた卵がいくつか見えた。

f0031682_19311042.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


拡大してみると、たしかにヒメアカタテハの卵だ。

f0031682_19311007.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


植物の名前が疑問だったけど、ふと思いついてハキダメギクを調べたら、葉の形がほぼ同じ。
キク科だし、これに間違いないようだ。

気になったので、生態図鑑やネットで調べたけど、ハキダメギクを食草としているような記録は見当たらなかった。

もう少し経ったら、もう一度様子を見に行ってみよう。


27日は曇りだけど、川原に行ってみる。
この日はお散歩用の1V2+シグマ18-250を持って出る。

いつもギンイチが発生している場所では、ヒメウラナミジャノメが交尾していた。

f0031682_19310932.jpg
ニコン1V2 シグマ18-250


ほかにはこれといったものが見つからなかったので、春先にモンキチョウやホソオチョウが見つかった方に行ってみる。

そこではジャコウアゲハのメスが飛んでいた。

f0031682_19405736.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


産卵するかなと思って様子を見るけど、その気配はなくてアカツメクサで吸蜜していた。

f0031682_19405781.jpg
ニコン1V2 シグマ18-250

f0031682_19282903.jpg
ニコン1V2 シグマ18-250


少し落ち着いて吸蜜したので、広角でも撮影する。

f0031682_19282982.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ウマノスズクサを見ると全部で3匹の幼虫が付いていた。

f0031682_19405659.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


帰りかけるとヒメアカタテハも吸蜜していた。

f0031682_19291963.jpg
ニコン1V2 シグマ18-250

f0031682_19282803.jpg
ニコン1V2 シグマ18-250


産卵しそうなしぐさもしていたので、そっと見ているとヨモギに産卵した。

f0031682_19282822.jpg
ニコン1V2 シグマ18-250


ニコン1V2+シグマ18-250は手軽だけど、やっぱり少し画質が甘いかな。



by dandara2 | 2017-08-03 19:56 | 産卵 | Comments(10)