2017年 02月 13日 ( 1 )


2017年 02月 13日

小畔川便り(ムラサキシジミのビークマーク:2016/2/6)

2月6日は晴れて15℃以上の暖かさ。
北風がやや吹いているけど、蝶が出るかもと期待して出かける。
期待通りムラサキシジミが飛び出して、地面に降りてきて翅を開いた後、ツバキの葉に止まって開翅した。

f0031682_14303081.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この時期でもきれいな個体だ。

目線の高さだったので、横からになってしまったけど、このメスもきれいだ。
f0031682_14302206.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


これは別のメス。
f0031682_14302303.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


このメスはややぎらついた感じがする。
f0031682_14302350.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


撮影していてビークマークのついた個体が結構いることに気が付いた。

f0031682_14302195.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


きれいな個体だけど、危ういところだったかな。

このオスはさらにやばかったかもしれない。
f0031682_14302210.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


メスにもビークマークがあった。
f0031682_14300853.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


上と同一個体
f0031682_14300712.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


さらに、道路側の植え込みに飛んで翅を開いた。
f0031682_14300862.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


この日開翅を撮影した7個体のうち、3個体にビークマークがついていた。
(閉じている個体は、個体識別が難しいのでカウントしなかった。)

気になったので、11月に撮影した個体をざっと見てみたけれど、ビークマークのついた個体は1個体しかいなかった。

すべての写真を見直したわけではないし、もしかすると壊れた個体にはカメラを向けないことがあったかもしれないけど、ここにきてビークマークのついた個体の割合が高いのは確かだと思う。

下の記事で、2月2日に気温が低く風が強いのに飛び出した個体は、あるいは鳥に追われて飛び出したのかもしれない。

そんなことを家内に話したら、"今までも、風か何かで枝が揺れたので見ると、鳥が飛び出して、そのあとムラサキシジミが飛び出したことが2回くらいあったわよ。その時に話をしたのに・・・"と言われてしまった。

越冬中のムラサキシジミにとって、鳥の脅威はかなりのものがありそうだ。

観察していたら、ムラサキシジミが飛んできて枯れ葉の周辺に興味を示している。

もしかしたら越冬場所探しかなと思ってみていると、枯れ葉の近くに止まって、探るようにして、中にもぐりこんだ。

f0031682_14303065.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14303094.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14302965.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


30分後に再度確認すると、触覚を前に揃えているので、ここに落ち着くようだ。

f0031682_14300825.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


この個体もここを越冬場所にするのかなと思ったけど、翌日にはいなかったので、この後飛び出したようだ。
f0031682_14303043.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ウラギンシジミはそのままなのを確認して川原に行ってみる。

残念ながらモンキチョウは出ていなくて、キタテハが1頭飛び出した。

f0031682_14300915.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


撮影していると枯れ草の中にもぐりこんだ。

ちょっとの間をおいて、どこに潜り込んだか確認したら姿がわからなくなってしまった。

f0031682_14300799.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


そこから飛び出してはいないので、草の中にうまく潜り込んでしまったのだろう。
せっかくねぐらを見つけたので、かわいそうだから草をかき分けるのはやめておいた。



by dandara2 | 2017-02-13 15:04 | 天敵 | Comments(12)