2010年 06月 22日 ( 1 )


2010年 06月 22日

ミドリシジミとモンキチョウの追飛

6月20日の日曜日はすこしゆっくりしたいと思い、近くにミドリシジミ♂の開翔を撮影に行く。
朝ちょっとのんびりして出かけるのが遅くなり、ポイントに着いたのが朝8時。
天気は曇りだけど何とかなるかと思って探すが、♂が全く見つからない。
ハンノキを叩いても全く飛び出さない。
♀のほうはそれなりに見つかって撮影もできるが、♂が見つからなかったのはちょっとショック。
f0031682_8413992.jpg

ハンノキがかなり広範囲で伐採されていて、多くが樹高3m以下の幼木だったせいかも知れない。
ここで翅を開いてくれれば楽勝とたかをくくっていたのがまずかったようだ。
栗の花はやや終わりかけていたけど、そこで吸蜜する個体を撮影した。
f0031682_8422851.jpg

それに、鳥の糞と思われるものから吸汁している個体もいた。
ミドリシジミはアブラムシなどの汁を吸っている個体は見たことあるけど、鳥の糞から吸汁する場合があるのは初めて知った。
f0031682_8424978.jpg

12時近くなって薄日が射し始めると翅を開く個体が出始めた。
これは、かなり貧弱だけど一応AB型だろうか。
この日の成果を象徴するような斑紋の出方だなー。
f0031682_8431357.jpg

日が射し始めると小さな木しかない湿地はものすごい暑さと湿気。
耐えられなくなって木陰のある所に避難し、さてどうしたものかと考える。
考えているうちにすぐに日がかげってしまい、雲も厚くなってきてあまり良い感じではなくなってきたのと、この暑さでかなり体力を消耗し、もともと今日はのんびりしたかったので帰ることにする。
帰りがけに、草地の上で配偶行動をするモンキチョウを発見。
ちょっと距離があるけれど、かなり長いこと飛んでいるので70-300mmズームのマニュアルフォーカスで飛翔撮影を試みる。
f0031682_8434623.jpg

最近は広角、置きピンで撮影することがほとんどで、こういった撮影方法はあまりしたことがない。
先日のサラサヤンマもそうだったけど、飛んでいるものを、ファインダーを覗きながらピントリングとズームリングを操作しながら撮影するのは、それなりに難しい点もあって撮影していると楽しい。
f0031682_844892.jpg

家内も同様にチャレンジしていたけど、こちらは300mm、オートフォーカス、レンズがウンウンうなってなかなかピントが合わなかったと言っていたけど、それにしてはちゃんと写っていた。
聞けば、下のピンクの花を入れるようにしながら撮ったそうだけど、私はズームリングとピントリングの操作に気をとられて、そんなことに気を配るゆとりはなかった。
恐れ入りました。
f0031682_8443674.jpg
(家内撮影)

近寄ってカシオのFH100でも撮ってみる。
ついついカメラを近づけすぎてピントが若干甘くなったけど、それぞれの特徴が出た飛翔写真が撮れた。
f0031682_845235.jpg

車に戻る寸前に交尾中のツバメシジミを見つける。
f0031682_8452427.jpg
(家内撮影)

とりあえずマクロで撮影して、その後無理やりとばして、交尾飛翔形式の確認をする。
←♂+♀だった。
f0031682_8454682.jpg

帰ってから1時間半ほど爆睡してすっきりした。

by dandara2 | 2010-06-22 08:52 | 吸汁 | Comments(18)