2008年 08月 23日

狭山丘陵のホソオチョウ

このところ息子夫婦が夏休みで泊まりに来ていて、孫の世話でかかりっきり。
普段共稼ぎなのだから、時間があるときくらいべったりスキンシップをすればいいのにと思うけど、自分たちがのんびりする方が先に立つように見えてしまう。
自分が子育てをしているときもそんなもんだったかな。寝てくれるとほっとする。
f0031682_16555884.jpg

昨日は「近所の生き物」のURさんから、狭山丘陵でホソオチョウが発生しているとの情報をいただき、家族を近くのアウトレットにおいて一人で様子を見に行ってきた。
天気は曇天で、着いたときには何もいなかったので場所を間違えたかと思ったけど、茶畑を飛んでいるジャコウアゲハがいたので様子を見ているとウマノスズクサに絡んでいる。
f0031682_23183962.jpg
ジャコウの撮影をした後ウマノスズクサを見たらホソオチョウの卵がついていたので、やはりここが発生地かと安心する。よく見るとジャコウアゲハの卵もついているようだ。
f0031682_16564096.jpg
その後探していると草の中に静止している♂を見つける。近くにいた愛好家と思われる人に「いましたか、ここでは20年前に発生したけどまた発生してしまいましたね」と話しかけられる。
お名前を聞くと、静岡昆虫同好会のUSさんだった。
f0031682_16572423.jpg

天気が良くなるとあちこちから飛び出すと言うことだったけど、この日は全く飛ばず仕方なく先ほど見つけた♂をマクロでも撮影し、
f0031682_16574282.jpg
飛び上がったところを飛翔撮影。
f0031682_1658015.jpg
その後USさんが♀を見つけてこちらも無事撮影できた。
f0031682_1659383.jpg
♀も飛翔を撮影するが、♂と違ってあまり飛ばずなかなか難しかった。
f0031682_16584465.jpg

USさんの友人の「Hirokou's Field Notes」のHirokouさんともお会いして自己紹介。アドレスなどを教えていただく。
付近を探すと、広い草原に丈の低い雑草が生えていて、中にウマノスズクサが点々と生えている。そのどれにも幼虫がついている感じだった。
個体数はかなり多そうだが、本来生息しているジャコウアゲハとの関係はどうなるんだろう。
f0031682_18222875.jpg

待たせてある家族も気になるので1時間ほどで切り上げたけど、出来れば再度観察に来たいと思った。

by dandara2 | 2008-08-23 18:28 | 飛翔 | Comments(28)
Commented by hirokou at 2008-08-23 19:29 x
こんばんは。hirokouです。 
ご紹介いただきありがとうございます。
今までもblogを拝見させていただいていてすごいなぁと感服いたしておりましたが
現地で撮影されるのを見させていただき、さすがの写真ですね。
また、どこかでお会いできるのを楽しみにしております。
Commented by ダンダラ at 2008-08-23 22:55 x
hirokouさん、先日はお世話になりました。
様々な昆虫について目を向けられていて、蝶しか知らない私には大変参考になりました。
狭山丘陵は自宅から近いにもかかわらず、あまり詳しくないので色々教えていただけたらと思います。
よろしくお願いします。
Commented by chochoensis at 2008-08-24 09:49
狭山丘陵でホソオチョウですか・・・これだけ幼虫が居ると大変なことになりそうですね・・・自然度が高いのでこれからどうなるのでしょうか?お孫さんも随分大きくなりましたね・・・可愛い盛りで目の中に入れても痛くない時期・・・大切にしてください・・・。
Commented by 霧島緑 at 2008-08-24 10:49 x
流石、情報キャッチが早いですね。私は知りませんでした。
20年程前に発生したことがありましたが、数年間で発生が途絶えてしまいました。再度、誰かが持ち込んだものと思われますが、暫く楽しめそうですね。近いうちに行ってみたいと思います。
お孫さん、随分大きくなられましたね。子守も大変でしょうけど、楽しみですね。
Commented by fanseab at 2008-08-24 10:56
お孫さん、スクスクご成長の様子、なによりです。
それにしても、ホソオの産み方はえげつないですね。数で勝負する・・・そんな感じでしょうか?
アカボシもそうですが、更なる放蝶は止めてほしいと思います。
Commented by T.Urabe at 2008-08-24 11:33 x
 こんにちは、場所分かってよかったです。蝶好きな方なら狭山丘陵でホソオチョウが発生したと聞けばウマノスズクサがありジャコウアゲハの多いこの場所だと言うことは見当がつくようですね。
 やっぱりお写真も蝶の人だけあってさすがにいい雰囲気ですね。

 hirokouさんともお会いになったみたいですね。私がダンダラさんと始めてであった場所で、私はhirokouさんとも出会いました。昨年までは狭山丘陵で虫の撮影をしている方にはなかなかお会いしなかったのですが、今年はたくさんの人と出会えてなんだか楽しいです。
 ところが私、虫の顔はすぐに覚えられるのにニンゲンの顔を覚えるのが非常に苦手でして、今度お会いしてもわからないかもしれません。ホソオチョウのポイントにはちょくちょく行きますので、変なカメラを持ったメガネデブを見たら、すみませんが声をかけてください。
Commented by maeda at 2008-08-24 14:19 x
茶畑の合間で発生ですか。
とっても撮りたくなる環境ですね。
ジャコウとホソオの卵がともに写っているのは、良いですね。こんな絵が私も欲しいです。
Commented by 蝶山人 at 2008-08-24 15:25 x
ホソオチョウ蛾のような独特の雰囲気で
これまでは余り興味が沸かなかったのですが
ダンダラさんの美しい映像を見て
Bhutanitisを思い出してしまいました。
タイのシボリアゲハを髣髴とさせ
是非撮りに行きたい被写体です。

お孫さんとのツーショット
蝶に対しても優しいダンダラさんの横顔が
とても良く反映されています。
Commented by ヘムレン at 2008-08-24 16:13 x
狭山丘陵!?放蝶・・・でしょうか。それとも、昔のがほそぼそと?
先日、近所で飛翔中のらしきを見かけたところでした。まさか・・と、思いましたが、もう一度調べたほうがいいかも・・・ですね(^^;)
Commented by ダンダラ at 2008-08-24 21:38 x
chochoensisさん、かなりの数の幼虫がいるのでしばらく発生は続くと思います。
ただ、その場合のジャコウアゲハとの関連はどうなるんでしょう。
ホソオチョウによってジャコウアゲハが駆逐された実例はあるんでしょうか。
家内の実家の例を見ると、ホソオチョウは定住型で、ジャコウアゲハは移動型のように見えます。
ジャコウは適した環境を探してかなり広範囲に移動しているようで、一緒にいる場合はホソオチョウのために幼虫の成育が妨げられるようなことはあまりないように感じています。
もちろん食草の絶対量の問題がありますが、これからはそんなことも少し見ていけたらと思います。
Commented by thecla at 2008-08-24 22:04 x
お孫さん、かわいいですね。我が家の息子はもう背も高くなって、最近ちっともかわいくありません(笑)
ホソオチョウさらなる放蝶なら困り物ですね。もっともアカボシもそうだけれど綺麗な蝶だからいるとついつい喜んでカメラを向けてしまいますけど(爆)
Commented by ダンダラ at 2008-08-24 22:53 x
霧島緑さんがご存じないと言うことは、ホソオの発生は今年になってから、あるいはこの夏以降と言うことになるんでしょうか。
以前にも同様なことがあって、その後ホソオがいなくなったと言うお話ですが、今回はどうなるか興味ありますね。
Commented by ダンダラ at 2008-08-24 22:58 x
fanseabさん、ありがとうございます。
ホソオの卵は確かにべたべたと節操がなく見えますね。
アカボシは何となくわかるような気もするんですが(歴史が新しいから)、今更ホソオを放蝶する人がいるなんてどうしちゃったのかなと言う感じがします。
Commented by ダンダラ at 2008-08-24 23:08 x
T.Urabeさん、情報ありがとうございました。
狭山丘陵を歩いている蝶好きならば大体わかると思いますが、数はそう多くはないと思います。
hirokouさんとそのお友達であるUSさんに会えたのは、ある意味ホソオチョウが取り持つ縁で(もちろんUrabeさんのおかげですが)、その方が幸運だったような気がします。
狭山に行くのが楽しみになりました。お会いしたときにはよろしくお願いします。
Commented by ダンダラ at 2008-08-24 23:14 x
maedaさん、ここの環境はいかにも人里(しかも都会に近い)と言う雰囲気が一杯の、その意味ではとっても楽しい場所だと思います。
コメントをいただいたhirokouさんやUrabeさん、霧島緑さんがそこをテーマにするのも良くわかります。
少し歩けばほんとに色々な蝶や昆虫が様々な顔を見せてくれます。
最近ではアカボシゴマダラも進出してきたようですから、そんなことをテーマに人と自然の関わり合いを見ていくのにも良い場所だと思います。
私ももう少し足をつっこみたくなりました。
Commented by ダンダラ at 2008-08-24 23:19 x
蝶山人さん、♀は確かにそんな雰囲気ありますよね。ギフにも似ているし。
狭山丘陵は圏央道の入間インターからすぐだし、蝶山人さんなら何かのついでに立ち寄ることも出来ると思います。
次の機会にでも寄ってみるのも良いかもしれませんね。
Commented by ダンダラ at 2008-08-24 23:24 x
ヘムレンさん、断定は出来ないですが20年前のホソオが生き延びていたとはちょっと考えにくいと思います。
ここにコメントをいただいたUrabeさんや霧島緑さん、それに愛野緑さんなどがマイフィールドにされて何年も観察を続けていらっしゃいますから。
誰か飼育していて放したんではないでしょうかね、簡単に増えますから。
ご近所でも似た蝶を見かけたなら可能性は大いにありますね。放蝶する人は多分何ヶ所にも放したでしょうから。
蝶が好きと言っても蝶のことを何にもわかっていない人なんでしょうね。
Commented by ダンダラ at 2008-08-24 23:30 x
theclaさん、孫はいまがかわいい盛りですが、まだ一人では遊べないので相手が大変です。
たしかに我々は蝶が好きですから、新しい種類に接することが出来るのはうれしいですね。
ただ、釣り好きのブルーギルやブラックバス釣りたさの放流で、川や湖の生態系が混乱する例もありますので、やはり本来生息する蝶で楽しむのが一番なんでしょうね。
Commented by banyan10 at 2008-08-25 15:39
狭山でホソオですか。
放蝶は困ったものですが、近くで見れるなら一度行きたいですね。(^^;
遠いと限られた観察しかできないですからね。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2008-08-25 22:44
お祖父ちゃんなんですよね。ほのぼのとして良いなあ。ホソオとジャコウはセット物ですね。最近京都府に出撃しておりませんが、こんな写真見せられたら、飛翔写真を失敗覚悟で連写したくなりました。幼虫はいつもながら少しキモイですね。(笑)
Commented by ダンダラ at 2008-08-25 22:46 x
banyanさん、近くでホソオチョウが見られるのは単純にうれしいですね。
このチョウも日本に定着して30年以上になって、当初心配したほどジャコウなどに影響を与えていないように思えます。
ただ、今回の場所はウマノスズクサも限定的にしか生えていないので、そういった場所では注意して見ていかないといけないかと思います。
Commented by ダンダラ at 2008-08-25 23:14 x
のぞぴーさん、そうなんですよ。
最近では孫に「ジージーおいで」とか言われちゃってます。
ホソオチョウは、飛び方が緩やかで、コース変更もあまりしないから、ウスバシロチョウ以上に撮影しやすいですね。
しかも姿が優雅だから、撮影できると絵になりますね。
幼虫はそうですね。ま、こんなもんでしょう。
義母はホソオチョウの幼虫にはさわれますが、ジャコウの幼虫はダメみたいですよ。
Commented by kenken at 2008-08-25 23:47 x
こちらもジャコウの生息地にホソオが侵入ですが、うまく住み分けて両者生存しています。
ところで、写真の飛翔ジャコウは♀ですね。実は、ジャコウの夏型の♀の「透けた」美しさが好みで、撮影したいなぁと思いながら、まだ行けていません。
お孫さんを見つめる眼差しから、ダンダラさんの優しさが伝わってきました。
Commented by ダンダラ at 2008-08-27 08:58 x
kenkenさん、ホソオとジャコウが棲み分けて生存しているんですか。
それも面白い観察ですね。
ジャコウの♀はそういわれてみると他の黒系アゲハとは異質ですよね。
papilio属でないから当たり前だと思って特に意識はしていませんでしたが、そんなところにも気を付けてみるのはkenkenさんらしいですね。
Commented by たにつち at 2008-08-28 12:49 x
県内でホソオチョウですか。3化になるのでしょうか。
細々と残っていた、というのも考えにくいタイプのようですし、発生の原因は放チョウなんでしょうか。
何年も撮影していないので、会いたくなりました。
Commented by ainomidori443zeph at 2008-08-28 16:28
ダンダラ さん、
今度、場所教えてください・・・。

今日、私のフィールドへ出かけてみたところ、そこでも幼虫がいくつか見られてしまいました・・・。
食草が少ない場所なのでどうなってしまうのでしょうね。
Commented by ダンダラ at 2008-08-28 21:55 x
たにつちさん、基本的には3化だと思いますけど、卵から蛹まであって正確には何化か判らない感じです。
多分放蝶だと思いますが、以前は数年で見えなくなってしまったそうですから、一度見に行かれると良いと思います。
Commented by ダンダラ at 2008-08-28 21:57 x
愛野緑さん、了解しました。
そちらでも見られたのですね。狭山丘陵のウマノスズクサのあるところでは結構発生しているのでしょうか。
だとすると、発生を始めてからある程度日数が経っていると言うことでしょうか。
アカボシゴマダラと言い、ちょっと目が離せませんね。


<< 小畦川日記(2008/08/28)      ベニ・キベリ・ムモンアカ(20... >>