2007年 11月 09日

モンキチョウの飛翔

この週末は天気が悪そう。
私自身はと言えば、明日は勤務する高校の付属大学への入学試験。神経を使う仕事が一日がかりで、日曜はその後処理で午後から勤め。
そんなわけで雨はちっとも気にならないけど(すみません)、載せる写真が何もないのは寂しいので先日ルーミスから帰った翌日の日曜日(11/4)に自宅近くで撮った飛翔写真を何枚か載せておきます。
この日も午後から所用があったので、午前中に川原に行くとモンキチョウのペアが絡んでいる。こんな場合は同じような位置をゆっくり飛んでくれるので、飛翔写真の練習にと喜んで撮影した。
f0031682_23134966.jpg
NIKON D100、シグマ17-70(26mm)、シャッタースピード優先 1/2500,f5.0、中央部重点測光 ISO640

これは、一般的な白いタイプの♀。ふと横を見るともう一組が絡んでいる。よく見ると黄色の♀との絡みだった。
これは貴重なシーンだと、まずは少し離れたところからマクロつきのカメラでファインダーを覗きながら撮影。
動く蝶をファインダーで追いかけながらピントリングをまわして撮影するのは難しいけど、モンキチョウの絡みはホバリングしてくれるので何とかピントがあったのが撮れた。下が♀かな。
f0031682_23144323.jpg
NIKON D200、VR MICRO Nikkor ED 105 絞り優先 1/1600,f5.6、中央部重点測光 ISO400

その後飛翔用のカメラをかまえ直して撮影するが、かなり長いこと絡んでくれたので距離感をあわせる良い練習になった。これは♀に向かって♂が迫っていくところ。
f0031682_23162941.jpg
NIKON D100、シグマ17-70(26mm)、シャッタースピード優先 1/2500,f6.3、中央部重点測光 ISO640

こちらは♂が♀の下側から絡んでいる。モンキの場合はこのような形になることが多い。
f0031682_23193187.jpg
NIKON D100、シグマ17-70(26mm)、シャッタースピード優先 1/2500,f6.3、中央部重点測光 ISO640

こちらの一枚は♂の翅表に♀の翅の影が映って、迫力もあって結構良いかなという感じに撮れた。
もう少し露出がきちんとなっていれば良かったけど、広角で撮ると周囲の影響が大きくてそのあたりがかなり難しい。
f0031682_23205646.jpg
NIKON D100、シグマ17-70(26mm)、シャッタースピード優先 1/2500,f5.6、中央部重点測光 ISO640

by dandara2 | 2007-11-09 23:25 | 飛翔 | Comments(16)
Commented by ぴくぱ at 2007-11-10 01:03 x
見事ですね。動画だと気づかないことでもスティルだとここまで動きがわかるんですね。私も飛翔写真を撮りたいのですが、100枚撮って、使えるのが1枚あるかないかっていう確率です。一眼+マクロよりもコンデジの広角で狙うほうが良いのかな、なんて思っています。あとgyoromeっていうレンズにも興味津々です。
Commented by maeda at 2007-11-10 08:16 x
種と環境で広角かマクロか使い分けも重要なポイントのようです。
そう思いながらいつも広角のみでやってしまいます。
Commented by fanseab at 2007-11-10 09:58
シロチョウ類の飛翔シーンは、秋口の優しい日差しだと白トビも少なくて楽ですね。
冒頭の広角、なんとものどかな雰囲気が伝わってくる逸品です。
あと、4枚目に一票!葉の落ちかけた桜並木(?)と蒼い空が季節感タップリだと思います。
Commented by ダンダラ at 2007-11-10 22:23 x
ぴくぱさん、1眼+マクロとコンデジの広角、どちらもかなり難易度が高いと思いますよ。
飛翔写真は置キピンで撮ることが多いですが、望遠系のマクロだと蝶をフレームに入れること自体が難しいし、被写界深度も浅いのでピンボケも多くなってしまいますね。
コンデジの広角は良さそうですが、シャッターボタンを押してから実際に写るまでのタイムラグが大きくて、こちらもかなりの慣れが必要なように思います。
一番簡単なのが、1眼+広角(魚眼)だと思います。私も飛翔用にはこのセット(広角17-70)にしていますけど、今回はホバリングしてくれたという好条件もあって、70枚撮影して当たりが10枚ちょっとという感じでした。
Commented by ダンダラ at 2007-11-10 22:32 x
maedaさん、おっしゃる通りですね。
あまり広角だと蝶が小さすぎるので、最近は28mm位で撮ることが多いですが、マクロで撮れると良いですね。
私の場合、マクロがついているカメラは絞り優先なので、せっかくピントが合っていても動体ブレで使えないと言うことも結構あります。
常用感度が高いD300はその点でも魅力的です。
Commented by ダンダラ at 2007-11-10 22:51 x
fanseabさん、ありがとうございます。
1枚目は左側に少し写っていた桜並木をカットとしましたが、それによって広がりが出て、おっしゃるようにのどかな感じになりました。
生態写真の場合、風景写真と違って三脚を立ててじっくりというわけにはいきませんから、トリミングして自分のイメージに近づけるのが当然という気がしていますけど、このあたりの加減が難しいです。
Commented by cactuss at 2007-11-10 23:21
黄色雌との交尾飛翔は貴重な写真ですね。
マクロレンズで見事に飛翔を撮影されていますが、マクロレンズの焦点距離はどれくらいのものを使用したのでしょうか。50ミリ(実用100ミリ)マクロレンスで試したことはありますが、おっしゃる通り、蝶が画面に入らないことが多くて、あきらめました。
小生も現在は標準ズーム(14-54ミリ(実用28-108ミリ))を使用して、広角側で撮影しています。蝶の大きさによって、焦点距離を変えた方がいいのかななどと、試行錯誤を繰り返しています。
Commented by ダンダラ at 2007-11-11 09:00 x
cactussさん、黄色♀は交尾か産卵の時以外はなかなか気がつかないので、オッと思って撮影しました。撮影データを付けましたのでご覧下さい。
マクロでのノーファインダー撮影は難しいですよね。私はファインダーを覗いて、ピントリングをまわして撮影することが多いです。
広角での撮影ですけど、わたしも蝶によって距離を変えた方が良いのか、距離は一定で焦点距離を変えた方が良いのか試行錯誤中です、
とっさの操作しやすさと体に覚えさせる意味でも距離が一定の方が良いのかなとか思ってますけど、アゲハ類はなかなかシジミのような距離に近づけないので、その場その場でとっさに設定を変えているというのが本当のところでしょうか。
Commented by thecla at 2007-11-11 15:26 x
秋らしいモンキチョウの求愛飛翔画像になっていますね。
1/2500ですか、やっぱりこれくらいのシャッタースピードの方がシャープに止まるようですね。
つい、広角にも転用できる設定にしてしまいますが、飛翔なら飛翔と割り切って高いISO感度、高速シャッタースピードにしてみようと思います。
被写体がもうあまりいませんが(^^;
マクロレンズはリングを回す距離が長くなるので難しいですね。長玉だとリングを動かす距離が短いのでまぐれでピントが合う確率がちょっとだけ高い気がします。
Commented by kmkurobe at 2007-11-11 16:54
相変わらずすばらしいテクニックですね。掲載されているデータは大変参考になります。
もっとも実践は来年になりますが・・・・・
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-11-11 20:01
飛翔写真のコツを完全にマスターされていますね。なかなかの出来映えだと思います。色々と御教授願いたいです。SSは1/2000前後なんですか。天気が悪いと悪戦苦闘ですね。バックも意識されていて流石です。
Commented by ダンダラ at 2007-11-11 21:32 x
theclaさん、D100はコンデジを買った時に一時お蔵入りになっていたんですが、飛翔に関してはタイムラグの問題と画質の点でやはりデジイチに分があるので、復活させて今は飛翔専用です。
ただ、D100は秒3コマなので、かなり肝心なシーンを逃しているような気がしています。何とかD300を手に入れて気持ちよく飛翔写真が撮りたいです。
マクロで飛翔はかなり難しいですね。広角での飛翔が入門編だとすると、こちらは上級編という感じですね。
Commented by ダンダラ at 2007-11-11 21:37 x
kmkurobeさん、来年の実践開翅はヒメギフあたりになるんでしょうか、楽しみですね。
それまでにノーファインダーでの距離感をつかんでおかれると良いですね。
私も時々30cmとか50cmとか、近くのものにピントを合わせて距離感を確認していますけど、野外に出た時に結構役に立ちます。
Commented by ダンダラ at 2007-11-11 21:45 x
ノゾピーさん、マスターとはまだまだ縁遠いですが、たまたま今回はゆっくりと飛んでくれるシーンに巡り会えたので、いつもよりはピントの良い写真が撮れました。
SSは1/2000は欲しいところだと思います。1/1000ではよく見るとぶれていてシャープさに欠けることが多いです。
ISOを上げるとノイズとかの問題が出ますから難しいところですけど、ブレブレで悔しい思いをするよりは、ノイズが出ても写っている方がいいやと割り切ることにしています。
Commented by 虫林 at 2007-11-12 14:08 x
シャープな画像ですね。
以前は僕もシャッター速度1/1000くらいで撮影していましたが、おっしゃるとおりで、シャープに撮影するのであれば、1/2000くらいはあったほうよさそうですね。最近は僕も1/2000で撮影しています。でも、曇ったりすると、被写界深度が浅くなるので、苦労しています。
もっと明るい広角レンズ(F1.8 位)が発売されればよいのにな~。
Commented by ダンダラ at 2007-11-12 21:10 x
虫林さん、やはりそのくらいのシャッタースピードの方が確実ですね。
たしかにこのくらいのシャッタースピードだと、絞りが浅くなるので被写界深度の問題が出ますけど、明るいレンズでも暗いところでは絞り開放に近くなるだけで被写界深度の問題は解決せず、やっぱりISOを上げるしかないとおもいます。
新しいカメラでは、常用感度も高くなり、ノイズもかなり出にくくなっているそうなので(ニコンD3ではISO6400でOK・・でも高くて手が出ない)、そのあたりに期待でしょうか。


<< 小畦川散策、キタテハの休止場所      ルーミスシジミ、今シーズン最初の挑戦 >>