2007年 10月 21日

分散前のツマグロキチョウ

だんだん気温も下がってきたが今日は素晴らしい天気。
秋の蝶の締めくくりとしてツマグロキチョウを見に行くことにする。
ツマグロキチョウは開翅どうこうではないので、朝は多少ゆっくりと6時に起きて、のんびり朝食を摂り8時前に家を出て、目的地に着いたのは10時少し前。
頂上に少し雪をかぶった富士山がよく見える。
f0031682_21354364.jpg
ツマグロキチョウは♂がいたが全く止まらず写真が撮れない。周囲を歩き回っているうちにようやく♀と思われる個体が飛び出す。あまり飛ばずにすぐ止まるのでしつこく追いかけて撮影するが、地面近くの草の間に止まるので撮影しにくい。
f0031682_2136838.jpg
また、裏面の黒い線状はこういった草の間に止まると草の影に溶け込んで自分の体を分断し周囲に溶け込む効果があるようだ。迷彩と同じ効果だろうか。
f0031682_21362686.jpg

今回はとにかくツマグロキチョウをじっくり撮ろうと思っていたので、数少ないおとなしい個体を色々なシーンで撮影した。
こちらは広角ではなくマクロでやや距離を置いた空気感を狙ってみた。前翅の縁が少しのぞいて撮っている時は素晴らしい写真になりそうに思えたが、ちょっと意欲だけが先行してしまったか・・
f0031682_21365387.jpg

こちらは背景が枯れた草だったので逆光で狙って秋の雰囲気を出してみた。
f0031682_21371714.jpg
ツマグロキチョウの場合、順光ではなかなか良い写真になりにくいようで、今回も順光のものはあまり良い出来ではなかった。
それがわかっていたので、可能な限り逆光で撮影したが、この一枚は葉の表面の柔毛が光ってちょっと面白い写真になった。
f0031682_2137403.jpg

色々追いかけて撮影したが、全て静止写真ばかりなので吸蜜でもしないかと思っていると、12時近くなってようやくヨメナ(カントウヨメナ?)だろうか薄紫の花に来てくれたので期待以上の吸蜜シーンを撮影することが出来た。
f0031682_2138483.jpg

一通り撮影出来たので、飛翔写真にもチャレンジするが、コンデジの秒15コマで撮影したものはさすがというか結構それなりだったが、シャッタースピードが1/1000しか出ないのと、150万画素しかないのでやはり色々と限界を感じてしまう。
f0031682_21382686.jpg
こちらはD100のもの。画質はこちらの方が断然良いが秒3コマはやっぱり遅い。
f0031682_21384789.jpg
ツマグロキチョウを追っていくとやがて発生地を離れて行く個体がいくつか目についた。
これからどこか離れたところで越冬してまたここに戻ってくるのだろうか、どんな仕組みで発生地の場所を知るのだろう。

by dandara2 | 2007-10-21 21:40 | 越冬 | Comments(26)
Commented by nomusan at 2007-10-21 22:35 x
ツマグロキチョウ、綺麗ですね。この蝶毎年、特に秋型は「ちゃんと撮らなければ。」って思いながらほとんど撮っていません。3枚目の逆光&チラリズム画像、ええですね~。
Commented by ダンダラ at 2007-10-21 23:12 x
nomusanさん、そちらと違ってこちらはあんまり例外的な発生というやつがないので、淡々と季節に従って蝶を撮るだけです。
それでもツマグロキチョウはこちらでは絶滅危惧種でここの環境も数年前に比べるとかなり荒れてきました。いつまで見られるか心配な状況ですので、今日はかなり気合いを入れて撮影してきました。
Commented by kmkurobe at 2007-10-21 23:22
逆光の写真本当に秋の雰囲気でていますね。飛翔どちらも私には素晴らしすぎて評価の使用がありませんね。たしかにD100の描写違いますね。
Commented by ダンダラ at 2007-10-21 23:34 x
kmkurobeさん、本当はフジを背景にして撮りたかったのですけど、地面近くの草の間に止まるのでどうにもなりませんでした。
飛翔は難しいですけど、写っているとやったーという感じのうれしさがありますね。
でも写真の出来としてはまだまだで、もう少し厳しい目で見ないといけないと思っています。
Commented by maeda at 2007-10-22 06:21 x
広島の山間部には少なくなかったし、九州の頃は近場でいつでも見ていた蝶です。
よく考えてみるとあまり絵もありません。確かにじっくりと撮ってみたい蝶ですね。
写真を拝見してそう思いました。
Commented by ダンダラ at 2007-10-22 18:13 x
maedaさん、ツマグロキチョウやシルビアはカントウよりも関西の方が観察しやすいみたいですね。
ヒョウモンモドキもそうですが、まだまだ草原的環境がより残っているのでしょうか。
関東ではいつの間にかなかなかお目にかかれない種類になってしまいました。
一昨年会ったネットマンはクロシジミには目もくれずツマグロを狙っていて、そうなんだーと認識を新たにしました。
もっともその人が採集済みだっただけかも知れませんが。
Commented by 愛野緑 at 2007-10-22 22:26 x
逆光のツマグロはとても良い雰囲気ですね。

そういえば、ツマグロのポイントも知らないんです・・・(^^;
Commented by ダンダラ at 2007-10-22 22:57 x
愛野緑さん、ツマグロキチョウはもう少しすると移動してしまって見られなくなると思います。
来年の夏にでもご案内します。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-10-22 23:03
本当、秋の蝶もラスト近くになってきましたね。やはりツマグロキチョウは秋型の方が雰囲気出ますね。コンデジと一眼との飛翔比較も面白いです。何とコンデジ秒15コマなんですか。最近の機種は凄いですね。私のもそうですが、やはりISO感度を上げるとザラザラ感が出るようです。やはり一眼に軍配が上がりますね。近々D300が発売されますが、秒6コマだったでしょうか。購入したいカメラですね。下から3枚目の光と影の感じが好きです。
Commented by kenken at 2007-10-22 23:22 x
なんとも秋らしいシックな絵です。ツマグロはだんとつに秋型が好みです。
吸蜜シーンはたしかに期待以上ですね。えぇもんです。
このあたり、モンキチョウはいませんでしたか?
ツマグロとモンキの2ショットを私は以前から撮りたいと思ってまして・・・
Commented by chochoensis at 2007-10-23 12:27
ダンダラさん、「ツマグロキチョウ」の逆光写真が良いですね・・・5枚目の枯れた茎に止まっているのが秋らしくて素晴らしいですね・・・ここのところ、パソコンが不調で一週間休んでしまいました・・・。
Commented by banyan10 at 2007-10-23 17:14
僕も昨日は少しツマグロキチョウを撮影しましたが、短い時間でなかなか止まらないので、良い写真は撮れていません。
やはり時間をかけてじっくり撮らないと難しいですね。
黄色い蝶は逆光がいいですね。
Commented by cicada_nana at 2007-10-23 18:31
凄い~飛びものですよ~~しかも逆光が更に綺麗
今年はおかしな年で、私の住む地域では絶滅したはずなのに、あちこちで報告が入り
見に行くと確かに河川敷でツマグロキチョウが居るんです
でも止まらない、とびも惨敗でした
人為的なのか?心配です
何せ、人為的と噂される迷蝶が、ここではブームなんですから・・・・
Commented by ダンダラ at 2007-10-23 20:28 x
ノゾピーさん、そうですね。ツマグロはやっぱり秋型ですね。
なかなかお目にかかれないのが残念ですが、キチョウ並みにいたら逆に写真とらないかも知れないですね。
コンデジのこの設定は「翔」のAさんがかつて蝶の飛翔を撮られた設定に近いので、どんな写真になるのか興味を持って試してみました。
結果は、ピントはともかくチョウの姿がずらずらと並んだ結果を見てなるほどなるほどと感心しました。やっぱり秒15コマはすごいです。でも画質がね。
D300良いですね。なんとか・・・・
Commented by ダンダラ at 2007-10-23 20:33 x
kenkenさん、ツマグロはなかなかシックで絵になりますよね。
でもなかなか吸蜜に来ないので少々あせりました。というのは来る時に結構車が多かったので、これは帰りは渋滞するなと思ったので昼には切り上げるつもりだったからです。
ツマグロ一点のみ撮影出来ればさっさと引き上げるつもりだったので、これは吸蜜は無理かなと思った直後に撮影出来てうれしかったです。しかも花もきれいだったし。
ここにはモンキはいませんでしたね。キタキチョウは結構いて、狭い場所でも微妙に棲み分けているようでした。
Commented by ダンダラ at 2007-10-23 20:43 x
chochoensisさん、ご無事で何よりです (^_^;
ブログの更新がなかったので随分心配しました。
枯れ葉に止まっているこの子はこの日最高のべっぴんさんで、止まったところを見たら翅表の黒がすごくくっきりときれいで、思わずやったーと叫んでしまいました。
できあがった結果は今ひとつで、実はかなり不満なんです。枯れ葉に当たる光が少し強すぎたようです。
Commented by ダンダラ at 2007-10-23 20:47 x
banyanさん、この日は他には浮気をしないでツマグロのみを狙って行きましたので時間は結構ありましたよ。
狭い場所だから3時間もいるとかなりの枚数を撮影しました。でも後で見るともう少しというのが多いですね。いつものことですけど。
おっしゃるように黄色の蝶は逆光が良いですね。
Commented by ダンダラ at 2007-10-23 21:00 x
nanamiさん、飛翔写真の魔術師かと思っていましたが失敗されることもあるんですね。
こちらは♀のゆっくり飛ぶのを狙って撮りましたので何とかなりました。
ビュンビュン飛ぶ元気の良いのを撮ったらキタキチョウでした。(しかもピンボケ)
ツマグロは秋にかなりの距離を移動するみたいですから、今までいない場所でも見かけるチャンスはあるのではないでしょうか。もともと不安定な場所に生息する蝶だからそんな生き残り戦術を持っているんでしょうね。
ただ、人為的迷蝶は困りますね。愉快犯に振り回されているようで・・
でも近くにいれば行ってしまうでしょうね、それも情けないですが。
Commented by grassmonblue at 2007-10-25 07:47 x
逆光に吸蜜に飛翔とどれもきれいで、さすがですね。
ツマヅロキチョウ、出会えただけで満足の私でしたが、たしかに順光では良い写真がありませんでした。
Commented by ダンダラ at 2007-10-25 14:04 x
grassmonblueさん、この日はピーカンの天気で、順光はいかにも平板に見えたので逆光ねらいで行きました。
なかなかねらいどおりには行かないですが、いる場所はわかっていたので多少はそんなテーマを持つことが出来ましたが、初めての場合は撮るだけで手一杯ですよね。
それでもツマグロをはじめていって撮影するだけでも素晴らしいです、
Commented by 虫林 at 2007-10-25 22:37 x
今年も行かれたのですね。
その節はご案内いただき有難うございました。
ツマグロキチョウはやはり秋型が可愛いですね。
5枚目の写真は、この時期の色が出ていて雰囲気が素晴らしいです。
Commented by thecla at 2007-10-25 22:42 x
ツマグロキチョウは逆光だと綺麗ですね。
先日30年ぶりに出会いましたが、いつのまにか、わざわざ撮りに行かないといけない蝶になってしまったことを実感しました。
今度これだけを狙ってじっくり撮らないといけないですね。
Commented by ダンダラ at 2007-10-25 23:23 x
虫林さん、ここなら確実に撮れるので今年も行ってみました。ただ、だんだん他の植物が繁茂しはじめているのでそろそろ他の場所を探してみようかと思っています。
ツマグロはやはり秋型ですね。産卵、交尾は撮影しにくいので雰囲気で勝負ですね。
Commented by ダンダラ at 2007-10-25 23:25 x
theclaさん、30年ぶりの再会でしたか。でもそれらしい雰囲気で探し当てるとはさすがですね。
ツマグロもクロシジミ同様かなり危ないですから、チャンスを逃さずじっくり撮影しておく方が良いですね。
Commented by 霧島緑 at 2007-10-27 21:09 x
ツマグロキチョウ撮影おめでとうございます。
昨年同行させていただき、思うように撮影させてくれないこの蝶にもどかしさを感じたこと思いだします。
同日、私もツマグロ撮影にするか、クロツなどの撮影にするか迷いましたが、後者を選びました。ツマグロ行きを選択していれば、現地でバッタリなんて事があったかもしれませんね。
この日の富士は綺麗でしたね。
Commented by ダンダラ at 2007-10-28 00:17 x
霧島緑さん、同じ日に山梨にいらしていたのですね。
そういえば昨年はもう少し早い時期にツマグロ撮影にみんなで来ましたね。
11月からはムラサキ兄弟の方の撮影に入ろうと思っているので、ツマグロが移動する前に押さえておこうと思いましてこちらにしました。
富士山は初冠雪もあったりしてほんとにきれいでしたね。


<< 自宅付近のムラサキツバメ      秋の御三家、第2ステージ >>