2006年 10月 15日

完全休養日、青いヤマトなどなど

 先週はいつもちゃらんぽらんに仕事をしている私にとっては気の抜けない仕事が多く、精神的にタフな1週間だった。
 しかも昨日は息子の引っ越しがあったのだけれど、少しでも安く上げたいと言うことで、両方の親が母親は朝から、父親はそれぞれ勤務が終わってから手伝って結構夜遅くまでかかった。
 今日はミヤマシジミを狙って山梨の方に出かけるつもりだったのだけれど、朝は体がだるく起きられなかったので、自宅付近を軽く散歩する程度にとどめて家事の手伝いをすることにする。
 家の前の河原に出るとすぐにモンキチョウが産卵しているのを見つける。早速撮影しようとするが、風があるせいか産卵時間が極端に短い。
 そのせいで何度もチャンスがありながら、手応えがあったのはワンチャンスだけだった。
f0031682_0282324.jpg

次にシャッターを押した時は飛び立った後だったが代わりに産み付けられた卵が写っていた。
f0031682_0283146.jpg

新しいVRマクロのオートフォーカスが思ったより反応が遅いというのも原因のような気がする。今までだとこんなものと諦めていたのが、新レンズになって期待が大きいせいか、シャッターボタンを半押しした時点でピントが合っているのを期待してしまうがそれは無理のようだ。
 1秒少々の産卵時間では、アングルを決めてカメラをかまえ、シャッターボタンを半分押してフォーカスがあった時には飛び立っているというのが多かった。
 今日の散歩ではムラサキツバメを狙っていたのだけれど、1頭も見つからなかった。代わりに4.5頭のムラサキシジミを見つけるが、葉の茂みの間に静止していて翅を開く気配はなかった。
 カタバミの生えた一角にヤマトシジミが何頭も飛んでいる。家内が黒いけど青っぽいのがいるというので、取りあえず撮影してもらい見に行くとたしかに青い♀だった。
f0031682_038773.jpg

 この♀はその場で向きを変えて産卵を始めた。うっかりシャッタースピードを高く設定していたのを忘れてしまい、絞りが浅くてピントがぎりぎりだったが何とか写っていた。
f0031682_0382888.jpg

 その後も小一時間ほど歩くが、風のせいか何もいない。ようやくマリーゴールドの咲く庭の一角にツマグロヒョウモンの♂が来ているのを見つけ撮影する。
f0031682_039829.jpg

 昨年はすごく感激したこの蝶も今年は当たり前の光景になってしまって、隣で吸蜜していたアカタテハの方がうれしくて何枚も撮影してしまった。
f0031682_0391785.jpg


by dandara2 | 2006-10-15 00:25 | 産卵 | Comments(9)
Commented by 虫林 at 2006-10-16 01:18 x
もうすっかり完全な青ヤマトになっているのですね。小生が先日見たのはまだ移行段階のものでした。モンキチョウのシロチョウ独特のとんがった卵も面白く拝見しました。
以前、ダンダラさんとミヤマシジミの場所についてお話したとき、どうも話がかみ合わない部分に気づきました。もしかしたら、橋が1本違っているのかもしれませんね。
Commented by ダンダラ at 2006-10-16 23:06 x
虫林さん、埼玉南部でヤマトシジミがこんなに青くなっているのは意外でした。
結構早い時期から青い鱗粉がのってくることから考えると、単純に温度だけではないような気もします。
やはり日長時間なども影響しているのでしょうか。
ミヤマシジミについては、そのうち色々教えてください。
Commented by kenken at 2006-10-17 08:02 x
なんだか気にする前にヤマト♀、青くなっていますね。
他の皆さんのサイトでも青♀UPされているのを拝見し、驚いています。
まだ、そんなに寒くないんですが・・・

蛹を冷蔵庫で低温処理して青いのを出す実験をしている方もいまして、温度のファクターが大きいようではありますが、日長も少しは関係あるかもしれませんね。
Commented by ダンダラ at 2006-10-17 22:40 x
kenkenさん、昨年も意外と早い時期に撮影出来ているので、こんな時期が狙い目なのかも知れないですね。
冷蔵庫は手軽で良いですが、閉めれば真っ暗になるので、素人考えでは日長条件も加味した実験にはやや不向きのような気がしますね。
タイマーで照明をコントロール出来る定温(低温)庫があると良いですが、素人には手が出ませんし。
それに温度や明るさに感受性があるのがどの時期なのか、蛹でよいのか、前蛹なのか終令なのか、その辺のデータもないとなかなか難しいような気がしますが、その辺はきっともう報告されたものがあるのでしょうね。
Commented by ippo at 2006-10-18 07:20 x
ダンダラさん、おはようございます。
先日はご丁寧にありがとうございました。

もう青色の雌ですか?あれからもう一年なのですね。
間違わないように探してみます~(笑)

昨日、南下中のアサギマダラが庭のフジバカマで吸蜜していました。
翅に少し傷みがある♂でした。
例年より少し早いです。

(訂正すると日付が変わっていました)
Commented by ダンダラ at 2006-10-18 21:20 x
ippoさん、昨夜拝見したんですが、昨日は疲れてPCの前で半分寝てました。
そういえば昨年青いヤマトの件でやりとりをしてからそんなになるんでしょうか。
アサギマダラは移動中のようですね。先日家内も、都心で高速道路の横を飛んでいるアサギマダラを見たそうですが、お庭にフジバカマがあるとアサギマダラも寄ってくれるでしょうね。
山で見かけるのと違って、庭に来てくれるのって特にうれしい感じですね。
Commented by thecla at 2006-10-18 23:32 x
もう完璧に青いヤマトですね。このヤマトのおかげで、寂しくなったこの時期の楽しみもあるというものですね。今週末、家の周りで探してみます。今年の目標:自宅庭での青ヤマト♀!
Commented by ダンダラ at 2006-10-20 00:43 x
theclaさん、意識的に探すと見つからなくて、気にしていない時に見つかるものですね。
きれいなヤマトはたしかに探す楽しみがあって、自宅での青ヤマト♀・・どこまで青くなるのか、気にはなりますね。
Commented by miyagi at 2006-10-21 11:32 x
ダンダラさん アカタテハやツマグロヒョウモンは、こちらでも目立ちます。何回目かの羽化の時期なんでしょう。アサギマダラは帰ってきてもいいころですが、去年より遅いような印象です(^^;
やはり沖縄ではこれから春にかけて多く見られる蝶さんですね☆


<< 少々疲れ気味かな      ツマグロキチョウ秋型の撮影 >>