2018年 02月 02日

12月の八重山-4(タテハチョウ・シロチョウ:2017/12/23)

石垣島北部で撮影した蝶の残りは、シロチョウの仲間とタテハチョウの仲間。


ここにはアオタテハモドキの多い場所もある。

f0031682_11510683.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


オスの翅表のブルーは輝くようできれいだった。

f0031682_11510512.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_11510509.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


低温期型は裏面の模様が少し違うというので、裏面も一生懸命撮影するけど、止まるとすぐに開翅するので、きちんと撮るのは結構苦労した。。

f0031682_11510673.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


模様がややぼけたような感じかな。

そしたらメスが飛んできた。

この時期のメスは眼状紋が大きくて素晴らしくきれい。

f0031682_11510575.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


ただ、ちょっと吸蜜していただけですぐに飛んで行ってしまった。


イシガケチョウもモデルになってくれた。

f0031682_11510090.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


いつ見ても展翅したように翅をぴんと広げている。
f0031682_11510081.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


車に戻る途中では3頭のイシガケチョウが仲良く吸水していた。

f0031682_11510079.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


シロチョウの仲間で目についたのは、ナミエシロチョウ。

f0031682_11504554.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_11504486.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_11504428.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


この秋にはカワカミシロチョウが発生していたようなので、オスには注意したけど、みんなナミエシロチョウだった。
f0031682_11504573.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


クロテンシロチョウの姿は2009年に来た時よりも多かった。

f0031682_11505457.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_11505308.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


飛び回ってなかなか止まらない。

f0031682_11505408.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


少し暗い所を飛ぶので飛翔撮影も思うようにはいかなかった。

f0031682_11505468.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


ミナミキチョウをきちんと撮影したいと思っていたのだけど、いたのはキタキチョウとタイワンキチョウ。
これは前翅基部近くの黒点が3つあるからタイワンキチョウかな。
f0031682_11504441.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


まあ石垣島の北部だからしかたないのかもしれない。

ミナミキチョウの分布は今どうなっているんだろう。


熊谷さんが呼ぶので行ってみると、コウトウシロシタセセリが吸蜜していた。

f0031682_11510158.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


この少し前にも見つけたのだけど、素早くて逃げられてしまったので喜んで撮影する。

f0031682_11510016.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


シジミチョウはクロマダラソテツシジミが数頭いた。
f0031682_11505310.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


関東にいたら大喜びだけど、ここでは今一つテンションが上がらない。
それでもカメラはきちんと向けた。





by dandara2 | 2018-02-02 12:05 | Comments(10)
Commented by fushiginomori at 2018-02-02 14:57
アオタテハモドキ、雌の目玉模様がとても綺麗ですね。アオタテハモドキは敏感で撮り辛い蝶と記憶していますが。
コウトウシロシタセセリも鮮やかです。石垣でも見られるのですね。
クロマダラソテツシジミは12月でも低温期型でないようですね。
しかも新鮮な個体のようですが、気温が高いのでしょうか?
Commented by 里山の蝶便り at 2018-02-02 19:59 x
只々、うっとりの連続です。 撮り逸れのない”家内撮影”分にも、乾杯です。
Commented by field24k at 2018-02-02 22:42 x
南国のチョウ達、いいですね。アオタテハモドキ この目で見てみたいものです。
私は、N32°47′以南には行ったことがないのです。
Commented by ダンダラ at 2018-02-02 22:55 x
fushiginomoriさん、アオタテハモドキはおっしゃるように結構敏感ですね。とくに地面に止まることが多く、そんな時はある距離より近づくのが難しいです。
今回は吸蜜してくれたので、オスは撮りやすかったです。
クロマダラソテツシジミは低温期型も見られましたが、この場所ではこの個体だけでした。
気温は、この時期は晴れれば20℃以上になるので、関東の人間の感覚では低温期という感じではないですが、蝶にとってはどうなんでしょう。
Commented by ダンダラ at 2018-02-02 22:58 x
里山の蝶便りさん、ありがとうございます。
アオタテハモドキは関東では見られない色合いの蝶なので、撮影できると嬉しいですね。
家内の写真もお褒めいただきありがとうございます。
レンズとかいろいろ制約が多い(大きさ、重さとかの点で)中で頑張ってくれていると思います。
Commented by ダンダラ at 2018-02-02 23:02 x
field24Kさん、ありがとうございます。
ブログも拝見しました。
素晴らしい写真がたくさん並んでいますね。
特に、昨年の6月に撮影されたヒサマツメスの写真にはうっとりしました。
今後もお邪魔させていただきます。
Commented by 22wn3288 at 2018-02-03 08:44
アオタテハモドキ の吸蜜が綺麗ですね。
地面に止まることが多いように思いますが。
コウトウシロシタセセリ も綺麗に撮られていて
感心しました。
Commented by Akakokko at 2018-02-03 18:10 x
アオタテハモドキがとても綺麗ですね。
足立植物園でしか見たことがないので、野生の姿を見たいと思っているところです。
Commented by ダンダラ at 2018-02-04 10:46 x
旅友さん、ありがとうございます。
アオタテハモドキの吸蜜ってなかなか撮影のチャンスがないですよね。
コウトウシロシタセセリは、その前に逃げられていたので良かったです。
こっちの方が少しだけきれいでした。
Commented by ダンダラ at 2018-02-04 11:12 x
Akakokkoさん、ありがとうございます。
アオタテハモドキは見やすいポイントもいくつかあって、撮影しやすい蝶だと思います。
時間が取れて、行かれるチャンスがあるといいですね。


<< 小畔川便り(立春の日の蝶たち:...      12月の八重山-3(2017/... >>