2017年 12月 03日

小畔川便り(2017/11/23-26)

11月23日は朝のうちは雨だったけど、昼頃から晴れたのでムラサキ兄弟の様子を見に行く。

ムラサキツバメの5頭集団とムラサキシジミはそのままだった。

f0031682_18110800.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300


歩いていたら、すごくきれいなムラサキシジミがツバキの葉の上で翅を開いていた。

f0031682_18110845.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


少し移動して翅を開く。
光線の加減でぎらぎら輝く中にも、微妙な色合いの変化がすごくきれいだ。

f0031682_18110825.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


この翅の様子がきちんと写真に撮れるだろうかと思いながらシャッターを押す。
こんな思いはめったに感じたことがない。

24日は朝から晴れで、気温も10℃以上ある。。
10時過ぎにムラツの集団の様子を見に行くと、飛び出したのか2頭のムラサキツバメが残っていて、ムラサキシジミはそのままだった。

f0031682_18110822.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300


ほかの様子を見に行くと、ムラサキシジミが飛んできて、枯れ葉の間に止まった。

f0031682_18110787.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


もしかしたらここが塒になるかと期待する。

きれいなムラサキシジミが降りてきて翅を開いたけど、前日の個体とは違うような気がする。

f0031682_18105866.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


家内がテングチョウが翅を開いているという。
えっまたテングチョウと喜んで撮影。

f0031682_18105832.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


様子を見ていると、この木の周辺を飛び回ってやがて日陰側の枝の間に静止した。

f0031682_18105829.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


もしかしたらここで越冬してくれるからな期待する。


25日、テングチョウの様子を見に出かける。

前日と同じ場所に止まっていた。

ムラサキシジミのメスも翅を開いている。

f0031682_18105930.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


撮影していたら、banyanさんがお見えになった。

先日のムラサキシジミの越冬集団は数が多くなっているようだ。

f0031682_18105819.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300


後で写真を確認すると、10頭いるように見える。

テングチョウの越冬場所と、ムラサキツバメの集団越冬の場所に案内するけど、テングチョウはその時にはいたけど、しばらくして再度見に行くと飛び出してしまっていた。

ムラサキツバメの5頭集団とムラサキシジミはそのままだった。

f0031682_18104806.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300



26日は25日よりも暖かいけど少し風がある。

10時半くらいに行ってみた時は、ムラサキツバメの5頭集団はばらけて2頭になっていて、ムラサキシジミの1頭はそのままだった。


f0031682_18104968.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300


足元のイチョウの枯れ葉にムラサキシジミが降りてきて翅を開いた。

f0031682_18104969.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


イチョウがもっと色鮮やかだったらいいのに少し残念。

少し移動すると、ツツジの葉の上でムラサキツバメのメスが翅を開いている。

f0031682_18104964.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ムラサキシジミの集団のところで1頭が翅を開いていた。

f0031682_18105082.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300


集団の様子はよくわからないけど、写真を撮って確認すると9頭いるようだ。

ムラサキツバメの集団のところに戻ると、1頭が飛んできて目の高さに止まった。

f0031682_18104836.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


オスだといいなと思いながらカメラを向けていると、やがて翅を開いた。

f0031682_18103726.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


メスだった。

集団を見ると3頭になっていた。

f0031682_18103856.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300


見ていると、もう1頭戻ってきて隣のムラサキシジミのいた葉に止まった。

f0031682_18103855.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300


ムラサキシジミはどうなってしまったかと思ってみていると、飛んできたムラサキツバメが集団に合流しようと移動して、陰にいたムラサキシジミの姿が見えた。

f0031682_18103829.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300


やがて合流して、ムラツの4頭とムラシの1頭の集団になった。

f0031682_18103908.jpg
ニコン1V3 ニッコール55-300



by dandara2 | 2017-12-03 18:35 | 越冬 | Comments(6)
Commented by Garuda→あーとまん at 2017-12-05 01:11 x
ムラサキツバメなら普通ですが、ムラサキシジミの10頭集団というのは、見たことも無ければ聞いたこともないですねえ。凄いです、見てみたい。
Commented by 22wn3288 at 2017-12-05 08:27
ムラサキシジミが綺麗ですね。
光の当たり具合で微妙に違って輝くので、綺麗だなと思う瞬間がありますね。
写真に上手く表現出来ているかどうか、と思うこともありますが・・・
お写真はとても綺麗です。
Commented by naoggio at 2017-12-05 11:30 x
越冬蝶がまだかなりアクティブな状態のこの時期、
毎日の観察が楽しそうですね。
複数の越冬ポイントを押さえているとあそこはどうなっているだろう?と思いながら回って見て歩くだけで大いに楽しめそうです。
2〜3枚目のムラシ、本当に見事ですね。
撮影する時どきどきされたお気持ちがよく分かります。
あーとまんさんもおっしゃっておいでですがムラシの10頭集団というのもすごいですね。
Commented by ダンダラ at 2017-12-05 21:54 x
Garudあーとまんさん、ムラサキシジミはあまり越冬集団を作る習性はない感じですが、ここでは昨年も8頭集団が見られましたので興味深いです。
ただ、ここの集団は今日のような暖かい日には飛び出してサザンカに来たりしているので、数の変動が結構あります。
まだ、ほんとの越冬集団とはちょっと違う感じです。
Commented by ダンダラ at 2017-12-05 21:56 x
旅友さん、ありがとうございます。
ムラサキシジミの翅表も、ムラサキツバメのオスの翅表同様、光線の当たり具合でかなり変化しますね。
いつものことですが、写真よりは肉眼の方がきれいに見えますね。
Commented by ダンダラ at 2017-12-05 22:00 x
naoggioさん、12月中は気温もそれほど低くなく(今年はちょっと違う感じですが)、越冬蝶たちもかなり動きがありますね。
このムラシは本当にきれいでした。
ただ性格的にあまりこだわって撮影できないので(技術がないとも言いますが)、予想通り完全には表現しきれませんでした。
今日は10頭集団以外にももう一つムラシの越冬集団を見つけたんですが、とても撮影しにくい場所で、ピンボケ写真しか撮れませんでした。


<< 小畔川便り(サザンカでの吸蜜-...      小畔川便り(ムラツとムラシの越... >>