2017年 11月 11日

小畔川便り(そろそろ冬支度?:2017/11/2,3,5)

11月2日は朝から晴れて気温も20℃を超えた。
けれども蝶はほとんど出てこなくて、ドングリのあるカシの木の上を飛ぶだけ。


もう一か所の方に行くと、ムラサキシジミが日光浴をしていた。

f0031682_17352135.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


こちらの場所は11時過ぎから日が当たるので、その関係だろうか。

ムラサキツバメが1頭ドングリの下の葉で静止している。

f0031682_17352293.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


もしかしたらこの辺りで越冬態勢をとってくれないかと思って撮影。

近くでもう一頭が翅を開いた。

f0031682_17352266.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


それ以上の姿が見れないので、車の方に戻る途中、人家の生け垣で白いサザンカが咲いている。

何かいないかと横目で見ながら歩くと、ちらっと動く影。

見るとテングチョウだった。

花に止まったと思うとすぐに離れて、落ち着きがなくて写真が撮れない。

それでもようやく写真が撮れた。

f0031682_17351379.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


近くの葉の上にムラサキシジミも止まっていた。

f0031682_17352146.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


こちらも飛び立って花の近くに止まる。

f0031682_17352268.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


光線の加減で紫がうまく出ないけど、なんとか花と一緒に写すことができた。


翌3日も晴れで、やはり20度を超える気温。
今日もムラサキ兄弟の数は少ない。

台風で飛ばされてしまったのだろうか。

それでもムラサキシジミのメスが1頭降りてきて翅を開いてくれた。

f0031682_17351313.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


そうこうしていたら、テングチョウが飛んできてツバキの葉の間に止まった。

時間はまだ10時半くらいだけど、もう活動休止かなと思ってカメラを向ける。

f0031682_17351235.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


少ししたら飛び立って、翅を開いた。

f0031682_17351233.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


そしてまた飛び立って、今度はサザンカの葉の間に潜り込んだ。

ここは例年ウラギンシジミの越冬が見られるところなので、もしかしたらここで越冬するかもしれないと期待しながら証拠撮影。

f0031682_17345608.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


11月4日は下の記事のように、秩父にクロツバメシジミの撮影に行く。

5日、まだテングチョウはいるかなと期待しながら公園に行く。

すぐにカシの葉の上で翅を開いているムラサキシジミが見えたので喜んで撮影。

f0031682_17345514.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


比較的傷みの少ないメスだった。

光線の角度で翅の色は本当にいろいろ変化する。

f0031682_17345642.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


テングチョウはまだそのまま越冬態勢だった。

f0031682_17345563.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


そこにbanyanさんが見えたので、テングチョウが止まっていますよとお教えする。

近くにアカタテハが飛んできて翅を開いた。

f0031682_17345502.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


ムラサキシジミが飛んできて葉の間に潜り込もうとしたがすぐに飛んでしまった。

f0031682_17342202.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


ウラギンシジミも葉の裏に止まって、このまま越冬するのかなと期待する。

f0031682_17342308.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


キタキチョウがツツジの生け垣の周りを探るようにして飛んでいるので、どこかに潜り込むかなと見ていたら、期待した通りツツジの葉の裏に止まった。
f0031682_17592198.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


車に戻る途中で、もう少し様子を見ると、クズの葉の上でムラサキシジミが翅を開いていた。

f0031682_17342342.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


ムラサキツバメが2日と同じような場所に止まっている。

f0031682_17342300.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


ムラサキシジミも葉の間に潜り込むようにして止まっていた。
f0031682_17342273.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


3頭を確認したけど、まだ緑葉上なので、越冬場所という感じではないようだ。

そろそろ越冬態勢に入るものもいるかなと期待したけど、この後も気温の高い日があって、結局この日に観察したもので越冬に入ったものはいなかった。



by dandara2 | 2017-11-11 18:05 | 越冬 | Comments(13)
Commented by naoggio at 2017-11-12 09:38 x
1枚目のムラシ♂、傷みのない綺麗な個体ですね。近所の散歩でこんなのに出合えるなんていいですねえ。
ドングリの下のムラツがまたとてもいい感じです。
サザンカの花で吸蜜するテングチョウも面白いです。
サザンカが越冬蝶たちの貴重な吸蜜源になっているのがよくわかります。
次第に静止個体が増えてきて、本格的な冬仕度となっていくんですね。
Commented by himeoo27 at 2017-11-12 14:16
最初のムラサキシジミは「そろそろ冬支度?」と
「?マーク」を付けたことを納得できる綺麗な雄
個体ですね!

こちら見沼田んぼでも今年はムラサキシジミが、
そこそこ発生しています。
Commented by banyan10 at 2017-11-12 15:32
テングチョウではお世話になりました。移動してしまったのは残念ですね。
白いサザンカの吸蜜もいいですね。
ムラシは最初の個体が綺麗ですね。
今年はなかなか低い位置で撮影できないですが、こういう個体が居るのが分かると期待したくなります。
Commented by ダンダラ at 2017-11-12 21:13 x
naoggioさん、この時期はおかげさまで自宅近くで楽しめるのでうれしいです。
今年はドングリが豊富なので、今までにない感じの絵が撮れていいのですが、個体数が少ないので、毎回かなり苦戦しています。
サザンカは例年の場所の花はまだまだ咲きそうもないのですが、人家のものは品種にもよるのか早く咲きますね。
ここ数日の寒さで、越冬態勢に入りそうな個体が増えてきました。
Commented by ダンダラ at 2017-11-12 21:15 x
ヒメオオさん、今年は蝶が越冬態勢に入るのが若干遅いような感じがするのですがそちらでは如何でしょう。
こちらでの蝶の数は例年とそう変わりないように思うのですが、撮影しやすい場所に来てくれないので、かなり苦戦しています。
Commented by ダンダラ at 2017-11-12 21:17 x
banyanさん、テングチョウは残念でしたね。
数日暖かい日が続いた関係でしょうか。
白いサザンカの花はその後も気にしてはいるのですが、この時だけのチャンスだったようです。
おっしゃるように今年は撮影しにくいですね。
後はサザンカの花が咲くころに期待する感じでしょうか。
Commented by yurinBD at 2017-11-13 06:56
ムラサキシジミ、ムラサキツバメともに綺麗な個体ですね、表翅の色合いが美しく出ていますね!
サザンカとテングチョウのコラボは初めて見ました、この組み合わせもあるのですね。
テングチョウ、ウラギンシジミ、キタキチョウとそれぞれ越冬場所を定めている様子が興味深いですね!
Commented by nihon-burari at 2017-11-13 10:28
(2)日本ブラリ
お知らせ!
以前、旧日本ブラリにてフィルム時代の写真をアップさせていただくと
ご案内させていただきましたが日本ブラリ休止のため一時中断しておりましたが、この度、日本ブラリ2として帰ってまいりましたのでぼちぼちとアップさせていただきます。
まずはモノクロから始めリバーサル時代の写真までアップさせていただきます。
スキャナにてフィルムをデータ化しているため、非常に時間が掛かるため
気長にお待ちくださいますよう、よろしくお願いいたします

Commented by ダンダラ at 2017-11-13 15:38 x
悠凜さん、ありがとうございます。
この時期、きれいな個体が翅を開いてくれると嬉しいですね。
テングチョウは、春先にはウメなどで吸蜜するのを見たことがありますが、越冬前のこの時期の吸蜜は私も初めてのような気がします。
越冬場所はまだ流動的ですね。
なかなか落ち着きません。
Commented by 22wn3288 at 2017-11-14 08:19
山茶花の花とムラサキシジミ、テングチョウ のコンビは素敵ですね。
お互いが引き立ちます。
Commented by kenken at 2017-11-14 12:31 x
ご無沙汰いたしております。
11/2は気温の高い晴れでしたね。
ムラシやムラツは気温高めですとなかなか樹上から降りてこないと考えております。
この日ですと、樹上活動個体と地表近くへの降下個体とでは、樹上のほうが多かったのではないでしょうか。
1つ前のクロツはツメレンゲの花の咲き具合が良いですね。
新鮮なクロツと咲き始めのツメレンゲの構図は、分かっていてもなかなかゲットできないので、良いものを見せていただきました。
Commented by ダンダラ at 2017-11-14 17:32 x
旅友さん、ありがとうございます。
これからは普通の赤いサザンカが咲いてくるのですが、白いサザンカに蝶が来たのを撮影できたのは初めてです。
赤は派手でいいですが、白もほんのり赤が入ったりしてなかなかいいですね。
Commented by ダンダラ at 2017-11-14 17:38 x
kenkenさん、気温とムラサキの関係はおっしゃる通りだと思います。
その日の気温や風の向きなどで、どの場所に行ったらいいかなと考えるのですが、なかなかドンピシャというわけにはいきませんね。
クロツとツメレンゲは両者の鮮度が一致するのは難しいですね。
この時も新鮮な個体は1,2頭で、なかなか思うようには撮影できませんでした。
でもこの時期に撮影できるのは貴重ですね。


<< 小畔川便り(ムラサキシジミ:2...      クロツバメシジミ(2017/1... >>