2017年 06月 10日

オオルリシジミとスミナガシ(2017/5/29)

5月30日は"森林里山巡り"の morrieさんとオオルリシジミ狙いで東信に出かけた。

21日には観察会があって、すでに発生していたようだから、それから10日もたっているからどうかなという気もしたけど、アリの巣で蛹化する蝶だから、あまり気温の影響を受けないで出てくる個体もいるのではないか、あるいは産卵が撮影できるかなと思っていくことにした。

周辺にはウラギンヒョウモンの数が多い。

f0031682_10460046.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ここのはサトウラギンヒョウモンではないかと思うのだけど、確定的なことは言えないから、とりあえずはウラギンヒョウモンとしておく。

f0031682_10460027.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


アカツメクサで吸蜜していて、明るい雰囲気でお気に入りの写真になった。

f0031682_10460012.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


オオルリシジミの方は探し始めて最初の1時間くらいは全く見られず、これはやっちゃったかな。
自分一人ならいいけど、わざわざ人を案内してきたのに申し訳ないなと思って、結構真剣に周囲を探した。


ようやくクララの周囲を飛び回るオオルリシジミを発見。

メスにオスが絡んでいるようで、morrieさんに声をかけながら撮影した。

f0031682_10455978.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


オスの翅表とメスの翅表の違いがよくわかる写真が撮れた。

f0031682_10460010.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


その後周囲を探すと何頭かのオオルリシジミが見つかった。

f0031682_10455224.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


クララの花穂はかなり伸びているような気がした。

f0031682_10454742.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


やはり少し遅かっただろうか。

f0031682_10454708.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


遠くの山にはうっすらと雪が見えたりしたのだけれど、これではわかりませんね。

f0031682_10454731.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ハルジオンで吸蜜する個体。
f0031682_10455312.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


アカツメクサで吸蜜する個体。

f0031682_10455365.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


期待した通り、産卵する個体もいた。

f0031682_10455250.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


偶然クララの周囲を飛ぶ瞬間も撮れていた。

f0031682_10454737.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


この後、1J5を落としてしまう。
液晶画面が割れてしまい、修理費を考えるとそのまま使うのをやめようかと思ったけど、使い勝手がいいので、やっぱり修理して使うことにした。
落ちないような工夫もいろいろすることにして、修理が上がってきたらばっちりだ…と思う。

その後スミナガシのテリハリ狙いで、今年何度もツツジに来るアゲハを撮影した場所に行く。

15時過ぎにテリハリに来るというのだけれど、平日だと孫が学校から帰ってくるので、どうしてもその前に帰らなければならずまだ撮影できていなかった。

今日は家内は家にいるので、時間を気にせずに待っていられる。

時間前についたので雑談などをしながら待機して、さあということでテリハリ場所をのぞいてみると、期待した通り、スミナガシがテリハリに来ていた。

f0031682_10454110.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


嬉しいことにまだ痛んではいなかった。
ただ、カメラやレンズの違い、光線の角度でかなり色合いが異なる。
f0031682_10454200.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


とりあえず止まっているところが撮れたので、飛び出すところを狙ってみた。
f0031682_10454190.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


f0031682_10454173.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


かなり近くで翅を開いてくれた。
f0031682_10454070.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この日は3頭のスミナガシが現れて、3頭のスミナガシとアオバセセリがスクランブルをするシーンも見ることができた。

今年は半分あきらめていたスミナガシの開翅が撮れてよかった。

morrieさん、いろいろありがとうございました。



by dandara2 | 2017-06-10 10:56 | 配偶行動 | Comments(4)
Commented by fushiginomori at 2017-06-11 06:05
オオルリシジミ、この時期に雄が撮れたのはさすがに強運ですね。
私は数年前に観察会に参加しました。5日程前だったと思いますが、雄はかなり傷んだ1頭のみでした。
説明してくれた方が、時期が遅くなると雌ばかりになると話されていました。
スミナガシも綺麗に撮られていますね。とても”和風”な蝶だと思います。
Commented at 2017-06-11 06:06
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ダンダラ at 2017-06-11 14:37 x
fushiginomoriさん、オスはこの一頭のみで、単独の個体は見つからなかったので、運がよかったのかもしれません。
確かに時期が遅くなるとメスが多くなるのでしょうね。
メスは吸蜜とか、産卵とか、今度のような配偶行動とかいろいろなシーンを見せてくれるので、オスよりは被写体として好きですが、鮮度が心配でしたが、それも何とかなって、時期遅れの撮影行としてはまあまあの成果でした。
スミナガシも鮮度が心配でしたが、こちらもクリアできて、案内係としては合格だったように思いました。
Commented by ダンダラ at 2017-06-11 14:38 x
鍵コメさん、了解しました。
良い成果があるといいですね。


<< 小畔川便り(近くのゼフィルスた...      クモマツマキチョウ(2017/... >>