2017年 03月 13日

小畔川便り(モンキチョウの交尾など:2017/3/8.9)

3月8日は6.7日と続いた曇天、小雨がようやく上がって日が射した。
ただ、冬型の気圧配置で気温も10℃位。

川原では、モンキチョウが2.3頭

他にはキタテハが数頭、ベニシジミが一頭

f0031682_15050112.jpg
ニコン1J5 ニッコール10-30


モンキチョウの不活発な個体がいたので、いつものようにその前でカメラを構えて、別の個体がちょっかいを出すのを待ち構える。

期待通りに絡んでくれた。

f0031682_15050270.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_15050240.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


時々追飛もしているので、なんとか撮影しようと頑張るけど、なかなかうまくいかない。

一度だけ少し長いこと追飛してくれたので撮影できた。

その時撮影した画像を3枚並べたけど、どれも帯に短したすきに長しという感じ。

f0031682_15050131.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

f0031682_15045219.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

f0031682_15045300.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


最後の写真で、上の個体が切れていなければ一番良かったように思うけどどうだろう。

モンキチョウは、この前2輪咲いていたカントウタンポポで吸蜜してくれたけど、花茎が伸びてきたし、1輪は花が終わって下に倒れている。
この後綿毛ができて、また上を向くんだろう。

f0031682_15045369.jpg
ニコン1J5 ニッコール10-30


ハナニラでも吸蜜してくれた。
f0031682_15045305.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ハナニラではなかなか吸蜜しなくて、前を通るたびに気にしていたのだけど、この時はメスが来てくれて、数秒間吸蜜してくれたので写真が撮れた。


カラシナも咲き始めていて、メスやオスが吸蜜に来ていた。

f0031682_15045275.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_15044646.jpg
ニコン1J5 ニッコール10-30


もうじき花がたくさん咲いて、モンシロチョウやモンキチョウでにぎわうだろう。

f0031682_15044745.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


3月9日は朝は気温が低かったけど昼ころには暖かくなってきた。
8日で、モンキチョウの写真もかなりの部分が撮れたような気がしたので、この日は川原の他の場所の様子も見ることにする。

いつもよりも500メートルくらい上流から歩き始める。
上流は東向きの土手で、写真の橋より先で流れは右へ折れて、土手は南向きになる。

f0031682_15044722.jpg
ニコン1J5 ニッコール10-30


上流側では何もいなかったけど、橋より先の部分では1か月くらい前からモンキチョウが出始めている。

この日もいつもの場所に行くと早速ベニシジミが出てきてくれた。

f0031682_15044782.jpg
ニコン1J5 ニッコール10-30

f0031682_15044631.jpg
ニコン1J5 ニッコール10-30


撮影していたら、家内がジャコウアゲハの蛹のあるエノキ近くでうろうろしたままなかなか来ない。

撮影が一段落して家内のほうに行くと、コゲラがいて熱心に虫を探しているので、ゴマダラチョウの幼虫が食べられたりしないように見張っていたとのこと。

f0031682_15044142.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

コゲラは虫探しに熱心で、手の届くほどの近さに来ても逃げなかったそうだ。

ゴマダラチョウの幼虫は無事だった。

f0031682_15050101.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


歩いていたらモンキチョウの交尾ペアを見つける。

f0031682_15044254.jpg
ニコン1J5 ニッコール10-30


広角で撮影し、家内に場所を譲って見ていたら、オスが飛んでくるのが見えたので、「絡むよ」と話をして、なんとか撮影することができた。

f0031682_15044185.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_15044219.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


自分もカメラを構えていたらよかったけど、とっさには撮影できなくて、その後しばらく待ったけど、とうとうチャンスは訪れなかった。

帰りがけに、自宅前の土手でもモンキチョウがいた。

f0031682_15044143.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


だんだんと広い範囲で見られるようになると嬉しい。




by dandara2 | 2017-03-13 16:27 | 交尾 | Comments(8)
Commented by himeoo27 at 2017-03-13 20:59
最初の越冬明けの「キタテハ」の飛翔シーン
翅がシータテハのようにシャープな形状で、
背景も上手くボケて良い感じですね!
Commented by ダンダラ at 2017-03-13 22:10 x
ヒメオオさん、ありがとうございます。
キタテハの飛翔はスピードも速く、撮影が難しいですが、飛び立つところは機材の進歩で撮りやすくなりましたね。
それでもうまくいかないことが多いんですが、たまたまうまくいきました。
Commented by yurinBD at 2017-03-14 20:02
冒頭のキタテハ、飛翔姿をバッチリ捉えられておられ素晴らしいですね!背景の木がとても良いポイントになっていますね~♪
モンキチョウが様々な花で吸蜜し、春を感じます。
広角のお写真が素敵です。
交尾シーンも撮影され、これだけ撮れれば嬉しいですね~♪
Commented by ダンダラ at 2017-03-15 08:27 x
悠凜さん、ありがとうございます。
うまいことタイミングがあってくれました。
ここの土手もいろいろな花が咲くようになりましたが、なかなか思ったような写真が撮れません、まあいつものことですけど。
モンキチョウの写真では、交尾が残ったかなと思っていたので、撮影できてよかったです。
あとは産卵シーンですが、なぜかまだお目にかかっていないんですよ。
他の蝶が出てくるまでに撮影したいとは思っていますが、今年はここにきて春の進みが遅くなってしまいましたね。
他の蝶の出現も気になる時期になった来ましたね。
Commented by naoggio at 2017-03-15 10:46 x
モンキチョウの追飛3枚の写真ですが、私だったらどれでもヤッター ! となりますね。
確かに3枚目が切れていなければ最高だったかもしれませんが。
10枚目のカラシナのメスも雲がきれいでとてもいいですね。
ゴマダラチョウの幼虫、無事で良かったです。
今年はまだ蝶の交尾を見つけていません。今週末も野暮用が多いのでどうなりますか。
Commented by ダンダラ at 2017-03-15 22:32 x
naoggioさん、ありがとうございます。
なまじ3枚も写っているからどれがいいかなと見比べてしまって、欠点が目立ってしまうのかもしれませんね。
カラシナのメスの写真は、おっしゃるように雲がポイントだと思いますが、蝶が土手の線と重なってしまったのがどうかなと思ってしまいます。
もう少し下から撮って、蝶が青空の中に入るようにもしてみたんですが、そうするとこんどは蝶の向きが不自然なような気がして…
ここにきて気温が低く、天気も悪いので、蝶の発生は少し遅れ気味になるかもしれませんが、少しでも撮影できるといいですね。
Commented by たにつち at 2017-03-22 13:04 x
ご無沙汰しております。
前の記事に失礼しますが、ホソオチョウこんなに早く出るんですね。アゲハチョウ科としては、もっともはやいですね。
これはうかうかしてられません!
Commented by ダンダラ at 2017-03-22 19:17 x
たにつちさん、お久しぶりです。
ホソオチョウは群馬でも発生しているようですね。
cactussさんのブログに載っています。
なんでも韓国では一番早く発生するそうで、おっしゃるようにアゲハチョウ科では一番早い発生ですね。
もしギフチョウがこの土手にいれば、どっちが早いでしょうね。
そんな夢みたいなことがあればいいですが。


<< 小畔川便り(ホソオチョウオスと...      小畔川便り(モンシロ、ホソオ初... >>