2016年 12月 16日

小畔川便り(ヒメアカタテハの産卵:2016/12/11.12)

ムラサキ兄弟の話ばかりでは書くほうも飽きてくるので、順序を少し入れ替えて・・・

12月11日は晴れてはいるけど風が強く、気温も低い。
こんな日は公園に行っても越冬蝶は越冬場所から出てこないので、川原の非越冬蝶の様子を見に行く。

南向きの土手で北風をある程度遮ってくれるので、こんな日でも晴れてさえいれば多少の蝶は活動してくれる。

行ってみるとヒメアカタテハが飛び出してヨモギに関心を示して飛び回っている。

f0031682_14201345.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

f0031682_14201325.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

f0031682_14201226.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


産卵を始めた。
f0031682_14202848.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_14202883.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


ヨモギの丈が低く、周囲の枯れ草で尾端がきちんと撮影しにくく悪戦苦闘する。

f0031682_14202724.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


家内も頑張ってくれた。

f0031682_14202118.jpg
家内撮影 ニコンD5500 シグマ18-250マクロ

f0031682_14202168.jpg
家内撮影 ニコンD5500 シグマ18-250マクロ


卵の写真も撮らなくちゃと葉を裏返してみると2卵も生まれていた。
(この時の産卵写真はうまく撮れていなかった)

f0031682_14202774.jpg
オリンパスTG-4


大きく撮ろうとカメラを近づけるとカメラの陰になってしまいうまく撮れない。

f0031682_14202200.jpg
オリンパスTG-4


冬の撮影は難しい。
何度もチャレンジしてもうまくいかなかった。


翌12日は風はないけど気温が低くうす曇り。
公園に行っても出てくる蝶はいなかった。

川原に出ると今日もヒメアカタテハが産卵場所を探して飛び回っている。

f0031682_10575261.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


飛んでいる下にヨモギの葉が見える。

f0031682_10571244.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


昨日の結果に納得がいかなかったので、再度産卵シーンに挑戦するけど、この日もうまく撮れなかった。

f0031682_14202084.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


川原ではモンキチョウも数が少なくなったけど活動している。

これは少し日をさかのぼった11月30日に撮影したもの。

f0031682_14202794.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


まだ元気にメスを追いかけていた。

12日にはこのオスとメスを一頭見かけた。

f0031682_14201214.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


ベニシジミも出てきて日光浴をしていた。

f0031682_10571734.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_10571371.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30



by dandara2 | 2016-12-16 14:39 | 産卵 | Comments(14)
Commented by yurinBD at 2016-12-17 08:38
産卵場所を探しながらヒメアカタテハが飛翔する様子がよく分かるお写真ですね~♪
よくこれだけピントが合うな~、といつも羨ましく拝見しております。
ヒメアカタテハはこの時期でも一生懸命に産卵しますよね、私も卵と幼虫探しをしてみたいと思います!
Commented by tamayam2 at 2016-12-17 10:33
こんなに寒くなったのに、チョウの活動は続いて
いるのですね!素晴らしい写真の数々、撮影される
方の情熱の深さも伝わってきます。すてきな写真
を見せていただいてありがとうございます!
Commented by uke-en at 2016-12-17 11:39 x
こんな時期になっても、まだヒメアカタテハが産卵するなんて知りま
せんでした。越冬態は定まっていないそうですが、成虫はいつまで生
き残るのでしょうね。
Commented by fushiginomori at 2016-12-17 17:41
12月でも蝶が見られるのですね。
今年はヒメアカタテハが多かったと感じています。
でも、産卵シーンなどの観察はさぼっています。
ベニシジミもモンキチョウもとても可愛いですね。
明日も気温が上がるようですが、残念ながら予定があって出かけられそうにありません。
Commented at 2016-12-17 18:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ダンダラ at 2016-12-18 09:29 x
悠凜さん、ありがとうございます。
飛翔写真は、皆さんそうでしょうけど、距離感を体に覚えさせるということで、とにかくシャッターを押して、結果は後からついてくるって感じですね。
これ専門にやっている方から見れば、なんだーというところもあるでしょうけど。
ヒメアカタテハはいつまで元気でいてくれるか、そろそろ秒読みですよね。
Commented by ダンダラ at 2016-12-18 09:34 x
tamayamさん、ありがとうございます。
この時期は越冬卵とか越冬幼虫、蛹などを探したりする方も多くなりますけど、そちらの方は不得手なので、何とか成虫を撮れるように頑張っています。
住んでいる地域も幸いして、少しは見ることが出来ます。
今年の冬はどんな冬になるんでしょうね。
Commented by ダンダラ at 2016-12-18 09:42 x
uke-enさん、ヒメアカタテハのメスはこの時期でも懸命に産卵していました。
昨冬は1月3日にボロの成虫を撮影し、1月16日には新鮮な個体を撮影しましたので、この場所では、幼虫、蛹で越冬するようですが、暖かい年には成虫もかなりまで生き残るみたいです。
Commented by ダンダラ at 2016-12-18 09:48 x
fushiginomoriさん、ヒメアカとモンキチョウはかなりの耐寒性があるみたいで、それが汎世界種となった要因なんでしょうね。
今週は暖かそうですね。
私も昨日は所用がありましたが、今日は出かけてみようかと思います。
Commented by ダンダラ at 2016-12-18 09:49 x
鍵コメさん、昨日は久しぶりにご挨拶が出来て良かったです。
今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by naoggio at 2016-12-19 13:22 x
ヒメアカタテはまだ産卵を続けているんですね。
地面すれすれでの産卵だと撮影は骨が折れそうですね。
諦めずになんとか結果を残されているのですごいです。
確かに冬の順光撮影は影が長くて近接撮影は厳しいです。
でもこれくらいきれいに卵が撮れれば言う事ないのではないでしょうか。
10枚目も葉の裏が影になって見えているような感じだし。
モンキチョウの成虫の見られない期間、とても縮まってきたような気がするのですが。
Commented by ダンダラ at 2016-12-19 15:43 x
naoggioさん、ヒメアカタテハは昨日18日にも産卵していました。
ただ、昨日はうまくは撮れませんでしたが。
地面近くで活動する蝶は、この時期撮影が難しいですね。
翅を開いていても、正面から近寄ると影になってしまいますし、位置を変えるにもかがんで移動したりと結構大変です。
おっしゃる様にモンキ、ヒメアカの成虫の見られない時期はここでは1か月を切る感じになってきました。
撮影する分にはうれしいですけど、昨年は暖かかったせいか、雪が少なかったせいか、いろんな蝶で影響がありましたね。
天敵の死亡率が下がるのも影響があるような感じですね。
Commented by kazenohane at 2016-12-19 22:09
こんばんは。
寒い冬の季節でも、蝶は活動していますね。
いつも、すごいなと感心していますが、
飛翔する蝶のピントがぴったり合っていますね。
蝶の卵がここまでアップで撮影できるオリンパスTG4の機能は、ずいぶん進化していますね。
これだったら、雪の結晶も撮影できそうですね。
Commented by ダンダラ at 2016-12-20 09:34 x
kazenohaneさん、ありがとうございます。
蝶の飛翔は難しいですけど、きちんと撮れるとうれしいですね。
ファインダーを見ながら撮るのと違って、撮影するときの面白さと、自宅で写真を見て、ピントが合ったのを見つけた時の満足感と、2度楽しめます。(笑)
TG-4は屋外でもこれだけシャープな写真が撮れるのはすごいと思います。
雪の結晶ですか・・・もう少し寒い地方でないと無理かもしれないですが、可能性はありますね。


<< 小畔川便り(ムラサキシジミのサ...      小畔川便り(ムラサキ兄弟の吸蜜... >>