2016年 04月 23日

ホソオチョウ交尾・産卵(2016/4/15)

4月15日は晴れてはいるけど、風が非常に強い。

いつもコツバメを撮影している公園は、林に囲まれているので少しは風が弱いかなと思い、トラフ、ギンイチ、ホソオチョウ狙いで出かけてみることにした。


トラフとギンイチは見ることができず、ホソオチョウはオスにはやや遅い感じで、新鮮なものは少なかったけど、メスがかなり増えていた。

この時期のホソオチョウは前翅にも赤い紋が出てきれいなので、時間の許す限り撮影することにした。

f0031682_20512408.jpg
オス

f0031682_20512448.jpg
メス

オスはメスを探して飛び回ってほとんど止まらない。

f0031682_20534336.jpg
f0031682_20534328.jpg

風が強いので、あまり長くは飛ばないし、風上に向かう時にはゆとりがないのか、カメラを気にしていられないようだった。

時々オス同士で絡んだりする。

f0031682_20534324.jpg

この日は交尾ペアを3つほど撮影することができた。

f0031682_20533120.jpg

下草の間で交尾することが多く、絵にならないので指に乗せて移動してもらおうとするけど、風が強いのですぐに飛ばされてしまい思い通りのところには移動できない。

それでも背景にスミレがあるところに止まってくれた。

f0031682_20533178.jpg


メスが飛ぶのは食草を求めてだけど、すっと伸びた草に興味を示していた。

f0031682_20534302.jpg
f0031682_20534310.jpg

今回は、メスが食草に絡む写真と、そこから産卵に至るまでを撮影したいと思った。

メスはすっと伸びたウマノスズクサを見つけると、それを目指して飛んで行って、葉に止まろうとする。

f0031682_20533117.jpg
f0031682_20533130.jpg
f0031682_20533100.jpg

この時は止まろうとして、ずるっと落ちてしまった。
春型はつかまることがあまり上手ではないようだ。

別の個体がウマノスズクサめがけて飛んできたので、産卵かと思って緊張するけど、葉に少し触れただけでまた飛び立ってしまい、なかなか産卵しようとはしない。

f0031682_20513242.jpg
f0031682_20513304.jpg
止まろうとするけどすべって止まれない。
f0031682_20513201.jpg
今回は下には落ちず、飛び立った。
f0031682_20512497.jpg
別の芽を目指して飛び立つが
f0031682_20512496.jpg
この芽にも止まれなかった。



新学期なので14時15分には孫の学校が終わる。

それを考えると13時過ぎにはここを出ないといけないので、産卵しそうなメスがいるとそれを追跡するけどなかなか産んでくれない。

13時を過ぎてそろそろタイムリミットかなと思った時にようやく食草につかまって産卵を始めた雌がいた。

f0031682_20512414.jpg

撮影が終わったのは13時20分。


急いで帰って、自宅に着いたのは14時15分。
それから10分くらいしたら孫が帰ってきた、ぎりぎりセーフ。



by dandara2 | 2016-04-23 21:09 | 産卵 | Comments(6)
Commented by kazenohane at 2016-04-24 08:20
おはようございます。
ホソオチョウは明るく開けた草地のような場所に
生息しているんですね。
食草のウマノスズクサが生えていますが、
ここでは、ジャコウアゲハはいませんか?
ラストの産卵シーンは卵もクリアに写り、
狙い通りの見事な写真ですね。
Commented by 22wn3288 at 2016-04-24 13:41
ホソオチョウもすっかり定着しているようですね。
産卵も綺麗に撮されていますね。
小学生の時、旧満州に居てマンシュウアゲハと言われていたように思います。
日本で見ると私には違和感を覚えます。
Commented by ダンダラ at 2016-04-24 18:01 x
kazenohaneさん、ホソオチョウは河川敷とか開けた草地とか、茶畑など、明るい空間が好きですね。
食草のウマノスズクサがそんなところを好むからでしょうか。
ジャコウアゲハはここにもいるようですが、もともと数が少なくほとんど見たことはありません。
ホソオチョウのいるこの場所は、それまではツバメシジミくらいしかいない草地だったように思います。
もっとも、ホソオチョウのいなかった時には、ほとんど足を向けなかったので知らないことが多いのかもしれません。
産卵シーンはやっと撮れましたが、実はその前にもチャンスはあって、その時には邪魔な草を手でどけたら飛んでしまいました。
この時にも草が邪魔だったのですが、とりあえず十分撮影してから、慎重に邪魔な草をどけてこのシーンを撮影することができました。
Commented by ダンダラ at 2016-04-24 18:05 x
旅友さん、この場所でホソオチョウを見るようになったのはほんの3,4年前からだったと思うのですが、すっかり定着してしまいました。
マンシュウアゲハと呼ばれていたのですか。
形態的にも日本の蝶とはちょっと異質ですが、子供のころに国外でご覧になっていたのであれば、なおさら違和感があるでしょうね。
Commented by ainomidori443zeph at 2016-04-25 16:23
ウマノスズクサの茎は滑って掴まれないようで、数年前に産卵を観察したときも地面近くに産卵していました。
Commented by ダンダラ at 2016-04-25 17:21 x
愛野緑さん、おっしゃるようにウマノスズクサの茎にはうまく止まれませんね。
交尾ペアを指にとまらせて移動しようとしたときにも、指にもちゃんと止まれないようでした。


<< 新潟のギフ産卵(2016/4/16)      神奈川のギフ(2016/4/12) >>