2016年 03月 16日

小畔川便り(モンキチョウ産卵:2016/3/15)

3月15日は一週間ぶりに晴れ間が出た。
この一週間はいろいろ用事もあって忙しかったけど、天気も悪く気温も低く、春を実感できない日が続いた。

14日は雨で、山間部では雪だったらしく、窓から見る秩父の山々は白くなっている。
15日は晴れてはいるものの、風がひゅうひゅう音を立てて吹いて気温も低い。

どうしようかと思ったけど、一週間ぶりの晴れに我慢できなくなって11時過ぎにカメラを持って出かける。
風の弱い土手の下では、キタテハが咲き始めたカントウタンポポで吸蜜していた。
f0031682_16105442.jpg


このタンポポには、モンキチョウも吸蜜に来た。
f0031682_1611824.jpg


ベニシジミは菜の花で吸蜜していた。
f0031682_16112656.jpg


ある程度写真が撮れて、やれやれ出かけてきてよかったと思う。

産卵衝動にかられたメスが、食草のカラスノエンドウを探すようなしぐさで飛んでいるので、その様子を撮影しようと急いで近づいてシャッターを押す。
f0031682_16121690.jpg


左側にカラスノエンドウらしいものが見え、首をかしげてそちらを見ているようだ。
f0031682_16122614.jpg

f0031682_16123879.jpg

f0031682_16125019.jpg


結局止まらずに行き過ぎてしまった。
f0031682_16132318.jpg


偶然こちらに向かって飛んでくるところも写っていたけど、背景がもう少し抜けていたら、なかなか迫力のある写真になったのにちょっと残念。
f0031682_1613923.jpg


一応産卵シーンも撮影できた。
f0031682_16134380.jpg


この写真では、産み付けられた卵が少し見えている。
f0031682_16135837.jpg


卵にはピントが来ているけど、目にピントが来ていないのが残念。

エノキで越冬中の蝶たちの様子を見たら、モンシロチョウは羽化したのか姿がなかった。
アカボシゴマダラの姿もなかった。
ゴマダラチョウはまだそのままだった。
f0031682_16213230.jpg


by dandara2 | 2016-03-16 16:27 | 産卵 | Comments(2)
Commented by kazenohane at 2016-03-17 18:18
こんばんは。
菜の花とベニシジミ、背景の美しさが際立っていますね。
この季節は、どんな蝶を見ても期待感もあって、
新鮮さがありますね。
新居は、雑木林はありますが、街中の住宅地の中ですので、
コツバメやミヤマセセリはどうかな?と思います(^^♪
でも、一応調査はしてみたいですね。
Commented by ダンダラ at 2016-03-17 19:25 x
kazenohaneさん、ありがとうございます。
やっとここにきて暖かい日が出てきて、フィールドを歩いていても楽しいですね。
新しいおうちはそんな環境なんですね。
ゼフの季節には赤シジミが出るかな…道の場所はいろいろ楽しみですね。


<< 今シーズンのスプリングエフェメ...      小畔川便り(キタテハの休止場所... >>