2016年 03月 02日

小畔川便り(モンキチョウ異常型:2016/2/28)

2月28日、いつもだと2月最後の日だけど今年はうるう年だから29日まである。
暖かくて、風もあまりない日曜日だった。

この日は複数のモンキチョウが飛んでいて、メスも何頭か見ることができた。

土手にとまっていたモンキチョウに向かって、飛んできたオスが絡み始めた。
止まっていた個体は黄色なので、黄色タイプのメスかもしれない。
f0031682_18484554.jpg

f0031682_1849398.jpg


とりあえず飛翔用の魚眼付き1V2で何枚か撮影し、70-300をつけた1V3で撮影する。
f0031682_18494449.jpg

f0031682_18495786.jpg


この日見かけた雌の後翅が一部擦れたようになっている個体がいた。
f0031682_18501577.jpg


どうしてなのかなと思っていたのだけど、この写真を見て納得がいった。
オスが交尾しようとして、尾端でメスの後翅をこすっているのが原因だった。

その後小飛して、背景に花のある場所でも求愛してくれた。
f0031682_18503133.jpg

f0031682_1850514.jpg


川原を歩いていると、いくつかの求愛飛翔が見られる。
ちょっと見にくいけど、前方にメスがいる。
f0031682_18511735.jpg


3頭が絡んで求愛飛翔をしているのがいた。

この時期に3頭もの個体が絡むのは珍しいので、急いで近づいて撮影する。
f0031682_18521199.jpg


後でこの時の写真を確認すると・・・!!?? 先頭のオスの前翅の斑紋がなんかおかしい。

この写真では一番後ろの個体だ。
f0031682_1852325.jpg


この写真では真ん中の個体。
f0031682_1852475.jpg


図鑑などを調べると、黒縁中の黄斑の発達の悪い異常型がいるようで、ミヤマモンキのようになったものはクツカケモンキチョウというようだ。

この個体はそこまではいっていないけど、春型にしては黄斑が小さい。
f0031682_1853337.jpg

f0031682_18531643.jpg


実は、この川原で昨年からネットを持った人が歩いていて、何をしているんだろうと思っていたのだけど、この春に会った時に挨拶をしながら話を聞いたら、このクツカケモンキチョウを探しているんだという。

昨年はそのために1600頭のモンキチョウを採集したという。
クツカケモンキチョウは採れなかったけど、それに近い個体はいたという。

そのために1600頭も採集したのかと思って、飛んでいるときにわからないんですかと聞いたら、目が悪いからとか言っていた。
採集しなければわからないこともあるので、とやかくは言えないけど、自宅前の川原では勘弁してくれよという感じ。

この人にはこの春何回か会って、ちょうどその話をしたときには、banyanさんや、dragonbutterさん、霧島緑さんなどもお見えになっていた。(お三方が一堂に会していたと言うわけではなく、この人と会った時という意味)
banyanさんは、クツカケでないモンキチョウはどうするんですかと聞かれていたし、家内はエーと思ったらしく、ここでは皆さんが楽しんで撮影しているんですよと話をしたらしい。

そんなこともあってか、その方は今年はもう採集する予定はないとか言っておられた。
ここ何回かは会っていないので、さすがに採集しにくくなったんだろうか。

そのこともあって、モンキの斑紋はちょっと気にしていた。

そうそう、この日初めてベニシジミを見た。
f0031682_18534576.jpg


気温が高かったので、開翅はしてくれなかった。

by dandara2 | 2016-03-02 19:07 | 異常型 | Comments(24)
Commented by dragonbutter at 2016-03-02 23:25
新生モンキチョウの生態を見事に撮られており、楽しく拝見しております。
これがあの時話に出たクツカケになりかけたモンキチョウなのですね。
あれほど必死になって探すものかよくわかりませんが、継続観察されればもっと顕著な個体が見られるかもしれませんね。
Commented by 通りすがり採集者 at 2016-03-02 23:49 x
初めてコメントいたします。
何と言うか採集屋さんを数で追い出したような感じがして嫌な感じがしました。ましてやお互い自分の所有地でもでもないのに・・・

単に自分の撮影ポイントが荒らされたくない我侭に感じて仕方がありません。これでは採集屋さんも撮影屋に悪い印象しか持たなくなるんじゃないでしょうか?
Commented by banyan10 at 2016-03-03 08:11
ベニシジミ発生しましたか。
2月の最終日に少し寄りましたが、曇り空で駄目でした。
今日は期待して出かけてみます。
モンキチョウはこういうタイプなのですね。
数が減らない範囲の採集は構わないかと思っていますが、標本にしないのであればリリースして欲しいですよね。
Commented by 22wn3288 at 2016-03-03 09:26
モンキチョウにも斑紋異常があるのですね。
これから気をつけて見るようにしましょう。
標本を見なければ分からないこともあるようで、採集が良くないとは一概には言えないようですね。
難しいです。
Commented by ダンダラ at 2016-03-03 19:06 x
dragonbutterさん、先日はいろいろお世話になりました。
程度は軽いですが、そうだと思います。
この前の方の話だと、1600頭採っても完全なものはいなかったということだし、ネットで調べてもほとんど引っかかってこないので、数は少ないんだと思います。
止まっている写真だとわからないので、確認するのもなかなか難しそうです。
Commented by ダンダラ at 2016-03-03 20:05 x
通りすがり採集者さん、ご意見ありがとうございます。
ただ、「単に自分の撮影ポイントが荒らされたくない我侭」というご意見には悲しい気がします。
あなたは、1頭の異常型を採集するために、1600頭ものモンキチョウを採集するということをどう思われますか。
異常型でないモンキチョウはその後どうなるのでしょう。
細かくその方と話をしたわけではありませんが、その点については言葉を濁されていました。
おそらくは無用なごみとして、生ごみと一緒に捨てられたのかなとか思って心を痛め、反発するのはおかしいでしょうか。
あなた方採集者にとっては、ネットを振れば入ってくるどうでもいいような、そんな目的がなければ興味もわかない蝶だと思いますが、写真を撮り、生態を観察していると、モンキチョウといえどもその1頭が羽化するまでにどれほど大変な試練を潜り抜けてきたのかに思いがいたります。
「数で追い出す」とか考える以前に、命というものにもう少しきちんと向き合っていただきたいと思います。
Commented by himeoo27 at 2016-03-03 21:00
アオスジアゲハの異常紋は偶然1~2度撮影した
ことがありますが、モンキチョウにもそのような
個体が混じってのですね!
撮影の楽しみが、また増えました。
Commented by Garuda at 2016-03-04 00:11 x
>おそらくは無用なごみとして、生ごみと一緒に捨てられたのかなとか思って心を痛め、反発するのはおかしいでしょうか。

さすがに憶測で物を言うのはどうでしょうか。
採集したものを「生ごみにして捨てる」などという行為は採集者のマナーにも反しています。
普通に考えて採集したものをそのように扱える採集者は少ないと思います。
(元採集者の端くれとして、そう信じたい)

とりあえず「1600頭」とカウントできているということは、きちんと記録が取れているということを
意味していますので、無駄にはなっていません。
1600頭採って完全な「クツカケモンキ」が得られていないのであれば、発生率はそれ以下だ、
という知見もきちんと得られており、それだけで有意義です。

狭い「ご自宅の前」限定で1600頭を採られたのなら、お気持ちも分かりますが、
記事を読む限りでは、「昨年1年間の累計で1600頭」と言っているだけで採集地は限定されていないように読めます。
それとも「ご自宅の前」で1600頭という話だったのでしょうか。

そもそも、蝶、あるいは蝶の発生する自然環境を愛する気持ちは、採集者も撮影者も変わらないと私は考えています。
Commented by mikiosu at 2016-03-04 04:03
こんにちは。
東京郊外でもやっとモンキチョウが見られました(多分もっと前から出ていたのだとは思いますが…)。
それにしてもモンキチョウを年に1600頭も採集というのはやりすぎでしょう。
私も結構フィールドに出ていますが、とても年に1600頭も出会えるものではありません(160頭でも難しいのでは)。これほど採集するのは暴挙と言うべきと私は思います。
Commented by さっちゃん♪ at 2016-03-04 07:11 x
おはようございます
モンキチョウに異常紋がいるとは・・・
興味深く拝見しました。
飛翔が上手なダンダラさんならではの発見ですね
なかなか出会えないですが気に留めて見たいと思います
貴重な写真ありがとうございます^^/
Commented by ダンダラ at 2016-03-04 09:49 x
himeooさん、私もよく知りませんでしたが、そんな個体がいるようです。
ふつう種といっても馬鹿にはできないですね。
Commented by ダンダラ at 2016-03-04 10:25 x
Garudaさん、おっしゃる通りかもしれませんね。
少し書き方が悪かったかもしれませんが、これはその方と何回かお話をして感じたことです。
その方にはそんな意味のことを私以外にもお話をされた方もいますが、あいまいな返事しか返ってこなかったのでそのように感じました。
もちろん、その方がそのようにお話をされたわけではないので、文中ではそのことも断ってあります。
ただ、このことは私が一番悲しく感じたことなので、そうでないことを祈りながら、ここに自分の考えとして書きました。
その方が実際にそうしているという憶測の話ではありません。
おっしゃるように生ごみとして処理されていないことを祈るだけです。
それと、1600頭は、まさに自宅前の川原です。
それについてはそのようにお話をされていました。
一往復すると100頭くらい採集するそうです。
「自然環境を愛する気持ち」まさにそう思いましたし、その方もそういった気持ちもあるとは感じましたが、やはり自分にとっては何でもない行為でも、他の人間は違う考えを持つこともあるということも知っていただきたいと思いました。

それとは関係ない話ですが、Garudaさんのブログのベニシジミの記事に何回かコメントを入れましたが、入れられないみたいです。
Commented by ダンダラ at 2016-03-04 10:54 x
みき♂さん、モンキチョウが見られるようになったんですね。
少し経てば気にしなくなってしまう感じですが、今はうれしいですよね。
本文の中にも書いていますけど、採集しなければわからないこともあるとは思います。
出現率がわかったことは有効だというお話もありまして、その通りだと思いますが、こういったことはどこかに公表して意味が出てくることだと思います。
そんな話もその方と少ししましたが、きちんとした答えはありませんでした。
やはり、いろいろな形でその場所を楽しんでいる方がいるということが分かれば、それなりのやり方があると思いますし、その方もそれがわかったようなので、今後は気を付けていただけると思います。
それと、その方とはフィールドでは楽しくお話をして、それとなく意見は言いながらも険悪な雰囲気ではありませんでした。
ごめんなさい、この場を借りて言わせていただきました。
Commented by ダンダラ at 2016-03-04 11:09 x
さっちゃん♪さん、モンキチョウは止まっても翅を開かないから、こういったことは写真では飛翔を撮るしか無いですね。
慣れてくると、飛んでいる蝶を見ると大体わかるようになります。
と言っても普通のタイプしかいませんが、前翅の斑紋が判断できるようになってきます。
Commented by Garuda at 2016-03-05 00:18 x
常々、採集者も撮影者も、同じ蝶、昆虫、あるいは自然を愛する者として仲良くできないものかと思っています。
「険悪な雰囲気ではなかった」ということなので、私の取り越し苦労だったかもしれません。

>Garudaさんのブログのベニシジミの記事に何回かコメントを入れましたが、入れられないみたいです。

Throws SPAM Away というプラグインが悪さをしていたようです。
コメント内に日本語が無い場合は弾くプラグインなのですが、日本語が有っても弾いていました。
いったい、いつから…?(このプラグインを入れたのは1年以上前だったかも)
まったく気付いていませんでした。有り難うございます、助かりました。



Commented by ダンダラ at 2016-03-05 17:59 x
Garudaさん、そうあるといいですが、なかなか難しい点もある感じですね。

コメント欄の件ですが、今試してみましたがまだ駄目なようです。
403 Forbidden というメッセージが出てしまいます。
Commented by naoggio at 2016-03-05 21:03 x
飛翔、いつもながら鮮やかに撮られておいでですね。
クツカケモンキチョウ、なんだかカッコイイ名前ですね。
どういう意味なのでしょう?
それにしても1600頭を採集するとはたいへんな労力だと思います。
一度に数十頭採っても数十回通わないといけませんものね。
そう言えば今日モンキチョウの異常型を見つけた ! と思ったら片側の前バネが欠損していて表が見えていただけでした(笑)。
Commented by ダンダラ at 2016-03-06 10:21 x
naoggioさん、飛翔写真、お褒めいただきありがとうございます。
でも正直飛翔は難しいです。
専門に撮っているわけではないので、カメラを交換し、設定を確認している間に見失ってしまったり、絶好のチャンスにシャッターを押したら電源が入っていなかったり…1V3は電源がトグルスイッチになっているので、スイッチを触った感触では電源が入っているかどうかがわからないのが困ります、スイッチを入れっぱなしだと、液晶が付きっぱなしで電源を消耗するし・・・そんな時はカメラに悪態をついてしまいます。
今回の話では、夏にもネットを持って歩いていたりしたので、いったい何を採っているんだろう。
採集を始めた初心者なのか、それとも何か研究している人かなと思ったりしていましたが、後者の方でした。
いろいろ教えてもらったりしながらうまく付き合うのが一番なんでしょうね。
Commented by Garuda at 2016-03-07 02:40 x
> コメント欄の件ですが、今試してみましたがまだ駄目なようです。
> 403 Forbidden というメッセージが出てしまいます。

エラーメッセージで原因が(おそらく)分かりました。
設定を変更してみましたが、いかがでしょうか。
これでも駄目なら、もっと大胆に設定変更してみます。
Commented by ダンダラ at 2016-03-07 15:53 x
Garudaさん、今コメントを入れてみましたが、URLにブログのアドレスを入れるとダメなようです。
ここは日本語がないのではじいてしまうみたい。
ここにアドレスを入れないものは無事に入りました。
Commented by clossiana at 2016-03-08 16:57
ダンダラさんは今までに蝶の生態に関する多くの論文を執筆されています。そのダンダラさんが小さな命の尊さを説かれていることを皆さんとのやりとりで知り、頭の下がる思いがしました。
私は元採集者でして子供の頃には↑の採集者の方と似たようなことをしていました。
蝶のことが好きなのに、その蝶の胸を押しつぶしてしまうことには何の躊躇もありませんでした。
やがて郷里を離れて就職をしてからは毎日、仕事のことで精一杯でしたので次第に蝶からは離れていきました。
一方で実家では標本箱が粗大ゴミ化していき、或る年のお盆に帰省した際に処分をしました。私にとってかけがえのない宝物が、ガラスがバリバリと割れる音と共に清掃車へと呑み込まれていきました。思えばずいぶんと可愛そうなことをしたものです。
Commented by ダンダラ at 2016-03-08 22:51 x
clossianaさん、いえ論文といってもそんなに言っていただくようなものではありませんし、目の前を飛んでいる成虫がどれほどの危機を乗り越えてきたかは、多くの方が知っておられることだと思います。
ただ、やはり採集する方と撮影する方では感じ方が少し違うかもしれませんね。
標本の取り扱いは難しそうですね。
よほどの価値があるものでないと引き取り手もないらしいし・・・
Commented by Garuda at 2016-03-09 09:50 x
>URLにブログのアドレスを入れるとダメなようです。

本当ですね…。(確認しました)
設定は思い切ってスパッとシンプルにしました。
今のところコメントスパムも来ておりませんし、対策はスパムが来るようになったら改めて考えます。
Commented by ダンダラ at 2016-03-09 10:46 x
Garudaさん、原因がわかって良かったですね。
インドの素敵な美人はアクセスの度に楽しんでいます(蝶の写真ももちろんですが)。
これからもよろしくお願いします。


<< 小畔川便り(モンキチョウの産卵...      小畔川便り(モンキチョウの吸蜜... >>