2016年 02月 14日

小畔川便り(モンキチョウメス:2016/2/11.13)

2月11日は少し気温が低いかなと思うけど、蝶の撮影には申し分ない晴天。
11時30分過ぎに川原に出るとbanyanさんがお見えになっていた。
聞くと、まだモンキチョウは出ていないという。

9日にはすでにオスが出ているので、普通に考えるとこんな晴天の日には出てきてもおかしくないのに全く出てこない。

蝶を探して川原をしばらく歩くと、dragonbutterさんの姿があった。
やはり蝶の姿を見ていないという。
蝶の姿を見ないまま13時30分過ぎにbanyanさんはお帰りになった。

これでダメなら今日はあきらめようと、もう一度可能性のありそうな場所を歩くと、足元から白い蝶が飛び出す。
見るとモンキチョウのメスだ。
f0031682_936325.jpg


この個体は羽化直後のようで、飛び立っても数メートル飛ぶとすぐに地面にとまる。
f0031682_9362068.jpg


飛んでいるところを撮ったけど翅がまだ柔らかそうな感じにしなっている。
f0031682_936416.jpg


f0031682_9372334.jpg


13日は天気は午後から曇るけど、気温は上がるという。
羽化した蝶がいるならば、早めに飛び出すだろうと10時過ぎに家を出る。
川原に行くと霧島緑さんがおいでになっていた。

しばらくしてbanyanさんもいらしたけど、モンキチョウは姿がない。
ただ気温が高いのでキタテハが何頭も出ていた。
f0031682_938078.jpg


この川原では、昨秋からキタテハを見かけることが少なかったので、喜んで撮影した。
f0031682_9381931.jpg

f0031682_9391814.jpg


まだテリハリとかはしていないけど、結構敏感で近づくとすぐに飛び立つ。
f0031682_9393870.jpg


目の前を元気に飛び回る蝶を見るのはうれしいものだ。

この日も昼近くになってようやくモンキチョウが飛び出す。
f0031682_9422577.jpg


メスだし、見つかった場所も同じだから11日に羽化した個体だろう。

この日はオオイヌノフグリで吸蜜していた。
f0031682_9403278.jpg


by dandara2 | 2016-02-14 09:44 | 越冬 | Comments(14)
Commented by ibatyou at 2016-02-14 13:13
こんにちは.
昨日は歩いていると汗が出るほど暖かかったので私も探してみましたが,キチョウとキタテハのみでモンキチョウは見つかりませんでした.綺麗に丁寧に撮影されていますね.流石です.
Commented by dragonbutter at 2016-02-14 17:55
先日はお世話になりました。
羽化直後の飛翔はこんなに翅が曲がることがあるのですね。
吸蜜写真はやっぱりいいですね。
Commented by kazenohane at 2016-02-14 18:44
こんばんは。
越冬蝶は気温に敏感に反応して、表へ飛び出してきますね。
キタテハやヒメアカタテハが見られると、
そろそろ春の訪れを感じる季節だなと思います。
モンキチョウの飛翔、背景が青空に抜けると、すっきりした画面になりますね。
Commented by Favonius at 2016-02-14 21:37 x
新生モンキチョウおめでとうございます。
雄雌を撮られているところは流石です。
オオイヌノフグリの吸蜜、すてきですね。
このところの天候不順で少し気になっておりましたが、発生は例年通りなのでしょうか。
私も早く撮ってみたくなりました。
Commented by naoggio at 2016-02-15 15:45 x
メスも出ましたか。
キタテハもとてもきれいですね。
私は一昨日も様子見に行きましたが見られませんでした。
私と同じ2日間同じ場所にお越しになった Garuda さんは11日にモンキチョウ、13日にベニシジミを確認されたとの事。
トホホ(涙)。
懲りずにまた出掛けてみるつもりです。
Commented by ダンダラ at 2016-02-15 15:55 x
ibatyouさん、昨日は暖かかったですね。
春一番が吹いて風が強かったところもあったようですが、自宅前は風もなく穏やかな日でした。
そちらではモンキチョウはまだですか。
こちらでもまだ数は多くなくて、一生懸命探してようやくという感じです。
Commented by ダンダラ at 2016-02-15 15:56 x
dragonbutterさん、こちらこそお世話になりました。
貴重なメスが現れてよかったですね。
あの日は羽化直だったメスも、2日後には元気に飛んで、オオイヌノフグリで吸蜜していました。
春はオオイヌノフグリが似合いますよね。
Commented by ダンダラ at 2016-02-15 16:01 x
kazenohaneさん、越冬している蝶も気温が15℃近くなると飛び出してきますね。
キタテハは今まで一体どこにいたのという感じで現れてくれました。
これから少しずつにぎやかになるかと思うとうれしいです。
飛翔のほうは撮影が一段落した時点でちょっとだけチャレンジしてみました。
Commented by ダンダラ at 2016-02-15 16:01 x
Favoniusさん、ありがとうございます。
まだまだ数は少ないですが、何とか春のスタートを感じることができました。
ただ今年は、発生が始まっても羽化してくる個体が少なくて、いつもとちょっと違うなという感じを持っています。
先日の春一番の暖かい日以降に一斉に出てくれると嬉しいんですが。
そちらでももうすぐでしょうか。
Commented by ダンダラ at 2016-02-15 16:05 x
naoggioさん、同一個所ではないのですが、一応雌雄がそろいました。
これから数が増えると思いますが、ベニシジミの情報にはびっくりです。
モンキチョウなどは幼虫越冬とは書いてあるのですが、この時期に出るとなると蛹越冬の個体もかなりいるのではないかと思っています。
それに比べて、ベニシジミは3月になってから出てくるので、図鑑通り幼虫越冬だと思っていましたが、もう羽化するとなると場所によっては蛹で冬を越すのもいるのかもしれないですね。
まあ、だらだらと成長しているからそれもありなのかな。
Commented by さっちゃん♪ at 2016-02-15 21:11 x
こんばんは
メスも出ましたか^^    早いですね〜
この調子でいくと今月末にはモンシロチョウですかね?^^;
Commented by ダンダラ at 2016-02-15 21:38 x
さっちゃん♪さん、はいメスが出ていました。
この川原は発生場所が1㎞くらいの間に何か所かあって、日当たりとか、土手の傾斜とかいろいろちがっているので、たまたまメスの蛹があった場所が暖かかったんでしょうね。
モンシロチョウもそんな感じでしょうかね。
しばらくは手近な場所で楽しめるので気楽でいいです。
Commented by 22wn3288 at 2016-02-16 08:32
モンキチョウやキタテハの姿が見られると、春の気配を感じます。
暖かい場所があるのでしょうね。
今年は早いのでしょうか。
未だ寒い日も来るようなので元気で過ごせるでしょうか。
Commented by ダンダラ at 2016-02-16 09:38 x
旅友さん、おっしゃるようにキタテハやモンキが出てくると、ようやく春になったなという感じがしますね。
本格的な春までにはもう少し間がありますが、それでもうれしい使者ですよね。
今年の春は例年通りの感じです。(若干早い感じもしますが)


<< 小畔川便り(モンキチョウ飛翔:...      小畔川便り(モンキチョウ初見:... >>