2015年 12月 05日

小畔川便り(ムラシ・ムラツの吸蜜:2015/11/27)

11月27日は、25.26と続いた雨模様の天気も終わり、やっと明るい陽射しが戻ってきた。

ほぼ1週間ぶりに公園に様子を見に行く。

いつものムラサキシジミの多い場所では、何頭ものムラサキシジミが翅を開いていた。
f0031682_18504430.jpg


少し翅が壊れているけど、翅表の輝きは素晴らしい。
f0031682_1851360.jpg


雌は少し翅の壊れたこの1頭だけが姿を現した。
f0031682_18512465.jpg


サザンカの花を見ると、ムラサキシジミが来ている。
f0031682_18514559.jpg


花の中に移動するときに、ちょっとだけ翅を開いてくれた。
f0031682_18522100.jpg


マテバシイに囲まれたサザンカにはムラサキツバメが吸蜜に来ていた。
f0031682_1853573.jpg


最初は花の周辺で蜜を吸っていた。
f0031682_18541687.jpg


ストローを伸ばしていなかったら、ただ止まっているだけに見えた。

小飛した別の花では、花弁に流れてきた蜜を吸っているようだった。
f0031682_18544024.jpg


頭より少し高い位置なので、カメラを差し上げ、思いっきり背伸びして、ノーファインダーでの撮影。
なかなか思ったようには撮れないけど、何度かトライしてようやく撮影できた。
f0031682_18545572.jpg


その後ヒメアカタテハの産卵狙いで川原に行く。
先日も撮影しているのだけど、今ひとつ迫力に欠けて面白くないので、今回は魚露目で迫ってみることにした。
f0031682_18555578.jpg


撮影できた写真は満足のいく結果にはならなかったけど、まだ産卵シーンはチャンスがありそうだから再度狙うことにした。

産卵された卵も撮影しておいた。
f0031682_18561482.jpg


川原ではモンキチョウがまだ元気に求愛飛翔をしている。
f0031682_18563619.jpg


撮影していたら、もう1頭が加わって3頭になった。
f0031682_1857863.jpg

ニコン1V2 Fisheye-Nikkor 10.5 1/4000 f4 ISO280

急いで追いついて撮影する。
f0031682_18575043.jpg


時間は短かったけどなんとか押さえることができた。
f0031682_1858659.jpg


by dandara2 | 2015-12-05 18:59 | 吸蜜 | Comments(10)
Commented by himeoo27 at 2015-12-05 19:09
最初の1コマ目の「ムラサキシジミ雄」綺麗な個体
ですね!
最後のモンキチョウ雌雄&雄の2連、3連求愛飛翔
シーン圧巻です。ISO感度、シャッター速度は、
どのくらいでしょうか?
Commented by ダンダラ at 2015-12-05 21:46 x
ヒメオオさん、ありがとうございます。
この時期がムラサキシジミは一番きれいな時期の終わりの頃だったように思います。
この後は急速に痛んできました。
モンキチョウの撮影データは3頭の求愛飛翔の最初の部分に入れておきますね。
ニコン1シリーズは1インチセンサーですから、絞り値はフルサイズ換算だとF11位に絞っていることになるかと思います。
Commented by yurinBD at 2015-12-05 21:49
どのお写真も蝶に寄って美しく撮られており、
このように撮れればいいな、と感じるお写真ばかりです!
ムラサキシジミのブルーも、本当に綺麗な色が表現されて
いて素晴らしいですし、サザンカでの吸蜜は季節感たっぷり。
ヒメアカ産卵、モンキチョウ3頭の舞もどれもイキイキ
していて素敵です!
Commented by ダンダラ at 2015-12-06 10:18 x
yurinさん、ありがとうございます。
蝶をどのくらいの大きさで写せばよいのかはいつも悩みますが、撮影する人の好みもあるし、見てくれる人の好みもあるので、正解は難しいですね。
その場の雰囲気を表したい場合と、蝶の美しさを表したい場合とでも違いますよね。
この場合は蝶の美しさがメインだったので、おっしゃる様に近づいて写してみました。
ムラサキシジミは、微妙な光線の角度でいろいろに色が変わるし、個体差もあるのでうまく撮れるとうれしいです。
Commented by kazenohane at 2015-12-06 20:45
こんばんは。
トップの写真は、背景が綺麗にぼけて、主役の蝶が浮き上がって見えます。
翅の青紫色の中に微妙に変化する色の彩も魅力的です。
こんな写真を撮ってみたいと思わせる素敵な写真ですね。
モンキチョウ3頭の追飛行動も、ピントがぴったりきていますね。


Commented by ダンダラ at 2015-12-06 22:11 x
kazenohaneさん、ありがとうございます。
マクロで撮ったので自然に感じに撮れたのでしょうか。
思ったより色がきれいに出てくれました。
モンキの追飛はこの時期でも見ることが出来て、ゆっくり飛んでくれるのでピントの合う確率も高く、良い撮影相手です。
でもそろそろいたんだ個体が多くなりました。
Commented by banyan10 at 2015-12-07 18:26
この場所に定期的に観察に行くのは初めてですが、今年はムラシの雄の開翅が多く観察できて嬉しいです。
2番目も十分に綺麗なのですが、最初の雄は本当に綺麗ですよね。
ヒメアカの産卵は短時間なのに魚魯目での撮影はすごいです。
もっと良い写真が撮れたようなので、そちらも楽しみにしています。
Commented by ダンダラ at 2015-12-07 21:51 x
banyanさん、おっしゃる様に今年はムラシの雄の開翅の撮影チャンスが多かったですね。
例年とは違うアブラムシの吸汁ポイントがあった関係でしょうか。
最初のムラシの雄は、撮影時もきれいだとは思いましたが、微妙な水色の色彩などは撮影後に気が付いた感じで、こういった微妙な点はなかなかその場ではわかりませんね。
ヒメアカタテハの産卵の撮影は、おかげさまで魚露目でももう少しましな写真が撮れました。
シャッターを押すまではなんとかなるのですが、TG-4の性能的な限界でちょっと苦しんでいます。
Commented by naoggio at 2015-12-08 12:57 x
1枚目の写真は葉の先端が微妙に見えていて面白いです。一瞬頭に何か被っているのかと思ってしまいました。
サザンカの花は本当に良い吸蜜源になっているようですね。これがあっての越冬好適地という事がよくわかります。
いつもながら飛翔撮影お見事です !
Commented by ダンダラ at 2015-12-08 16:20 x
naoggioさん、撮影した本人はわかっていたのであまり気にしていませんでしたが、確かにそんな風に見えますね。
アブラムシの排せつ物の後はサザンカの花の蜜と、うまくつながっているようです。
だんだん気温が下がってきたので、どこかに隠れる個体も増えてきて、なかなか見つけるのが難しくなってきました。
飛翔写真、お褒めにあずかりありがとうございます。
本当にモンキチョウは飛翔撮影にはうってつけの被写体です。


<< 小畔川便り(終見日調査2:20...      小畔川便り(ムラサキツバメの吸... >>