2015年 03月 13日

小畔川便り(モンキチョウの卵:2015/3/10.11)

3月10日はその前の7.8.9日と天気が悪く、ようやく晴れた日。
ただ、雲が多く、川原を歩いていてもほとんど日が射さず、北風も吹いて寒かった。
蝶も何も現れなかったので、あきらめて帰ることにして、昼食にピザでも食べようかと言うことでピザ屋によって焼けるのを待っていたら(お持ち帰りだと1枚タダになる)、日が射してきたので家内と別れて再度川原に行った。

川原に着くと蝶がちらちらと飛び出して、雌がオオイヌノフグリで吸蜜し始めた。

f0031682_19394748.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

この雌は、タンポポでも吸蜜を始める。
f0031682_19394722.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

そのうち産卵を始めたので撮影。

f0031682_19394621.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

この日はD800にマクロ150だったので、近づく必要があって、この前に70-200で撮るときほどにはゆとりを持って撮影できなかった。

ただ、目の前ではっきり産卵したのが見えたので、手に取って調べると卵が見えた。
それで、産卵中の雌を追いかけるのをやめて卵を撮影することにする。

カラスノエンドウに産卵されたモンキチョウの卵。

f0031682_19394739.jpg
オリンパスTG-3

卵をこれだけ大きく撮影したのは初めて。
機材の進歩のおかげだ。

キタテハも出てきたけど、この個体はしきりに草の根元を探っている。
最初はねぐらを探しているのかと思って、どこに止まるかなとそっと追いかけるが止まらない。

そのうち枯葉の近くに止まったので、近づいて撮影するけど、どうもねぐらを見つけた雰囲気ではない。

f0031682_19394675.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

かといって太陽に対する体の角度が違うので、日光浴とも違うようだ。

後で撮影した写真を確認するけど、もしかしたらこの枯葉を雌と勘違いしていたのではないだろうか。

キタテハの求愛と言うと、テリ張りをして近づいた個体を追いかけるというイメージがあったけど、この日はテリ張りをして飛び上がるにはちょっと風が強すぎたので、こんな感じで静止中の雌を探していたのかもしれない。

翌11日は、晴天で風も弱い。ただ気温がやや低く、10℃位。
久しぶりにベニシジミを見かける。

f0031682_19402451.jpg
ニコン1V2 70-200

3月5日以来だ。

ベニシジミがいたら撮ろうと思っていたBMCによる飛び立ちの写真を撮る。

f0031682_19402400.jpg
ニコン1V3 10-30

小さくて速いので、すぐに見失ってなかなかうまくいかなかったけど、何とか1枚だけ撮れた。

飛んでいたモンキのオスが下に降りて絡んだので見ると、羽化間もない雄がいた。
f0031682_19402435.jpg
ニコン1V2 70-200

ピントがちょっと甘くなってしまった。
f0031682_19402469.jpg


モンキの雌がゆっくりと地表近くを飛んでいたので、産卵かなと思って、食草に近づいて産卵するところまでを撮影しようと思い、脅かさないようにそっと近づく。

残念ながら産卵ではなくて吸蜜だったけど、花に近づいて吸蜜に止まるまでが撮影できた。

f0031682_19402394.jpg
ニコン1V3 10.5 以下同じ

上の写真を拡大して見ると、少し離れているけど、もうストローがゆるみ始めている。
f0031682_19401644.jpg

アゲハなどは飛びながらストローを出しているところはよく見かけるけど、モンキチョウでもそうなのが良くわかる。

花のすぐ上まで来たけど、ちょっと行きすぎそうな感じ。

f0031682_19401652.jpg

ところが、ちょっと下がって高さを修正した。

f0031682_19401632.jpg

そのまま花に向かう。

f0031682_19401639.jpg

花に止まった。

f0031682_19400997.jpg

拡大してみると、止まった時にはすでにストローは花の中に入っている。

f0031682_19400901.jpg

この雌は、少しゆったり飛んでくれたので、良い感じの飛翔写真も撮れた。

f0031682_19400948.jpg

散歩の人がちょうど良いアクセントだ。
f0031682_19400981.jpg

背景は桜並木なので、桜が咲いたときにはもっと華やかな写真になるかな。
人が多くなるけど、チャレンジしてみようかと思う。

この日は70-200のズームで撮影。なかなかいい感じだ。

f0031682_19400907.jpg



by dandara2 | 2015-03-13 19:59 | 産卵 | Comments(12)
Commented by kazenohane at 2015-03-13 21:28
こんばんは。
小畦川も私のフィールド天白川も、
同じような蝶がいますね。
モンキチョウの飛翔で空の部分に、
蝶が入ると、浮き立ちますね。
散歩する人も環境がよく分かり、
効果的です。
Commented by 虫林 at 2015-03-14 00:46 x
すでにベニシジミも出てきたのですね。
こちらは寒い日が続いていますので、今週末あたりは
何とか見てみたいと思います。
Nikon 1 V3の飛翔は素晴らしいですね。
Commented by 22wn3288 at 2015-03-14 08:23
春のチョウたちが活発に活動していますね。
モンキチョウの卵良く見れました。
飛翔が良く撮れていますね。
Commented by Favonius at 2015-03-14 17:55 x
人影、樹木、遊歩道…河原の雰囲気が把握できる
素晴らしい写真ですね…流石です。
土手の樹木は桜かなっと思いつつ何時もご拝見して
居りましたが、やはりそうでしたか。
開花時はまた楽しみですね。
Commented by ダンダラ at 2015-03-14 19:32 x
kazenohaneさん、都会から少し離れた程度の河川敷だと、大体似たような蝶になってしまいますね。
飛翔は背景によってずいぶん感じが違いますよね。
でも撮影しているときは、せいぜい空を入れるように気を付けるくらいで、なかなかな細かなところまでは考えていられません。
Commented by ダンダラ at 2015-03-14 19:36 x
虫林さん、この週末はどうですか。
私は土曜日は所用でフィールドに出られませんでしたが、成果があるといいですね。
1V3は小さいので飛翔撮影もずいぶん楽です。
ただ、首にもぶら下げているので、持ち替えるのにストラップの処理とかに頭を悩ませています。
Commented by ダンダラ at 2015-03-14 19:40 x
旅友さん、ありがとうございます。
飛翔は難しいですが、撮れるとうれしいですね。
ここに来て何日か暖かい日があったので、そんな日はそれなりの数の蝶が出てきてくれました。
産卵後の卵の撮影は、いつもだと母蝶のほうを追いかけてしまうのでなかなかできないのですが、その前の日に産卵シーンを撮影してあったので、卵を撮る気になりました。
Commented by ダンダラ at 2015-03-14 19:42 x
Favoniusさん、ありがとうございます。
なかなか背景までは神経が回らず、たまたまの結果ですが、撮れるとうれしいですね。
桜背景の写真は、人が多いので難しいとは思いますが、幸い平日も休みですから、チャンスがあればチャレンジしようと思います。
Commented by midori at 2015-03-14 20:19 x
モンキチョウ飛翔シーン素敵です。
斜めからでも、ほとんどジャスピンなのでは・・・凄いですね。
青空バックに加えて、桜のピンクが入ったら
完璧なのでは・・・
Commented by twoguitar at 2015-03-14 21:06 x
キタテハの枯葉への求愛ではないかとのシーンは興味深いですね。
最近見たキタテハの求愛の♀が翅を閉じると枯葉そっくりなのでさもありなんですね。
モンキチョウのストローを緩めて花に接近するところとか、
花を行き過ぎて後退とか微妙な瞬間まで撮影されて見事ですね。完全に脱帽!
こちらでも飛翔を撮影しましたが、学ぶことが多いです。
Commented by ダンダラ at 2015-03-14 23:02 x
midoriさん、ありがとうございます。
ほとんどカメラ任せですが、さすがに魚眼レンズは被写界深度が深いので、そのおかげです。
青空バックに桜のピンク ほんとに理想的ですが、柳の下に二匹目のどじょうがいるか・・ちょっと難しいかな。
Commented by ダンダラ at 2015-03-14 23:05 x
twoguitarさん、このキタテハのしぐさが、雌の様子をうかがっているように見えたので、そんな推測をしてみました。
飛翔写真は、1V3の秒20コマに助けられています。
今までは撮れなかった細かなシーンが撮れるのではないかと思います。
でも、蝶を驚かさないように近づくのはすごく難しくて、たいていは失敗してしまいます。


<< 小畔川便り(モンキチョウ配偶行...      小畔川便り(魚眼+ケンコー1.... >>