2015年 03月 11日

小畔川便り(魚眼+ケンコー1.4:2015/3/5.6)

3月5日は、前の記事にも書いたようにベニシジミを始めて撮影したが、それ以外には、魚眼にテレコンをかませてみた。

魚眼だと、50㎝以上の距離があると蝶が小さくしか写らないので、これにテレコンをかませてみたらどうだろうと考えた。

それ以前のタムロンの10-24のズームレンズでは、14mmか20mm前後で使うことが多かったので、10.5mmの魚眼に1.4倍のテレコンを付ければいつもの感覚に戻るかなと言うわけだ。

丁度何年も前に買ったケンコーのテレコンが使わずに置いてあるので、とにかく試してみることにした。

結果は、何となくすっきりしない。

f0031682_09264942.jpg
ニコン1V3 10.5+ケンコーテレコン1.4


背景がなぜかべったりつぶれたような感じがする。
f0031682_09264987.jpg


蝶の大きさは確かに少し大きくなっているけど、ピクセル等倍で像を確認すると、かなり甘い感じがする。

f0031682_09264952.jpg

ただ、撮影条件にもよるのかもしれないので、翌日再度試してみることにする。

こちらは、10-30による飛び出しの飛翔写真。

f0031682_09264979.jpg
ニコン1V3 10-30

絞りは開放に近いけど、センサーサイズが1インチと小さいので、被写界深度は深い。



6日はテレコンのあるなしでの確認のために、最初はテレコンを付けて撮影。


雄同士が絡んでいたので撮影するが、極端な露出不足になっていた。

f0031682_09320152.jpg
ニコン1V3 10.5+ケンコーテレコン1.4


撮影情報を見ると、 1/5000 f13 ISO800 露出補正-0.3

シャッター優先にしてあったので、絞りがこんな値になって露出不足になるはずがない。

写真そのものは、RAWで撮影してあるので何とか救えた。

f0031682_09270887.jpg

背景の土手の草がやはりべったりつぶれたような感じがする。

どうしてこんなことになったのかなと思って、マウントアダプターの仕様を見ると、テレコンは使用不可と書いてある。
オートフォーカスは確かにきかなくなるけど、置きピンだから関係ないかと思ったけど、こんな動作不良が起こるのでは使えない。

その後はテレコンを外して撮影。

こちらの雄同士の絡みでは、背景もきちんと分離していて、ペタッとつぶれたような感じはしない。

f0031682_09270852.jpg
ニコン1V3 10.5

f0031682_09270858.jpg

飛び方が比較的ゆっくりな個体を見つけたので撮影。

f0031682_09270398.jpg
f0031682_09270327.jpg
黄色をしていたので雄かなと思ったけど、尾端を見るとどうも雌だったようだ。
f0031682_09270449.jpg
秒20コマなので、ピントが合うと何枚かの連続した写真が撮れる。
f0031682_09270352.jpg

この日は1V2+70-200に変えて、D800で吸蜜を撮影。

f0031682_09270354.jpg
D800 シグママクロ150


この写真ではわからないけど、拡大した時の圧倒的な解像度はやはりさすがだと思う。



by dandara2 | 2015-03-11 09:44 | 機材 | Comments(4)
Commented by otto-N at 2015-03-11 18:24 x
テレコンもレンズの一種なので、微妙なところがあるようですね。
このところ、飛翔に関しては露出はマニュアルです。
日射しの程度で絞りを変え、日陰に入ったら色も出ないので諦めています。
2頭の絡みは、救えたようで何よりでした。
20コマは魅力的ですが、選ぶのが大変な作業になりそうですね。
Commented by ダンダラ at 2015-03-11 22:02 x
otto-Nさん、フィルム時代はテレコンも便利に使ったことがあるんですが、デジタルになってからはどうも納得できない点が多くて、買っては見たものの使わないことが多いです。
露出はマニュアルですか。
そのほうがシャッタースピードとか、絞りの被写界深度とかが読めて便利かもしれないですね。
私も考えたことはあるのですが、まだ試したことはありません。
20コマはピントが合った場合には、前後にも使える写真があることが多いので便利に使っています。
ただ、バッファがすぐ一杯になってしまうので、それが欠点でしょうか。
Commented by naoggio at 2015-03-13 14:48 x
魚眼にテレコンですか。
高屈折率のレンズを通ってきた角度の強い光線をテレコンでまた屈折させる事になりますから確かにちょっと厳しいかもしれませんね。
マウントアダプターの装着による動作不良も、なるほどそう言う事もあるかもと思って勉強になりました。
にしても、素敵な飛翔写真を量産されていますね。
最後のD800画像も素晴らしいです。
Commented by ダンダラ at 2015-03-13 19:34 x
naoggioさん、なるほどそんな理屈になるんですかね。
魚眼にテレコンを使う方は、海野さんをはじめとして何人もいると思うのですが、あまりこんな話は聞きません。
ニコン1シリーズは、センサーサイズが1インチと小さいことも関係あるのかな。
この時期はいろいろ試しているんですが、新しく買った魚眼による飛翔は、写る像の大きさが今までよりも小さいので、撮影距離から出直さないといけないので、今のうちに距離感を身に着けておこうと結構一生懸命やってます。
D800の画像は安心できます。
カメラ・レンズとも重いですが、この重さも体になじませておかないといけないです。


<< 小畔川便り(モンキチョウの卵:...      小畔川便り(モンキチョウ産卵:... >>