2015年 03月 08日

小畔川便り(モンキチョウ産卵:2015/3/4)

3月4日は晴れで風も弱く、気温は18度位。
この日は冬の間はほとんど持ち歩かなかった70-200を使ってみた。

あまり蝶の期待できない時期に大きなレンズを持ち歩くのは敬遠していたけど(散歩の人がカワセミ情報をその都度親切に教えてくれるので煩わしい)、そろそろモンキチョウの数も多くなってきたので、このレンズの重さにも慣れておかないと。

暖かくて風もないのでキタテハやモンキチョウがあちこちに飛んでいる。

f0031682_08311619.jpg
ニコン1V3 10-30

モンキチョウが産卵しそうになっているので、この雌を集中して撮影することにする。


f0031682_08310945.jpg
ニコン1V2 70-200


70-200は撮影距離がとれるので、母蝶を驚かせずに撮影することができて楽でよい。

それでもなかなか卵の確認まではできないけど、後で見たら、この写真では尾端に産み付けられた卵が見えている。

f0031682_08311099.jpg
ニコン1V2 70-200

産卵が終わった次の写真では、卵がはっきり見えている。(後脚の間で見にくいかも)
f0031682_08445835.jpg


この母蝶は、産卵植物を探してゆっくり飛翔するので、あまり驚かさないようにしながら飛翔も撮影できた。

f0031682_08311034.jpg
ニコン1V3 10.5

カメラをなるべく下げて、草の間を食草を探しながら飛ぶ様子を撮影する。
f0031682_08311032.jpg
ニコン1V3 10.5

f0031682_08363628.jpg
ニコン1V3 10.5

f0031682_08311633.jpg
ニコン1V3 10.5

30㎝(レンズ前面20㎝)以下に近づけば、蝶もそれなりの大きさに写るし、何よりも背景のボケが全く気にならないのが何よりうれしい。
f0031682_08311575.jpg
ニコン1V3 10.5

f0031682_08311602.jpg
ニコン1V3 10.5

家内の1V2には10-100を付けて使い勝手を試してもらう。

f0031682_08311098.jpg
ニコン1V2 10-100  家内撮影

蝶があまり大きくは写せないけど、散歩のときには軽くていいかもしれない。



by dandara2 | 2015-03-08 08:46 | 産卵 | Comments(12)
Commented by himeoo27 at 2015-03-08 09:10
モンキチョウの飛翔&産卵シーン
素敵ですね!
今日はさすがに舞いそうにないの
で、越冬中のウラギンシジミでも
確認してみます。
Commented by ダンダラ at 2015-03-08 17:03 x
ヒメオオさん、この週末は天気に恵まれませんね。
貴重な週末が二日間もつぶれるとストレスがたまりそうです。
ウラギンシジミもそろそろ越冬が終わりそうですが、どうなりましたかね。
Commented by 22wn3288 at 2015-03-08 21:19
モンキチョウの飛翔も産卵も素晴らしいですね。
上手く撮れるなーと感心!
飛翔撮影には小さなカメラが使いやすいでしょうか。
Commented by ダンダラ at 2015-03-08 22:45 x
旅友さん、ありがとうございます。
飛翔撮影に使うカメラですが、飛翔専門で撮影するなら、重さもそれほど気にならないと思いますが、私のようにいろいろ撮るために何台ものカメラをぶら下げていると、小さくて軽いカメラは助かります。
1V3は秒60コマまで撮れますし(飛翔では20コマで撮影しています)、マウントアダブターのFT1に魚眼を付けると、軽くて手首にも負担がかからず使いやすいです。
ただ、そうはいっても飛翔撮影は難しいです。
蝶までの距離感は簡単には身に付きませんし、蝶も簡単には撮影距離に近づけてはくれませんので、数百枚撮って、何ぼの世界になります。
Commented by kazenohane at 2015-03-08 23:41
こんばんは。
今日は、木版画展に来ていただき、ありがとうございました。
お心遣いもいただき、すみませんでした。
計算して撮れない難しさが飛翔撮影には、ありますね。
それでも、自分のイメージに近い写真が撮れたら、
嬉しいでしょうね。
蝶の写真の奥深さを感じます。
Commented by ダンダラ at 2015-03-09 15:38 x
kazenohaneさん、お疲れ様でした。
普段は接することのない世界の作品を拝見し、お話も伺えて楽しかったです。
飛翔の撮影は、静かに感性を研ぎ澄ませて撮るのとはまた違った次元の撮影法で、ちょっとスポーツ感覚かもしれないですね。
結果として残る写真としては、より芸術的なほうに惹かれます。
Commented by Sippo5655 at 2015-03-09 22:37
キタテハも、モンキチョウも、

みんな元気いっぱいですね!!

私が見守っていた越冬ウラギンは

昨日行ったら、残っていたのは2頭だけでした。


明日やっとフィールド散歩できそう、

どこに行こうかな(^-^*)
Commented by yurinBD at 2015-03-10 07:04
モンキチョウの低空飛行の飛翔写真、
素晴らしいですね!
草など障害物があって撮影が難しそうですが、
しっかりと写っていて魔法を見ているようです(笑)
産卵シーンの撮影も素晴らしいです!
Commented by ダンダラ at 2015-03-10 18:22 x
Sippoさん、ウラギンもそろそろ越冬明けの時期ですね。
私の観察していたムラサキシジミも越冬が明けたようです。
今日のフィールド散歩はいかがでしたか、こちらでは風が強くて大変でした。
Commented by ダンダラ at 2015-03-10 18:25 x
yurinさん、ありがとうございます。
置きピンですので、うまくモンキチョウにピントがあるとそんな感じになりますかね。
でも、モンキチョウが草の間を縫うようにして飛ぶ様子が撮れればいいなと思っていましたので、うれしいお褒めの言葉です。
Commented by twoguitar at 2015-03-10 20:38 x
モンキチョウ撮影に70-200mmを持参は正解、良い心構えですね。
こちらでは交尾シーンを見たばかりなのにもう産卵シーンなんですね。
産卵した植物は、カラスノエンドウでしょうかね。
草の間を縫うように食草探しで飛ぶ雌の写真は、蝶の目線になっていて説得力がありますね。
Commented by ダンダラ at 2015-03-11 09:23 x
twoguitarさん、70-200は去年から使っていますが、使いやすくていいレンズですよね。
ただ、撮影の安易さに頼ってしまいそうになるので、大事な時にはマクロで撮るようにしていました。
産卵植物はカラスノエンドウで、ここにはシロツメクサもありますが、カラスノエンドウに産卵することが多いようです。
飛翔写真、お褒めいただきありがとうございます。
ただ飛んでいるだけではなく、生態の一場面としてとらえられるといいと思っていますが、なかなか難しいです。


<< 小畔川便り(魚眼+ケンコー1....      小畔川便り(ベニシジミ初見:2... >>