2014年 11月 05日

四国遠征1/3(サツマシジミ:2014/11/1.2)

11月1日から3日までサツマシジミを撮影に四国に行ってきた。
サツマシジミは銀塩時代に撮影したきりでデジタルでは未撮影。
気にはなっていたけど、この時期には南の蝶に目が向いて、なかなかサツマシジミの撮影に行く気持ちのゆとりがなかったけど、そろそろ押さえておきたいなと思った。

1日は曇天で、雨がぱらついたりする生憎の天気。
家内が四国は初めてだというので、空港から30分くらいの鳴門の渦潮を見に行く。
飛行機が着くのがちょうど満潮の2時間くらい前で、レンタカーの手続きをしたりしていれば渦を見るにはちょうど良い時間になる。

観光船に乗って港を出ると前の方を大きな帆船が進んでいる。
船尾には日本丸と書いてある。
これってあの日本丸? 調べたら日本丸二世になるんですね。

お客さんが多くて、撮影できなかったけど、反対側に見えた時に撮影。

f0031682_10241907.jpg

距離が離れてしまったけど、丁度潮流の一番激しい場所にかかって、荒波の中を進むような写真が撮れてよかった。

渦潮の方は期待したほど大きいのはできなかったけど、本物の渦巻きは初めて見るので感激。

f0031682_10241951.jpg

その後大鳴門橋の「渦の道」に行って上から渦を見る。
45mの高さから見るので、はっきりとした渦潮はよくわからなかったけど、観光船の横に渦が見える。
f0031682_10241983.jpg

船から見れば、さっきの写真のような渦に見えるんだろうな。

ちょっと遅めの昼食をとり、2時間半ほど走って室戸岬に近い宿に入った。
その日の夕食は伊勢海老尽くし。

f0031682_10241995.jpg

旅行の予約をするときに、いつも行くJTBにいったら、係の人がその宿の一番安いコースを選んだので、2000円高いこちらのコースとは何が違うのかと確認したら、宿に問い合わせてくれた。
それによると、高いコースは料理の質は上がるけど、伊勢海老とは謳っていないので、伊勢海老が必ず出るのはこのコースだということだった。

安くていいのならそれに越したことはないので、そちらを予約。
f0031682_10241961.jpg

おかげで伊勢海老を堪能することができた。
f0031682_10414481.jpg


海から上がって、風呂を利用するサーファーが多くて、時間帯によっては大浴場が混むのが困るけど、それ以外は食事の質もよく、ゆったりできて良い宿だった。

今までは蝶を撮りに泊りがけで出かけても、観光らしいものもしないでそのまま帰ってくることが多かったけど、そろそろこんな風にその場所の風物に接する旅行もいいかもしれないと思いながらゆったり食事をした。

翌日は「徒然なるままに」のさっちゃん♪ご夫妻、「蝶&鳥日記」のノゾピーさん、「週末がさがさ団」のDodo-boyさんと合流、ルーミスの様子を見に行く。
相変わらずの曇天で、昼近くまで頑張ったけど何も撮影できずに撤収。

その後「蝶の図鑑~今日の蝶」の蝶の図鑑さんにお会いして、室戸岬近くを案内していただいた。

薄日も射さないような曇天で、なかなか蝶の姿がない。

半分あきらめかけた14時過ぎになってようやくサツマシジミの姿が見つかり、大喜び。

f0031682_10244282.jpg

少し明るくなった時に翅表を少し披露してくれた。
f0031682_10243671.jpg

やったね、これで今日はいいかなと満足。
f0031682_10243641.jpg

畑の中に咲くラッキョウの花にも来ていた。
f0031682_10243681.jpg
家内撮影

お茶の木の周辺を飛びまわるサツマを撮影したら、雌雄の開翅が撮れていた。
こちらは雌
f0031682_10244271.jpg
こちらは雄
f0031682_10244221.jpg

家内はヤクルリも撮影していた。

f0031682_10242936.jpg
家内撮影

飛び立ったところも撮れていた。
f0031682_10243032.jpg
家内撮影

それ以外には、クロセセリ、アサギマダラの姿もあった。

f0031682_10244294.jpg

イシガケチョウはセイタカアワダチソウで吸蜜していた。
f0031682_10244255.jpg


その後ツマグロキチョウの場所に案内していただく。
そこにはたくさんのツマグロキチョウがいて、吸蜜したり、草の間に止まったりしていた。

f0031682_10243676.jpg

天気が悪いので、草の間で休む姿がいくつも見られた。
f0031682_10243056.jpg

枯れ枝の積まれた場所にも何頭ものツマグロキチョウがいて、冬の間もここで越冬するとのことだった。

f0031682_10243051.jpg
家内撮影

飛び出したツマグロキチョウはまた枯れ枝の場所に戻ろうとするけど、仲間の姿を目印にしているような様子も見えた。
f0031682_10243652.jpg

ここで、今日帰られる さっちゃん♪さんご夫妻、ノゾピーさん、Dodo-boyさんたちとはお別れをする。
お疲れ様でした。

翌3日は天気もよさそうなので、撮影したいと思っているツワブキで吸蜜するサツマシジミや、海を背景としたサツマシジミが撮れるかなと期待して、蝶の図鑑さんともお別れする。



by dandara2 | 2014-11-05 11:09 | 開翅 | Comments(20)
Commented by 6422j-nozomu2 at 2014-11-05 12:42
ダンダラさん
お疲れ様でした。なかなかエエ写真が並んでいますね。
特に、サツマシジミの半開が羨ましいです。
伊勢海老も美味しそう。
Commented by ダンダラ at 2014-11-05 16:31 x
ノゾピーさん、お世話になりました。
午前中はどうなるかと心配しましたが、何とか撮影できてよかったですね。
サツマの開翅は結局この時だけのチャンスでしたが、何とか撮影できました。
伊勢海老、普段は縁がないのでおいしくいただきました。
たまにはいいですね。
Commented by LUFFYY at 2014-11-05 18:35
高知出身の私ですが、意外と蝶の撮影スポットを知りません(笑)
実は、室戸岬へ行ったのも、結婚してから1回のみです
高知の海産物、盛りは豪快ですが・・・いかがでしたでしょうか
ダンダラさんのブログをかみさんに見せたら、今度連れてけと
今回は、お天気が芳しくなかったようですが、これに懲りずに
ご夫婦で、また高知においで下さいね!
Commented by tamayam2 at 2014-11-05 19:03
おお、室戸岬の辺りは、食事も豪華、蝶も豪華なところ
なんですね!!友人がいるので、今度、押しかけて行きたいなぁ!収穫がたくさんありましたね。分けてくださり、ありがとうございます。
Commented by kazenohane at 2014-11-05 19:07
こんばんは。
サツマシジミの見事な半開翅が撮影できましたね。
ラッキョウの花にも訪れるんですね。
蝶だけにまい進する旅もそれはそれで楽しいですが、
蝶に観光やグルメを組み合わせた、
ご夫婦の旅もこれからは、いいかも知れませんね。
伊勢海老の刺身、美味しそう(^^♪
Commented by dragonbutter at 2014-11-05 19:50
四国遠征お疲れ様でした。
楽しかった様子が伝わってきました。
サツマの翅表の空色をきれいに撮られていて素晴らしいです。
同じころ私は南紀遠征でした。
天気に悩まされました。
Commented by さっちゃん♪ at 2014-11-05 20:44 x
こんばんは
四国遠征ではお世話になりました。
とっても楽しかったです。
『開いたよ〜開いたよ〜」
っと教えてくださった写真はこれだったのですね。
駆けつけたときは間に合いませんでしたけど^^;
綺麗な写真ですね
満潮時に渦巻きは見れるのですね 勉強になりました^^
ん〜  それにしても美味しそうな伊勢海老ですね
来年 食べたいです^^/
至福のひととき をありがとうございました。
Commented by kenken at 2014-11-05 21:07 x
おおっ、さっそく四国遠征の記事UPでございますな。
いつもながらの奥様との仲睦まじい旅、よろしゅうございますなぁ~
この季節、茶畑でサツマというのが意外と撮りやすかったりしますね。
室戸岬の辺りって、以前、シルビアの探索に訪れたことがありますが、本当に何もないところだったでしょう。
ん、でも、この伊勢エビが食べられれば満点ですね。
Commented by yurinBD at 2014-11-05 22:44
とても素敵な旅ですね!
お写真を見ているこちらも楽しい気分になります。
四国、行ってみたくなりました!
Commented by ダンダラ at 2014-11-06 07:42 x
LUFFYYさん、高知県のご出身なんですか。
今回は徳島県から入りましたので、撮影地は徳島県が大半でしたが、高知県にも少しだけお邪魔しました。
料理はおいしかったです。一品ずつ丁寧に運んできてくれて心遣いが嬉しいですね。
3日間のうち2日間が曇天でしたが、サツマも撮れていい旅でした。
是非奥様孝行をしてあげてください。
Commented by ダンダラ at 2014-11-06 07:46 x
tamayamさん、室戸岬周辺は一般の観光にはどうかなと言う感じもしますが、少し山側に入ると、ここに載せた蝶やルーミス、ヒサマツ、キリシマなどもいるようです。
今回は、ヒサマツの生き残りに会えるかなとひそかに期待していたのですが、天気も悪く撃沈しました。
是非ご友人を訪ねてみてください。
Commented by ダンダラ at 2014-11-06 07:50 x
kazenohaneさん、この日は天気が思わしくなく、案内していただく場所にも蝶の姿がなくて、どうなるかなと思っていましたが、最後に蝶のたまり場に行きつくことができました。
今までは日曜しか休みがなかったから、ゆとりのある旅行はできませんでしたが、観光(と言うかゆったりした気分の)旅行もいいですね。
Commented by ダンダラ at 2014-11-06 07:54 x
dragonbutterさん、初めての土地、初めての蝶(サツマもそれに近い感じ)はわくわくしますね。
サツマのきれいな翅表は今回撮影したかったのですが、皆さんのブログを拝見すると結構難しそうな感じもしていたので、翅を開いた時にはあこがれていたきれいなブルーが見えてやったーと思いました。
南紀に遠征されていたのですか。
せっかくの週末だというのに天気がね~。
Commented by ダンダラ at 2014-11-06 07:57 x
さっちゃん♪さん、お疲れ様でした。
いろいろお世話になりました。ご主人にもお目にかかれてうれしかったです。
サツマの開翅、もう少し長かったらよかったのに残念でしたね。
鳴門のうずは、官庁・満潮の前後2時間くらいが見るチャンスのようです。
出来れば大潮の時がいいそうですが、今回は中潮であまり大きいのは見れませんでした。
伊勢海老は豪快でおいしかったですよ。
温泉もつるつるになって女性向きかも…
Commented by 22wn3288 at 2014-11-06 08:12
サツマシジミはすっきりして良いですね。
渦潮も豪快ですし、伊勢海老も美味しそう。
お友達とも一緒で良い撮影行ですね。
Commented by ダンダラ at 2014-11-06 09:28 x
kenkenさん、お久しぶりです。
サツマの生態はまったくわからず、旅行中も食草ってなんだっけ…と言う感じでしたが、茶畑に多いんですね。
言われてみればその周辺で多く見られました。
室戸岬の周辺は、サーファーが多かったですね。
Commented by ダンダラ at 2014-11-06 09:35 x
yurinさん、今回は写真仲間と一緒でしたし、地元の方の案内もありましたので、安心して撮影ができました。
四国はなかなか足が向きませんが、行ってみれはとっても良いところでした。
是非いらしてみてください。
Commented by ダンダラ at 2014-11-06 09:37 x
旅友さん、サツマシジミはきれいな蝶ですね。
模様が少ないのにハッとするような美しさがありますね。
今回の撮影は自分一人では何も撮影できなかったかもしれませんが、仲間のおかげで楽しく撮影できました。
感謝です。
Commented by Favonius at 2014-11-06 22:02 x
サツマシジミは憧れの蝶でもあるし、羨ましくご拝見させていただきました。お茶畑との関連性は何かあるのでしょうか。
短期遠征で確りお撮りになられる術は流石です。
Commented by ダンダラ at 2014-11-07 15:38 x
favoniusさん、関東に住んでいるとサツマシジミは撮影しにくい蝶ですね。
わざわざ費用をかけていくには、副産物が少なすぎるような気がするし。
お茶畑との関連は、サツマシジミの生態の知識がほとんどないのでわかりませんが、吸蜜には来ています。
未知の土地だと、現地の蝶仲間にお願いして案内してもらうことが多いです。
みなさん親切にしてくれるので感謝してます。


<< 四国遠征2/3(ヤクシマルリシ...      小畔川便り(1V3のチェック:... >>