2014年 03月 30日

小畔側便り(コツバメ飛翔再挑戦:2014/3/29)

29日はコツバメの飛翔一本勝負。
納得いく写真が撮れるまで帰らないぞと言う意気込みで出かける。

コツバメは11時半ころから現れるので、それを待つ間周囲を見てみたらルリシジミが吸蜜していた。
f0031682_12264585.jpg
オリンパスTG-2+魚露目

ルリシジミは帰りがけにもモデルになってくれた。
f0031682_12282770.jpg
家内撮影 ニコン1V2 ニコンマイクロ85


土曜日とあって、遊びに来た人が引きも切らずに歩いてくる。
遊ぶ場所はほかにあって、ここは通り過ぎるだけの人が多いけど、それでも幾組かの人はこの広場で遊んでいくので、そういった人を背景にまずは魚露目で環境写真撮影。

f0031682_12264568.jpg
オリンパスTG-2+魚露目

家内には今日はマクロの85mmとカシオのFH-100を渡してバスト連射にチャレンジしてもらう。
コツバメは近くで撮影できるので、マクロにしてもらったけど、背景が柔らかくぼけていい感じになった。
f0031682_15185771.jpg
家内撮影 ニコン1V2 ニコンマイクロ85mm

バスト連射のほうは、初めての撮影で結構苦労していたようだけど、何枚かはそれなりの写真が撮れていた。
f0031682_12263951.jpg
f0031682_12263993.jpg
家内撮影 カシオ EX-FH-100 1/5000 f3.5 ISO800

目的の飛翔写真は、目でとらえるのも困難なくらい高速で飛ぶコツバメをひたすら撮影した。

jpeg+RAWで2500枚、60G位撮影し、使えるのは3カットだけ。

f0031682_12263934.jpg
ニコン 1V2 タムロン10-24 1/5000 f4.2 ISO640
f0031682_12263936.jpg
f0031682_12263919.jpg
ニコン1V2 タムロン10-24 1/6400 f4.2 ISO2200

返り討ちにあった感じだけど、誰にも遠慮せずに思いっきりシャッターを押せて気持ちよかった。

飛翔の1枚目と3枚目のシャッター速度の違いは特に意味はなくて、夢中で撮っているうちに例によってダイアルが回ってしまったことによる。
背景の変化で露出不足になるのを防ぐために、ISOはAUTOにしてある。

止まる寸前に撮ったこの写真は、翅表の写った数少ない写真だけど、ピントが甘いし、何よりボケが汚い。

f0031682_12263973.jpg
ニコン1V2 タムロン10-24

このタムロンのボケが汚くて、ニコンの10-24を買ってみたけど、やはりボケが汚くて買ってすぐに手放した。
改めて、タムロンの10-24を使ってみたけどやっぱり汚い。

やはり、ニコンの18-55に戻すことにする。
レンズが軽くて上を向くのは何とか頑張って修正していこう。

撮影中は、飛翔を撮れた感触がなかったので、念のために帰る寸前にバスト連射で翅表を押さえておく。

f0031682_12263916.jpg
f0031682_12263983.jpg
カシオ EX-10 1/6400 f1.8 ISO250

帰りがけにミヤマセセリのポイントを覗いてみるけど、今日も姿がなかった。
心配だ。




by dandara2 | 2014-03-30 12:39 | 飛翔 | Comments(24)
Commented by LUFFYY at 2014-03-30 13:00
公園で奥様との蝶撮り
ターゲットはコツバメ
いいですねぇ
パスト撮影、私もがんばってみます
Commented by ダンダラ at 2014-03-30 16:09 x
LUFFYYさん、ギフチョウの撮影を始めるとコツバメはついでにしか撮影しなくなってしまうので、その前にコツバメに集中することにしました。
家内も山登りはしなくて済みますし。
パスト撮影、お手軽撮影ですが、うまくいったときはやっぱりうれしいですね。
良い写真を期待しています。
Commented by 虫林 at 2014-03-30 16:16 x
コツバメの魚露目は環境が適度に入ってとっても良いですね。
奥様が撮影されたカシオ EX-FH-100によるパスト連射もすごい写真です。EX-10は背景がかなりボケているので近接した飛翔写真でしょうか。
Commented at 2014-03-30 16:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by otto-N at 2014-03-30 17:57 x
えっ!2500枚も撮ったのですか!
私ならもうとっくに諦めている枚数です。
目で追うだけでも大変なのに、撮ろうとすること自体、すごいことです。
シャッタースピードはどのくらい必要ですか?
Commented by HOUNOKI at 2014-03-30 18:17 x
こんばんは。
バスト連射も、ぴたりと空中で静止した写真が撮れたときは、
うれしいでしょうね。
今回、いちばんのお気に入り写真は、
オオイヌフグリの花に吸蜜するルリシジミです。
魚露目写真で、ここまで表現できれば文句なしですね。
背景も美しく、蝶もいい瞬間が撮れていますね。
Commented by chochoensis at 2014-03-30 19:27
コツバメの飛翔写真は、あきらめているんですが・・・こういう写真を見るといつか撮影してみたい・・・なんて考えてしまいます。素晴らしいです。
小生は、北側で花の写真を撮影していました、残念・・・。
Commented by fanseab at 2014-03-30 20:48
最後の翅表がバッチリ写った絵は流石パスト連射ですね。
1V2で2500コマチャレンジされたことにも感心いたしました。
1V3にモデルチェンジしてパスト並みの絵が撮れるなら、
いいなぁ~と思っていてどなたか試写画像を撮ってくれないかと
勝手な希望を持っております。
Commented by ダンダラ at 2014-03-30 20:49 x
虫林さん、ありがとうございます。
魚露目の写真は、おっしゃる様に蝶とその環境を写すのには最適ですね。
風景写真にセンスがないので、撮影した場所の環境を表すのにも重宝しています。
家内のFH-100と私のEX-10との背景の違いは主にレンズの明るさの関係です。
コンデジはご承知のように、NDフィルターで、絞るのは無意味なので、どちらも絞りは開放ですので、こんな違いが出ます。
海野さんが、今度のEX-10でようやくバスト連射がきちんと使えるようになったといったことをおっしゃっていましたが、飛翔を写しとめるためのデータが全然違います。
家内のカメラでは1/4000以上を切るにはISOをかなり上げないといけなくなり、この写真位の明るい環境でないと難しいです。
私の写真は、ISOはAUTOでよいので、ノイズもかなり少なります。
写真にデータを入れておきますね。
Commented by ダンダラ at 2014-03-30 20:50 x
鍵コメさん、ありがとうございます。
このところは蝶の写真のことばかり考えています。
Commented by Favonius at 2014-03-30 22:33 x
バストと目測、このような比較画像は参考になります。
バストで捉えた性標お見事ですし、背景の公園も魅力的です。
そして、目測には驚きました・・煉瓦張りを飛翔する翅裏姿、憧れます。
次回は試してみます!
Commented by ダンダラ at 2014-03-30 23:04 x
otto-Nさん、枚数もさることながらメモリーの使用量にもびっくりでした。
何しろ、32G、16G、16G、8Gと4枚のメモリーを使いました。
予備に持っているメモリーを全部使いました。
こんなこと初めてでした。
でもこの日の目的が飛翔の納得いく写真を撮るということでしたので、その感触がないうちはやめられませんでした。(最後まで撮れた感触はありませんでしたけど)
シャッタースピードについては写真にデータを入れておきましたので参照してください。
Commented by ダンダラ at 2014-03-30 23:09 x
HOUNOKIさん、バスト連射は何回かチャレンジすればそれなりの写真が撮れるという安心感がありましたから、この日は家内に任せて最後に少し撮っただけでした。
でも機械の進歩はすごいですね。こんな写真を自分の技術だけで撮ろうとしたらまず不可能です。
オオイヌノフグリでの吸蜜写真、ありがとうございます。
この時はこの選択がいいだろうと撮ったのですが、どの程度使える写真になっているのかは帰宅するまではわかりませんでした。
Commented by ダンダラ at 2014-03-30 23:10 x
chochoensisさん、お近くにいらしたのですね。
この場所はchochoensisさんに教えていただきましたが、今回は自分で納得いくまで場所を占有して撮影することができました。
感謝しています。
今年からは時間も自由になりますので、近場の撮影のときはぜひご一緒しましょう。
そのうちご連絡します。
Commented by ダンダラ at 2014-03-30 23:10 x
fanseabさん、バスト連射は手軽な割にはそれなりの写真が撮れて、機械の進歩をこれくらい如実に感じるものも少ないですね。
1V3の撮影、シャッターを押す前後20コマの撮影ができるというものは、まさにカシオのバスト連射と同様なものかと思うのですが、保存が思った形式でできるのか確認したいと思っています。
それとは別にダイアルが勝手に回らないかとか、細かな点を確認して4月に入ったら導入する予定です。
ギフに間に合わせようと思っているのですが…使ってみたらご報告します。
Commented by ダンダラ at 2014-03-30 23:20 x
Favoniusさん、バストは機械の進歩、目測は自分の技術の進歩
全く内容は違うし、撮れた写真は、黙って見たらバストの方が上ですが、満足感は目測の方が大きいですね。
Favoniusさんのように、飛翔を主に撮影していらっしゃるのと違って、私の場合は表現手段の一つとして考えているだけなので、とても比較はできませんが、今回は条件も整っていたので飛翔に集中して撮影ができました。
これはこれで面白く、チャレンジのし甲斐があるものですね。
Commented by yoda-1 at 2014-03-31 12:19
これはたくさんの飛翔画像で、素晴らしいですね。
私もこのぐらい歩留まりよく撮影したいです。
まずは、その撮影機会の確保も重要ですよね。
Commented by cactuss at 2014-03-31 19:51
奥様と一緒に飛翔を撮影されているところはほほえましいですね。
飛翔写真はさすがにすばらしいですね。
EX-10は今までのカシオのカメラよりきれいに写りますね。
Commented by みき♂ at 2014-03-31 21:43 x
こんにちは。
コツバメ飛翔、2500枚ですか。びっくりです。
本日やっとコツバメと出会ったところです。
2頭ばかり飛び回っている場所に2時間ほどいましたが、飛翔を撮るなどまったく考えもしませんでした。
また明日行って挑戦してみたくなりました(笑)。
Commented by ダンダラ at 2014-04-01 07:36 x
yodaさん、ありがとうございます。
歩留まりは微妙ですが、コツバメの場合は普通の蝶の飛翔のような歩留まりは無理なので、こんなものかなと思います。
飛翔を専門にやられている方はもっといいのでしょうけど。
撮影機会の確保・・・・おっしゃる通りですね。
まずは現場に行かなければはじまりませんね。
Commented by ダンダラ at 2014-04-01 07:40 x
cactussさん、人が良く通るところで、何もないところに向けて(普通の人にはそう見えるでしょうね)カメラを振り回すのは、一人ではとてもやりにくいので連れがいると心強いです。
EX-10は大きくてかさばりますが、撮影結果はそれなりです。
Commented by ダンダラ at 2014-04-01 07:44 x
みき♂さん、普通の場所で飛んでいるコツバメを見たら私でも撮る気にはなれないと思います。
それ専門でもないし。
たまたまここは、テリハリ場所の周囲が広い空間で、その空間に飛び出しては戻ってくるので、撮影にチャレンジする気になれました。
個体数もそこそこ多いので、シャッターチャンスにも恵まれています。
こんなことができるのも、今年から時間だけはある生活になれたおかげだと思います。
Commented by naoggio at 2014-04-01 17:22 x
パストでなくコツバメの飛翔を撮るというのは本当に難しいのですね。
833分の1の歩留まりとは・・・汗:
飛翔も素晴らしいですがコツバメの1〜2枚目、いい写真ですねえ。
ルリシジミも幸せそうに見えます。

Commented by ダンダラ at 2014-04-01 22:10 x
naoggioさん、コツバメの飛翔はかなり難しいと思います。
まず、コツバメをフレームに入れること自体が至難の業で、入ってもわけのわからない影のようなものしか見えません。
それはそれとして、今回は撮ろうと思った写真を気兼ねなく存分に撮れたことが楽しくて、結果は後からついてくるといった感じでした。
それと、コツバメの写真ありがとうございます。
狙った以上の効果が出てくれました。


<< トラフ撮影(2013/3/31)      小畔側便り(コツバメ飛翔:20... >>