2014年 03月 16日

小畔川便り(モンキチョウの配偶行動:2014/3/15)

3月15日は晴れて気温も平年並みになるということなので、また川原に出る。
今回は、飛翔の感覚を取り戻すのと、家内の使うレンズの確認が目的。

家内の1V2には今まで、ニコンの55-200をつけていたけど、f8位まで絞っていないと画像が甘かった。
それで、今日はマクロの85mmを付けてみることにした。
1V2では35mm換算230mmになるけど、今までよりはかなり近寄らないといけない。
その距離が満足いくかどうか。

川原にはようやくタンポポが咲き始めて、モンキチョウも吸蜜に来ていた。

f0031682_23033486.jpg
家内撮影 ニコン1V2 ニコンマイクロ85

家内が撮影している後ろから私も撮影。
f0031682_23033439.jpg
ニコン1V2 ニコン70-200

70-200の145mmで撮影したので、家内よりはかなり後ろからの撮影。
近づかなくても済む分ずいぶん楽だ。
70-200の描写は素晴らしく、85mmマクロよりも良いかもしれない。

飛翔の方も距離感が戻ってきたのか、今日は少しはましになってきた。
f0031682_23032740.jpg
f0031682_23032749.jpg
f0031682_23032742.jpg
f0031682_23032788.jpg
いずれも  ニコン1V2 ニコン18-55

ボケのほうもこれくらいなら満足できる感じ。
当分はこのレンズを使っていくことにする。

羽化して間もないようなメスを見つけたので、これは配偶行動が撮れるかもしれないと少し距離を置きながら様子を見る。
案の定雄が雌を見つけて追いかける。

雌が地面に止まると、雄はすぐ近くで翅をバタバタさせている。
f0031682_23032775.jpg
ニコン1V2 ニコン70-200

たぶん発香鱗のにおいを雌に送っているのだろう。
雌が小飛すると雄が追いかけて同じように翅をばたつかせるが、そのうち雌に並ぶような姿勢になる。
雌が拒否しないのを確認しているようだ。
f0031682_23033409.jpg
そして交尾が成立した。翅を開いている方が雄。雌の向きが反転している。
f0031682_23033400.jpg
この時期は羽化直後の雌が多い関係で、交尾個体を見つける回数も多い。
f0031682_23032683.jpg
ニコン1V2 ニコン70-200

背景が地面では味気ないので、指を近づけると飛び立って、うまい具合にオオイヌノフグリの咲いているところに着地した。
f0031682_23032733.jpg
家内撮影 ニコン1V2 ニコンマイクロ85

先日購入したキャノンのIXYでも撮影してみる。
f0031682_23032777.jpg
家内撮影 canon IXY-120

中心部は驚くほどシャープだけど、周辺が流れてトイカメラでの撮影のようになった。
このあたり、値段なりの写りと言うことだろうか。

魚露目での撮影の方がよほど素晴らしい。
f0031682_23033449.jpg
オリンパスTG-2+魚露目

家内が、キタテハが草の間に潜り込むところ見つけた。
f0031682_23032759.jpg
オリンパスTG-2+魚露目

13時になるところだけど、そろそろねぐらに落ち着くようだ。

この暖かさでウラギンシジミはどうなったか様子見に行く。
2頭並んで越冬中のものは一頭がいなくなっていた。

f0031682_23033419.jpg
もう1頭の方はそのままだった。
f0031682_23033451.jpg
そろそろ越冬完了が近いようだ。



by dandara2 | 2014-03-16 23:14 | 配偶行動 | Comments(8)
Commented by LUFFYY at 2014-03-17 05:38
オオイヌノフグリの中でモンキチョウの交尾シーン
春爛漫を感じさせるシーンですね!
ご家族との蝶撮り、楽しそうですね。
Commented by 22wn3288 at 2014-03-17 08:36
モンキチョウの活動が本格的になったようですね。
70-200mmは良さそうですね。
ブログで見てもそう思います。
Commented by HOUNOKI at 2014-03-17 10:12 x
おはようございます。
どうしても、ダンダラさんの魚露目写真が好きで、
目が自然に、そちらの方に向いてしまいます(笑)。
空が画面にあるだけで、
大袈裟な言い方をすれば「蝶の宇宙」のような、
スケール感がありますね。
もちろん、個人的な感想ですが。
Commented by ダンダラ at 2014-03-17 22:16 x
LUFFYYさん、モンキチョウのペアはちょうど良いところに降りてくれて、おかげでよい写真が撮れました。
家内と散歩がてらの撮影は気楽で楽しいです。
付き合ってくれる家内に感謝ですね。
Commented by ダンダラ at 2014-03-17 22:18 x
旅友さん、モンキチョウが撮影できてからもう1か月半になりますけど、ようやくそれ以外の蝶が表れてくれました。
モンキチョウは寒さに強いんだなというのがよくわかりまし
70-200は優秀なレンズですね。
1V2との相性もとても良いと思います。
Commented by ダンダラ at 2014-03-17 22:22 x
HOUNOKIさん、魚露目写真、お褒めいただきありがとうございます。
うまく撮れると独特の雰囲気がありますよね。
今まではカメラとの相性が悪くて苦労しましたが、オリンパスのTG-2が出てから撮影がほんとに楽になりました。
良い写真がたくさん撮れるといいんですが。
Commented by Sippo5655 at 2014-03-18 22:30
星の瞳に囲まれた愛・・・
素晴らしい瞬間ですね!
春の喜びが聴こえてくるようです(*´∀`*)
モンキチョウも、越冬ウラギンも会えていません。
今こうして出会える子たちは、本当に強い子なのでしょうね。
Commented by ダンダラ at 2014-03-19 07:37 x
Sippoさん、星の瞳ですか~
そんな素晴らしい表現は思い浮かびませんでした…
今年は、雪の影響が大きくて、発生がかなり遅れ気味ですね。
場所によってずいぶんばらつきがありそうな感じです。
厳しい試練を乗り切って我々の目に触れるこの子たちは、本当にすごいエリートなんでしょうね。


<< 小畔川便り(家内のレンズの最終...      小畔川便り(モンキ交尾:201... >>