2013年 10月 29日

小畔川便り(ストラップ:2013/10/29)

10月27日の日曜日は台風一過の晴天、風が少し強い。
撮影に行きたいけど、午前中は団地の避難・防災訓練。
いつもだと無視して出かけてしまうのだけど、今年は役員なのでそうも行かない。
それに車を息子に貸してしまったので、どっちにしても出かけられないんだけど。

TG-2を魚露目用にしたので、今まで魚露目で使っていた二コン1V1が余る。
二コン1V2で使っていた55-200の望遠を1V1につけて、1V2は飛翔専用にしようと思ったけど、1V2と使い方が違うので何かと煩わしい。
それで、お蔵入りしたD300を1V2と下取り交換することを思いついた。
しまっておいても大きくて場所をとるし、D300の勇姿はブログの中に残っている。
新品で買った時の値段は全く違うけど、5年半も使って次に使う予定がないからまあいいか。
ついでに使わなくなったタムロンやシグマの70-300のレンズも処分することにした。
ほぼとんとんで下取りできて、出費はほとんどしなくてすんだ。

これで、望遠用の1V2、飛翔用の1V2と2台体制になるので、いちいちレンズ交換をしなくてもすむ。
持ち歩きの重さも一時よりはかなり軽くなった。
1V1の方は、専用の10-30をつけて広角用で使ってみることにする。

魚露目をつけたTG-2をどう持ち歩くかも問題。
コンデジ用の、ベルトにつけるソフトケースでは、魚露目をつけたままでは魚露目がはみ出してケースに入らない。
魚露目を外してソフトケースに入れると、いざ使いたい時に魚露目をつけるのに時間がかかる。
魚露目をつけたまま肩から下げていると、藪こぎなどをした時やカメラが落ちた時などに、マグネットでカメラにつけている魚露目が外れてしまうことがある。
一度カメラを落として魚露目をなくしてしまったことがあるし、ブログには書いていないけど、自宅近くで藪こぎ中に落としてしまったこともある。
すぐに気が付けばいいけど、しばらく歩いた後だと絶望的だ。
そんなこんなで今の魚露目は3個目。

それで、写真のように首から斜めに提げて、途中で外すことが出来るストラップにしてみた。
f0031682_21535916.jpg

これにはカラビナ付きの部分もあってリュックやベルトなどにぶら下げることも出来る。
f0031682_21541484.jpg

カメラが体の前に来れば、藪こぎの時にも外れにくいような気がする。
腰には、デジカメ用のソフトケースもぶら下げて、必要なときには両方ともしまえるようにした。。

実際の使い勝手を見るために、下取りした1V2に望遠をつけ、TG-2をストラップにつけて自宅付近を歩いてみた。
遠征のときには、これに加えてD800を首から下げ、肩にはもう一台1V2を下げることになる。

初冬になるとサザンカに来るムラシやムラツを狙うポイントに着くとムラサキツバメが風を避けてツバキの葉に止まっていた。

これ幸いとカメラを取り替えながらいろいろと撮影した。
頭よりも高い位置だったので、ファインダーを覗き、下から見上げる形の1V2の写真は没、カメラを持ち上げて撮影したTG-2と1V1の写真が何とか比較できるものになっていた。
f0031682_2157155.jpg
オリンパス TG-2 f4.9 1/320 ISO100

f0031682_21571896.jpg
ニコン1V1 ニコン10-30 f8 1/2000 ISO800

1V1は魚露目で使うためにISOは800にしてあった。
今回TG-2のISO100の写真とピクセル等倍で比較すると、1V1はノイズがかなり出ているのにTG-2はほとんど気にならないレベル。
画質の方は流石に1V1の方がTG-2の魚露目よりはシャープだけど、そんなにひどく違うわけでもなかった。
魚露目の強烈な写りを考えると許せるレベルだ。

周囲を探すとウラギンシジミがいた。
まだ越冬態勢ではないと思うけど、この後どうなるか。
魚露目をつけない時の写りも確認しておきたいので、魚露目を外して撮影。
f0031682_2158025.jpg
オリンパス TG-2 f4.9 1/25 ISO100


もう一個体いたので、取りあえず1V2の望遠で撮影。
f0031682_21585926.jpg
ニコン1V2 ニコン55-200 f8 1/60 ISO800

次にTG-2のスーパーマクロモードで、ウラギンにはかわいそうだけど、近づけるだけ近づいて撮影してみた。
f0031682_21593182.jpg
オリンパス TG-2  f4.9 1/60 ISO1600 (ノートリ)

自宅前の土手にはモンキチョウやベニシジミがいた。
f0031682_2201173.jpg
オリンパス TG-2

ちょうど散歩の人が通りかかったので、その人が通り過ぎるのを待って撮影。
f0031682_2205152.jpg
オリンパス TG-2

背景を青空で抜いてみたけど、どちらも少しごちゃごちゃしてしまった感じがする。
f0031682_2212334.jpg


ストラップの使い心地はかなり良かった。

by dandara2 | 2013-10-29 22:05 | 機材 | Comments(8)
Commented by HOUNOKI at 2013-10-29 23:14 x
オリンパスTG-2と魚露目は、相性がよさそうですね。
強い歪みとコントラストの強い画質が、新鮮です。
偶然なのか、計算された構図なのか分かりませんが、
ラストはどこか非日常的な不思議な写真ですね。

Commented by ダンダラ at 2013-10-30 10:19 x
HOUNOKIさん、TG-2は魚露目を使うには一番良いカメラかも知れないですね。
カメラからすぐにレンズで、手や肘が草に触れて逃げられる確率が増えたように思いますが・・・
最後の写真は、意識して撮りはしましたが、大半が感性で撮っていますので、計算とは無縁です。
Commented by himeoo27 at 2013-10-30 20:53
急に寒くなりウラギンシジミは、そろそろ冬支度でしょうか?
陽だまりのムラサキツバメ、ムラサキシジミの開翅が楽しみです!
Commented by ダンダラ at 2013-10-31 10:05 x
himeooさん、早いものでは今頃から越冬態勢に入る個体もいるようなので、時々様子を見ようと思っています。
これからサザンカが咲くようになると、吸蜜に来る個体が楽しみですね。
ムラサキツバメは、少し古くなった花が好みのようで、なかなかきれいな写真が撮れませんが、開翅を含めて良い写真が撮れるように頑張りましょう。
Commented by さっちゃん♪ at 2013-10-31 18:41 x
こんばんは
カメラが体のあちこちに・・・^^;
肩こりと腰痛持ちの私は 筋トレしてからでないと無理みたい^^;
しかし
取り外しのきくストラップは便利そうですね
これで八重山の準備万端♪ 咄嗟の対応もバッチリですね^^
Commented by ダンダラ at 2013-11-01 15:18 x
さっちゃん♪さん、きちんとした撮影の時は、もう2台ぶら下げて歩きますが、確かに首とかが痛くなりますね。
でもリュックを背負っていると、背中が熱いし、レンズ交換も、まっいいかと妥協してしまうし、カメラが肩から落ちるしと良いこと無いので、基本的にリュックは背負わずウエスト(ヒップ)ポーチで、カメラはむき出しで持ち歩きます。
このストラップは小型のデジカメの場合には便利だと思います。
八重山、どうなりますか。
納得のいく写真が撮れればいいですけど。
Commented by ma23 at 2013-11-01 20:25 x
こんばんはー。すっかり晩秋の色になりましたね。
お写真を見ていてそろそろムラサキシジミの紫が恋しくなってきました。
リンク先に飛んでギフチョウにも早く会いたくなってしまいました。
Commented by ダンダラ at 2013-11-01 22:08 x
ma23さん、だんだん蝶の姿が少なくなってきて寂しいですね
これからしばらくはムラサキツバメやムラサキシジミの季節ですね。
ムラサキツバメの紫は心をくすぐぃろですね。
紫と言えばルーミスかな。
こちらもそろそろシーズンですね。


<< 池袋近郊の蝶(2013/10/30)      小畔川便り(オリンパスTG-2... >>