2013年 10月 05日

栃木の河川敷で(ツマグロキチョウ・ミヤマシジミ:2013/10/4)

10月4日は勤め先の創立記念日で休み。
5日の土曜日は休日出勤の代休でこの週末は3連休。
5日は天気が悪そうなので、4日に出かけることにするけど、平日なので孫を小学校に送り出してから、帰ってくるまでの間に行けるところと考えて、栃木のツマグロキチョウ、シルビアシジミなどを見に出かけることにする。
来年はこんな遠出が多くなりそうなので、平日に可能な行動範囲を確かめておかなくては。

孫を送り出してから、片付けなどをして出かけたのが8時半過ぎ。現地に着いたのが11時少し前。
12時半には撤収しないといけないので、撮影にかけられる時間は1時間半くらい。

幸い着いてすぐにツマグロキチョウとミヤマシジミは見つかった。
f0031682_15464761.jpg
ニコン1V1 ニコン18-55+魚露目

ミヤマシジミは盛りを過ぎて雄はぼろが多く、雌がかろうじて被写体になるくらいの鮮度。
センダングサやツルボで吸蜜していた。
f0031682_154727100.jpg
ニコン1V1 ニコン18-55+魚露目

天気が悪いので、ツマグロキチョウは草の間に静止していて、歩くと驚いて飛び出し、時々はセンダングサで吸蜜している。
f0031682_15475765.jpg
ニコンD800 シグママクロ150

f0031682_15481417.jpg
ニコン1V1 ニコン18-55+魚露目

シルビアシジミを探して川原を歩いていると、足元からツマグロキチョウが飛び出してすぐに草の間にとまった。
きれいな個体だったので止まったところを覗いてみると、翅を少し開いている。
f0031682_1549527.jpg
ニコン1V2 ニコン70-200

ツマグロキチョウが翅を開くなんて、これは珍しいシーンだと思ったので、すぐにかがみこんで撮影する。
ファインダーを覗いていて、翅表の黒帯が少し薄いことに気が付いた。
maximiechanさんのブログで、ここの河原には翅表の黒帯を欠く個体がいるということを知ったので、程度は軽いけど、これもその変異の一つかなと思い、少し集中して撮影することにする。

下に止まっているので、まずは魚露目で下から撮影。
f0031682_1550387.jpg
ニコン1V1 ニコン18-55+魚露目

ある程度撮影したところで、別の所でミヤマシジミを撮影していた家内を読んで一緒に撮影する。
家内は正面から撮影したので、翅の中までよく見えたようだ。
f0031682_15511815.jpg
家内撮影 ニコン1V2 ニコン70-200

私は裏面も同時に撮影したかったので横から狙う。
f0031682_155159100.jpg
ニコンD800 シグママクロ150

羽化直後で翅が柔らかいのか、風が吹くと翅がしなって翅表が良く見えた。
f0031682_15523997.jpg
ニコンD800 シグママクロ150

家内の撮影していたミヤマシジミの写真を後でみると、新鮮なオスがいたようだ。
f0031682_15531226.jpg
家内撮影 ニコン1V2 ニコン70-200
 
私は見つけられなかった。
また、雌にアタックする写真は結構迫力があって素晴らしい。
f0031682_15533733.jpg
家内撮影 ニコン1V2 ニコン70-200

シルビアシジミはこの日は結局見つからなかった。
ミヤコグサの葉上には卵があったから、いることはいるようだ。時期が悪かったのかもしれない。
f0031682_1554349.jpg
ニコンD800 シグママクロ150

ただ、数年前に比べると明らかに状況は悪化していて、ここもいつまで発生が続くのか非常に心配だ。

by dandara2 | 2013-10-05 15:54 | 異常型 | Comments(16)
Commented by otto-N at 2013-10-05 20:49 x
同じ場所かどうかわかりませんが、9月中旬に行ったときには、ツマグロキチョウは出始め、ミヤマシジミはオスが新鮮でメスが出始め、シルビアシジミは傷んだオスはそこそこいましたが、メスはまだでした。3種類が一度にいい状態で見られるのは難しそうですね。ただ、シルビアはいた場所があまりにも限定的で、今後はとても心配です。魚露目は、このレンズならではの迫力がありますね。
(4日の日は、もう一度河川敷に行こうと思ってましたが、あまりにも雲が厚くて日和りました。行ったら、お会いできたかもしれませんね)
Commented by ダンダラ at 2013-10-05 23:22 x
otto-Nさん、最初にお会いした時にはこの時期でもシルビアがいたので、時期的には大丈夫と思ったのですが、ちょっと厳しかったです。
ただ、時期的なものだけでなく、ここを管理している人たちはちゃんと知識があるんでしょうかね。
除草の仕方を見ると、農家の人がやっているような徹底ぶりで、生態的なことには無知という感じがします。
ツマグロ、ミヤマの場所は若干違いますが、シルビアの場所は同じだと思います。
Commented by Garuda at 2013-10-06 00:06 x
私も「娘を学校に送り出してから出発→昼前に現着がやっと」なので似たような境遇になるのでしょうか。
川崎からだと東名以外は不便で、中央高速でも乗るまでに1時間かかってしまうので長野県は諦めて山梨県まで、とか結構制限が厳しいです。

川越からだと鬼怒川まで行けるんですね。東北道へは16号経由ですか?
Commented by midori at 2013-10-06 00:18 x
珍蝶オンパレード素敵です。ツマグロキチョウ大好きなので、思わず
ウットリ見つめてしまいました(*^_^*)。
半開翅状態素敵ですね。裏翅が写ったシーンが何とも魅力的ですね。
ミヤマの新鮮♂、美しいの一言です。
Commented by さっちゃん♪ at 2013-10-06 06:11 x
おはようございます
ツマグロキチョウの開翅初めて見ました。
素晴らしいです♪
蝶友さんのチラッと見える黄色に感動していた私ですが
ダンダラさんご夫妻の画像は凄いタイミングで
こんな写真をいつかは撮ってみたいです。
と思ってもなかなか無理なことは百も承知ですが
夢は大きく持たなくっちゃ〜^^;
夢を与えてくださるご夫妻に感謝です♡
Commented by 22wn3288 at 2013-10-06 08:36 x
ミヤマシジミとツマグロキチョウが同じ場所にいるのでしょうか。
雌雄の写真 迫力がありますね。
ツマグロの半開翅 素敵です。
Commented by HOUNOKI at 2013-10-06 10:35 x
ツマグロキチョウの翅を開いた姿は、
撮ってみたいと思っていますが、
なかなかチャンスがありません。
開翅は、願ってもない素敵なシーンですね。
こんな鮮やかな黄色だったとは、意外でした。
Commented by himeoo27 at 2013-10-06 19:54
卵が見られたそうですが、シルビアシジミは心配です。
羽化したばかりと思われるツマグロキチョウの表翅鮮やか
で綺麗ですね!
Commented by ダンダラ at 2013-10-07 10:58 x
Garudaさん、子育て中は大変ですよね。
私は息子が小学校時代はほとんど撮影はしませんでした。(他の要因もいろいろありますが)
自宅からは高速道路が近いので、この時は関越→北関東道→東北道というルートで行きました。
圏央道が開通するともっと楽になりますが。
休日だと帰りが混むんですが、平日だったので快適でした。
Commented by ダンダラ at 2013-10-07 10:59 x
midoriさん、ありがとうございます。
ツマグロキチョウの半開翅は初めて撮影しました。
滅多に見られないシーンなのでラッキーでした。
ただ、この撮影だけで運を使い果たしたのか、シルビアには振られてしまいましたけど。
ミヤマはこんな新鮮なのは私は気が付きませんでした。
Commented by ダンダラ at 2013-10-07 11:01 x
さっちゃん♪さん、ありがとうございます。
キチョウの仲間は開翅しない種類が多いので、翅表の撮影は基本無理ですよね。
たまたま羽化直後の個体がいたので撮影できたのではないかと思っています。
私の場合は事前にどんなシーンを撮影したいとか考えるとこけることが多いので、
その場のチャンスを逃がさないで撮影できるように準備をすることしかありませんが。

Commented by ダンダラ at 2013-10-07 11:03 x
旅友さん、この河原はミヤマシジミ、ツマグロキチョウだけでなく、
シルビアシジミも同時に見ることが出来ます。
今回は、時期が悪かったのか、個体数が減ってしまったのか
シルビアは見ることが出来ませんでしたが、地元の方の努力で
生息が保たれているようです。
ミヤマシジミの雌雄の絡みは、その場にいなかったのが残念ですが、
家内がきちんと押さえておいてくれました。
Commented by ダンダラ at 2013-10-07 11:04 x
HOUNOKIさん、基本的にツマグロキチョウの翅表撮影は飛んでいる時以外は難しいですよね。
羽化直後の翅の柔らかい個体に会うなんてことは、狙って出来るものではありませんし。
翅表の色はきれいでした。裏面が白っぽい個体だったせいでしょうか。
Commented by ダンダラ at 2013-10-07 11:05 x
himeooさん、ここのシルビアは保護の方法に若干の問題があるような気がします。
委託する場合は、きちんと生態などの知識を持ってもらわないと駄目でしょうね。
ツマグロキチョウは滅多にない幸運に恵まれたようです。
撮影している時は夢中でそんなことは考えませんでしたが。
Commented by kenken at 2013-10-08 21:58 x
ツマグロ、この地域に特有の黒い部分が小さくなる異常型ですね。しかも羽化直で翅表を披露してくれるとは、凄いぞ、凄いぞ!これはえぇもんです。
Commented by ダンダラ at 2013-10-11 21:46 x
kenkenさん、コメントは拝見していたのですが、他のコメントに返事を書いていて、うっかりしてしまいました。
ツマグロキチョウのこのようなタイプについてはよく知りませんでした。
ただ、過去に撮影した写真を見ると、確かに黒い部分が縮小したような固体の写真もありました。
不勉強でしたが、今回知ることができて今後は撮影するときにもより視点が広がりそうです。


<< 神奈川のカバマダラ(2013/...      小畔川便り(ヒメアカタテハ:ツ... >>