2013年 07月 25日

小畔川便り(モンキチョウを使って練習:2013/7/21)

7月22日の月曜日は、自宅付近にギンイチモンジセセリを探しに行く。
昨年は7/15.22日に撮影しているのだけど、今年は1日と15日に行ったときには見かけなかった。
6月に発生地の休耕田がきれいに草刈りをされていたのが気になったので、22日にも出かけてみる。
残念ながらこの日も見かけることはできなかった。
この日は天気は良かったのに、ほとんど蝶を見かけなくて、キアゲハ、ベニシジミ、コミスジ、モンシロチョウ、モンキチョウ、イチモンジセセリを見かけたくらい。

キアゲハが5.6m離れたところで産卵植物を探していたので、マクロで飛翔を狙ってみる。
普段は広角でしか飛翔を狙ったことがないけど、飛び回って近づけないので、とにかく押さえておこうとチャレンジ。
f0031682_19144243.jpg

ファインダーを見ながらピントリングを回し、ピントが合ったと思ったらシャッターを押したけど、ピントリングを回す向きを間違えてしまったりして結構苦労した。

普段はAFでカメラ任せだけど、いつ何があるかわからないから、こういったこともきちんと習得しておかなくてはと思った。

歩いていたらオオスカシバが吸蜜に来ている。
いつもは見るだけだけど、何となく接近できそうな気がしたので、魚露目で撮影。
結構近寄らせてくれた。
f0031682_19151028.jpg


モンキチョウが多かったので、モンキチョウを使っていくつか練習をした。
まずは飛翔。
レンズは10-24のズームだけど、24mm近くを使用。
1V2は2.7倍になるので、35mm換算65mm、これでレンズ前35cmにピントを合わせて撮影。
蝶はかなり大きく写って迫力は出るけど、当然フレームアウトする確率も大きくなる。
下はノートリ。
f0031682_19153776.jpg

これはフレームアウトギリギリで、下の空間が大きくなりすぎるのでちょっとトリミングした。
f0031682_1916458.jpg

かなり撮影したけど、まともなのはこの2枚くらい。
もっと広角にすればいいんだけど、現場では目の前に来たらただシャッターを押すだけ。
後で写真を見て、しまったこうすればよかったと反省することになる。

1頭の雌が産卵していた。
モンキチョウの産卵は1秒くらいしか時間かないので、結構難しい。
f0031682_19164428.jpg

この雌は何度も産卵してくれたので、もしかしたら魚露目でも撮れないかと思ってチャレンジする。
f0031682_19171975.jpg

ピントを合わせる暇も、アングルを考えるゆとりもないけど、何枚かは撮影できていた。
f0031682_19173654.jpg


マクロでも結構難しいモンキチョウの産卵を、魚露目で撮影できたのは自分としてはかなりの快挙。
結構うれしい。

そうそう、この日は結構暑かったので、葉陰で休むモンキチョウも多かった。
f0031682_19182031.jpg

いつもは気にもしないけど、そんな事にも気が付いた一日だった。

by dandara2 | 2013-07-25 19:23 | 産卵 | Comments(6)
Commented by Sippo5655 at 2013-07-25 20:46
こんな一日の過ごし方もいいですね!
モンキチョウの産卵・・すごく爽やかな印象です!
オスとメスの色が、どっちが白でどっちが黄色だったか
すぐに忘れてしまうのですが
このお写真で、メスが白って結びつきそうです\(^ ^)/
Commented by ダンダラ at 2013-07-25 23:00 x
Sippoさん、自宅周辺では特にこれといった蝶もいないので、素材の珍しさとかにおんぶしないで、目の前にいる蝶をどう撮影していくかという良い勉強になります。
その意味ではSippoさんもいろいろな工夫をされていますよね。
その日であった蝶を、珍しさというベールを剥いでどのレベルの写真まで持っていけるか。
結構面白いです。
Commented by HOUNOKI at 2013-07-26 09:24 x
おはようございます。
この趣味は、どうしても珍蝶志向になりがちですね(笑)。
よく見かける普通種と呼ばれている蝶は、あまり撮らなくなります。
どんな蝶でも、とても美しい瞬間があり、
それを、どう捉えるのか、面白いと思います。
モンキチョウの飛翔を正面から撮った姿は、
うまく構図に収まれば、素敵な写真になりますね。
ダンダラさんは、研究熱心ですね、それに比べ、私は、ダラダラ過ごしてます^_^;
Commented by naoggio at 2013-07-26 11:11 x
ただなんとなく撮っている私と違い、いつも目標を持って撮影していらっしゃる姿勢に頭が下がります。
モンキチョウの産卵を魚露目で撮影とはすごいですね。
やはりただの広角とはひと味違って面白いです。
新境地が開けていくかもしれませんね。
Commented by ダンダラ at 2013-07-26 22:12 x
HOUNOKIさん、珍しい蝶を自分のカメラに収めたいというのは自然な気持ちの動きですよね。
ただいつも遠征できるわけではないですし、ある程度の種類を撮影してくると、一枚一枚の写真の質を上げたいという気持ちにもなってきますね。
おっしゃるようにどんな蝶でも美しい瞬間かありますね。
美しいというのは、これまた個人個人でいろいろ異なるところもあると思いますが、どんな普通種でも、カメラを向けたら最高の一枚を撮りたいという感じですね。
Commented by ダンダラ at 2013-07-26 22:19 x
naoggioさん、特に目標を持っているなんてことはないですが、最近思うのはカメラを向けたならば、ベストな一枚を撮りたいということでしょうか。
これは写真を撮影する方はすべて思ってらっしゃることだと思うのですが、最近は以前より少し真剣さが増してきたかなという気がします。
モンキチョウ産卵の魚露目撮影は、撮影してみようと思うまではとても無理だと思っていたので、何でもチャレンジしてみるものだと思いました。


<< 小畔川便り(新しいフィールド:...      逆転のオオイチ(2013/7/20) >>