2013年 04月 10日

小畦川便り(モンキ交尾・ツマキ:2013/4/7)

4月7日の日曜日は発達中の低気圧の影響で風が強い、各地で風による被害が出た。
この冬ウラギンシジミの越冬を観察した公園で、家内が昨日ツマキチョウを見たというので、川原を歩いてツマキチョウのポイント確認をする。
今まで散発的に撮影はしているのだけど、ここだというポイントは1ヶ所しか知らない。

歩いていたら、足元にモンキチョウの雄が降りてきて雌と絡んだと思ったら交尾が成立した。
風が強く、落ち着かなくてすぐに飛び立つので追いかけて交尾飛翔を撮影するが、すべてピンボケ。
1V2と28mmレンズの組み合わせは距離感をつかむのが難しい。
ついついいつもの距離感まで近づいてしまうので、ピンボケ、フレームアウトの山だ。

土手を見ると花がまだ少し残っている桜の木がある。
悔しいので、魚露目で背景に桜を入れて撮影。
f0031682_8573288.jpg
ニコン1V1 ニコン18-55+魚露目

風が強く、絞り込むとシャッタースピードが1/125位になりぶれてしまう。
この写真は絞りを開けてシャッタースピードを上げてみたけど、やはり像が甘くなってしまった。

こちらは、風が止むのを狙って絞り込んでの撮影。
f0031682_8585493.jpg
ニコン1V1 ニコン18-55+魚露目

PCで確認したら思わずのけぞってしまった・・・なんかすご過ぎ、書き割りみたい~
いつもより大きめのサイズで載せておきますので、クリックしてご覧下さい。

前日の雨で空気中の塵がなくなり、低気圧の影響の雲が出ているせいだろう。

魚露目を買って最初に撮影したときには、周囲がけられた丸い画面にボケボケの画像。
がっくりしてレンズをしまい込んでしまった時を思い出した。
マスターレンズを18-55にしてかなり使えるようになり、ボディを1V1にして、こんなものかなという写真が撮れるようになった。
苦労したけど、それでも使ってみたくなる魅力のあるレンズだ。

昼食後は自宅前のツマキのポイントへ。
雄が数頭飛んでいたけど全く止まらない。
コンデジのパスト連写で撮影するけど、使える写真はなし。

先日のギフ撮影の時、マクロ85をつけた家内は、前に割り込んで迷惑になったらいけないと思って、ほとんど撮影できなかったようだ。
それで、手元の55-200のレンズは家内に譲り、自分はシグマの70-300をつけて試し撮りをすることにする。
タムロンの70-300の方が性能が良いけど、軽くて小さい55-200を使ったあとでは大きく重すぎる。
シグマのレンズはそれに比べれば小さく軽いけど、使ってみるとフォーカスが遅くて、ウィンウィンうなっているうちにチャンスを逃してしまっうことが多い。
家内に愚痴をこぼすと、「そうでしょ、私が使っているときもそう感じた」と言われてしまった。

55-200をつけた家内の方は調子が良さそうだ。
このレンズは本当にニコン1には相性がよいように思う。

冷たい風が吹いて、日が陰るとツマキは近くの適当な場所に止まるけど、止まった後の数秒間は翅を半開にする。そんなときが撮影のチャンス。
f0031682_8594755.jpg
家内撮影 ニコン1V2 ニコン55-200

その後は翅を閉じてしまう。
f0031682_903419.jpg
家内撮影 ニコン1V2 ニコン55-200

日が差せばまた翅を半開にして、それから飛び立つことが多かった。

ようやく止まる頻度が増えてきたと思ったら、二人とも電池切れ。
自宅近くなので、うっかりして予備の電池を持ってこなかった。
ミラーレスは電池の消耗が早い。
自宅に帰って電池を替えて戻ってきたら、 20分ほどの間にどこに隠れたのか1頭のツマキも見つからなかった。
時間は16時20分、この時間にはねぐらに落ち着いてしまうようだ。

by dandara2 | 2013-04-10 09:01 | 交尾 | Comments(12)
Commented by naoggio at 2013-04-10 10:46 x
凄いですねえ。確かにのけぞってしまいます。
蝶の写真という枠を越えたインパクトある映像表現ではないでしょうか。
なんだか夢を見ているみたいです。
魚露目を使いこなせるようになってよかったですね。
私の自宅の周りでもようやくツマキチョウが飛び始めましたがまだ撮影できていません。
Commented by ダンダラ at 2013-04-10 11:11 x
naoggioさん、ありがとうございます。
この迫力には自分でも驚いてしまいました。
何も細工はしていないそのままの写真なんですけど、ちょっとつくりすぎかなという感じがしてしまうようなるところが、こういった特殊レンズの面白味ですかね。
魚露目でも、遊びではなくちゃんとした作品になる写真が撮れればいいと思っていますがどうなりますか。
ツマキ、今が一番良い頃かも知れないですね。
Commented by HOUNOKI at 2013-04-10 15:07 x
魚露目ワンダーランドの風景ですね。
こんな蝶の世界、あってもいいと思います。
個人的には、大好きな写真です。
ただ、写り過ぎますので
背景をいかに整理するかが課題ですね。
もちろん、正統派の奥様の写真も
魅力的です。

Commented by ダンダラ at 2013-04-10 19:17 x
HOUNOKIさん、魚露目ワンダーランドですか。
家内の写真ともどもありがとうございます。
背景の問題は確かにそうですね。
魚露目の写真も、背景次第で面白いものにも、つまらないものにもなるので、写りすぎとは別の意味でも大切な問題だと思っています。
Commented by banyan10 at 2013-04-10 21:35
桜背景の広角はいいですね。
魚露目は僕は使える機材がなくなって仕舞い込んでいますが、これなら画質的にもかなりいいですね。
ツマキは案内いただいた場所でしょうか。
昨日はもう少し近場で探しましたが、数が多い場所がなかなか見つかりません。
Commented by ダンダラ at 2013-04-10 22:13 x
banyanさん、ありがとうございます。
魚露目はそれに合う機材がないと使うのが難しいですね。
私が使っている機材では、画質の甘さもレタッチで何とかなるので、楽しんでいます。
ツマキの撮影は、我が家の窓から見える位置で、ほんとに自宅前です。
おっしゃる場所でも撮影できますが、個体数は先日見た時には3.4頭でした。
Commented by 22wn3288 at 2013-04-11 08:43 x
モンキチョウの交尾写真 迫力満点ですね。
ツマキチョウの落ち着いた感じもいいですね。
Commented by hemlenk at 2013-04-11 14:53
うーん、凄いです。
色のバランスもいいですね。
いろいろな色が、どれも際立っていて、目が眩むのもわかります。そして、みんな自然に出ているのがいいですね(=^・^=)
普通種といえども、交尾シーンを探そうと思っても簡単ではありません(^_^;)さすがです。
Commented by ダンダラ at 2013-04-11 21:19 x
旅友さん、ありがとうございます。
見慣れたモンキチョウでも素敵な写真のモデルになってくれました。
家内の写真はオーソドックスな写真ですけど、奇をてらうよりはいいと思います。
Commented by ダンダラ at 2013-04-11 21:25 x
ヘムレンさん、ありがとうございます。
魚露目には苦労しましたけど、ようやく納得のいく写真が撮れるようになりました。
たまたま条件が重なったんでしょうが、この写真はちょっとできすぎですよね。
Commented by Sippo5655 at 2013-04-11 21:30
わ~、もうモンキチョウの交尾(*´∀`*)
菜の花の上で、本当に春らしい光景ですね!
桜も入れて、、素敵な絵です~♪
ツマキチョウ増えてきましたね。
ツマキチョウはモンシロチョウより隠れると探すことができません^^;
Commented by ダンダラ at 2013-04-11 22:05 x
Sippoさん、ありがとうございます。
春一番に楽しませてくれたモンキチョウですが、そろそろ誰も振り向いてくれなくなる時期ですけど、素敵なシーンを見せてくれました。
ツマキチョウは観察していると実に上手に隠れ場所を探しています。
翅の裏の雲状紋がじつに見事な保護色になっていますよね。


<< 小畦川便り(ツマキチョウ飛翔:...      トラフシジミ撮影(2013/4/4) >>