2012年 02月 21日

小畦川便り(モンキチョウ初見:2012/2/19)

2月19日の日曜日は気温は7℃程度と低いけど、雲一つ無い晴天で前日と違って風もなくおだやか。
昨年のモンキチョウの初見は2/27だけど、そのときにはすでに翅の痛んだ個体だったので実際にはもっと早いはず。
今年も出るとしたら今日あたりだろうと自宅前の川原に出かける。
最初に先週キタテハが最後に潜り込んだ草むらの様子をみるが、よくわからないので軽くさわるとキタテハが飛び出した。
f0031682_8565130.jpg

先週ここに潜り込んだのを撮影したときには、その日のねぐらを見つけたのかなと言う感じだったけど、少なくともこの1週間はここにいたことは確実だ。
先週は寒い日が多かったけど晴天の日もあったので、活動しては戻ってきたのか、ここにじっとしていたのかは不明。
雌だからかあまり長い距離を飛ばずにすぐに近くに止まるので、今年初の飛翔写真に挑戦。
撮影距離を40cm位(レンズ前面30cm位)に設定して、シャッタースピードは1/2000。
探雌飛翔ではないので、長い距離を飛ばず飛翔も不規則なので結構難しかったけど、何枚かは見られる写真もあった。
空がノイズっぽいけどそれはレンズのせいではない。ISOを再度確認しないといけないかな。
f0031682_8575153.jpg
ニコンD300s タムロン10-24(22) 1/2000 f14 ISO1000 シャッタースピード優先(下も同様) 

大半の写真は近寄りきれずにピンボケだったけど、近寄れた場合の蝶の大きさはまあこんなものだろうか(若干トリミングあり)。
f0031682_8581598.jpg

あまりトリミングしなくてもこれくらいの大きさに写ってくれると後の処理が楽だ。

モンキチョウはいないかと歩いていて、いつもだとこのあたりが一番早く発生するんだよね、などと話をしていると、家内の「あ!、いた」と言う声。
みるとかなり白いモンキチョウが飛び出してこちらに飛んでくる。
慌てて撮影。
f0031682_8584243.jpg

止まったところでじっくり撮影する。
やっと今年のシーズンが始まったかと思うとなんだかうれしい。
f0031682_859738.jpg

今年はまだタンポポが開花していなくて、川原にあるのはオオイヌノフグリだけ。
そっと追いかけているとそれに止まって吸蜜してくれるけど、吸蜜時間が短くて止まったと思うとすぐに飛び立ってしまう。
f0031682_8593355.jpg

やっと近づいて撮れても、草の間でなかなか思うような写真にはならない。
でもこんな感じで蝶を追いかけるのが楽しい。
f0031682_8595968.jpg

あきらめずに追いかけていたら、ようやく全身と花がちゃんと写せる位置に止まってくれた。
吸蜜時間もゆっくりだったのでじっくりファインダーを覗きながら撮影することが出来た。
f0031682_902133.jpg

川原をじっくり歩いて様子を見たけど、この日見かけたのはキタテハとモンキチョウそれぞれこの1頭だけだった。
モンキチョウが雄ではなく雌だったのは、幼虫・蛹のいた場所の微気象によるものだろう。
これからは来るたびに見かける蝶の姿が増えてくると思うとうれしい。

by dandara2 | 2012-02-21 09:06 | 初見日 | Comments(8)
Commented by naoggio at 2012-02-21 13:36 x
なんとも初々しい新鮮そのもののモンキチョウ、見ているだけで私も嬉しくなってしまいました。
最後の1枚は素晴らしいですね。撮れそうでなかなか撮れないナイスショットだと思います。
この前の週末は何処にも出掛けられませんでした。まだキタテハも見ていません(涙)。
Commented by banyan10 at 2012-02-21 18:44
そちらも飛び始めたのですね。
僕も今日の昼頃に再訪しましたが、同様に雌1匹だけでした。増えていると思ったのですが、行った場所が不作なのかもしれません。吸蜜は花も綺麗に撮れていて春らしいですね。
キタテハはおそらく同じ場所にいたのでしょうね。
こちらも一度見ただけで撮影できずでした。(^^;
Commented by uke-en at 2012-02-21 21:21 x
キタテハはねぐらから追い出した形ですが、もうモンキチョウが翔んでるとは、早いですね。
当地は今日曇り空、寒くて、チョウどころか虫一匹見かけませんでした。これだけ寒さが厳しいと、チョウが翔んでなくてもいいから、暖かい日が来てほしいと思います。

それにしてもまぁ、ヒョイヒョイと飛翔写真を撮れるものですねぇ。特にキタテハは素早く、狙っても狙っても、フレームからはずれることが多いですね。♂ばかりなのでしょうか。(^^ゞ
Commented by ダンダラ at 2012-02-21 22:25 x
naoggioさん、そろそろシーズンインですね。
こうして新成虫が見られるようになるとわくわくします。
写真お褒めいただきありがとうございます。
初めての新成虫なのでけっこう気合いを入れて撮りました。
いつも思うことですが、どんな場合でもこれだけ真剣に撮れたらさぞかし良い写真が撮れるはずですが。
なかなかね。
Commented by ダンダラ at 2012-02-21 22:29 x
banyanさん、まだ気温が低い日が多いので、どっと増えるというわけには行かないのかもしれないですね。
オオイヌノフグリはこの時期のモンキチョウやベニシジミとは良く合いますよね。
せいぜいこれから数週間の被写体なので何とか良い写真を撮っておきたいです。
キタテハは多分そうだと思います。
Commented by ダンダラ at 2012-02-21 22:40 x
uke-enさん、まだまだ春という感じは少ないですが、それでも日射しの強さは冬とは違いますね。
ほんとに早く暖かい日が来て、心も体ものんびりと散歩がしたいです。
飛翔写真は決して簡単には撮れていませんが、本格的なシーズンインまでには新しいレンズの癖と距離感をつかみたいと思っています。
キタテハは確かに速いですね。
フレームに入れるだけでも大変だし、さらにピントが合っているものとなるとほとんどありません。
偶然頼みです。

Commented by H.A. at 2012-02-22 18:03 x
そちらは早いですね。
こちらはまだまだ一面の雪で、日当たりのいい河川敷の土手でさえ、積雪の状態です。チョウが舞う姿はまだまだあと1か月はかかりそうです。
オオイヌノフグリ+モンキチョウは春を感させていただきました。
Commented by ダンダラ at 2012-02-22 22:53 x
H.A.さん、今年は寒いですね、雪も多いし。
関東は雪は少ないので、南向きの日当たりの良い土手では少しずつですが発生が始まっているようです。
でもまだほっとするような暖かさはないので、この日ももしかしたらと言う淡い期待程度で歩いてみました。
そちらは春が来れば一気に色々な蝶が出てまた忙しくなりますね。


<< 小畦川便り(モンキチョウ雄:2...      ブータンシボリアゲハ(2012... >>