2011年 09月 26日

彼岸花にアゲハを狙う(2011/9/23.25)

今年は夏の暑さで彼岸花の開花が遅れ気味とか。
彼岸花に来るアゲハを狙いたいけれど、自宅近くでここなら絶対というポイントを良く知らない。
自宅から30分くらいのところには日本一と言われる彼岸花の群生地があるけど、たくさんの観光客で落ち着かないしアゲハ類も少ない。
f0031682_18353897.jpg

その近くの民家の庭にも彼岸花が咲いていて、アゲハ類も来たりするのだけど、いちいち断って撮影するのも面倒だ。
遠征すれば何とかなるのかも知れないけど、彼岸花の多い場所が近くにあるのに遠出をするのも悔しい。
と言うことで、この休みは彼岸花とアゲハの組み合わせが撮れるポイント開拓のために当てることにした。
23日は、我が家から10Km位のところにある川の土手に行ってみた。
f0031682_18382220.jpg

ここに引っ越してきた最初の頃、電車の窓から見える川の土手が真っ赤に燃えていて感激したことがある。
思ったほど天気は良くなくて、最初は小雨が降っていて肌寒い。
f0031682_18411782.jpg

薄日が射すようになると、彼岸花の群落の上を時々アゲハ、キアゲハが吸蜜に飛んでくる。
河原の土手なので、それ以外の黒系アゲハは姿が見えない。
f0031682_18414491.jpg

飛んできた個体の中から、なるべく痛んでいない物を選んで撮影する。
f0031682_18401847.jpg

吸蜜時間は長くないので、広角で撮影するチャンスはなく、群落を活かした写真は撮れなかったけど、少しは豪華な感じも出ただろうか。
f0031682_18421028.jpg

アゲハもキアゲハほどではないけれどそれなりの数がいて吸蜜に来た。
f0031682_18423562.jpg

ゆっくり飛んでいたこの個体は小さくて飛翔力も弱そう。体が小さいので相対的に目が大きく見えた。
f0031682_18425225.jpg

黒系アゲハを求めて場所を移動する。
春先に仲間がトラフシジミを撮影する場所に寄ってみると、ボロのカラスアゲハが迎えてくれた。
f0031682_18432277.jpg

ここも川原に近いので、キアゲハが吸蜜に来た。
f0031682_18435729.jpg

比較的落ち着いていたので、近づいて魚露目でも撮影させてくれた。
背景が近くてうるさいので、大した写真にはならない。
f0031682_18442498.jpg

ここの彼岸花は大したことはなくて最初の狙いとは外れていたけど、様子がわからなかったので仕方ないか。

家に帰る途中に燻製専門のお店があるのでちょっと寄ってみる。
あれこれ選んでいたら、二人だったらそんなに買ってもおいしいうちには食べられないですよと言われてしまう。
家でワインを開けて、レバーと鴨の燻製を食べてみる。どちらもおいしかった。

24日の土曜は勤務。25日にはまだ撮影できていないミヤマカラスアゲハ、オナガアゲハの吸蜜シーンを撮影しようと少し山の方に行ってみる。
車を止めた所には農産物の直売所があり、すぐ前の川原に彼岸花がきれいに咲いていた。
f0031682_18455724.jpg

ここにはアゲハの姿はなく、オニヤンマほどではないけど大きなヤンマ(コオニヤンマかな)が彼岸花に止まっていた。
f0031682_18461855.jpg

仕方ないので、直売所で岩魚の塩焼きとお焼きを買って、少し離れた川原まで歩いていった。
f0031682_1847641.jpg

ここで岩魚を食べていると、オナガアゲハがひらひらという感じで飛んできて吸蜜をはじめた。
f0031682_1846453.jpg

ヤッター目的の一つは達成と喜んで、次にミヤマカラスアゲハが多い場所に移動するが彼岸花は咲いておらずこりゃダメだとUターン、23日に撮影した川の土手に再度行ってみる。
今日は気温が高いので、この前よりは個体数が多いかも知れない。
ついてみると、時間が遅かったのか期待したほどの個体数はいなかった。
それでも、比較的新鮮なアゲハがいたので、写真を追加することが出来た。
f0031682_18473640.jpg

家内が撮った写真が、そのままでは蝶が遠くて貧弱だったけど、拡大してみると彼岸花がきれいに撮れていて、その中で吸蜜するアゲハが面白い。
f0031682_18491271.jpg
(家内撮影)

それ以外にはアカボシゴマダラ、クロアゲハ、アオスジアゲハ、ヒメアカタテハなどがいたけど、彼岸花とは関係ないのでここではカット。
帰りがけに土手の上で交尾するトノサマバッタを撮影。
f0031682_18493663.jpg

蝶であれば少し移動して背景に彼岸花を入れて撮影するのだけど、この時はそれも思いつかずとりあえずの証拠写真だけ。
でも面白いものが撮れて良かった。
全体的には、当初の目的の達成率は20%位かな。
少しずつ調べる範囲を広げていきたいと思う。

帰りには息子達にも上げようと再度燻製屋さんによる。
早すぎると驚かれてしまった。

by dandara2 | 2011-09-26 18:52 | 吸蜜 | Comments(12)
Commented by ma23 at 2011-09-26 22:51 x
たくさんの彼岸花、ほんと鮮やかな風景ですね。
そのなかでたくさんのアゲハたちの撮影、うらやましく拝見しました。
花も団子も楽しまれていい秋してますね〜。
Commented by ダンダラ at 2011-09-27 08:29 x
ma23さん、この時期は彼岸花がきれいですね。
でもなかなか思うような写真が撮れていません。
アゲハ、キアゲハは今回の撮影でたくさんの彼岸花背景で確実に撮影できるポイントがわかったのですが、カラス、ミヤマカラスは課題として残りました。
発生時期の問題もあってなかなか難しいです。
これがナガサキアゲハあたりだと、ちょっとでかければ比較的簡単なんですが、自宅近くでと言うことになるとそれほど数が多くないし。
もう一回くらい探すことができそうなので、違う場所にも行ってみようかと思います。
Commented by chochoensis at 2011-09-27 16:23 x
ダンダラさん、=彼岸花=とチョウの組み合わせ・・・素晴らしいですね、小生の行くポイントの花はもう、終わり近くでしたこのぐらい綺麗な=彼岸花=があれば良いなァ・・・と思いました。
綺麗な個体を探すほどいっぱいいたのですね・・・凄いです。
最近は自宅周辺と北本市ぐらいです・・・運転は家内なので案外楽です・・・。
Commented by yoda-1 at 2011-09-27 19:42
巾着田であろう場所のヒガンバナは豪華ですね。
ヒガンバナとアゲハ類の構図はどれも素晴らしいですが、
奥さんのが花の真ん中に位置して印象深いです。
バッタの交尾シーンは初めてみたような気がしますが、いつも左側に降ろすのか気になりました。
Commented by ダンダ at 2011-09-27 21:05 x
chochoensisさん、今年の彼岸花の咲き方は早く咲いたものと後から芽を出したものとが混在していて、あまりきれいには見えないですね。
ここは花の数か多いので、きれいな花にとまった時を狙って撮影しました。
アゲハ、キアゲハの個体数は天気が悪かったこともあってあまり多くはありませんでした。
25日に行った時は天気はまあまあだったのですが、時間が15時近かったのであまり吸蜜には来てくれませんでした。
それでもおおよそのポイントの様子はつかめましたが、黒系アゲハの数が少なかったのが残念です。
奥様の運転で出掛けられているのですね。
都合が合えば色々教えていただきたいです。
Commented by ダンダラ at 2011-09-27 21:11 x
yodaさん、ありがとうございます。
巾着田は今ごろが見頃のようですが、豪華すぎて手に余ります。
家内の写真は拡大してみた時に、おっしゃるように花の雄しべがきれいに円を描いて、その中にアゲハがいるのが面白くて、その部分をトリミングしてレタッチしてみました。
バッタは、交尾時の腹部も気になりましたが、緑の雄と茶色の雌の組み合わせも面白いと思って撮影してみました。
Commented by naoggio at 2011-09-27 22:13 x
この時期は皆さんけっこう彼岸花とアゲハ類の組み合わせを撮影しに行かれるんですね。
私は意識的にその狙いで出掛けた事がないのでよくわからないのですが彼岸花はなかなかの集蝶力(造語でした)を持っているようですね。
またとても派手な花なのに案外蝶を引き立ててくれるのでびっくりです。
キアゲハ、アゲハ、オナガアゲハ、どれもなかなか素敵です。
奥様の撮られたお写真ばかり褒めるとそのうちダンダラさんがへそを曲げてしまいそうなので今日はやめておきます(笑)。
商売っ気のない薫製屋さん、でも美味しそうですね。
Commented by ダンダラ at 2011-09-27 23:00 x
naoggioさん、サクラやカタクリもそうですけど、一年のうちのほんの何日かしか咲いていない花ですし、そこに蝶が絡んでくるので意識して撮影の機会を狙ってしまいます。
派手な花ですけど、ここに黒いアゲハが来るとぐっと絵になるんですよね。
今回は地元と言うことにこだわって撮影できませんでしたが、ナガサキアゲハなどはほんとに絵になります。
ただ、一通り撮影すると、出来れば本来地元にいる蝶をメインに撮影したくなります。
黄色い稲穂の間に咲く彼岸花、そしてそこに来ているアゲハ。
そんな風景が撮れると良いのですが・・・
そうそう、家内の写真を褒めていただきありがとうございます。(笑)
撮影につきあってくれる家内の写真の出来の良いのを選び、構図を考えてトリミングしたり、他にも色々レタッチしたりする作業は自分でも勉強になりますし、結果としてほめていただけると家内も喜びますのでありがたいです。
ちゃんと家内にも読ませてますよ。
Commented by ぐみ at 2011-09-27 23:14 x
彼岸花とアゲハ、絵になりますねぇ(^^)
こちらでもこんなポイントを探してみたいのですが、毎年ついつい先送りになってしまいます。やはり積極的に開拓しなくてはダメですねr(^^;)
どの写真も素敵ですが、翅の向こうにうっすらと赤が透けているオナガアゲハが印象的です。
Commented by ダンダラ at 2011-09-27 23:23 x
ぐみさん、ありがとうございます。
彼岸花に来るアゲハ類は絵になりますね。
彼岸花の群落に来るアゲハは絵になりますけど、意外と難しいです。
ぽつんと咲いたなんでもない彼岸花に来たりして・・・
探してはいるのですが、ここぞというポイントがつかめないでいます。
オナガアゲハはワンチャンスだったのでうれしいです。ありがとうございます。
Commented by KAZ at 2011-09-27 23:40 x
こんばんは、ご無沙汰をしております。
巾着田ですね、一面の彼岸花だとやはりポイントが絞り難いのでしょうかね。
黒系のアゲハもいいですが、アゲハは色が明るいので彼岸花には似合いますよね。
私はアゲハが撮りたかったのですが、見つけられませんでした。
週末晴れればまた行ってこようと思います。
Commented by ダンダラ at 2011-09-28 12:22 x
KAZさん、お久しぶりです。
あまりたくさん彼岸花が咲いていても良くないみたいですね。
でも彼岸花自体も好きなので、いっぱいの彼岸花の中のアゲハというイメージでポイントを探しているのですがなかなか難しいです。
なるほど、黒系アゲハよりもアゲハの方が彼岸花にあいますか。
私はついついカラスとかミヤマカラスとか少しでも珍しい物という感じで撮影してしまうのですが、KAZさんのように種類にこだわらずに絵としての美しさを追求するとそうなるのですね。
目から鱗の感じです。



<< 小畦川便り(アカボシゴマダラ:...      小畦川便り(ツマグロヒョウモン... >>